シートにクリームにジェル、どれが正解?今選ぶべき「メイク落とし」について

シートにクリームにジェル、どれが正解?今選ぶべき「メイク落とし」について

面倒だからささっと終わらせたり、ついサボったりしてしまいがちな「メイク落とし」。だけど本当は、メイクをした日の肌の明暗を分けるもっとも大事な夜のスキンケアの一行程ともいえます。そして、“メイクがうまく落ちない”、“メイクオフしながらスキンケアもしたい”などなど、クレンジングに関するお悩みを抱えている方も多いのでは?今回は、自分にぴったり合うメイク落としのタイプや効果的なクレンジング方法から、おすすめしたいアイテム、よりキレイなお肌に近づくためのメイク落としにまつわるお話をまとめました!2019年01月27日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード:
メイク
スキンケア
コツ
洗顔
化粧品
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
422

面倒だけどサボっちゃだめ!スキンケアの中で一番大事な「メイク落とし」

シートにクリームにジェル、どれが正解?今選ぶべき「メイク落とし」について
出典:www.instagram.com(@hironori_okada)
いつでもキレイなお肌をキープするため、さまざまなスキンケアを試している女性は多いですよね。流れとしては、化粧水で保湿、美容液で肌が喜ぶ成分を補って、乳液やクリームで蓋をする、もちろんどれも美肌づくりには欠かせない行程。だけど、メイクをする人にとって一番重要ともいえるのが、「メイク落とし」つまりクレンジングです。どれだけ上質なスキンケアアイテムを使っても、その前に肌の汚れが落ちきっていないと効果も半減。さらに、クレンジングの方法や選び方を間違えるとかえってお肌にダメージを与えてしまうことにもなるのです。

メイク落とし、何がいい?私にぴったりの選び方と使い方

シートにクリームにジェル、どれが正解?今選ぶべき「メイク落とし」について
出典:
そんな、とっても大事なメイク落とし。メイク落としにはオイルやクリーム、手軽なふき取りタイプなどさまざまな種類があります。アイテムによって特徴や使い方のコツも異なります。では、お気に入りの1本に出会えるヒント、その効果を引き出してくれる使い方のコツをみていきましょう。

口コミや人気ランキングより、肌状態とライフスタイルで選んでみて

シートにクリームにジェル、どれが正解?今選ぶべき「メイク落とし」について
出典:www.instagram.com(@hironori_okada)
「人気商品!」、「口コミランキング1位」なんて紹介されているとついついそのアイテムが気になってしまいますよね。でも、メイク落としを選ぶのに大事なのは自分の肌の状態とライフスタイル。乾燥しやすいとか、脂でテカりやすいとか、まずはそのときの肌悩みに合わせてメイク落としを選ぶこと。それから、日々忙しく少しでもスキンケア時間を短縮したいのか、丁寧に自分の肌と向き合うだけの時間があるのかなど、生活習慣によってもチョイスするクレンジングは変わってきます。

メイク落としシート、ふきとりタイプはお肌に悪い?

シートにクリームにジェル、どれが正解?今選ぶべき「メイク落とし」について
出典:
メイク落としといえば便利なのが、シートやコットンにとって使うふき取りタイプ。だけど「お肌に負担がかかるのでは?」と心配する声も多いようですね。というのも、「拭き取る」ことで肌を傷つけてしまうこと、油分に頼らず界面活性剤でメイクを落とすため肌への刺激が強くなってしまうというデメリットがあるからです。ふき取りタイプのメイク落としは、ゴシゴシこすらず優しくふき取るよう気を付けることと、毎日ではなく「どうしても時間がない」ときのみ使うというのが正解と言えそうです。また、シートで拭き取った後は肌の上に界面活性剤が残ってしまうので、軽くお湯ですすぐだけでも肌へのダメージを軽減できるそう。

敏感肌・乾燥肌には「クリーム」、「ジェル」、「ミルク」が安心!

シートにクリームにジェル、どれが正解?今選ぶべき「メイク落とし」について
出典:
クレンジングというとオイルやリキッドタイプのものが思い浮かびますよね。商品にもよりますがどちらも洗浄力が高く濃いめのメイクもしっかり落とせるものが多いです。ただ、洗浄力が高いために敏感肌や乾燥肌でお悩みの方には刺激が強すぎることもしばしば。ジェル、ミルク、クリームタイプのメイク落としは肌への摩擦が少なく、優しく洗えるものが多いのでおすすめです。その代わりポイントメイクやウォータープルーフのファンデーションなどは、メイクが落ちにくいことがあります。オイルタイプの中にも低刺激で手早くメイク落としができるものもあるので、その日のメイクの度合いによってアイテムを使い分けるのもいいでしょう。

毛穴の詰まり気になるときは「オイル」や「バーム」タイプを

【クリニーク】テイク ザ デイ オフ クレンジング バーム

一見固くて伸びにくそう?と思われがちですが、肌にのせて温めるとオイル状のテクスチャーに変わるバームタイプ。軽やかに伸び、落ちにくいメイクも楽に落とすことができます。
出典:

【クリニーク】テイク ザ デイ オフ クレンジング バーム

一見固くて伸びにくそう?と思われがちですが、肌にのせて温めるとオイル状のテクスチャーに変わるバームタイプ。軽やかに伸び、落ちにくいメイクも楽に落とすことができます。

毛穴詰まりに悩んでいるときは、角栓を柔らかくしてくれるオイルタイプやバームタイプのメイク落としが相性◎。特に、肌で温めながら使うバームタイプは優しい使い心地のものも多いので、刺激も気になるという方におすすめです。クレンジングオイルは洗浄力が強いものが多いので、手早くなじませるよう意識してくださいね。

肌荒れしているときは、ダブル洗顔不要のクレンジングを

シートにクリームにジェル、どれが正解?今選ぶべき「メイク落とし」について
出典:www.instagram.com(@kotochoki)
メイク落としのアイテムは、基本的にクレンジング後に洗顔するタイプのものが多いでしょう。ですが、2度に分けて洗顔することでより肌に負担をかけてしまうこともあります。最近種類が増えているダブル洗顔不要タイプのクレンジングなら、比較的肌に優しく、一度のクレンジングで洗顔が完了するので肌荒れが気になるときにおすすめ。ただし、中にはより刺激が強いものもあるのと、肌に優しい分洗浄力が弱くメイクが落ち切らないものもあるので、使用感や成分はよく確認しましょう。

マツエクにはオイルフリーの水タイプが◎

シートにクリームにジェル、どれが正解?今選ぶべき「メイク落とし」について
出典:
まつ毛エクステをしている方は、クレンジング料を選ぶのに気を使いますよね。マツエク中は「オイルフリー」「アルコールフリー」のものを選びましょう。ウォータータイプのメイク落としなら安心です。

ニキビが気になるときはオイルよりも低刺激なクレンジングを

シートにクリームにジェル、どれが正解?今選ぶべき「メイク落とし」について
出典:
しっかりメイクもスッキリと落とせるクレンジングオイルを好んで使う方も多いですよね。でもニキビにお悩みのときは、摩擦で刺激を与えやすく洗い残しも気になるオイルタイプは避けた方がよさそう。また、ニキビが出ているときはできるだけメイクを軽めにして、クレンジングは洗浄力の低いミルクやクリームなどを選ぶのがおすすめです。どうしてもきちんとメイクをしなくてはならず、オイルじゃないと落としにくいというときは、肌をこすりすぎないこととできるだけ早くオイルを洗い流すようにしましょう。

石鹸、泡タイプでのメイク落としは軽めのメイクの日だけに

シートにクリームにジェル、どれが正解?今選ぶべき「メイク落とし」について
出典:www.instagram.com(@zenko_susuki)
クレンジング料を使わずに石けんだけでメイク落としを済ませたり、洗顔とクレンジングが一体化した泡タイプの洗顔料もありますが、基本的には軽めのメイクオフの日にのみ活用するのがおすすめ。たっぷりの泡でやさしく洗顔する方法はたしかに肌には優しいけれど、メイク落ちはイマイチです。逆に、ミネラルファンデーションなど石けんでも落ちるタイプのメイクの日にいつもと同じクレンジング料と洗顔料でダブル洗顔するのは洗いすぎになるのでご注意ください。

「メイクが落ちない…!」そんなときは使い方の見直しを

シートにクリームにジェル、どれが正解?今選ぶべき「メイク落とし」について
出典:
いつもと違うクレンジング料に変えたときなど、「このクレンジング、メイクの落ちがあんまりよくない」と感じることがあるかもしれませんね。でももしかすると、それってクレンジング料のせいではなくて使い方が間違っているからかもしれません。例えばジェルやミルクなら使い始めに手のひらで温めきれていなかったり、そもそも使用料が少ないことなども考えられます。メイク落としといってもアイテムによって効果的な使い方が異なりますので、使用方法をよく確認してから使うようにしてくださいね。

しまった!メイク落としがない!そんなときの代用案

シートにクリームにジェル、どれが正解?今選ぶべき「メイク落とし」について
出典:www.instagram.com(@hironori_okada)
旅行先や、ついうっかりの買い忘れなどで「クレンジングがない!」なんてときもありますよね。急いでコンビニに走るのもいいけれど、そうはいかないことも多いでしょう。そんなときはお手持ちのアイテムや自宅にあるもので代用できるかもしれません。

乳液がクレンジング代わりになる

シートにクリームにジェル、どれが正解?今選ぶべき「メイク落とし」について
出典:
メイク落としはないけれど、いつものスキンケアアイテムはそろっている。そんなときは“乳液”があればクレンジングに一役買ってくれます。メイクを落とすのに必要なのは油分ですが、多くの方が使うスキンケアアイテムの中でもっとも油分が含まれているのが乳液なのです。目元や口元などは乳液を含ませたコットンで優しくふき取り、その後は手の平に取り出した乳液でTゾーンや頬など顔全体のメイクとなじませていきます。仕上げにぬるま湯でよくすすぎ、石けんや洗顔料でダブル洗顔すればOK。ただし、乳液でのクレンジングはあくまで困ったときの対処法です。毎日乳液だけでメイクオフするのは避けましょう。

オリーブオイルメイク落としは、スキンケア専用のものが安心

シートにクリームにジェル、どれが正解?今選ぶべき「メイク落とし」について
出典:
オリーブオイルを使ったクレンジング法も話題ですね、もちろんオリーブオイルでメイクを落とすことができます。でも、使うのは食用じゃなくてスキンケア専用のものが安心です。どうしても食用のオリーブオイルしかない、というときは、エクストラバージンオイルにしましょう。使い方は、充分な量のオリーブオイルを顔全体になじませて、油分をティッシュやコットンで拭き取るだけ。その後はよくすすぎ、石けんなどで洗い流しましょう。

ワセリンと綿棒でアイメイクもオフ

ワセリン
出典:

ワセリン

乾燥対策にワセリンを常備している方は、ポイントメイクのオフに活用できます。なかなか落としにくいアイラインなど、細かな部分メイクには綿棒をワセリンにつけて拭き取ればOK。顔全体のメイクオフに使えないこともありませんが、ワセリンはテクスチャーが固いので扱いにくいです。部分的なクレンジングに使うのがベターですね。
旅行の際の宿泊先にだいたい備えられている綿棒。メイク落としを忘れてしまったときには落としにくいポイントメイクも、綿棒があればちゃんとオフできますね。
出典:

旅行の際の宿泊先にだいたい備えられている綿棒。メイク落としを忘れてしまったときには落としにくいポイントメイクも、綿棒があればちゃんとオフできますね。

話題のニベアのクレンジングってどうなの?

ニベア クリーム
出典:www.instagram.com(@__784__)

ニベア クリーム

昔ながらの保湿クリームとして人気のニベアが、クレンジングにも使えると話題になっています。指の腹にたっぷりとニベアクリームをとり、顔全体にマッサージしながらなじませるだけでメイクを落とすことができるのだそう。すすぐ前にコットンやティッシュで拭き取るのも忘れないでくださいね。ニベアのクリームは保湿、スキンケア用のアイテムなので、ゆっくりクレンジングしても肌に負担をかけにくいという長所も。ただし、メイク落ちはよくありませんので、濃いメイクやポイントメイクは落としにくいのでご注意くださいね。

軽めのメイクならホホバオイルでクレンジングもOK

【無印良品】ホホバオイル

ホホバオイルといえば定番なのが無印良品のこちらのアイテム。100%無添加のピュアオイル使用で、200mlボトルなので全身にもたっぷり使えます。
出典:www.instagram.com(@__784__)

【無印良品】ホホバオイル

ホホバオイルといえば定番なのが無印良品のこちらのアイテム。100%無添加のピュアオイル使用で、200mlボトルなので全身にもたっぷり使えます。

顔からボディ全体まで万能に使え、シンプルなスキンケアができるホホバオイルを愛用している方も多いでしょう。普段からホホバオイルを常備している方は、これでもメイク落としの代用が可能です。サラっとしたテクスチャーで、肌への刺激も少ないのでクレンジングによるダメージを抑えられるのも良いところ。ただし、ウォータープルーフなどしっかりめのメイクは落ちにくいので不向きと言えるでしょう。ナチュラルで軽いメイクの方、敏感肌や乾燥肌の方は試してみて。

メイク落としはいつするのが正解?タイミングと方法をおさらい!

シートにクリームにジェル、どれが正解?今選ぶべき「メイク落とし」について
出典:www.instagram.com(@yashi714)
メイクをスッキリと、肌にやさしく洗い流すために大事なのはアイテム選びとその使用方法です。「なんだか最近お肌の調子が悪いなあ…」なんて方は、クレンジングの方法を見直してみては?アイテムのタイプ別にその特徴と使い方のコツをみていきましょう。

シート、拭き取りタイプなら帰宅後すぐ!旅行でも便利◎

シートにクリームにジェル、どれが正解?今選ぶべき「メイク落とし」について
出典:
疲れて帰ってきた日、部屋に入ったらすぐにでもメイクを落としてスッキリできるのがメイク落としシートのメリットですよね。持ち運びしやすく手軽に使えるので、旅行先でも便利です。ただ、どうしても肌に負担がかかりやすいので毎日使い続けるのは控えること、拭き取るときはゴシゴシと肌をこすらないように注意してくださいね。急いでふきとらず、ゆっくりと肌になじませながら優しくメイクオフしましょう。拭き取った後はそのまま寝てしまうのではなく、一度洗い流してしっかり保湿するのも忘れずに。

ウォータープルーフマスカラなど目元メイクは専用リムーバーで

シートにクリームにジェル、どれが正解?今選ぶべき「メイク落とし」について
出典:
落ちにくいからといってゴシゴシこすってしまいがちな目元は、専用のリムーバーで落とすのが正解です。特に、クリームやミルクなど、低刺激タイプのメイク落としを使う場合には、目元のみは専用のものでメイクオフしましょう。

"ベスト”タイミングは帰宅してすぐ、バスタイムの最後にクレンジング!

シートにクリームにジェル、どれが正解?今選ぶべき「メイク落とし」について
出典:
「効果的なクレンジングのためには、いつのタイミングがいいの?」って疑問に思ったこと、ありませんか?最もオススメなのは帰宅してすぐ入浴し、お風呂を出る直前といわれています。メイクしている時間はできるだけ短い方が肌への負担が少なく済みますし、入浴後は蒸気と肌が温まることでメイクと一緒に毛穴汚れや余計な皮脂も落としやすくなるからです。とはいえ、帰宅後すぐの入浴は無理な場合が多いでしょう。そんなときは、帰宅してすぐにクレンジングだけ済ませて、しっかり保湿をしておきましょう。クレンジングの後は肌が乾燥しやすくなるので、スキンケアをしないまま過ごすのは厳禁。同じ理由で、お風呂でクレンジングする場合も最後にメイクを落とします。最初や途中だと、お風呂場の中でもお肌が乾燥してしまうのでご注意を。

クレンジングオイルを使うならお湯で乳化させるのがコツ

シートにクリームにジェル、どれが正解?今選ぶべき「メイク落とし」について
出典:
メイク落ちが良く便利なクレンジングオイルは、使い方を間違えてしまいやすいタイプのメイク落としのひとつ。肌に負担をかけやすいクレンジングオイルは、手早く顔全体になじませて、すすぐ前に一度少量のお湯で「乳化」させてから洗い流しましょう。オイルとメイク、水分をしっかり混ぜ合わせることで短時間でメイクとなじみ、その後のすすぎもしやすくなります。肌へのダメージを抑えながらしっかりメイクオフできますので、この方法でぜひ試してみてくださいね!

メイクしたまま寝ちゃった!そんな朝は、蒸しタオルと化粧水パックでカバー

シートにクリームにジェル、どれが正解?今選ぶべき「メイク落とし」について
出典:stocksnap.io
クタクタで帰ってきてメイクも落とさずそのまま寝てしまった…なんて朝もありますよね。起きたらメイクや汗、皮脂で顔が何だかドロドロ、この後の肌コンディションがとても心配になってしまいます。そんな朝こそ慌てないで、いつもよりじっくりスキンケアをしてあげましょう。まずは昨日忘れたクレンジング&洗顔を入念(とは言っても強く顔をこすらないでくださいね!)に、そしてスキンケアの前に蒸しタオルで肌をしっかり温めてあげましょう。疲れて固くなったお肌が柔らかくなり、その後のスキンケアで水分や美容成分が肌へ浸透しやすくなります。蒸しタオルの後の化粧水は、コットンパックやシートを使ってじっくり水分補給しましょう。これで昨日のハンデも取り戻しやすくなりますよ♪

ワタシ向きのメイク落としを探そう。おすすめブランドまとめ

シートにクリームにジェル、どれが正解?今選ぶべき「メイク落とし」について
出典:www.instagram.com(@inoaya56_luxe)
それぞれのアイテムの特徴や、効果的なメイク落としの方法がわかってきたところで、お気に入りのクレンジングを探してみましょう。価格帯や機能、こだわりなどを参考に、おすすめしたいコスメブランドを紹介します。

いろいろ選べて試しやすい:無印良品

【無印良品】マイルドオイルクレンジング

コスパがよくてたっぷり使える、オイルタイプのクレンジング。油分としてオリーブ油を多く使用しているので、肌への負担も少ないです。洗浄力も高く、短時間ですっきりとメイクを落とすことができます。
出典:

【無印良品】マイルドオイルクレンジング

コスパがよくてたっぷり使える、オイルタイプのクレンジング。油分としてオリーブ油を多く使用しているので、肌への負担も少ないです。洗浄力も高く、短時間ですっきりとメイクを落とすことができます。

お財布に優しい価格帯でありながら、シンプルで良質な品物が揃う無印良品は、メイク落としも大充実。オイルタイプからジェル、ミルク、クリーム、オイルフリーなどさまざまなタイプからお好みのものを選ぶことができます。特に「マイルドジェルクレンジング」、「マイルドオイルクレンジング」はメイク落ちもいいのに敏感肌にも優しいと好評です。それぞれ少量の容器もあるので、お試しできるのもいいですね。

乾燥肌~コンビネーション肌まで使える優秀クレンジング:イソップ

【Aesop】フェイシャル クレンジング オイル 39

天然の植物油脂をメインの原料とした、保湿力の高いクレンジングオイル。オイルですが最初に手のひらで水分と混ぜて乳化させてから肌にのせてなじませます、お風呂場でも使いやすいですね。しかもダブル洗顔不要です。
出典:

【Aesop】フェイシャル クレンジング オイル 39

天然の植物油脂をメインの原料とした、保湿力の高いクレンジングオイル。オイルですが最初に手のひらで水分と混ぜて乳化させてから肌にのせてなじませます、お風呂場でも使いやすいですね。しかもダブル洗顔不要です。

イソップ(Aesop)はオーストラリア発、最高級品質の植物原料を主に使用するスキンケアブランドです。統一感のあるボトルと、独特な雰囲気のショップがオシャレなのも人気の要因。クレンジングオイルはアボカド油、アーモンド油やマカダミアナッツ油など天然油脂がほとんどで、肌への負担を最小限にしっかりメイクを落とすことができます。大事なクレンジングはリッチに、と考える方におすすめしたい1本。

コスパ良し、用途に合わせて幅広く選べるプチプラブランド:ビオレ

【ビオレ】素肌つるるんクレンジングウォーター
コットンにとってメイクを拭き取るタイプのクレンジングです。ふき取りタイプというと肌への負担が気になりますが、「ビオレの素肌つるるんクレンジングウォーター」は比較的刺激が少ないのが特徴。目元の濃いアイメイクは落としにくいので、別途ポイントメイク用クレンジングと合わせて使用してくださいね。
出典:

【ビオレ】素肌つるるんクレンジングウォーター
コットンにとってメイクを拭き取るタイプのクレンジングです。ふき取りタイプというと肌への負担が気になりますが、「ビオレの素肌つるるんクレンジングウォーター」は比較的刺激が少ないのが特徴。目元の濃いアイメイクは落としにくいので、別途ポイントメイク用クレンジングと合わせて使用してくださいね。

コンビニやドラッグストアでもよく見かける、安価な価格帯のビオレのクレンジングシリーズ。オイルやクリーム、ジェル、シート、ミルク、洗顔不要タイプなど、10種類以上ものタイプがそろっているのでお好みのものが見つけやすいです。とにかく気軽に購入しやすいのが嬉しいですが、タイプによっては刺激が強く、乾燥しやすいものもあるのでご注意を。パッチテストや、使い心地を確認しながらお気に入りのメイク落としを探すのが良いでしょう。

高校生や学生さんにも人気、お安いのによく落ちる:資生堂・専科

【洗顔専科】オールクリアオイル
オイルなのにサラリとしていて、メイク落ちがいい優秀クレンジング。黒ずみ、くすみ対策もできるので、肌の色にお悩みの人にもおすすめです。
出典:

【洗顔専科】オールクリアオイル
オイルなのにサラリとしていて、メイク落ちがいい優秀クレンジング。黒ずみ、くすみ対策もできるので、肌の色にお悩みの人にもおすすめです。

「パーフェクトウォータリーオイル」、「パーフェクトホイップ」などがよく知られる資生堂専科のシリーズ、2018年春からブランドが一新。商品名や見た目は大きく変わりましたが、その使い心地は引き続き人気のようです。サラっとしたオイルから、ホイップタイプのメイク落とし、ジェルなどタイプもいろいろ。メイク落ちの良さを重視するなら「オールクリアオイル」が良さそうですね!

にきび肌の方にも試してほしい:キュレル

【キュレル】ジェルメイク落とし

キュレルのメイク落としはオイルタイプとジェルタイプの2種類。より肌への負担を軽くしたいならジェルメイク落としがおすすめです。柔らかなジェルなので、肌に摩擦による刺激を与えにくいのが特徴。
出典:

【キュレル】ジェルメイク落とし

キュレルのメイク落としはオイルタイプとジェルタイプの2種類。より肌への負担を軽くしたいならジェルメイク落としがおすすめです。柔らかなジェルなので、肌に摩擦による刺激を与えにくいのが特徴。

肌に水分を閉じ込めるセラミドの配合と、無香料・無着色・アルコールフリーが特徴のキュレルは、敏感肌や乾燥肌の方にも使いやすいメイク落とし。また、炎症を抑えてくれる成分も含まれているので、にきび肌の方にもよく選ばれています。肌荒れやにきびで悩んでいるけどメイクはやめられない…という方は一度試してみてはいかがでしょう?

自然発酵の韓国コスメ:スム37°

【su;m37】クレンジングウォーター

肌に負担がかかるとはいえ、やっぱりラクチンだからふき取りタイプを使いたいという方もいますよね。スムのクレンジングウォーターはメイクを落とした後の仕上がりもしっとり♪と評判です。朝の洗顔代わりにも使用できます。
出典:

【su;m37】クレンジングウォーター

肌に負担がかかるとはいえ、やっぱりラクチンだからふき取りタイプを使いたいという方もいますよね。スムのクレンジングウォーターはメイクを落とした後の仕上がりもしっとり♪と評判です。朝の洗顔代わりにも使用できます。

美容と健康を意識する人たちの中で"発酵”のキーワードが過熱していますね。そんな"発酵”を活用したコスメブランドがスム37°(su:m37°)です。植物原料を"発酵”させたエキスを配合している自然発酵コスメとして人気を集めています。クレンジングもオイルやバーム、ウォータータイプなど幅広く、好みによって選ぶことができます。韓国発ですが、特に韓国コスメ好きではないという方にも試してみてほしいブランド。

オーガニック派におすすめ無添加メイク落とし:F organics

【エッフェオーガニック(Forganic)】クリアクレンジングリキッド

ベースはなんと温泉水、そのほかにオーガニック美容成分や植物由来の角質クリア成分を含んでいて、洗いあがりも乾燥しにくくなっています。濡れた手のでも使えるのでお風呂場でもどんどん使えて、ダブル洗顔不要で肌への負担が少ないのも嬉しいですね。
出典:

【エッフェオーガニック(Forganic)】クリアクレンジングリキッド

ベースはなんと温泉水、そのほかにオーガニック美容成分や植物由来の角質クリア成分を含んでいて、洗いあがりも乾燥しにくくなっています。濡れた手のでも使えるのでお風呂場でもどんどん使えて、ダブル洗顔不要で肌への負担が少ないのも嬉しいですね。

肌や自然にやさしくて、オシャレともいえるオーガニックコスメからメイク落としも選びたいという方は、エッフェオーガニックはいかが?オーガニックコスメといえば海外ブランドが多いなか、日本発のオーガニックコスメという点も魅力。最終製品の99%以上が自然由来原料(水を含む)で作られているコスメです。エッフェオーガニックのクレンジングはリキッドとクリームの2種類、使い心地の好みに合わせて選んでみてくださいね。

保湿もできる!薬局で買える市販タイプ:ソフィーナ 乾燥肌のための美容液洗顔シリーズ

【ソフィーナ】乾燥肌のための美容液洗顔シリーズ メイク落としクリーム

ぷるぷるとやわらかいクリームタイプのクレンジングは、洗いあがりもしっとり。50%以上が美容液成分でつくられているので、メイクオフしながらスキンケア効果にも期待できます。名前の通り、乾燥が気になる方におすすめ。
出典:

【ソフィーナ】乾燥肌のための美容液洗顔シリーズ メイク落としクリーム

ぷるぷるとやわらかいクリームタイプのクレンジングは、洗いあがりもしっとり。50%以上が美容液成分でつくられているので、メイクオフしながらスキンケア効果にも期待できます。名前の通り、乾燥が気になる方におすすめ。

ドラッグストアで手軽に買えて、保湿ケアもできるメイク落としをお探しならこれ。2018年秋から、花王ソフィーナ(SOFINA)に登場した新しいブランドライン「乾燥肌のための美容液洗顔シリーズ」です。メイク落としはクリーム、オイル、ジェル、泡タイプと種類豊富。いずれも美容液成分をたっぷり含んでいて、メイク落とし後の乾燥を抑えてくれます。大人の女性にぴったりなシンプルなパッケージデザインにも好感がもてますね!

持ち運びできて便利なシートタイプ:100均

どうしてもメイク落としシートがいい!という方におすすめしたいのが、予想以上に優秀な100円ショップのメイク落としシート。よりシンプルな成分で作られているものもあり、メイク落ちもいいと好評です。もちろん1つ100円で中に20~30シート入っているのでコスパも高いですよね。ダイソー、Seria、Can doなどショップによって品ぞろえも異なるので、成分表示を確認しながら合うものを探してみるのもありですね。

美白を目指し、毛穴対策にもなる優秀クレンジング:マナラ

温めながらメイクと一緒に毛穴汚れも落としてくれると人気のホットクレンジングタイプといえば、多くの方から支持を集めているマナラ。無添加と美容成分の配合にこだわっていて、なんと成分の90%以上が美容成分で作られているのも嬉しいポイントです。肌にのせるとじんわり温かくなり、マッサージ効果も期待できます。

マツエクもOKのノンオイルメイク落とし:ビオデルマ

【BIODERMA】サンシビオ エイチツーオーD

ビオデルマのスキンケアラインは主に3種類、中でも敏感肌向けのサンシビオが多く選ばれています。コットンにたっぷりとって、やさしく肌の上をすべらせるようにメイクオフしてくださいね。肌にやさしい成分が主なので、洗い流しも不要です。
出典:

【BIODERMA】サンシビオ エイチツーオーD

ビオデルマのスキンケアラインは主に3種類、中でも敏感肌向けのサンシビオが多く選ばれています。コットンにたっぷりとって、やさしく肌の上をすべらせるようにメイクオフしてくださいね。肌にやさしい成分が主なので、洗い流しも不要です。

ビオデルマはフランスにて皮膚科学から生まれたスキンケアブランドです。素肌本来の働きを尊重する、という理念の元、お肌が元々もっているチカラを活かしたり、素肌に近い成分を使うことでやさしく低刺激の化粧品をつくっています。拭き取りタイプのクレンジングとしても、ビオデルマのウォータータイプは人気。メイクオフの後も乾燥しにくく、朝の洗顔代わりに使えるほどやさしい仕様です。アルコールフリーなのでマツエクでの使用もOK。

あったら便利かも。クレンジングがはかどるアイテムたち

ポイントメイクやクリームタイプのふき取りに:コットン

クレンジングの際にも、コットンがあるとやっぱり便利。ばっちりアイメイクの日はポイントメイクリムーバーで目元だけオフしたり、ササっと手軽にクレンジングを済ませたいときにはコットンが必須です。クリームタイプや、オリーブオイルなどでメイクオフの際にも、お湯だけではすすぎにくいときには一度クリーム等をコットンにとってふきとっておけばスムーズにクレンジングできますね。
出典:

クレンジングの際にも、コットンがあるとやっぱり便利。ばっちりアイメイクの日はポイントメイクリムーバーで目元だけオフしたり、ササっと手軽にクレンジングを済ませたいときにはコットンが必須です。クリームタイプや、オリーブオイルなどでメイクオフの際にも、お湯だけではすすぎにくいときには一度クリーム等をコットンにとってふきとっておけばスムーズにクレンジングできますね。

そのまま細かい部分のメイクオフOK!:クレンジング綿棒

ウォータープルーフのアイラインはなかなか落ちにくいもの。綿棒に少量のオイルやクレンジングをとって拭き取る方法もありますね。そんなとき、もともとクレンジング料が含まれている綿棒も便利でおすすめ。出先での目元のメイク直しにも重宝できます。意外といろんなアイテムが登場しているので、ドラッグストアやコスメショップで探してみると面白いかも!
出典:www.instagram.com(@mi1341)

ウォータープルーフのアイラインはなかなか落ちにくいもの。綿棒に少量のオイルやクレンジングをとって拭き取る方法もありますね。そんなとき、もともとクレンジング料が含まれている綿棒も便利でおすすめ。出先での目元のメイク直しにも重宝できます。意外といろんなアイテムが登場しているので、ドラッグストアやコスメショップで探してみると面白いかも!

水だけで完了!?タオルで簡単クレンジングならメイク落としいらず…!

肌への負担を減らしたいからメイク落としはなるべく使いたくない、という方は、クレンジング料いらずでメイクを落とせる"クレンジングタオル”はいかが?

【サキーラ】クレンジングタオル
毛穴の汚れをとり、しかも柔らかいという特殊な繊維でつくられたタオル。たっぷり水分をふくませてから、やさしくすべらせるようにふきとることで、洗顔料やクレンジング料を使わずにメイクを落とすことができます。なんとウォータープルーフのメイクも落とせるのだとか。使用後は洗濯することで何度も使うことができます、お肌にもお財布にもやさしい!
出典:saqula.theshop.jp

肌への負担を減らしたいからメイク落としはなるべく使いたくない、という方は、クレンジング料いらずでメイクを落とせる"クレンジングタオル”はいかが?

【サキーラ】クレンジングタオル
毛穴の汚れをとり、しかも柔らかいという特殊な繊維でつくられたタオル。たっぷり水分をふくませてから、やさしくすべらせるようにふきとることで、洗顔料やクレンジング料を使わずにメイクを落とすことができます。なんとウォータープルーフのメイクも落とせるのだとか。使用後は洗濯することで何度も使うことができます、お肌にもお財布にもやさしい!

メイク落としを使わない人は、クレンジング不要のファンデにしてみて

クレンジングによる肌負担を減らしたいという方は、メイク自体をクレンジングがいらないもの、たとえばミネラルファンデーションに変えてみるという選択肢もおすすめです。「石けんで落ちる」と記載されている化粧品を選べば、洗顔料のみでメイクを落とすことだって可能なのです。
出典:www.instagram.com(@ayami__takahashi)

クレンジングによる肌負担を減らしたいという方は、メイク自体をクレンジングがいらないもの、たとえばミネラルファンデーションに変えてみるという選択肢もおすすめです。「石けんで落ちる」と記載されている化粧品を選べば、洗顔料のみでメイクを落とすことだって可能なのです。

いつもの「メイク落とし」を見直して、今日よりもっとキレイになろう

選ぶべきメイク落としは、お肌の状況やライフスタイル、その日の気分によって変わるものです。スキンケアの中で最も大事で一番最初のクレンジングだからこそ、何パターンか用意しておくといいですね。お肌の調子によってはメイクやクレンジングをお休みしてみることも大事です。毎日自分のお肌としっかり向き合って、ますますキレイなワタシを目指してみてくださいね。
出典:www.instagram.com(@zenko_susuki)

選ぶべきメイク落としは、お肌の状況やライフスタイル、その日の気分によって変わるものです。スキンケアの中で最も大事で一番最初のクレンジングだからこそ、何パターンか用意しておくといいですね。お肌の調子によってはメイクやクレンジングをお休みしてみることも大事です。毎日自分のお肌としっかり向き合って、ますますキレイなワタシを目指してみてくださいね。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play