染色

14件RSS

気になるキーワードで探す

誰もが惹かれる日本の伝統美。【藍染め】の歴史と染め方のこと

誰もが惹かれる日本の伝統美。【藍染め】の歴史と染め方のこと

ジャパンブルーとも呼ばれる、深い青色=藍色。日本古来から愛されてきた藍染めは、その美しい色味だけではなく、多彩な機能性や実用性も大きな魅力です。今回はそんな藍染めの歴史をはじめ、染め方や特徴、上質でおしゃれな藍染め製品をご紹介します。

phrud

vol.77 RIPPLE・岩野さん一家- 100の色に密やかな想いを込めて。家族で営む小さな洋品店

vol.77 RIPPLE・岩野さん一家- 100の色に密やかな想いを込めて。家族で営む小さな洋品店インタビュー

100人のお客さんがいたら100色の服があってもいいのでは。と、さまざまな色の服がならぶ小さな洋品店「RIPPLE」。「色の個性が愛おしい」そう話す岩野さんご夫婦が営む店には、中学生からおばあちゃんまでさまざまなお客さんがやってきては自分にぴったりの色の服を見つけていきます。15歳の息子さんは発達障害を持ちながらも、自分らしくそのま...

キナリノ編集部

vol.76 高城染工・角南浩彦さん・真由子さん
100年続く染色工場が生み出す、色とりどりのブルー

vol.76 高城染工・角南浩彦さん・真由子さん 100年続く染色工場が生み出す、色とりどりのブルーインタビュー

古くから世界中で活用されていた伝統的な染色技法、「藍染め」。日本では、今から1500年以上前の飛鳥時代に中国から伝わったといわれています。江戸時代には人々の暮らしに広く根ざし、日本を訪れた外国人から「ジャパン・ブルー」と呼ばれるほどに、その凛とした青は長い間日本の景色を彩ってきました。そんな藍染めを今も手作業でおこなっているのが、岡...

キナリノ編集部

vol.68 MAITO・小室真以人さん
– 草木染めから生まれる、ものづくりの輪

vol.68 MAITO・小室真以人さん – 草木染めから生まれる、ものづくりの輪インタビュー

桜、桑、縄文杉など、自然の色を抽出した色素で染められる草木染め。「MAITO/真糸(マイト)」に並ぶ服や小物は、すべて「草木染め」で染められています。アイテムに温もりを感じるのは、自然の色の優しさだけではなく、全国の職人さんの技術と想いが込められているから。人にも、自然にも優しく、そしてものづくりに関わる全ての人が幸せであってほしい...

キナリノ編集部

vol.47 にじゆら・中尾雄二さん -欠点を美しさに変えて。にじんでゆらぐ、大阪生まれの染め文化

vol.47 にじゆら・中尾雄二さん -欠点を美しさに変えて。にじんでゆらぐ、大阪生まれの染め文化インタビュー

手ぬぐい専門店「にじゆら」は、堺市の染め工場・株式会社ナカニのオリジナルブランド。大阪で生まれた染色方法・注染(ちゅうせん)の文化を大切にしながらも新しいデザインに挑戦していくブランドとして、2008年に立ち上がりました。染料を注いで布を染める注染という技法においてはそれまで欠点とされていた特徴である、“にじみ”や“ぼかし”を美しさ...

キナリノ編集部

やわらかな色に心癒される。植物で染められたhotori-yaのろうそくたち

やわらかな色に心癒される。植物で染められたhotori-yaのろうそくたち

"草木染めろうそく"を独自に研究、そして製作している水沼由実さんがつくる「hotori-ya(ほとり屋)」のろうそくは、火を灯していてもいなくても、そのやさしくやわらかな色合いで癒しを与えてくれます。目にするだけでたちまち虜になってしまうhotori-yaのろうそくの魅力や、実際にhotori-yaのろうそくに触れられるイベントなど...

コトリ

自然の色で丁寧に染めていく。「ソメヤスズキ」の草木染を暮らしの中に

自然の色で丁寧に染めていく。「ソメヤスズキ」の草木染を暮らしの中に

4年ほど前に東京から岡山県へ移住してきた鈴木夫婦が始めた草木染のブランド「ソメヤスズキ」。オーガニックコットンや自然素材にこだわったものづくりは、丁寧で安心できるプロダクトを生み出しています。吾妻袋やエプロンを手がける他、ワークショップなども開催しており、ブランドを通し、草木染をより身近に感じることができます。ちょっと特別な「草木染...

22hana

手間をかけて自分らしいDIY。紅茶染めを始めてみよう。

手間をかけて自分らしいDIY。紅茶染めを始めてみよう。

普段飲んでいる紅茶を使って、自宅で簡単にできる「紅茶染め」。手軽に楽しめる染物として、ハンドメイド好きの女子達に大人気です。そんな話題の紅茶染めについて、今回は基本の染め方からおしゃれなDIYまでたっぷりご紹介します。紅茶独特の優しい色合いは、お洋服やファブリックなどのリメイクにもピッタリ。紙を染めれば、ヴィンテージ風の味のある雰囲...

phrud

捨てるなんてもったいない!コーヒーかすを再利用する10のアイディア♫

捨てるなんてもったいない!コーヒーかすを再利用する10のアイディア♫

コーヒーをドリップしたあと、どうしても出てしまうコーヒーかす。このコーヒーかす、そのまま捨ててしまっていませんか?実は、コーヒーかすには消臭効果や除湿効果などもあったり、とっても優秀なんです。有効に活用して快適な生活を送れる、コーヒーかすの10のアイディアをご紹介します♪

tomomo

自然な色合いが美しく、優しい。野菜やフルーツで「草木染め」をしよう

自然な色合いが美しく、優しい。野菜やフルーツで「草木染め」をしよう

クラフトって、楽しい!とっても身近な野菜やフルーツで草木染めをしてみませんか?材料も道具もキッチンに置いてあるもので大丈夫、方法も特別難しいことはありません。基本を覚えればどんな野菜やフルーツにも応用ができますよ。シンプルな材料で初めてでも染めやすい「玉ねぎ染め」の基本の染め方と、染物に使えるにんじん、なす、よもぎ、ハーブなどの野菜...

soa

vol.10 stand -デザインと色が物語でつながるような服を

vol.10 stand -デザインと色が物語でつながるような服をインタビュー

2014年10月に誕生したばかりのアパレルブランドのstand(スタンド)。ボタニカルダイという特殊な染色方法や遊び心のあるデザインを取り入れた服は、どのような背景から生まれたのでしょうか。今回は特別にボタニカルダイの現場を見学させていただきながら、企画の内藤明子さんとデザイナーの仙石翠さんに、ブランドへの思いをお伺いしました。

キナリノ編集部

まさに“生成り”な色合い。紅茶染めに挑戦してみない?

まさに“生成り”な色合い。紅茶染めに挑戦してみない?

紅茶染めは使う茶葉の種類、染める布の種類、そして使う水などの違いにより、染まり方は千差万別です。同じように染めたつもりでも、その時々で風合いが変わってきます。ですから、ひとつひとつに表情があり、美しい生成りが出来上がります。紅茶染めは誰でも簡単にできる染物です。どんなものができあがるのか、見ていきましょう♪

shiro_chan

自然な風合いに。自宅で出来る“コーヒー染め”。試してみない?

自然な風合いに。自宅で出来る“コーヒー染め”。試してみない?

自宅にあるインスタントコーヒーで簡単にできちゃうコーヒー染めが、今ちょっとしたブームとなっているんです♪ コーヒー染めのナチュラルで優しい色合いとアンティークな雰囲気は、これからの季節にもピッタリです。初めてチャレンジしてみようという方に、簡単なコーヒー染めの方法と、コーヒー染めの素敵なグッズをまとめてみました!

aya_aya

意外に簡単!自宅でできる草木染めで自然の色使いを楽しもう♪

意外に簡単!自宅でできる草木染めで自然の色使いを楽しもう♪

私たちの身の周りには、たとえそこが都会の真ん中であってもさまざまな植物が存在しています。草木染めというと藍染めが有名ですが、たとえばたんぽぽや桜、よもぎなどこれまで気にも留めていなかったような身近な植物や、さらには玉ねぎなどの野菜の皮、ベリー類などの果物、そしてコーヒーやハーブなども、天然の染料になるってご存知でしたか?今回は簡単な...

mimi_san

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play