日常がワンランクアップする『花器』のある暮らし。おしゃれなおすすめ17選

日常がワンランクアップする『花器』のある暮らし。おしゃれなおすすめ17選

手軽にお部屋の雰囲気を変えたいなら、お花を飾るのも方法。せっかくなら、インテリアとしても存在感を発揮する素敵な花器を選びたいですよね。そこで、今回はキナリノモールからおすすめの花器を紹介します。お部屋をどんな空間にしたいか、どんなお花を飾りたいかによって、好みのひとつを見つけてみてください。2023年10月12日更新

カテゴリ:
生活雑貨
ブランド:
リサラーソン
鹿児島睦
ホルムガード
キーワード
インテリア雑貨花瓶・フラワーベース花器一輪挿し
お気に入り数445

目次

目指したいお部屋の雰囲気によって選ぶ

日常がワンランクアップする『花器』のある暮らし。おしゃれなおすすめ17選
出典:
ガラス製に陶器製、一輪挿しから大きなサイズのものまで、多種多様なデザインが揃う花器。どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。生けたいお花の雰囲気や、ボリュームをイメージしながら選ぶとうまくいくはず。また、素敵な花器は、それだけでインテリアのアクセントになってくれるもの。オブジェ感覚で飾りたくなる、絵になるデザインを集めました。

お部屋に抜け感がほしいなら、ガラスベースを

コロンとしたフォルムが魅力的なこちらは、不要になったガラスをリユースしたもの。水を入れることで、花器の透明度が引き立ち、お部屋に清潔感をもたらしてくれますよ。口径が狭く、中のお花が広がりすぎずにバランス良く生けられます。飾るお花の色を選ばないのもクリアベースの長所。写真のように、濃いめのお花を飾るのもおすすめです。
出典:

コロンとしたフォルムが魅力的なこちらは、不要になったガラスをリユースしたもの。水を入れることで、花器の透明度が引き立ち、お部屋に清潔感をもたらしてくれますよ。口径が狭く、中のお花が広がりすぎずにバランス良く生けられます。飾るお花の色を選ばないのもクリアベースの長所。写真のように、濃いめのお花を飾るのもおすすめです。

すらりとした縦長の佇まいで、洗練された雰囲気づくりを手伝うガラスベース。こちらもリユースしたガラスでつくられています。ミニマルでモダンな見た目だからこそ、写真のように、カラーなど個性のある植物との相性が抜群。口径は狭く設計されていて、ラフに生けるだけで美しい仕上がりに。
出典:

すらりとした縦長の佇まいで、洗練された雰囲気づくりを手伝うガラスベース。こちらもリユースしたガラスでつくられています。ミニマルでモダンな見た目だからこそ、写真のように、カラーなど個性のある植物との相性が抜群。口径は狭く設計されていて、ラフに生けるだけで美しい仕上がりに。

ガラスと真鍮の異素材を組み合わせたこちらは、使い心地の良さと美しいデザインに定評のある「KINTO(キントー)」のもの。スタイリッシュな形状と、使うほどに色合いが変わっていく真鍮のパーツがお部屋をおしゃれに見せてくれるでしょう。真鍮パーツを取り付けて使うと一輪挿しに、取り外すと小さなブーケが入る器になる二面性も魅力。
出典:

ガラスと真鍮の異素材を組み合わせたこちらは、使い心地の良さと美しいデザインに定評のある「KINTO(キントー)」のもの。スタイリッシュな形状と、使うほどに色合いが変わっていく真鍮のパーツがお部屋をおしゃれに見せてくれるでしょう。真鍮パーツを取り付けて使うと一輪挿しに、取り外すと小さなブーケが入る器になる二面性も魅力。

フェミニンなシルエットに心惹かれるこちらも、リユースガラス製。13cmの小ぶりな見た目は、空間に圧迫感を与えることがないため、一人暮らしのお部屋や洗面所の一角に置くのにもぴったりです。クリーンな表情を生かして、写真のように白いお花を飾ると素敵。清潔でさわやかな印象をもたらせます。
出典:

フェミニンなシルエットに心惹かれるこちらも、リユースガラス製。13cmの小ぶりな見た目は、空間に圧迫感を与えることがないため、一人暮らしのお部屋や洗面所の一角に置くのにもぴったりです。クリーンな表情を生かして、写真のように白いお花を飾ると素敵。清潔でさわやかな印象をもたらせます。

レトロ感が漂うカラーガラス

吹きガラスによってつくられ、色の出方に個体差があるところがチャームポイント。丸みを帯びてやや厚めのガラスに、どこか懐かしいムードが漂います。秋冬らしい深みのある色でありながら、ガラス製だから奥行きがあって印象は軽やか。ウッドテーブルに飾ると溶け込むように馴染み、味わいのあるインテリアのひとつになってくれます。
出典:

吹きガラスによってつくられ、色の出方に個体差があるところがチャームポイント。丸みを帯びてやや厚めのガラスに、どこか懐かしいムードが漂います。秋冬らしい深みのある色でありながら、ガラス製だから奥行きがあって印象は軽やか。ウッドテーブルに飾ると溶け込むように馴染み、味わいのあるインテリアのひとつになってくれます。

手仕事によるガラスの気泡やいびつな形を、”味”として生かしたナチュラルなシリーズ。アンバーカラーのこちらは、ウッディでモダンにまとめたお部屋のニュアンスづけに取り入れるのがおすすめ。写真のように、花器と同系色のイエローや暖色の植物を生けるとシックに仕上がります。適度な重厚感があり、枝ものなどすっきりとした植物とも好相性。
出典:

手仕事によるガラスの気泡やいびつな形を、”味”として生かしたナチュラルなシリーズ。アンバーカラーのこちらは、ウッディでモダンにまとめたお部屋のニュアンスづけに取り入れるのがおすすめ。写真のように、花器と同系色のイエローや暖色の植物を生けるとシックに仕上がります。適度な重厚感があり、枝ものなどすっきりとした植物とも好相性。

個性的なデザインをお部屋のアクセントに

スカンジナビアで誕生したインテリアブランド「Cooee(クーイー)」の花器は、丸いシルエットがユニーク。インパクト抜群ながら、どんなテイストのインテリアともマッチし、洗練度を高めてくれます。ナチュラルでモダンな雰囲気がお好きなら、グレージュのニュアンスカラーが一押し。目を引く色合いのお花を合わせて、メリハリをつけるのも素敵です。
出典:

スカンジナビアで誕生したインテリアブランド「Cooee(クーイー)」の花器は、丸いシルエットがユニーク。インパクト抜群ながら、どんなテイストのインテリアともマッチし、洗練度を高めてくれます。ナチュラルでモダンな雰囲気がお好きなら、グレージュのニュアンスカラーが一押し。目を引く色合いのお花を合わせて、メリハリをつけるのも素敵です。

キャッチーな形と淡いツートーンカラーが可愛いミニサイズの花器。個性的なデザインでありながら、つやつやとした質感と優しい色合いが女性らしい優美さを叶えます。レトロな雰囲気も備えているので、写真のように鮮やかでボリューム感のあるお花がよく似合う。短く切った植物を生けるのにちょうどいいサイズです。
出典:

キャッチーな形と淡いツートーンカラーが可愛いミニサイズの花器。個性的なデザインでありながら、つやつやとした質感と優しい色合いが女性らしい優美さを叶えます。レトロな雰囲気も備えているので、写真のように鮮やかでボリューム感のあるお花がよく似合う。短く切った植物を生けるのにちょうどいいサイズです。

洗練されたデザインと色彩豊かなカラー展開で支持される、デンマークのブランド「KAHLER(ケーラー)」。北欧らしいぬくもりを感じさせる丸いフォルムと、上品なツヤ。目に入るたびに優しい気持ちになれること間違いなしです。なかでも、おすすめはアンスラサイトグレーのこちら。発色が強すぎず、写真のようにナチュラルブラウンの棚やテーブルと好相性です。
出典:

洗練されたデザインと色彩豊かなカラー展開で支持される、デンマークのブランド「KAHLER(ケーラー)」。北欧らしいぬくもりを感じさせる丸いフォルムと、上品なツヤ。目に入るたびに優しい気持ちになれること間違いなしです。なかでも、おすすめはアンスラサイトグレーのこちら。発色が強すぎず、写真のようにナチュラルブラウンの棚やテーブルと好相性です。

”和”の雰囲気を投入してスタイリッシュに

釉薬によるニュアンスが美しいこちらは、信楽焼のベース。コロンとした丸い形と信楽焼のざらりとした手触りが、シンプルながらインパクトを放ちます。柔らかな色合いで、モダンなインテリアと馴染みがいい点も魅力。洋風の家具や雑貨の中に、アクセントとして効かせることで、おしゃれなメリハリを演出できるはず。
出典:

釉薬によるニュアンスが美しいこちらは、信楽焼のベース。コロンとした丸い形と信楽焼のざらりとした手触りが、シンプルながらインパクトを放ちます。柔らかな色合いで、モダンなインテリアと馴染みがいい点も魅力。洋風の家具や雑貨の中に、アクセントとして効かせることで、おしゃれなメリハリを演出できるはず。

しなやかな曲線美に惹かれるこちらは、京都の老舗窯元が手がけるブランド「ZUIKOU(ズイコウ)」のもの。職人さんの手仕事によってつくられています。お花を生けるのはもちろん、花器自体にインパクトがあるため、オブジェとしてそのまま飾るのもあり。立体的でボリュームのあるフォルムが、お部屋のワンポイントを担ってくれます。
出典:

しなやかな曲線美に惹かれるこちらは、京都の老舗窯元が手がけるブランド「ZUIKOU(ズイコウ)」のもの。職人さんの手仕事によってつくられています。お花を生けるのはもちろん、花器自体にインパクトがあるため、オブジェとしてそのまま飾るのもあり。立体的でボリュームのあるフォルムが、お部屋のワンポイントを担ってくれます。

落ち着いた雰囲気をかもし出す辛口デザイン

花を飾るというと、女性らしく可愛らしい見た目の花器を連想しがちですが、辛口なテイストを好む人にもぴったりなデザインも多く出ています。こちらはミニマルなガラスベースに無骨な表情のコンクリート素材を掛け合わせた珍しいデザイン。ガラス部分には抜け感があり、生けた植物の茎が見えるところがポイント。
出典:

花を飾るというと、女性らしく可愛らしい見た目の花器を連想しがちですが、辛口なテイストを好む人にもぴったりなデザインも多く出ています。こちらはミニマルなガラスベースに無骨な表情のコンクリート素材を掛け合わせた珍しいデザイン。ガラス部分には抜け感があり、生けた植物の茎が見えるところがポイント。

ラフに抱えた紙袋からちらりとのぞくブーケの美しさを、磁器で表現したアーティな花器。あえてシワ感をつくり出すことで、日の光や照明が当たった際に、自然で美しい陰影が現れます。写真のように、茎が細く軽やかさのある植物を数本差し、動きをつけるといっそうおしゃれな仕上がりに。
出典:

ラフに抱えた紙袋からちらりとのぞくブーケの美しさを、磁器で表現したアーティな花器。あえてシワ感をつくり出すことで、日の光や照明が当たった際に、自然で美しい陰影が現れます。写真のように、茎が細く軽やかさのある植物を数本差し、動きをつけるといっそうおしゃれな仕上がりに。

レザーを用いたジェンダーレスな製品で、多くのファンを抱える「Hender Scheme(エンダースキーマ)」。ガラス器具になめらかなヌメ革をまとわせた唯一無二のデザインは、スタイリッシュな印象と強さを叶えてくれます。レザーは経年変化によって風合いが変わっていくので、永く愛着を持って使えるはず。
出典:

レザーを用いたジェンダーレスな製品で、多くのファンを抱える「Hender Scheme(エンダースキーマ)」。ガラス器具になめらかなヌメ革をまとわせた唯一無二のデザインは、スタイリッシュな印象と強さを叶えてくれます。レザーは経年変化によって風合いが変わっていくので、永く愛着を持って使えるはず。

モダン×ナチュラルな木製のベース

木目によるニュアンスに、自然美が宿るウッドベース。お部屋に落ち着いた印象をもたらします。木製の花器を取り入れるなら、お部屋の景観にメリハリをつけるとより良い仕上がりに。ベッドサイドに飾ってふんわりとした寝具との質感の差を楽しんだり、窓の近くに置いて透明感をプラスしたりすると好バランスです。
出典:

木目によるニュアンスに、自然美が宿るウッドベース。お部屋に落ち着いた印象をもたらします。木製の花器を取り入れるなら、お部屋の景観にメリハリをつけるとより良い仕上がりに。ベッドサイドに飾ってふんわりとした寝具との質感の差を楽しんだり、窓の近くに置いて透明感をプラスしたりすると好バランスです。

雨風にさらされてできた自然な風合いを生かした、古材の一輪挿し。趣のあるウッドの丸いフレームと、すらりとしたガラスシリンダーの対比によって、高感度な見た目が実現。背面には壁掛け用の金具がついており、写真のように壁に取り付けられます。花器を置くスペースが確保できない方や小さなお子さんのいる方にもおすすめのデザインです。
出典:

雨風にさらされてできた自然な風合いを生かした、古材の一輪挿し。趣のあるウッドの丸いフレームと、すらりとしたガラスシリンダーの対比によって、高感度な見た目が実現。背面には壁掛け用の金具がついており、写真のように壁に取り付けられます。花器を置くスペースが確保できない方や小さなお子さんのいる方にもおすすめのデザインです。

オークウッドにガラスボトルを組み合わせたこちらも、スリムな佇まいで都会的。土台のウッドと揃えて枝ものを生けるのも良し、クリアとブラウンで合わせる色を選ばないため、カラフルな植物を挿すのも良し。木製部分の面積が大きくないため、どんな色みや質感の家具ともバランスを取りやすいのがメリットです。
出典:

オークウッドにガラスボトルを組み合わせたこちらも、スリムな佇まいで都会的。土台のウッドと揃えて枝ものを生けるのも良し、クリアとブラウンで合わせる色を選ばないため、カラフルな植物を挿すのも良し。木製部分の面積が大きくないため、どんな色みや質感の家具ともバランスを取りやすいのがメリットです。

美しい花器を取り入れて、お家をもっと自分好みに

日常がワンランクアップする『花器』のある暮らし。おしゃれなおすすめ17選
出典:
お気に入りや理想に合った花器は見つかりましたか? 手軽に取り入れられて、お部屋に個性や存在感をもたらす花器はインテリア雑貨の中でも、こだわって選んで頂きたいアイテムです。自分好みの花器を新調したら、色合いや雰囲気の相性を考えながらお花を選ぶ時間がもっと楽しくなるはずです。

この記事の執筆者

名和里穂
ライター
名和里穂
ファッション誌編集部に在籍したのち、2020年よりフリーの編集・ライターとして活動。女性誌を中心に、ファッションのほか、美容やヘルスケアなどの記事を多く担当。国内旅行、アート、器、パンが好き。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

App Store バナーGoogle Play バナー