正しく“もしも”に備える。子供と一緒に考える「防災の本」

正しく“もしも”に備える。子供と一緒に考える「防災の本」

先日、ニュースで地震の映像を見たわが家の子供達が「こんなに怖いの?」と私に聞いてきました。ショックを受けさせてしまったかと思いましたが、これはもしかしたら防災を知るチャンスではないかと考えました。今回は、子供にわかりやすい絵本、実際の体験談に基づいた本など、親が子供と一緒に考える本を集めました。2021年05月06日作成

カテゴリ:
アート・カルチャー
キーワード
絵本子育て
お気に入り数177

身を守るには知ることが大切

正しく“もしも”に備える。子供と一緒に考える「防災の本」
出典:pixabay.com
地震が起きれば子供だけでなく大人だってパニックになります。しかし、身を守るためにはただ怖いと思うのではなく「どうして起きるのか?」「どんなことになるのか」理解することが必要なのかもしれません。知識があれば親も子供も多少慌てたとしてもできることがあります。この記事では、子供と一緒に考えるきっかけになる本をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

子供と一緒に考える「防災の本」15選

①子供にやさしく伝える絵本

正しく“もしも”に備える。子供と一緒に考える「防災の本」
出典:unsplash.com
まずは、子供に恐怖感ばかりを与えないようにしたいと考え、やさしく伝える本を選びました。ほのぼのするイラストやしかけでわかりやすく地震を学ぶことができます。

イラストとしかけでやさしく解説

ぐらぐらゆれたら だんごむし (おやこでまなぼう!  防災しかけ絵本)
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

『ぐらぐらゆれたらだんごむし』国崎信江 著、Meg 絵(東京書店)

さまざまな場面で地震が起きた時、どうしたら良いのかをかわいいイラストでやさしく伝えてくれます。だんごむしのポーズをしたり、逃げる場所を教えてくれたり子供の目線に寄り添った内容がわかりやすい。しかけもあって楽しめるので小さなお子様の読み聞かせにもおすすめです。

ぐらぐらゆれたら だんごむし (おやこでまなぼう! 防災しかけ絵本)
1,320円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

避難訓練の大切さを伝える

はなちゃんの はやあるき はやあるき (いのちのえほん24)
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

『はなちゃんの はやあるき はやあるき』宇部京子 著、菅野博子 絵(岩崎書店)

東北地方太平洋沖地震で、岩手県野田村保育所は津波から園児も職員も全員が逃れました。著者である宇部京子さんはその実話をもとに絵本を作りました。奇跡の脱出ができた理由は、保育所で毎月の避難訓練をしていたから。園児たちの真剣な姿が想像できます。避難の大切さを子供にもしっかり伝わる一冊です。

はなちゃんの はやあるき はやあるき (いのちのえほん24)
1,430円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

自分の身は自分で守る

じしん・つなみどうするの?―やさしくわかるぼうさい・ぼうはんのえほん
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

『じしん・つなみどうするの?やさしくわかるぼうさい・ぼうはんのえほん』WILLこども知育研究所 著、国崎江 監修、せべまさゆき 絵(金の星社)

突然やってくる地震。後から津波や火山の噴火が起こることもあります。建物はどうなるのか?車はどうなる?大人が一緒に居ない時に起こったら、自分たちはどうしたらいいか?備え方から避難の仕方まで自分自身で身を守る方法をイラストでわかりやすく解説しています。

じしん・つなみどうするの?―やさしくわかるぼうさい・ぼうはんのえほん
1,430円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

②地震が起きたらどうなるの?

正しく“もしも”に備える。子供と一緒に考える「防災の本」
出典:pixabay.com
まずは地震が起きたらどうなるのかちゃんと知りたいと考え選びました。子供はびっくりして怖がるかもしれません。パパやママがやさしく見守りながらしっかりと伝えることが命を守ります。

細かい描写がリアルに伝わる

地震がおきたら
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

『地震がおきたら』畑中弘子 著、かなざわまゆこ 絵、谷敏行 原案(ビーエル出版)

小学三年生のけんちゃんと小学一年生のゆうちゃん兄弟が学校で避難訓練をしたことからはじまる話。お母さんは自らの経験から地震の体験を二人に伝えていきます。細かい描写がリアルに心に響きます。身を守るだけではなく、みなで力を合わせることの大切さも教えてくれる絵本。

地震がおきたら
1,320円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

小中学生が津波から避難した実話

はしれ、上へ! つなみてんでんこ (ポプラ社の絵本)
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

『はしれ、上へ!つなみてんでんこ』指田和 著、伊藤秀男 絵(ポプラ社)

「津波てんでんこ」という言葉は、津波から各自で身を守れということです。この本は釜石の小中学生が坂道を2キロに渡り避難した実話。その時の逃げる様子や小学生の必死に助かろうとする気持ちがリアルに伝わります。わが家は読み聞かせ途中から親子で涙が止まらなくなっていました。子供達は怖いと言いながらも真剣に最後まで聞き、地震が起きたらどんなことをすべきか話し合いました。

はしれ、上へ! つなみてんでんこ (ポプラ社の絵本)
1,430円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

過去の歴史から知る

地図で見る 日本の地震
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

『地図で見る日本の地震』山川徹 著、寒川旭 監修(偕成社)

みなさんは自分の住んでいる地域にきた地震のことを知っていますか?この本では過去の歴史からどのような場所で人々はどう行動したかが解説されています。また、日本列島にあるプレートの影響についての説明もあり、どうして起きるのかを知ることができます。

地図で見る 日本の地震
2,200円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

③いざという時どうしたらいい?

正しく“もしも”に備える。子供と一緒に考える「防災の本」
出典:unsplash.com
災害がきたら大人だってパニックを起こしてしまうはず。突然やってくる地震は子供だけの時にくるかもしれません。いざいという時にどうしたらよいのか伝えるために選びました。

緊急地震速報が出たらどうする?

みんなの防災えほん (たのしいちしきえほん)
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

『みんなの防災えほん』山村武彦 監修、YUU 絵(PHP研究所)

緊急地震速報が出た時、地震が起きた時、どのように行動したらよいかを解説。家に居る時なのか、外に居る時なのか具体的に説明しています。油断できない台風や大雨、竜巻についてもわかりますよ。いつ起きるかわからない災害にどう備えたら良いのか考えさせられます。


みんなの防災えほん (たのしいちしきえほん)
1,760円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

人気キャラクターで防災意識を高める

【新版】クレヨンしんちゃんの防災コミック 地震だ!その時オラがひとりだったら
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

『クレヨンしんちゃんの防災コミック地震だ!その時オラがひとりだったら』永田宏和 監修(双葉社)

クレヨンしんちゃんのコミックで防災をわかりやすく説明。地震が起きたらどうするのか?どうやって逃げるのか?子供自身が考えるようになります。きっかけ作りにおすすめの一冊。

【新版】クレヨンしんちゃんの防災コミック 地震だ!その時オラがひとりだったら
352円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

クイズ形式で楽しく学ぶ

親子でかんがえよう! 防災クイズずかん
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

『親子でかんがえよう!防災クイズずかん』桶田ゆかり 監修

子供達が楽しめるクイズ形式で地震を学ぶ。絵探しや迷路は、実際に起こることを想像することができますよ。文字数もちょうど良くかわいいイラストもgood!自分を守る方法を自然と身につけることができます。

親子でかんがえよう! 防災クイズずかん
1,540円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

④知っておきたい子連れ防災

正しく“もしも”に備える。子供と一緒に考える「防災の本」
出典:unsplash.com
災害が起きた時、子供を連れての避難はどんなものになるのか、何が一番必要なのかなどさまざまなことが心配になります。経験者の話はとても参考になります。

家族が無理なくできる防災術

全災害対応!  子連れ防災BOOK 1223人の被災ママパパと作りました
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

『全災害対応!子連れ防災BOOK 1223人の被災ママパパと作りました』ママプラグ 著(祥伝社)

東日本大震災で被災した家族の声を取材し、命を守ることの大切さを防災講座や本で伝えているママプラグ。この本では、災害の備えというとどうしてもかまえてしまいがちですが、家族全員が無理なくできるという考えを伝えてくれます。「あのときこうだった」という体験談や災害の後のこと、入れておきたいアプリなどたくさんの子連れ防災術を学べます。

全災害対応! 子連れ防災BOOK 1223人の被災ママパパと作りました
1,430円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

体験者のキモチを知る

親子のための地震イツモノート キモチの防災マニュアル
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

『親子のための地震イツモノートキモチの防災マニュアル』地震イツモプロジェクト 著、寄藤文平 絵(ポプラ社)

突然起こる地震だからこそいつも備えておきたい!大人気の『地震イツモノート』の子供版です。何もできない地震の瞬間に何を感じ、何を考えたのか体験者のキモチを知ることができます。備えや対策も参考になり、防災が私たちの生活の一部であることを再認識させられる一冊。

親子のための地震イツモノート キモチの防災マニュアル
1,320円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

初心者にもわかりやすい

被災ママに学ぶちいさな防災のアイディア40
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

『被災ママに学ぶちいさな防災のアイディア40』アベナオミ 著、絵(学研プラス)

東日本大震災を経験したママである著者が、マンガやイラストでどのようなことが起きるのかを解説。地震当日のこと、時間を追った翌日のことがリアルに伝わります。最初に考えてみるべきことやあのときあってよかったものなどママ目線で初心者にもわかりやすい内容。常に手元に置いておきたい本です。

被災ママに学ぶちいさな防災のアイディア40
1,188円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

⑤命の大切さを考える

正しく“もしも”に備える。子供と一緒に考える「防災の本」
出典:pixabay.com
子供達が防災意識を高めていくのに最も必要なのは、命の重さを学ぶことかもしれない!と選んだ本。大切な人も自分も守らなければならないと考えさせられます。

会えなくなった人へ思いを伝える

かぜのでんわ
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

『かぜのでんわ』いもとようこ 著、絵(金の星社)

岩手県大槌町のガーデンデザイナー佐々木格さんが、自宅の庭に置いたのは「風の電話ボックス」。それはひとりきりになって、電話をかけるように会えなくなった人へ思いを伝える空間です。実際の電話線はつながっていません。それをもとに生まれたのがこの本です。大切な人への気持ちがいっぱい詰まっています。実話であるからこそ心に響く一冊。

かぜのでんわ
1,540円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

失われた小さな命の物語

ぼくは海になった―東日本大震災で消えた小さな命の物語
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

『ぼくは海になった 東日本大震災で消えた小さな命の物語』うさ 著、絵(くもん出版)

東日本大震災では多くの動物たちの命も失われました。この本は、津波により海に流されたダックスフントのチョビが、生きている飼い主を見つけて寄りそう話。大切な人やペットを失ったとしたらどんな悲しみが待っているのか考えさせられます。命の重さに気づく本。

ぼくは海になった―東日本大震災で消えた小さな命の物語
1,430円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

子供を必死に守った保育士さんの思い

笑顔が守った命~津波から150人の子どもを救った保育士たちの実話
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

『笑顔が守った命 津波から150人の子どもを救った保育士たちの実話』あいはらひろゆき 著、ちゅうがんじたかむ 絵(サニーサイド)

大津波に襲われた仙台市中野栄あしぐろ保育所で実際に起きた話です。震災直後、寒くて暗い恐怖の中、笑顔を絶やさず園児のサポートにまわった保育士さん。150人全員が無傷で助かりました。地震が起きた時は「大人が守ってくれるよ」と伝えれば、子供が安心できるはずです。

笑顔が守った命~津波から150人の子どもを救った保育士たちの実話
1,650円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

伝えてくれる思いを受けとめる

実際にあった経験談からは「知ること」が重要だと考えさせられました。伝えてくれるたくさんの人の思いを受けとめて、次に生かすことが大切です。命の重みを感じながらぜひ親子で読んでみてくださいね。

写真提供

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play