クリスマスリースよりも簡単♪おしゃれな壁飾り「スワッグ」の作り方をご紹介

クリスマスリースよりも簡単♪おしゃれな壁飾り「スワッグ」の作り方をご紹介

海外ではリースとともになじみのある伝統的なクリスマス飾りのひとつ「スワッグ(英語:Swag)」。ここ数年、このスワッグが日本でも大人気!リースよりも作り方が簡単で、表情に変化があるのも人気の理由。季節の花やユーカリなどを使って、自宅で手作りする方も増えています。材料はドライフラワーでもOKですので、みなさんも自分だけのスワッグを作ってみませんか?基本の作り方やアレンジ、そしてスワッグの飾り方などさまざまにご紹介します。 2017年04月25日更新

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
リース
クリスマスリース
クリスマスデコレーション
ユーカリ
スワッグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
435

最近よく聞く、スワッグとは?

「スワッグ」とは、ドイツ語で「壁飾り」の意味。

出典:

「スワッグ」とは、ドイツ語で「壁飾り」の意味。

主にクリスマスの伝統的な飾りとして、リースとともに人気です。スワッグに使われるモミなどの針葉樹は、冬でも常緑のため、西洋では生命の象徴として魔よけの意味も。

出典:

主にクリスマスの伝統的な飾りとして、リースとともに人気です。スワッグに使われるモミなどの針葉樹は、冬でも常緑のため、西洋では生命の象徴として魔よけの意味も。

クリスマスだけでなく、一年を通して季節の草花やハーブなどを使ったスワッグを飾っておけます。

出典:

クリスマスだけでなく、一年を通して季節の草花やハーブなどを使ったスワッグを飾っておけます。

写真は、スギをベースにしたフレッシュなクリスマスのスワッグ。色づかいもナチュラルで、大人っぽいクリスマスの飾りつけですね。

出典:

写真は、スギをベースにしたフレッシュなクリスマスのスワッグ。色づかいもナチュラルで、大人っぽいクリスマスの飾りつけですね。

スワッグの作り方

とても作りやすく、初めての方におすすめのユーカリのスワッグ。花がたくさん入ると向きがむずかしいので、葉っぱだけや、ミモザやデュモサなど小花一種類だけで作ると簡単なようです。

出典:

とても作りやすく、初めての方におすすめのユーカリのスワッグ。花がたくさん入ると向きがむずかしいので、葉っぱだけや、ミモザやデュモサなど小花一種類だけで作ると簡単なようです。

基本のスワッグの作り方

まずは基本のスワッグの作ってみましょう。リボンを結んでみたり、差し色に明るめの花をプラスしたり、自分なりのアレンジを楽しんで♪

出典:

まずは基本のスワッグの作ってみましょう。リボンを結んでみたり、差し色に明るめの花をプラスしたり、自分なりのアレンジを楽しんで♪

スワッグ作りのポイントは、長い植物から短い植物という順番を守ること。バランスよくまとめて、麻紐でぐるっとひとつにまとめれば完成!

ハーフムーン・スワッグの作り方

半円形のクリスマススワッグ。こういう飾り方も可愛いですね。数種類の常緑樹と実ものをいくつか組み合わせています。スワッグは、縦、横、どの方向に飾っても自由ですし、バスケットに入れて壁などに掛けるのもOK。組み合わせる小物で表情ががらっと変わるのも面白いです。

出典:

半円形のクリスマススワッグ。こういう飾り方も可愛いですね。数種類の常緑樹と実ものをいくつか組み合わせています。スワッグは、縦、横、どの方向に飾っても自由ですし、バスケットに入れて壁などに掛けるのもOK。組み合わせる小物で表情ががらっと変わるのも面白いです。

まずは、30cmほどのロープの端にワイヤーをねじって固定。予め10㎝ほどに切っておいたグリーンを少しずつずらしながら、ワイヤーでロープに巻きつけていきます。時折、実ものなどを挿しこむのもいいアクセント。残り5㎝でグリーンを挿す向きを逆にして巻き付けます。

クリスマス・スワッグの作り方

クリスマスにはスギをベースにしたスワッグを作ってみませんか?リースよりも簡単なのですぐに作れちゃいます。

出典:

クリスマスにはスギをベースにしたスワッグを作ってみませんか?リースよりも簡単なのですぐに作れちゃいます。

スギに松ぼっくりや赤い実、シナモンなどお好きなクリスマスモチーフをプラスして、大きめのリボンで結べば完成!

リボンスワッグの作り方

ブーケのような形が多いスワッグですが、こちらはシンメトリー。緑、ピンク、黄色の3色でまとめた春らしさ満点のスワッグに仕上がっています。

出典:

ブーケのような形が多いスワッグですが、こちらはシンメトリー。緑、ピンク、黄色の3色でまとめた春らしさ満点のスワッグに仕上がっています。

基本のスワッグを2つ作って、シンメトリーになるようにワイヤーでまとめるだけの簡単スワッグ。中央のリボンがポイントになるので、お好きなリボンで華やかに仕上げましょう。

スワッグの素敵な飾り方

リースと同じようにドアに飾るのは基本ですが、ナチュラルなスワッグはどこにでも気軽に飾ることができます。お家を見回してみれば、あそこにもここにも飾りたくなります。

ウォールスワッグ

壁のフックなどに気軽に引っ掛けたウォールスワッグ。ナチュラルでさりげないスワッグなら、どこに飾っても違和感がありません。

出典:

壁のフックなどに気軽に引っ掛けたウォールスワッグ。ナチュラルでさりげないスワッグなら、どこに飾っても違和感がありません。

ドアノブスワッグ

小ぶりなスワッグをドアノブに。シンプルなドアも華やかにしてくれます。

出典:

小ぶりなスワッグをドアノブに。シンプルなドアも華やかにしてくれます。

玄関のドアに

スワッグは、こんな飾り方もあるんですね。ナチュラルな風合いの麻のリボンもいい感じ♪

出典:

スワッグは、こんな飾り方もあるんですね。ナチュラルな風合いの麻のリボンもいい感じ♪

お手本にしたいナチュラルなスワッグ

アンティークなカラーと風合いがとてもおしゃれで素敵ですね。フォルムもいい感じ。

出典:

アンティークなカラーと風合いがとてもおしゃれで素敵ですね。フォルムもいい感じ。

こちらは、ドライフラワーのスワッグ。シャクヤク、ラムズイヤー、デュモーサを使っています。淡い色彩が柔らかな空気感を出してくれますね。

出典:

こちらは、ドライフラワーのスワッグ。シャクヤク、ラムズイヤー、デュモーサを使っています。淡い色彩が柔らかな空気感を出してくれますね。

ミモザのスワッグです。可愛らしいですね。ユーカリなどをミックスしてもいいようです。ミモザの仲間のパールアカシアなども淡い色合いで優しい雰囲気のスワッグになるとか。写真のように、ペーパーを使うのも素敵ですね。

出典:

ミモザのスワッグです。可愛らしいですね。ユーカリなどをミックスしてもいいようです。ミモザの仲間のパールアカシアなども淡い色合いで優しい雰囲気のスワッグになるとか。写真のように、ペーパーを使うのも素敵ですね。

写真は縦に飾ってありますが、横にも飾れます。飾り方を変えて違った雰囲気を楽しむのもいいですね。

出典:

写真は縦に飾ってありますが、横にも飾れます。飾り方を変えて違った雰囲気を楽しむのもいいですね。

クリスマスにも似合う華やかなスワッグ

松ぼっくりの小さなスワッグ。なんて温かいんでしょう。幸せが舞い降りてきそうな素敵なスワッグですね。

出典:

松ぼっくりの小さなスワッグ。なんて温かいんでしょう。幸せが舞い降りてきそうな素敵なスワッグですね。

リボンの雰囲気でずいぶんとイメージが変わりますね。大人のクリスマスにぴったりの落ち着きと気品のあるスワッグです。

出典:

リボンの雰囲気でずいぶんとイメージが変わりますね。大人のクリスマスにぴったりの落ち着きと気品のあるスワッグです。

クリスマスレッドの松ぼっくりのスワッグ。松ぼっくりや木の実の間に、サンタさんや星、ゴールドボールなど異素材のものを入れています。ぽってりと丸っこい感じが温かい印象ですね。

出典:

クリスマスレッドの松ぼっくりのスワッグ。松ぼっくりや木の実の間に、サンタさんや星、ゴールドボールなど異素材のものを入れています。ぽってりと丸っこい感じが温かい印象ですね。

いかがでしたか?

こんな素朴なスワッグもいいものです。毎日の暮らしの中でさりげなく森の風を感じられたら、それが一番の贅沢かも…。

出典:

こんな素朴なスワッグもいいものです。毎日の暮らしの中でさりげなく森の風を感じられたら、それが一番の贅沢かも…。

とくに決まりがあるわけでなく、とても自由なスワッグ。手に入ったグリーンや木の実の風合いに合わせて、全体のデザインを考えたり、リボンの色や質感を工夫したり…それはとても楽しい手仕事。

出典:

とくに決まりがあるわけでなく、とても自由なスワッグ。手に入ったグリーンや木の実の風合いに合わせて、全体のデザインを考えたり、リボンの色や質感を工夫したり…それはとても楽しい手仕事。

スワッグは、暮らしを気持ちいい空気で満たしてくれそうですね♪

出典:

スワッグは、暮らしを気持ちいい空気で満たしてくれそうですね♪