異国の布文化を巡るvol.2〜フランス伝統のテキスタイル「トワル・ド・ジュイ」に魅せられて

異国の布文化を巡るvol.2〜フランス伝統のテキスタイル「トワル・ド・ジュイ」に魅せられて

フランス伝統の布地「トワル・ド・ジュイ」をご存知でしょうか?マリー・アントワネットやナポレオンも愛したといわれており、その歴史は18世紀にまで遡ります。田園風景や、村での人々の暮らし、神話の神々を描いた、優美なプリントが大きな魅力。ストーリー性も感じられ、世界中にファンがいるのです。フレンチ・クラシックが好きな人なら、必ずそのシックな美しさに心を奪われるでしょう。今回は、そんな「トワル・ド・ジュイ」の軌跡と魅力に迫ってみたいと思います。 2018年12月13日作成

カテゴリ:
アート・カルチャー
キーワード:
アート
伝統技法
テキスタイル
フランス
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
308

異国の布文化を巡るvol.2~フランス伝統の「トワル・ド・ジュイ」

波乱に富んだ時代を生きたフランス王妃、マリー・アントワネット。

浪費家でもあったことでも知られていますが、彼女の美意識や審美眼は、確かなもの。その道においては類い稀な才能を発揮し、ファッションリーダー、また、工芸品のコレクターとして、当時王侯貴族から一目置かれる存在でした。

そんな彼女が愛したものの一つが、今回ご紹介するコットンプリントの生地「トワル・ド・ジュイ」。
出典:www.flickr.com(@Jorge Láscar)

波乱に富んだ時代を生きたフランス王妃、マリー・アントワネット。

浪費家でもあったことでも知られていますが、彼女の美意識や審美眼は、確かなもの。その道においては類い稀な才能を発揮し、ファッションリーダー、また、工芸品のコレクターとして、当時王侯貴族から一目置かれる存在でした。

そんな彼女が愛したものの一つが、今回ご紹介するコットンプリントの生地「トワル・ド・ジュイ」。

※画像(上)は、マリー・アントワネットにとって、唯一心やすらぐプライベート空間であったといわれる「プチ・トリアノン宮殿」。彼女がこだわった内装・調度品からは、トワル・ド・ジュイと近しい雰囲気の、ロココ趣味を感じ取ることができます。
「トワル・ド・ジュイ」のテキスタイルはこのように、単色や二色使い。農村の営みなど、自然に寄り添う絵柄が多く見受けられます。絶対王政の象徴であるヴェルサイユ宮殿の、絢爛豪華さとは対照的。どこかほのぼのとした、牧歌的な雰囲気も放ちます。
出典:florileges-japon.com

「トワル・ド・ジュイ」のテキスタイルはこのように、単色や二色使い。農村の営みなど、自然に寄り添う絵柄が多く見受けられます。絶対王政の象徴であるヴェルサイユ宮殿の、絢爛豪華さとは対照的。どこかほのぼのとした、牧歌的な雰囲気も放ちます。

© 2012- Florilèges - Toile de Jouy
マリー・アントワネットが心惹かれ、そして今もなおファッションやインテリアを通して親しまれている「トワル・ド・ジュイ」。

今回の「異国の布文化を巡るvol.2」では、トワル・ド・ジュイ誕生の背景や、その優美な柄の世界をお伝えしたいと思います。
「異国の布文化を巡る vol.1」はこちらからどうぞ。
異国の布文化を巡るvol.1~インドネシア伝統の「バティック」が織り成す美しい世界
異国の布文化を巡るvol.1~インドネシア伝統の「バティック」が織り成す美しい世界

異国情緒漂う繊細な模様に心奪われる、インドネシア伝統の布地「バティック(ジャワ更紗)」。日本での着物のように正装スタイルに用いられているほか、腰巻きやスカーフといった日常的なファッションアイテムとして。また、飾り布などのインテリアテキスタイルとして、現代のライフスタイルにも溶け込んでいる、インドネシアの美しい手仕事です。今回は余り知られていない「バティック」の魅力を、紐解いてご紹介します。

「トワル・ド・ジュイ」とは

フランスの伝統柄を施したテキスタイル

一般的に、現代のわたしたちが親しんでいる「トワル・ド・ジュイ」は、18世紀フランスで生まれたコットンプリント生地、また、その柄のことを指します。

木版や銅版を用いて捺染した生地のため、「西洋更紗」ともいわれています。
出典:www.florileges-toiledejouy.com

一般的に、現代のわたしたちが親しんでいる「トワル・ド・ジュイ」は、18世紀フランスで生まれたコットンプリント生地、また、その柄のことを指します。

木版や銅版を用いて捺染した生地のため、「西洋更紗」ともいわれています。

© 2012- Florilèges - Toile de Jouy
この柄を、布以外(紙やプラスチック、陶器等)の現代のアイテムにプリントし、アレンジしたものも「トワル・ド・ジュイ」として総称されます。

今ではフレンチカントリーやシノワズリといったインテリアコーディネートにおいて、重要な演出アイテムに。ファブリックのみならず、このような壁紙でもお馴染みとなっています。
出典:

この柄を、布以外(紙やプラスチック、陶器等)の現代のアイテムにプリントし、アレンジしたものも「トワル・ド・ジュイ」として総称されます。

今ではフレンチカントリーやシノワズリといったインテリアコーディネートにおいて、重要な演出アイテムに。ファブリックのみならず、このような壁紙でもお馴染みとなっています。

厳密には、18世紀にフランス・ジュイの工場でつくられたものが“本物”

厳密に「トワル・ド・ジュイ」の意味を紐解いてみましょう。

「トワル・ド・ジュイ」は、フランス語で「Toile de Jouy」。Toileが“布地”の意で、Jouyは「ジュイ=アン=ジョザス(Jouy-en-Josas)」という、フランス・パリ近郊の、ヴェルサイユの隣町の名前です。訳すと“ジュイ(町)の工場で作られた布”という意味。
出典:

厳密に「トワル・ド・ジュイ」の意味を紐解いてみましょう。

「トワル・ド・ジュイ」は、フランス語で「Toile de Jouy」。Toileが“布地”の意で、Jouyは「ジュイ=アン=ジョザス(Jouy-en-Josas)」という、フランス・パリ近郊の、ヴェルサイユの隣町の名前です。訳すと“ジュイ(町)の工場で作られた布”という意味。

※画像は、現在ジュイ=アン=ジョザスにある「トワル・ド・ジュイ博物館」。多くのコレクションを有しています。
実はこの町には、遡ること18世紀~19世紀、“ジュイの布”生みの親である、クリストフ・フィリップ=オーベルカンフ(1738-1815)が創業した工場があり、一大産業として栄えていました。着心地のよいコットン(木綿)生地で、比較的安価。先にあげた柄も大ブームとなり、類似品が出回るほど。

その工場で製造されたプリント生地こそが、正真正銘の「トワル・ド・ジュイ」。
出典:www.wikidata.org

実はこの町には、遡ること18世紀~19世紀、“ジュイの布”生みの親である、クリストフ・フィリップ=オーベルカンフ(1738-1815)が創業した工場があり、一大産業として栄えていました。着心地のよいコットン(木綿)生地で、比較的安価。先にあげた柄も大ブームとなり、類似品が出回るほど。

その工場で製造されたプリント生地こそが、正真正銘の「トワル・ド・ジュイ」。

※画像中央の人物がオーベルカンフ(65歳の頃)です。

作品名:Louis-Léopold Boilly「La famille Oberkampf」
http://www.louis-leopold-boilly.fr/
現在その本物は、150年以上の歴史を有し、高値で取引されるヴィンテージの一級品。また正規品と冠した製品をつくるには、当時の原版(木版・銅版)から柄を忠実に再現したり、商品ロゴを生地の端に入れたりと、ライセンス契約において様々な規定があります。

そして、トワル・ド・ジュイ風と称する商品なども登場しており、そのようなレプリカやアレンジが、身近なものとして親しまれているのです。
出典:florileges-japon.com

現在その本物は、150年以上の歴史を有し、高値で取引されるヴィンテージの一級品。また正規品と冠した製品をつくるには、当時の原版(木版・銅版)から柄を忠実に再現したり、商品ロゴを生地の端に入れたりと、ライセンス契約において様々な規定があります。

そして、トワル・ド・ジュイ風と称する商品なども登場しており、そのようなレプリカやアレンジが、身近なものとして親しまれているのです。

© 2012- Florilèges - Toile de Jouy

「トワル・ド・ジュイ」の歴史

ことの発端は、木綿を知らない国にもたらされた「インド更紗」

上でご紹介したとおり、「トワル・ド・ジュイ」の立役者は、オーベルカンフですが、そもそも、どうしてコットンプリント生地の製造工場を建てたのか――。その背景を語る上で、外せないキーワードがあります。それは、「インド更紗」。
遡ること15世紀~17世紀にかけての大航海時代。交易品として、世界中に「インド更紗」がもたらされました。

「インド更紗」とはインド発祥の文様染めの布。天然の染料を用いて、手描きや木版捺染で、木綿の生地に柄を施す製造方法。それは庶民の普段着が麻から木綿へと転換する、大きな契機を生み、前回の「Vol.1」記事で触れたように、インドネシアのバティック、また日本にも影響を与えました。
出典:www.flickr.com(@Nathan & Jenny)

遡ること15世紀~17世紀にかけての大航海時代。交易品として、世界中に「インド更紗」がもたらされました。

「インド更紗」とはインド発祥の文様染めの布。天然の染料を用いて、手描きや木版捺染で、木綿の生地に柄を施す製造方法。それは庶民の普段着が麻から木綿へと転換する、大きな契機を生み、前回の「Vol.1」記事で触れたように、インドネシアのバティック、また日本にも影響を与えました。

フランスにインド更紗が伝えられたのは、17世紀後半。当時はシルク、ウール、麻などの織物が主流であり、それが伝統産業となっていました。綿の原料となる綿花の栽培に力を入れてこなかったフランスでしたが、着心地がよく洗濯しやすい木綿のインド更紗が、国民を魅了し、急激に人気を高めていくこととなります。

植物をモチーフとした細やかなデザインも、織物ではなく染物だからこそ大量生産が可能に。
出典:

フランスにインド更紗が伝えられたのは、17世紀後半。当時はシルク、ウール、麻などの織物が主流であり、それが伝統産業となっていました。綿の原料となる綿花の栽培に力を入れてこなかったフランスでしたが、着心地がよく洗濯しやすい木綿のインド更紗が、国民を魅了し、急激に人気を高めていくこととなります。

植物をモチーフとした細やかなデザインも、織物ではなく染物だからこそ大量生産が可能に。

国は木綿の生産禁止令を出し、強制終了に。しかし、ほとぼりは冷めず

このときのフランスは、“絶対王政”の最盛期とされるルイ14世の統治時代。

フランス国内では、さらに更紗を自らの手でつくろうと、「トワルパント(捺染綿布)」と呼ばれるインド更紗の技法をとりいれた布地の製造方法も生み出されます。

そのように、本格的に普及し始めた頃、シルク(絹)やウールなどの毛織物業者からの弾圧を受けることに。そして彼らの要請を受け、伝統産業の衰退に危機感を覚えたルイ14世が、ついにコットンプリント生地の輸入、製造、使用を一切禁止する法令を施行してしまうのです。この禁止令が出たのは1686年、解かれるのは約70年後となります。

禁止令が解かれた後、国民の願いを叶えるかのように、工場が誕生

しかし、禁止令が出ている間も、インド更紗の密輸入が横行。統治はルイ14世から15世に代わりますが、ルイ15世が寵愛するポンパドール夫人もインド更紗に魅了され、圧力をかけてくる自体に。宮廷にも愛用者が多く、この禁止令は1759年に解かれることとなります。

そこでフランスは、更紗製造技術の遅れを取り戻すために、外国から捺染技術者を呼び寄せますが、その一人こそ、20歳のオーベルカンフ。これが西洋更紗「トワル・ド・ジュイ」の始まりです。
オーベルカンフは1760年、ジュイ=アン=ジョザスに工場を創業し、全盛期には1300人以上もの従業員を雇用。またすべての工程において研究熱心で、デザインは有能な画家たちに依頼するほどのこだわりようでした。

そして、画家、ジャン=バティスト・ユエを、主任デザイナーに起用したことで、この工場ならではの生地の魅力(=トワル・ド・ジュイ)が花開くこととなります。この二人が揃わなければ、後世に残される布文化には発展しなかったかもしれません。
出典:

オーベルカンフは1760年、ジュイ=アン=ジョザスに工場を創業し、全盛期には1300人以上もの従業員を雇用。またすべての工程において研究熱心で、デザインは有能な画家たちに依頼するほどのこだわりようでした。

そして、画家、ジャン=バティスト・ユエを、主任デザイナーに起用したことで、この工場ならではの生地の魅力(=トワル・ド・ジュイ)が花開くこととなります。この二人が揃わなければ、後世に残される布文化には発展しなかったかもしれません。

※画像は、ジャン=バティスト・ユエ(ジュイのアトリエの主任デザイナー)が描いた、当時の工場の様子。
右下には1806年のナポレオン1世の訪問時、オーベルカンフが勲章を授けられる姿も。

マリー・アントワネットやナポレオンなど、時の権力者にも愛されるほど

トワル・ド・ジュイがすごいのは、オーベルカンフが一代で築き上げた、ということもありますが、流行の変化に敏感に対応し、そのときどきの流行をいち早く取り入れて、最高のデザイナーを使って高品質のプリント生地を次から次へと生み出したことです。それゆえ、フランス国内の王侯貴族、裕福なブルジョワ層のみならず海外からも絶大な支持を得ました。
マリー・アントワネットはトワル・ド・ジュイを好み、晩年においても、オーベルカンフの工場でつくった服を愛用していたことが分かっています。

彼女の夫であるルイ16世からは「王位マニュファクチャ」の称号を与えられ、特権的な王立工場に。ナポレオンからは「レジオン ド ヌール勲章」を授与されます。ナポレオンの妻もジュイの布を愛用しており、当時の栄華が伺えますね。
出典:www.flickr.com(@Faylyne)

マリー・アントワネットはトワル・ド・ジュイを好み、晩年においても、オーベルカンフの工場でつくった服を愛用していたことが分かっています。

彼女の夫であるルイ16世からは「王位マニュファクチャ」の称号を与えられ、特権的な王立工場に。ナポレオンからは「レジオン ド ヌール勲章」を授与されます。ナポレオンの妻もジュイの布を愛用しており、当時の栄華が伺えますね。

オーベルカンフの死去などにより1843年に工場は閉鎖され、その華々しい歴史は設立から83年で幕を下ろしました。しかし、その真髄は現代に受け継がれ、今も世界中の人々を魅了し続けています。
キナリノ読者の皆さんにも好きな方が多い、デザイナーのウィリアム・モリスにも影響を与え、また、画家のレオナール・フジタの作品にも、ジュイの布が描かれています。

「トワル・ド・ジュイ」の優美な柄の世界

ジュイの柄は3万点。大半はインド更紗の影響を強く受けたオリエンタルな植物柄と、そこから発展したヨーロッパ好みの植物柄ですが、現代ではノスタルジックな人物柄こそが、トワル・ド・ジュイの代表柄と考える人が多いようです。

人物、田園風景、美しい草花、天使、鳩などが描かれたジュイ。当時の農村のお祭りの様子といった、暮らしぶりがわかるプリントも。どのようなものがあるのか、見ていきましょう。
出典:florileges-japon.com

ジュイの柄は3万点。大半はインド更紗の影響を強く受けたオリエンタルな植物柄と、そこから発展したヨーロッパ好みの植物柄ですが、現代ではノスタルジックな人物柄こそが、トワル・ド・ジュイの代表柄と考える人が多いようです。

人物、田園風景、美しい草花、天使、鳩などが描かれたジュイ。当時の農村のお祭りの様子といった、暮らしぶりがわかるプリントも。どのようなものがあるのか、見ていきましょう。

© 2012- Florilèges - Toile de Jouy

◆ 自然に寄り添う人々の、美しい暮らし

トワル・ド・ジュイを代表する魅力が、美しい人物柄。1770年代になるとイギリスの技術を取り入れ、木版プリントから、銅板プリントによるテキスタイルに力を入れていきます。それにより、カマイユ(単色濃淡)による、人物画の繊細な表現が可能になりました。

そんな単色プリントの魅力を昇華させたのが、先に挙げたジャン=バティスト・ユエ(J.B.Huet)。田園の風景といった、自然に寄り添う人の暮らしを美しく描きました。どこか牧歌的な世界観を放ち、当時の人気の思想家、ジャン=ジャック・ルソーが説いた「自然回帰」の影響を感じ取れる作品も。
[デザインタイトル]『四季の喜び』 J.B.Huet 1785年
こちらは、1785年、ユエ初期の作品となる「四季の喜び」。柄を左右非対称に描く「浮雲スタイル」の代表例でもあります。

大きいサイズの生地に、その名の通り、春夏秋冬、それぞれの四季の訪れを愉しむ人々の姿が描かれています。こちらは、春の到来を、音楽とダンスで祝う人々の姿。一色ですが濃淡があるためどこか臨場感も感じられます。
出典:florileges-japon.com

こちらは、1785年、ユエ初期の作品となる「四季の喜び」。柄を左右非対称に描く「浮雲スタイル」の代表例でもあります。

大きいサイズの生地に、その名の通り、春夏秋冬、それぞれの四季の訪れを愉しむ人々の姿が描かれています。こちらは、春の到来を、音楽とダンスで祝う人々の姿。一色ですが濃淡があるためどこか臨場感も感じられます。

© 2012- Florilèges - Toile de Jouy
[デザインタイトル]『田園の楽しみ』 J.B.Huet 1800年
こちらは「田園の楽しみ」。鹿やロバ、牛、犬、鴨の姿も出てきて、眺めていると、田園暮らしって楽しそう!とワクワクした気持ちになれますよ。

デザインの細かさ、メリハリが効かせたバランスのとれた構図など見事な美しさ。オーベルカンフがユエに絶対的な信頼を寄せていたというのも、うなずけますね。
出典:florileges-japon.com

こちらは「田園の楽しみ」。鹿やロバ、牛、犬、鴨の姿も出てきて、眺めていると、田園暮らしって楽しそう!とワクワクした気持ちになれますよ。

デザインの細かさ、メリハリが効かせたバランスのとれた構図など見事な美しさ。オーベルカンフがユエに絶対的な信頼を寄せていたというのも、うなずけますね。

© 2012- Florilèges - Toile de Jouy

◆ 当時の世相を反映したデザイン

常に新鮮さを求めるのは、人の常。トワル・ド・ジュイは、当時話題になったニュースや人物などを取り入れた、時代性のある柄があることも特徴的。布の柄を眺めて、当時の社会や歴史に想いを馳せてみるのも、楽しみかたの一つですよ。
[デザインタイトル]『お城の庭』 J.B.Huet 1785年(銅版 トワル・ド・ジュイ美術館蔵)
こちらは、マリー・アントワネットの姿が描かれている、人気のデザイン「お城の庭」。「ベルサイユ宮殿の庭で、マリー・アントワネットが熱気球を見ている」という柄なのですが、実は、実際の出来事がもとになっています。

1783年9月19日、ベルサイユ宮殿の庭で、ルイ16世やロイヤルファミリーなど多くの人々が見守る中、熱気球の飛行実験が行われた時の様子を描いたものなんです。当時は一大気球ブームとなり、気球柄の生地もたくさん作られました。

そこで、疑問が浮かぶのが「この生地のどこに、気球の絵が描かれているの?」ということ。

実はこの柄の中のキツネ(画像中央あたり)が、もともと気球の絵。オーベルカンフが数年後に絵(版)の修正を命じて、キツネに変えたそうなんです。オーベルカンフは、気球柄がすぐに飽きられることが分かっていたんですね。
出典:www.florileges-toiledejouy.com

こちらは、マリー・アントワネットの姿が描かれている、人気のデザイン「お城の庭」。「ベルサイユ宮殿の庭で、マリー・アントワネットが熱気球を見ている」という柄なのですが、実は、実際の出来事がもとになっています。

1783年9月19日、ベルサイユ宮殿の庭で、ルイ16世やロイヤルファミリーなど多くの人々が見守る中、熱気球の飛行実験が行われた時の様子を描いたものなんです。当時は一大気球ブームとなり、気球柄の生地もたくさん作られました。

そこで、疑問が浮かぶのが「この生地のどこに、気球の絵が描かれているの?」ということ。

実はこの柄の中のキツネ(画像中央あたり)が、もともと気球の絵。オーベルカンフが数年後に絵(版)の修正を命じて、キツネに変えたそうなんです。オーベルカンフは、気球柄がすぐに飽きられることが分かっていたんですね。

© 2012- Florilèges - Toile de Jouy
[デザインタイトル]『Ming(明王朝)』
こちらは、18世紀~19世紀のヨーロッパで流行した、中国趣味の美術様式「シノワズリ」を楽しめるデザインです。

ヨーロッパの人の解釈で描かれているため、当時の中国をリアルにうかがい知れるというよりは、ヨーロッパの人々の、遠いエキゾチックな国=中国への憧れの気持ちを感じ取れるのが、大きな魅力。“ジャポニズム”のように、ちょっと目のつけ所が独特で、面白いですよ。
出典:florileges-japon.com

こちらは、18世紀~19世紀のヨーロッパで流行した、中国趣味の美術様式「シノワズリ」を楽しめるデザインです。

ヨーロッパの人の解釈で描かれているため、当時の中国をリアルにうかがい知れるというよりは、ヨーロッパの人々の、遠いエキゾチックな国=中国への憧れの気持ちを感じ取れるのが、大きな魅力。“ジャポニズム”のように、ちょっと目のつけ所が独特で、面白いですよ。

© 2012- Florilèges - Toile de Jouy

◆ 物語の世界

[デザインタイトル]『ディアンヌ・シャッスレス』
神話や文学など、物語の世界も、デザインのモチーフに。想像が膨らみますね。

こちらは、狩りをする月の女神・ディアンヌ(ダイアナ)が活躍する、ギリシア神話がモチーフとなっています。ライオンや白鳥やフクロウ、ウサギなど、様々な動物と描かれるのが特徴的で、美しい紋章のデザインに落とし込まれています。
出典:florileges-japon.com

神話や文学など、物語の世界も、デザインのモチーフに。想像が膨らみますね。

こちらは、狩りをする月の女神・ディアンヌ(ダイアナ)が活躍する、ギリシア神話がモチーフとなっています。ライオンや白鳥やフクロウ、ウサギなど、様々な動物と描かれるのが特徴的で、美しい紋章のデザインに落とし込まれています。

© 2012- Florilèges - Toile de Jouy

今も私たちの生活に息づく「トワル・ド・ジュイ」

眺めるだけでも、心豊かな時間をもてなしてくれる「トワル・ド・ジュイ」。ですが、日常の中で使ってこそ、その魅力が息づくものです。本場・フランスのホテルには、トワル・ド・ジュイでコーディネートしているお部屋も多いですよ。

取り入れやすいアイテムをご紹介しますので、ぜひあなたのライフスタイルに取り入れてみてはいかがでしょう。

ファッションとして

着心地のよいコットン使用のトップスに、熱気球の初飛行成功に沸く当時の光景を描いた「ゴネスの気球」という伝統柄が施されました。

これは、ファッション通販の「haco!」が、伝統柄のライセンスを持つトワル・ド・ジュイ美術館の協力を得て実現したもの。

二色使いで上品な色合い。日常に取り入れやすいですね。
出典:

着心地のよいコットン使用のトップスに、熱気球の初飛行成功に沸く当時の光景を描いた「ゴネスの気球」という伝統柄が施されました。

これは、ファッション通販の「haco!」が、伝統柄のライセンスを持つトワル・ド・ジュイ美術館の協力を得て実現したもの。

二色使いで上品な色合い。日常に取り入れやすいですね。

キッチン&ダイニングで

テーブルクロスは、取り入れやすいアイテム。ジュイの柄に心が癒されて、自然と食事をいただく所作も、美しくなりそうですね。

季節に合わせて柄を変えて楽しんでみてもよさそう。
出典:florileges-japon.com

テーブルクロスは、取り入れやすいアイテム。ジュイの柄に心が癒されて、自然と食事をいただく所作も、美しくなりそうですね。

季節に合わせて柄を変えて楽しんでみてもよさそう。

© 2012- Florilèges - Toile de Jouy
トワル・ド・ジュイの絵柄をプリントした食器もありますよ。いつもの何気ない料理も、ぐんと素敵な雰囲気がでますね。
出典:

トワル・ド・ジュイの絵柄をプリントした食器もありますよ。いつもの何気ない料理も、ぐんと素敵な雰囲気がでますね。

トワル・ド・ジュイのエプロン。水辺で遊ぶ子どもたちの様子が描かれていて、きっと毎日お料理するのが楽しくなります
よ。
出典:florileges-japon.com

トワル・ド・ジュイのエプロン。水辺で遊ぶ子どもたちの様子が描かれていて、きっと毎日お料理するのが楽しくなります
よ。

© 2012- Florilèges - Toile de Jouy

空間を彩るインテリアアイテムとして

ジュイ柄のカーテンは、空間が品よく華やぎますね。光があたると、薄い色味の柄だけ際立って、美しいコントラストに。朝起きるときに、幸せ気分で1日のスタートを切れますね。
出典:florileges-japon.com

ジュイ柄のカーテンは、空間が品よく華やぎますね。光があたると、薄い色味の柄だけ際立って、美しいコントラストに。朝起きるときに、幸せ気分で1日のスタートを切れますね。

© 2012- Florilèges - Toile de Jouy
ランプシェードに、ジュイの柄を用いるという、現代らしい素敵なアレンジ。柄に息づく伝統的なストーリーが、ライトを付ける度にいきいきと表現されます。
出典:

ランプシェードに、ジュイの柄を用いるという、現代らしい素敵なアレンジ。柄に息づく伝統的なストーリーが、ライトを付ける度にいきいきと表現されます。

こちらは、カルトナージュで制作できるフォトフレーム。思い出の写真のまわりを、ジュイの伝統柄で彩ってみてはいかがでしょう。

生活感を出さず、お部屋をおしゃれに演出してくれます。
出典:florileges-japon.com

こちらは、カルトナージュで制作できるフォトフレーム。思い出の写真のまわりを、ジュイの伝統柄で彩ってみてはいかがでしょう。

生活感を出さず、お部屋をおしゃれに演出してくれます。

© 2012- Florilèges - Toile de Jouy

クリスマスの飾りにも!

もうすぐクリスマスですね♪
トワル・ド・ジュイの美しい柄を、クリスマスツリーのオーナメントとして楽しむのも素敵ですよ。
出典:florileges-japon.com

もうすぐクリスマスですね♪
トワル・ド・ジュイの美しい柄を、クリスマスツリーのオーナメントとして楽しむのも素敵ですよ。

© 2012- Florilèges - Toile de Jouy
伝統柄の絵がそのまま飾りとなって、おしゃれな存在感を発揮してくれます。
出典:florileges-japon.com

伝統柄の絵がそのまま飾りとなって、おしゃれな存在感を発揮してくれます。

© 2012- Florilèges - Toile de Jouy

ジュイに興味を持ったあなたへ。おすすめのお店をご紹介

ジュイ黄金期の柄がそろうオンラインストア「フロリレージュ」

「フロリレージュ」は、日本国内でオンラインショップを展開しているトワル・ド・ジュイの専門店。トワル・ド・ジュイ博物館とのつながりも深く、美術館公式グッズの取り扱いも。

フロリレージュ主宰の永島聡美さんは、トワル・ド・ジュイのセミナーで講師や、本の出版に携わるほか、2016年に開催されたBunkamuraでの「西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展」の運営にも参加。16年のフランス滞在経験を活かして、日仏間の、トワル・ド・ジュイを通した文化交流にも努めていらっしゃる方です。

「フロリレージュ」は、日本国内でオンラインショップを展開しているトワル・ド・ジュイの専門店。トワル・ド・ジュイ博物館とのつながりも深く、美術館公式グッズの取り扱いも。

フロリレージュ主宰の永島聡美さんは、トワル・ド・ジュイのセミナーで講師や、本の出版に携わるほか、2016年に開催されたBunkamuraでの「西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展」の運営にも参加。16年のフランス滞在経験を活かして、日仏間の、トワル・ド・ジュイを通した文化交流にも努めていらっしゃる方です。

生地に加え、ジュイを使ったオリジナルグッズも充実。また、フランスから輸入したカルトナージュの道具・材料などの販売も手がけています。

こちらはオリジナルカレンダー。トワル・ド・ジュイの使い方が上品で、どんなお部屋にも合いそうですね。
出典:www.florileges-toiledejouy.com

生地に加え、ジュイを使ったオリジナルグッズも充実。また、フランスから輸入したカルトナージュの道具・材料などの販売も手がけています。

こちらはオリジナルカレンダー。トワル・ド・ジュイの使い方が上品で、どんなお部屋にも合いそうですね。

© 2012- Florilèges - Toile de Jouy

フランス旅行の機会があれば、「トワル・ド・ジュイ美術館」へ

ぜひ本場・フランスに行く機会があれば、トワル・ド・ジュイが生まれたジュイ=アン=ジョザスにある「トワル・ド・ジュイ博物館」へ行ってみてください。
ジュイの伝統の魅力が詰まった場所。マリー・アントワネットが魅了された美しさを、本物を通して堪能してみてください。
出典:www.flickr.com(@Marilane Borges)

ぜひ本場・フランスに行く機会があれば、トワル・ド・ジュイが生まれたジュイ=アン=ジョザスにある「トワル・ド・ジュイ博物館」へ行ってみてください。
ジュイの伝統の魅力が詰まった場所。マリー・アントワネットが魅了された美しさを、本物を通して堪能してみてください。

最後に。

いかがでしたでしょうか。知れば知るほど、トワル・ド・ジュイの魅力は深まります。お気に入りのジュイの布を見つけたら手にとって、絵画を鑑賞するようにその美しさを堪能してみましょう。そしてぜひ、あなたのライフスタイルに取り入れてみてください。200年以上も人々に愛されてきた布ですから、そのシックな美しさは永遠であり、そして格別なものなのです。
出典:florileges-japon.com

いかがでしたでしょうか。知れば知るほど、トワル・ド・ジュイの魅力は深まります。お気に入りのジュイの布を見つけたら手にとって、絵画を鑑賞するようにその美しさを堪能してみましょう。そしてぜひ、あなたのライフスタイルに取り入れてみてください。200年以上も人々に愛されてきた布ですから、そのシックな美しさは永遠であり、そして格別なものなのです。

© 2012- Florilèges - Toile de Jouy

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play