「あの人、ちょっと違う」と思わせる。シンプルだけど個性があるナチュラルコーデ術

「あの人、ちょっと違う」と思わせる。シンプルだけど個性があるナチュラルコーデ術

シンプルでナチュラルなコーデが好きで、悩んで買った服はどれもお気に入り。自分のスタイルが確立されてくると、買い物で失敗することも少なくなります。でも時には、いつもの自分と違う服が着たくなったり、いつものコーデに少し変化を加えたくなることはありませんか?今回はナチュラルコーデにさりげなく個性を出す方法を、「色」・「コーデのバランス」・「小物」に注目してまとめました。 2019年06月15日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード:
コーディネート
スタイル・テイスト
垢抜け
おしゃれ
こなれ感
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
993

「シンプル」と「個性」って両立するの?

「あの人、ちょっと違う」と思わせる。シンプルだけど個性があるナチュラルコーデ術
出典:
シンプルでナチュラルなコーデは、シンプルがゆえにどうしても同じようなコーデになりがち。ナチュラルコーデにさりげなく個性を出すなんて難しい…と思われる方も多いのではないでしょうか。
「あの人、ちょっと違う」と思わせる。シンプルだけど個性があるナチュラルコーデ術
出典:
ナチュラルコーデでも、ポイントを抑えれば自分らしい個性をコーデに取り入れることができます!今回は「さりげなく個性を取り入れるのに必要なこと」と、そのノウハウをたっぷりご紹介ます。

さりげなく個性を取り入れるのに必要なことは?

1.「色」で自分らしさを取り入れる

わたしたちの周りは「色」で溢れていますが、「色」を意識して暮らしている人は少ないのではないでしょうか。世の中には何万種類もの色があり、組み合わせによってイメージも変わり、心理的作用ももたらしています。
出典:www.instagram.com(@3etdemi)

わたしたちの周りは「色」で溢れていますが、「色」を意識して暮らしている人は少ないのではないでしょうか。世の中には何万種類もの色があり、組み合わせによってイメージも変わり、心理的作用ももたらしています。

「色」をうまく使うことができれば、コーデの幅はぐっと広がります。あまり意識していなかった「色」の力を借りて、コーデを考えてみましょう。季節によって「色」で気分を変えるのもおすすめです。
出典:

「色」をうまく使うことができれば、コーデの幅はぐっと広がります。あまり意識していなかった「色」の力を借りて、コーデを考えてみましょう。季節によって「色」で気分を変えるのもおすすめです。

2.「コーデのバランス」を取って、いつものコーデに変化をつける

同じ服を着ていても、着こなしによってコーデは全く違うものに。服の組み合わせ方次第で、いろんなコーデを楽しむことができますよ。キメキメになりすぎず、かといってだらしなく見えないように“ちょうどいい”バランスを作ることが大切です。
出典:

同じ服を着ていても、着こなしによってコーデは全く違うものに。服の組み合わせ方次第で、いろんなコーデを楽しむことができますよ。キメキメになりすぎず、かといってだらしなく見えないように“ちょうどいい”バランスを作ることが大切です。

「重さ」と「軽さ」のバランスや、「かっこよさ」と「かわいさ」のバランスなど、うまくバランスを取っていつものコーデに変化を取り入れてみましょう。
出典:

「重さ」と「軽さ」のバランスや、「かっこよさ」と「かわいさ」のバランスなど、うまくバランスを取っていつものコーデに変化を取り入れてみましょう。

3.「小物」を足してさりげない個性を演出

「小物」は服に比べて、さりげない個性を取り入れやすいアイテムです。シンプルなナチュラルコーデに、個性的な小物を合わせるとぐっとおしゃれ度がアップします。
出典:

「小物」は服に比べて、さりげない個性を取り入れやすいアイテムです。シンプルなナチュラルコーデに、個性的な小物を合わせるとぐっとおしゃれ度がアップします。

特にこれからの季節は、露出が多めになってきてアクセサリーや小物類が映えます。自分のお気に入りを見つけて、いつものコーデにぜひ取り入れてみてくださいね。
出典:

特にこれからの季節は、露出が多めになってきてアクセサリーや小物類が映えます。自分のお気に入りを見つけて、いつものコーデにぜひ取り入れてみてくださいね。

「色」の取り入れ方

1.「パープル」を入れると上品で大人っぽい印象に

薄いパープルは、ナチュラルコーデにも馴染むのですぐに取り入れやすいです。ベージュのパンツと合わせて柔らかい印象に。カゴバックとサンダルで「軽さ」を演出しています。
出典:

薄いパープルは、ナチュラルコーデにも馴染むのですぐに取り入れやすいです。ベージュのパンツと合わせて柔らかい印象に。カゴバックとサンダルで「軽さ」を演出しています。

紫×グレーはとても相性の良い組み合わせです。紫を少し取り入れるだけで、個性的におしゃれに見せることができます!
出典:

紫×グレーはとても相性の良い組み合わせです。紫を少し取り入れるだけで、個性的におしゃれに見せることができます!

2.「ピンク」を取り入れてやさしく、女性らしく

黄みがかったピンクは、春・夏にぴったりの色です。強いピンクではないので、ピンクに挑戦したいけど勇気が出ないという方へおすすめ。優しく柔らかい印象になります。
出典:

黄みがかったピンクは、春・夏にぴったりの色です。強いピンクではないので、ピンクに挑戦したいけど勇気が出ないという方へおすすめ。優しく柔らかい印象になります。

普通のピンクより少し黒みがかったチェリーピンクのスカート。濃いピンクで大人っぽく着こなすことができます。ピンクが強すぎると感じたら、カーディガンを羽織ってバランスを取りましょう。
出典:

普通のピンクより少し黒みがかったチェリーピンクのスカート。濃いピンクで大人っぽく着こなすことができます。ピンクが強すぎると感じたら、カーディガンを羽織ってバランスを取りましょう。

3.リラックスしたい休日には「グリーン」を

深い緑のスカートに、黒のトップスとサンダルを合わせてまとまったスタイルに。緑には緊張を和らげる癒し効果があります。リラックスしたい休日に緑を取り入れてみてはいかがでしょうか。
出典:

深い緑のスカートに、黒のトップスとサンダルを合わせてまとまったスタイルに。緑には緊張を和らげる癒し効果があります。リラックスしたい休日に緑を取り入れてみてはいかがでしょうか。

4.夏に取り入れたい、さわやかな「ブルー」

暑い夏にはさわやかなブルーを取り入れてみましょう。濃いブルーではなく薄いブルーにすると、繊細で女性らしく見せることができます。ナチュラルコーデにも取り入れやすい色です。
出典:

暑い夏にはさわやかなブルーを取り入れてみましょう。濃いブルーではなく薄いブルーにすると、繊細で女性らしく見せることができます。ナチュラルコーデにも取り入れやすい色です。

“ちょうどいい”バランスの作り方

1.ワントーンコーデには「ウエストマーク」を

ワントーンコーデはかっこいいけど、実はバランスを取るのが難しいコーデでもあります。「ウエストマーク」をするだけでアクセントがついて、全体のバランスが取れます。
出典:

ワントーンコーデはかっこいいけど、実はバランスを取るのが難しいコーデでもあります。「ウエストマーク」をするだけでアクセントがついて、全体のバランスが取れます。

ワントーンのワンピースも、1枚をサラッと着こなすだけだとさみしく物足りなさを感じてしまいます。「ウエストマーク」のあるワンピースを選ぶことでコーデが引き締まり、まとまって見えます。
出典:

ワントーンのワンピースも、1枚をサラッと着こなすだけだとさみしく物足りなさを感じてしまいます。「ウエストマーク」のあるワンピースを選ぶことでコーデが引き締まり、まとまって見えます。

2.シャツワンピースの「重ね着」

「重ね着」がうまくできると、さりげなく個性を出すことができます。シャツワンピースはどんなコーデにも重ね着することができるので、とても重宝するアイテムです。
出典:

「重ね着」がうまくできると、さりげなく個性を出すことができます。シャツワンピースはどんなコーデにも重ね着することができるので、とても重宝するアイテムです。

パンツスタイルにシャツワンピを重ね着しても可愛いです。定番コーデにシャツワンピを重ねるだけで、おしゃれで人と違うコーデになりますよ。
出典:

パンツスタイルにシャツワンピを重ね着しても可愛いです。定番コーデにシャツワンピを重ねるだけで、おしゃれで人と違うコーデになりますよ。

3.「メンズライクなアイテム」を女性らしく

女性らしいスタイルに敢えてリュックを合わせることで、ボーイッシュなかわいさが漂います。リュックの色は合わせやすいグレーや黒がおすすめです。
出典:

女性らしいスタイルに敢えてリュックを合わせることで、ボーイッシュなかわいさが漂います。リュックの色は合わせやすいグレーや黒がおすすめです。

男っぽいデザインのバブアーに、女性らしい赤いワンピースを合わせてバランスのとれたコーデに。真逆のアイテムを組み合わせることでさりげなく個性を出すことができます。
出典:

男っぽいデザインのバブアーに、女性らしい赤いワンピースを合わせてバランスのとれたコーデに。真逆のアイテムを組み合わせることでさりげなく個性を出すことができます。

4.トップスをインして下に「ボリューム」を

トップスをインして上をスッキリ、下のスカートにボリュームを持ってくるとバランスの取れたコーデに。下にボリュームを持ってくることでかわいらしさも取り入れられます。
出典:

トップスをインして上をスッキリ、下のスカートにボリュームを持ってくるとバランスの取れたコーデに。下にボリュームを持ってくることでかわいらしさも取り入れられます。

タンクトップにワイドパンツで、夏らしくさわやかなスタイル。上と下のバランスを意識してコーデを組むことで、個性あるナチュラルコーデに。
出典:

タンクトップにワイドパンツで、夏らしくさわやかなスタイル。上と下のバランスを意識してコーデを組むことで、個性あるナチュラルコーデに。

個性を引き出す「小物」の取り入れ方

1.「大ぶりのアクセサリー」を身につける

大ぶりのイヤリングとブレスレットは、クリア素材なので繊細で透明感があります。シンプルだけど、さりげなく個性が出ていて素敵です。
出典:

大ぶりのイヤリングとブレスレットは、クリア素材なので繊細で透明感があります。シンプルだけど、さりげなく個性が出ていて素敵です。

ゴールドのボリュームあるバングルは、シンプルコーデのワンポイントに。存在感はあるもののシンプルなデザインなので、シンプルコーデとの相性バッチリです。
出典:

ゴールドのボリュームあるバングルは、シンプルコーデのワンポイントに。存在感はあるもののシンプルなデザインなので、シンプルコーデとの相性バッチリです。

2.ストールの「巻き方」を変えて楽しむ

さりげない個性を取り入れるアイテムとして「ストール」が大活躍。いつもと違った巻き方で表情をつけると、いつもの服でも違ったコーデに。
出典:

さりげない個性を取り入れるアイテムとして「ストール」が大活躍。いつもと違った巻き方で表情をつけると、いつもの服でも違ったコーデに。

ストールで縦のラインを作ってすっきりとした印象に。ただ首からさげるだけでも、いつものコーデがぐっとおしゃれになります。
出典:

ストールで縦のラインを作ってすっきりとした印象に。ただ首からさげるだけでも、いつものコーデがぐっとおしゃれになります。

3.「メガネ」は、フレームで印象を変える

最近では、メガネもファッションアイテムのひとつになっています。フレームの幅や色で印象がガラリと変わりますよ。
出典:

最近では、メガネもファッションアイテムのひとつになっています。フレームの幅や色で印象がガラリと変わりますよ。

個性的なデザインながらも主張しすぎないフレームのメガネ。コーデの邪魔をせず、かけるだけで個性を引き出してくれます。
出典:

個性的なデザインながらも主張しすぎないフレームのメガネ。コーデの邪魔をせず、かけるだけで個性を引き出してくれます。

4.お気に入りの「ブローチ」を胸元に

シンプルコーデにさりげなく個性を出せるアイテムが「ブローチ」です。可愛いデザインのものがたくさんあるので、ついつい集めたくなってしまいますよね。
出典:

シンプルコーデにさりげなく個性を出せるアイテムが「ブローチ」です。可愛いデザインのものがたくさんあるので、ついつい集めたくなってしまいますよね。

シンプルなブローチでも、コーデのワンポイントになってくれます。何か物足りないなと感じた時に、ブローチを取り入れてみてくださいね。
出典:

シンプルなブローチでも、コーデのワンポイントになってくれます。何か物足りないなと感じた時に、ブローチを取り入れてみてくださいね。

たまにはコーデに“足し算”を

「あの人、ちょっと違う」と思わせる。シンプルだけど個性があるナチュラルコーデ術
出典:
「シンプルだけど個性があるコーデ」の作り方をご紹介しました。ナチュラル派の方は引き算がうまく、シンプルで洗練された着こなしが得意だと思います。でもたまには、コーデに足し算を加えて自分らしさを出すのも楽しいですよ♪ぜひ試してみてくださいね。

写真提供

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play