1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. ストレス解消
  5. 疲れ
  6. 日々、考えすぎてしまうあなたへ*疲れた脳をクリアにする4つのヒント
日々、考えすぎてしまうあなたへ*疲れた脳をクリアにする4つのヒント

日々、考えすぎてしまうあなたへ*疲れた脳をクリアにする4つのヒント

暮らしの中で「ほっ」と一息つく時間がとれなかったり、うまくリフレッシュができなかったり。気付けば考え事ばかりしている、悩み事が絶えない、いつも何かに追われている気がする…と感じることはありませんか?もしかするとその焦燥感や疲れは「思考にとらわれている」または「情報過多」による“脳の疲れ”が原因かもしれません。脳が疲れてキャパオーバーになる前に。脳のデトックスをするためにできる行動や簡単な工夫についてヒントをご紹介していきます。2020年10月15日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らしストレス解消疲れリフレッシュ・気分転換ヒント
お気に入り数880

日々、考えすぎて疲れていませんか?

日々、考えすぎてしまうあなたへ*疲れた脳をクリアにする4つのヒント
出典:unsplash.com
暮らしの中で「ほっ」と一息つく時間がとれなかったり、うまくリフレッシュができなかったり。気付けば考え事ばかりしている、悩み事が絶えない、いつも何かに追われている気がする…そんな風に感じることはありませんか?

時間的な忙しさや、体力面での疲れなどもあると思いますが、もしかするとその焦燥感や疲れは「思考にとらわれている」、または「情報過多」による“脳の疲れ”が原因なのかもしれません。

「思考」からゆるやかに離れて脳のデトックスを

日々、考えすぎてしまうあなたへ*疲れた脳をクリアにする4つのヒント
出典:unsplash.com
私たちの脳は、常に周囲からたくさんの「情報」を受け取っています。視界に入ってくる映像、ネットやニュースに流れる言葉、誰かの話し声や表情。ある意味で“偏った情報”を受け取り続けてしまうと、自分の暮らしや将来が不安になってしまったり、他人と比べすぎて劣等感を感じたりと、思考がマイナスの方向へと向いてしまいがちです。
日々、考えすぎてしまうあなたへ*疲れた脳をクリアにする4つのヒント
出典:unsplash.com
たくさんの情報を溜め込むことによって、次から次に溢れてくる「思考」。思考が進みすぎると、妄想や疑いなど恐怖心を煽ることにもなりかねません。たまには「脳のデトックス」で、頭も心も軽くスムーズに整えていきませんか?今回は、疲れた脳をクリアにしていくヒントをご紹介します。

脳のデトックスとは?

私たちの脳は、一日に何千回も情報収集と思考、そして選択をしていると言われています。脳のデトックスとは、脳に溜め込んだ情報や記憶などを整理し、不要な情報を手放すことによって、感じている疲労やストレスを解消していくことです。
出典:unsplash.com

私たちの脳は、一日に何千回も情報収集と思考、そして選択をしていると言われています。脳のデトックスとは、脳に溜め込んだ情報や記憶などを整理し、不要な情報を手放すことによって、感じている疲労やストレスを解消していくことです。

特にマイナスな記憶や思考に振り回されているときは、どんどん消極的になってしまいがち。「不安や心配が絶えない」「考えすぎて決断ができない」「夜なかなか寝付けない」「いつも他人の目を気にしてしまう」など、思い当たることはありませんか?
出典:unsplash.com

特にマイナスな記憶や思考に振り回されているときは、どんどん消極的になってしまいがち。「不安や心配が絶えない」「考えすぎて決断ができない」「夜なかなか寝付けない」「いつも他人の目を気にしてしまう」など、思い当たることはありませんか?

自分の脳内にまとわりついた感情・思考・観念をゆっくりと手放していくことで、脳疲労の解消にはもちろん、ストレスを軽減し、いまの暮らしをよりポジティブで前向きに生きることができるかもしれません。
出典:www.pexels.com

自分の脳内にまとわりついた感情・思考・観念をゆっくりと手放していくことで、脳疲労の解消にはもちろん、ストレスを軽減し、いまの暮らしをよりポジティブで前向きに生きることができるかもしれません。

疲れた脳をクリアにしていく4つのヒント

思考は連鎖していくもの。ひとつ考え事をはじめると、連鎖的に次から次へと考えが膨らんでいきます。脳が疲れてキャパオーバーになる前にデトックスをしましょう。ここからは、疲れた脳をクリアにしていくヒントをご紹介します。
出典:www.pexels.com

思考は連鎖していくもの。ひとつ考え事をはじめると、連鎖的に次から次へと考えが膨らんでいきます。脳が疲れてキャパオーバーになる前にデトックスをしましょう。ここからは、疲れた脳をクリアにしていくヒントをご紹介します。

迷わないための「マイポリシー」をもつ

たくさんの情報や流行。選択肢が多いことは幸せなことですが、一方で迷いや悩みを繰り返す原因につながることも。「どの服を買おう」「週末はどこに行こう」など、それを調べるためにネットやSNSで検索してスマホを長時間眺めて…。簡単に情報が手に入るからこそ、情報収集に費やす時間を工夫し、翻弄されないようにしたいものです。
出典:unsplash.com

たくさんの情報や流行。選択肢が多いことは幸せなことですが、一方で迷いや悩みを繰り返す原因につながることも。「どの服を買おう」「週末はどこに行こう」など、それを調べるためにネットやSNSで検索してスマホを長時間眺めて…。簡単に情報が手に入るからこそ、情報収集に費やす時間を工夫し、翻弄されないようにしたいものです。

例えば、「コーヒーが飲みたくなったらこの喫茶店に」「スキンケア用品はこのブランド」「靴はコーディネートしやすいように黒を選ぶ」「疲労を感じたら週末はスパに行く」など、自分の所持品や購入するもの、行動パターンにルールをつくってみましょう。そうすることで、考える、迷う、悩むといった思考を断つことができます。
出典:unsplash.com

例えば、「コーヒーが飲みたくなったらこの喫茶店に」「スキンケア用品はこのブランド」「靴はコーディネートしやすいように黒を選ぶ」「疲労を感じたら週末はスパに行く」など、自分の所持品や購入するもの、行動パターンにルールをつくってみましょう。そうすることで、考える、迷う、悩むといった思考を断つことができます。

流行や刺激、発見も、もちろん大切な経験ですが、そればかりになってしまわず、自分だけのこだわりやポリシーを見つけていくことも楽しいものです。ちょうどよい塩梅を自分で見つけ出していきたいですね。
出典:www.pexels.com

流行や刺激、発見も、もちろん大切な経験ですが、そればかりになってしまわず、自分だけのこだわりやポリシーを見つけていくことも楽しいものです。ちょうどよい塩梅を自分で見つけ出していきたいですね。

自分のストレス発散方法・リフレッシュ方法を知っておく

寝たら忘れる、という言葉を耳にしますが、自分にとってどんな行動がストレスの発散やリフレッシュになるのか知っておくことはとても大切なこと。誰にも会わず、あえてひとりで過ごすこと、美味しい物を食べること、大声で歌うこと…。自分にとってのデトックス方法は何でしょう?
出典:unsplash.com

寝たら忘れる、という言葉を耳にしますが、自分にとってどんな行動がストレスの発散やリフレッシュになるのか知っておくことはとても大切なこと。誰にも会わず、あえてひとりで過ごすこと、美味しい物を食べること、大声で歌うこと…。自分にとってのデトックス方法は何でしょう?

カラダが健康で、そして心がポジティブで前向きな状態であれば、脳内にある嫌な記憶や思考・悩みは自然と解消されていくと言われています。この機会に、自分のストレス発散方法やリフレッシュ方法を見つけてみましょう。
出典:unsplash.com

カラダが健康で、そして心がポジティブで前向きな状態であれば、脳内にある嫌な記憶や思考・悩みは自然と解消されていくと言われています。この機会に、自分のストレス発散方法やリフレッシュ方法を見つけてみましょう。

「脱力」と「集中」で思考から離れる時間をつくる

最近「ぼーっとする」時間はありますか?ただ何も考えず座ってみたり、寝ころんでみたり…。可能な限り静かな空間をつくって景色や空間を眺めてみましょう。忙しさから離れることで、緊張していた心がじんわりと解放されていくのを感じられるはず。
出典:unsplash.com

最近「ぼーっとする」時間はありますか?ただ何も考えず座ってみたり、寝ころんでみたり…。可能な限り静かな空間をつくって景色や空間を眺めてみましょう。忙しさから離れることで、緊張していた心がじんわりと解放されていくのを感じられるはず。

何かひとつのことに「集中」するのもおすすめ。楽器を演奏したり、スポーツやヨガをしたり、陶芸や絵描きなど作品づくりに没頭したり。手やカラダを動かすものがおすすめです。集中している間は、無駄な思考から離れることができ、成果のパフォーマンスもぐっとUPすると言われていますよ。
出典:unsplash.com

何かひとつのことに「集中」するのもおすすめ。楽器を演奏したり、スポーツやヨガをしたり、陶芸や絵描きなど作品づくりに没頭したり。手やカラダを動かすものがおすすめです。集中している間は、無駄な思考から離れることができ、成果のパフォーマンスもぐっとUPすると言われていますよ。

スマホやデジタル情報から離れる時間をつくる

ついつい長時間眺めてしまうスマホ。医学界では、スマホから流入する大量の情報に対して脳の処理が追い付かなくなる「オーバーフロー脳」「スマホによる脳過労」などが議論されているようです。休日やオフの時間には、スマホの使用時間を決めてデジタルデトックスを実行してみませんか?
出典:unsplash.com

ついつい長時間眺めてしまうスマホ。医学界では、スマホから流入する大量の情報に対して脳の処理が追い付かなくなる「オーバーフロー脳」「スマホによる脳過労」などが議論されているようです。休日やオフの時間には、スマホの使用時間を決めてデジタルデトックスを実行してみませんか?

どうしてもスマホに手が伸びてしまう…というときは、美術館や展示会でアートに触れたり、喫茶店でじっくり読書の時間を過ごしたりと、自分なりにスマホと距離を置く工夫をしてみましょう。一人で過ごす休日は、SNSやメッセージの通知が気にならないよう、電源をオフにして過ごしてみるのもおすすめです。最初は少し不安を感じるかもしれませんが、意外とすぐに慣れるものです。そしてそれに囚われない時間の充実感を、きっと実感するはずです。
出典:unsplash.com

どうしてもスマホに手が伸びてしまう…というときは、美術館や展示会でアートに触れたり、喫茶店でじっくり読書の時間を過ごしたりと、自分なりにスマホと距離を置く工夫をしてみましょう。一人で過ごす休日は、SNSやメッセージの通知が気にならないよう、電源をオフにして過ごしてみるのもおすすめです。最初は少し不安を感じるかもしれませんが、意外とすぐに慣れるものです。そしてそれに囚われない時間の充実感を、きっと実感するはずです。

スッキリとした脳で、自分らしく暮らしを整えよう

たくさんの情報が行き交う社会に生きている私たち。情報に翻弄されすぎないように、受け取り方やバランスをうまくコントロールしていきたいものですね。暮らしに役に立つヒントが見つかれば幸いです。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play