美味しいフレンチを手軽にクッキング♪【フランスの家庭料理】のレシピをご紹介

美味しいフレンチを手軽にクッキング♪【フランスの家庭料理】のレシピをご紹介

"フランス料理"というと、難しくて家で作るのは無理…と思ってしまうかもしれません。でも、フランスの家庭で普段食べられているお料理は、とてもシンプルで簡単なんです。前菜・サラダで野菜たっぷり、メインでしっかりお肉、デザートで甘い幸せ。。。と、日本のおうちでも手軽にフランス料理を楽しんでみませんか?フランスといえば!というベーシックメニューのかんたんレシピをご紹介します。2017年01月31日更新

カテゴリ:
グルメ
キーワード:
世界の料理
フランス料理
家庭料理
ラタトゥイユ
キャロットラペ
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
345

ヘルシーで美味しい、野菜たっぷりの前菜

生クリームやバター、お肉のイメージが強いフランス料理ですが、家庭的なお惣菜には健康的な野菜のメニューもいっぱい。味付けや調理は、ごくシンプルなのです。日本のおうちでも簡単に真似できそうなメニューをいくつかご紹介します。
出典:www.flickr.com(@jean-louis Zimmermann)

生クリームやバター、お肉のイメージが強いフランス料理ですが、家庭的なお惣菜には健康的な野菜のメニューもいっぱい。味付けや調理は、ごくシンプルなのです。日本のおうちでも簡単に真似できそうなメニューをいくつかご紹介します。

お惣菜の定番、キャロット・ラペ

フランスのお惣菜の定番といえば、キャロット・ラペ。前菜といえばこれ、というメニューで、サンドイッチのランチにもセットでついてきたりスーパーでカップに入ったものを手軽に買うことができたり、とフランス人にとってなくてはならないお惣菜です。人参に砂糖を加えた甘みのあるレシピが親しまれていて、人参が嫌いな人でも美味しく食べられる、と渡仏後にキャロットラペで人参嫌いを克服する日本人もたくさんいるとか。
出典:

フランスのお惣菜の定番といえば、キャロット・ラペ。前菜といえばこれ、というメニューで、サンドイッチのランチにもセットでついてきたりスーパーでカップに入ったものを手軽に買うことができたり、とフランス人にとってなくてはならないお惣菜です。人参に砂糖を加えた甘みのあるレシピが親しまれていて、人参が嫌いな人でも美味しく食べられる、と渡仏後にキャロットラペで人参嫌いを克服する日本人もたくさんいるとか。

ほくほく美味しいレンズ豆のサラダ

キャロット・ラペと同じくらい人気の定番メニューが、レンズ豆のサラダ。レシピにはさまざまなバリエーションがありますが、茹でたレンズ豆とドレッシングを和えるのが基本。簡単にできるのが嬉しい一品です。ぷちぷち、ほくほくしたレンズ豆の歯ごたえとのほのかな酸味がくせになります。

■材料
・レンズ豆 100g
・エシャロットのみじん切り 1個分
・フランスの粒マスタード 大さじ1 1/2
・バルサミコ酢 大さじ2 
・オリーブオイル 大さじ3
・コリアンダーのみじん切りカップ 1/2 (お好みで調節)
・カレー風味の場合カレー粉 小さじ1
・塩・胡椒

■つくり方
1. たっぷりのお湯(塩は入れない)でレンズ豆をアルデンテに茹でたら、水洗いして水分を切ります。
2. ドレッシングの材料とよく混ぜてできあがり。

(こちらの画像はイメージです。)
出典:www.flickr.com(@jules)

キャロット・ラペと同じくらい人気の定番メニューが、レンズ豆のサラダ。レシピにはさまざまなバリエーションがありますが、茹でたレンズ豆とドレッシングを和えるのが基本。簡単にできるのが嬉しい一品です。ぷちぷち、ほくほくしたレンズ豆の歯ごたえとのほのかな酸味がくせになります。

■材料
・レンズ豆 100g
・エシャロットのみじん切り 1個分
・フランスの粒マスタード 大さじ1 1/2
・バルサミコ酢 大さじ2
・オリーブオイル 大さじ3
・コリアンダーのみじん切りカップ 1/2 (お好みで調節)
・カレー風味の場合カレー粉 小さじ1
・塩・胡椒

■つくり方
1. たっぷりのお湯(塩は入れない)でレンズ豆をアルデンテに茹でたら、水洗いして水分を切ります。
2. ドレッシングの材料とよく混ぜてできあがり。

(こちらの画像はイメージです。)

Salade de lentilles vertes du Puy | Les recettes de Donatienne
伝統的なレンズ豆のサラダにカレー風味をプラスしたレシピです。(海外サイトです)

夏野菜たっぷり、ラタトゥイユ

野菜をたっぷりとることができるラタトゥイユは、夏の定番料理。多めにサーブしてバゲットがあれば、主食にもなる健康的な一皿です。
出典:unsplash.com

野菜をたっぷりとることができるラタトゥイユは、夏の定番料理。多めにサーブしてバゲットがあれば、主食にもなる健康的な一皿です。

野菜によって火の通り方が違うので、一種類ずつ丁寧に炒めると綺麗で美味しく仕上がります。
出典:

野菜によって火の通り方が違うので、一種類ずつ丁寧に炒めると綺麗で美味しく仕上がります。

ボリューム満点のシンプルなサラダ

フランスのビストロやカフェ・レストランでサラダを注文すると、一皿でお腹いっぱいになりそうなたっぷりサラダがでてきます。ランチメニューではサラダ・メイン・デザートから2つ選ぶセットも多く、サラダとデザートだけでもボリューム十分。フランスのサラダのレシピは、日本で食べられるものよりもずっとシンプルでびっくりしてしまうほどです。

サラダ・リヨネーズ

リヨネーズとはフランス語で"リヨンの"という意味で、フランス東部、食の都リヨンの名物サラダです。リヨンといえば食肉加工品が名産で、このリヨン風サラダにもラルドン(豚バラ肉の塩漬けを茹でたもの)がたくさん入っているのが特徴ですが、日本ではブロックベーコンで代用できます。
出典:www.flickr.com(@Danielle Fenske)

リヨネーズとはフランス語で"リヨンの"という意味で、フランス東部、食の都リヨンの名物サラダです。リヨンといえば食肉加工品が名産で、このリヨン風サラダにもラルドン(豚バラ肉の塩漬けを茹でたもの)がたくさん入っているのが特徴ですが、日本ではブロックベーコンで代用できます。

一皿で十分ランチになるボリューム満点のサラダリヨネーズには、リヨン人によると、トマト・レタス・ラルドン・半熟卵・クルトンが入っていることが定義だそう。マスタードのシンプルなドレッシングでいただきます。
出典:

一皿で十分ランチになるボリューム満点のサラダリヨネーズには、リヨン人によると、トマト・レタス・ラルドン・半熟卵・クルトンが入っていることが定義だそう。マスタードのシンプルなドレッシングでいただきます。

サラダ・ニソワーズ

フランスを代表するもうひとつの有名なサラダが、ニソワーズ(ニース風)でしょう。地元ニースではニース風サラダ保存会があるほど愛されているこのサラダ。日本でも食べることができますが、伝統的なものは日本で食べられるニース風サラダよりもずっとシンプルです。保存会によるとニース風サラダに使用してよい材料は、トマト・固ゆで卵・アンチョビの塩漬け・ツナ・わけぎ・小粒のニース産黒オリーブとバジルだけ。ただ旬の季節であれば、若くて柔らかいソラマメや、若い生のアーティチョークを加えてもいいそうです。ドレッシングにはオリーブオイルと塩・胡椒だけでシンプルに。
出典:unsplash.com

フランスを代表するもうひとつの有名なサラダが、ニソワーズ(ニース風)でしょう。地元ニースではニース風サラダ保存会があるほど愛されているこのサラダ。日本でも食べることができますが、伝統的なものは日本で食べられるニース風サラダよりもずっとシンプルです。保存会によるとニース風サラダに使用してよい材料は、トマト・固ゆで卵・アンチョビの塩漬け・ツナ・わけぎ・小粒のニース産黒オリーブとバジルだけ。ただ旬の季節であれば、若くて柔らかいソラマメや、若い生のアーティチョークを加えてもいいそうです。ドレッシングにはオリーブオイルと塩・胡椒だけでシンプルに。

こちらは本場に近い材料を使ったレシピです。ぜひ雰囲気を味わって。
出典:

こちらは本場に近い材料を使ったレシピです。ぜひ雰囲気を味わって。

フランスらしい、メインのひとさら

家庭の食事でも前菜・メイン・デザートという流れを考えるフランスの食卓では、メイン料理を何にするかは大きな楽しみです。地方の名物といわれる料理でも意外なほどシンプル。パンに合わせて美味しいというのが大切なポイントかもしれません。

フランスの超定番といえば、ステーク・フリット

ステーク・フリットはステーキとフライドポテト、というそのままの意味でそのままのひとさらです。えっこれがフランス料理?と思うかもしれませんが、フランスのカフェなどでどこでも食べることができる超定番メニュー。モモやフィレなど、霜降りではない赤身の肉肉しいお肉を塩胡椒でシンプルに焼き上げ、たっぷりのポテトを添えていただくのですが、これがなんともクセになります。フランスに初めて訪れると、フランス人のフライドポテト好きにびっくりするはず。英語でフライドポテトのことを"フレンチ・フライ"と呼ぶのも納得です。

■材料
・赤身ステーキ肉 お好きなボリュームで、一人一枚
・フライドポテト 適量
・バター・パセリ 適量
・塩・胡椒 適量

■作り方
1. 塩・胡椒したステーキ肉をグリルで好みの焼き加減まで焼く。
2. お好みでバターで香ばしさを出したたっぷりのフライドポテトと一緒に盛り付ける。
3. パセリを散らしていただく。
出典:www.flickr.com(@Ms. Glaze)

ステーク・フリットはステーキとフライドポテト、というそのままの意味でそのままのひとさらです。えっこれがフランス料理?と思うかもしれませんが、フランスのカフェなどでどこでも食べることができる超定番メニュー。モモやフィレなど、霜降りではない赤身の肉肉しいお肉を塩胡椒でシンプルに焼き上げ、たっぷりのポテトを添えていただくのですが、これがなんともクセになります。フランスに初めて訪れると、フランス人のフライドポテト好きにびっくりするはず。英語でフライドポテトのことを"フレンチ・フライ"と呼ぶのも納得です。

■材料
・赤身ステーキ肉 お好きなボリュームで、一人一枚
・フライドポテト 適量
・バター・パセリ 適量
・塩・胡椒 適量

■作り方
1. 塩・胡椒したステーキ肉をグリルで好みの焼き加減まで焼く。
2. お好みでバターで香ばしさを出したたっぷりのフライドポテトと一緒に盛り付ける。
3. パセリを散らしていただく。

BLOGS | クーリエ・ジャポン
お肉の種類や焼き方など、参考になります。

簡単で、大皿メニューにもおすすめ。アシ・パルマンティエ

「パルマンティエ」とは18世紀のフランスの薬剤師の名前で、家畜の餌だったジャガイモを食用にすることを普及した人物。彼の功績をたたえて、フランスの数々のジャガイモ料理にパルマンティエという名前がつけられています。アシは“細かく刻んだもの”、という意味で、これを食べないフランス人はベジタリアンか非国民、といわれるほど間違いなしのメニューです。

大皿でパーティ料理としてもいいですね。
出典:

「パルマンティエ」とは18世紀のフランスの薬剤師の名前で、家畜の餌だったジャガイモを食用にすることを普及した人物。彼の功績をたたえて、フランスの数々のジャガイモ料理にパルマンティエという名前がつけられています。アシは“細かく刻んだもの”、という意味で、これを食べないフランス人はベジタリアンか非国民、といわれるほど間違いなしのメニューです。

大皿でパーティ料理としてもいいですね。

スキレットで作ってそのままサーブしても素敵。
出典:

スキレットで作ってそのままサーブしても素敵。

本格煮込み料理なら、ブフ・ブルギニョン

"ブルゴーニュの牛"という名のこの料理は、ワインの名産地ブルゴーニュの名物料理。牛肉の赤ワイン煮込みです。たっぷりのお肉とたっぷりの野菜を濃厚な赤ワインで煮込んだブフ・ブルギニョンはワインがよく進み、おもてなしメニューとしても喜ばれます。
出典:www.flickr.com(@Alan C.)

"ブルゴーニュの牛"という名のこの料理は、ワインの名産地ブルゴーニュの名物料理。牛肉の赤ワイン煮込みです。たっぷりのお肉とたっぷりの野菜を濃厚な赤ワインで煮込んだブフ・ブルギニョンはワインがよく進み、おもてなしメニューとしても喜ばれます。

もとは、家庭で飲み残したワインを使い、固い牛肉も美味しくいただくために煮込んでできた料理が始まりとのこと。
じっくり煮込むので時間はかかりますが、手順はそんなに難しくありません。
出典:unsplash.com

もとは、家庭で飲み残したワインを使い、固い牛肉も美味しくいただくために煮込んでできた料理が始まりとのこと。
じっくり煮込むので時間はかかりますが、手順はそんなに難しくありません。

本格的なフランスの味が楽しめる、週末にちょっとがんばって作りたいひとさらです。
出典:

本格的なフランスの味が楽しめる、週末にちょっとがんばって作りたいひとさらです。

フランスの食卓に、デザートは必須

フランスの食事に欠かせないのが、なんといってもデザート。ランチの後もディナーの後も、日本人にとってびっくりするくらいしっかりとデザートを楽しみます。世界一のデザート大国フランスでは市販のデザートがとっても充実していますが、おうちでも作れるシンプルで美味しいデザートのレシピをご紹介します。
出典:www.flickr.com(@City Foodsters)

フランスの食事に欠かせないのが、なんといってもデザート。ランチの後もディナーの後も、日本人にとってびっくりするくらいしっかりとデザートを楽しみます。世界一のデザート大国フランスでは市販のデザートがとっても充実していますが、おうちでも作れるシンプルで美味しいデザートのレシピをご紹介します。

みんなが大好きな、ムース・オ・ショコラ

フランスで一番親しまれているデザートはこれでは?と思うほど、ムース・オ・ショコラ(チョコレートムース)はポピュラー。子供から大人まで、間違いなくみんなが大好きです。ランチにお弁当を持ってくる人も、食事のあとにはバッグの奥から市販のカップ入りムース・オ・ショコラが出てきたり。おうちでも、意外なほど簡単に作ることができます。
出典:www.flickr.com(@Buvette)

フランスで一番親しまれているデザートはこれでは?と思うほど、ムース・オ・ショコラ(チョコレートムース)はポピュラー。子供から大人まで、間違いなくみんなが大好きです。ランチにお弁当を持ってくる人も、食事のあとにはバッグの奥から市販のカップ入りムース・オ・ショコラが出てきたり。おうちでも、意外なほど簡単に作ることができます。

ムース・オ・ショコラがおうちで簡単に作れてしまったら、止まらなくて困りますね。。。
出典:

ムース・オ・ショコラがおうちで簡単に作れてしまったら、止まらなくて困りますね。。。

洋梨のコンポートで健康的に。

日本人にとって、たっぷりの食事のあとには甘くてヘビーに感じることも多いフランス料理のデザートですが、洋梨のコンポートなら食後に丁度良い優しさ。洋梨のコンポートといえばそのままの形を残した洋梨のシロップ煮をイメージするかもしれませんが、フランスでデザートとして出てくる洋梨のコンポートは、形がなくなるまで煮たジャムのようなものも多く見られます。とても簡単に作れますが、生クリームやシリアル・チョコレートなどと一緒にグラスに綺麗にもりつけてサーブするととてもおしゃれなデザートになります。
出典:

日本人にとって、たっぷりの食事のあとには甘くてヘビーに感じることも多いフランス料理のデザートですが、洋梨のコンポートなら食後に丁度良い優しさ。洋梨のコンポートといえばそのままの形を残した洋梨のシロップ煮をイメージするかもしれませんが、フランスでデザートとして出てくる洋梨のコンポートは、形がなくなるまで煮たジャムのようなものも多く見られます。とても簡単に作れますが、生クリームやシリアル・チョコレートなどと一緒にグラスに綺麗にもりつけてサーブするととてもおしゃれなデザートになります。

フランスの食卓を楽しむエッセンス

じつはとてもシンプルで、気軽に楽しめるフランスの家庭料理。普段の献立にも、おもてなしメニューにも取り入れてみてはいかがでしょうか。そのとき、フランスの食卓に欠かせない美味しいバゲットとワインも是非ご一緒に。お料理はより美味しく、会話も弾み、食卓がよりいっそう明るく和やかになるでしょう。お料理と同じくらい会話を楽しむ、フランス式の食卓をゆったりと楽しんでみてください。
出典:pixabay.com

じつはとてもシンプルで、気軽に楽しめるフランスの家庭料理。普段の献立にも、おもてなしメニューにも取り入れてみてはいかがでしょうか。そのとき、フランスの食卓に欠かせない美味しいバゲットとワインも是非ご一緒に。お料理はより美味しく、会話も弾み、食卓がよりいっそう明るく和やかになるでしょう。お料理と同じくらい会話を楽しむ、フランス式の食卓をゆったりと楽しんでみてください。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play