会話を楽しむ時間をつくりましょ。北欧のティータイム「fika(フィーカ)」の魅力

会話を楽しむ時間をつくりましょ。北欧のティータイム「fika(フィーカ)」の魅力

緯度の高い北欧の国々では冬は日照時間が短いこともあり、人々は家で過ごす時間をとても大切にしています。そしてそんな時間の過ごし方のひとつがスウェーデン語で「フィーカ(fika)」といわれるお茶の時間です。これは単なるティータイムではなく北欧に共通する“文化”。その根本はコミュニケーションです。甘いものと一緒にお茶を楽しみ、いろいろな人と会話をして時間を共有するツールなのです。貴女もこの「フィーカ」を通して家族や友人と向き合ってみませんか?2017年03月05日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らしティータイム会話フィーカ
お気に入り数280

北欧独特の「ティータイム文化」

Photo on [Visual hunt](https://visualhunt.com/re4/12479558)

北欧といわれるノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フィンランドなどの国々は歴史や文化に共通点が多いことで知られます。寒いイメージがありますが、メキシコ暖流の影響で気候は比較的穏やか。ですが緯度が高いため、特に冬は日照時間が短いといった特徴があります。それも影響して人々は家の中で家族や仲間と過ごす時間を大切にしています。そんな北欧文化の一つが「フィーカ」です。
出典:visualhunt.com

Photo on Visual hunt

北欧といわれるノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フィンランドなどの国々は歴史や文化に共通点が多いことで知られます。寒いイメージがありますが、メキシコ暖流の影響で気候は比較的穏やか。ですが緯度が高いため、特に冬は日照時間が短いといった特徴があります。それも影響して人々は家の中で家族や仲間と過ごす時間を大切にしています。そんな北欧文化の一つが「フィーカ」です。

「fika(フィーカ)」の意味は”お茶すること”

日本ではちょっとお茶を飲みながら休憩することを「お茶する」などといいますね。スウェーデンでは同じような感じでお茶することを「fika(フィーカ)」といいます。北欧では、”お茶”は”コーヒー”を意味するので、フィーカとはコーヒーを飲むことといってもいいでしょう。
出典:www.pexels.com

日本ではちょっとお茶を飲みながら休憩することを「お茶する」などといいますね。スウェーデンでは同じような感じでお茶することを「fika(フィーカ)」といいます。北欧では、”お茶”は”コーヒー”を意味するので、フィーカとはコーヒーを飲むことといってもいいでしょう。

どこが独特なのでしょう?

フィーカという言葉にはお茶するという意味合いよりも、もっと文化的な背景があります。ただコーヒーを飲んで休憩するのではなく"生活習慣"のひとつ。家族との時間を楽しむ、同僚、友人など大切な「誰かと」時間を共有するためのツールなのです。また必ず甘いものも一緒であることも特徴と言えます。
出典:pixabay.com

フィーカという言葉にはお茶するという意味合いよりも、もっと文化的な背景があります。ただコーヒーを飲んで休憩するのではなく"生活習慣"のひとつ。家族との時間を楽しむ、同僚、友人など大切な「誰かと」時間を共有するためのツールなのです。また必ず甘いものも一緒であることも特徴と言えます。

単なるお茶じゃない”フィーカ”の独自性

フィーカ・・・何のため?

どこの国でも、デスクのかたわらにコーヒーカップを置いて仕事をしたり、勉強の合間にぼーっと休憩しながらゆっくりコーヒーを飲んだりしますよね。
出典:www.pexels.com

どこの国でも、デスクのかたわらにコーヒーカップを置いて仕事をしたり、勉強の合間にぼーっと休憩しながらゆっくりコーヒーを飲んだりしますよね。

でもそれはフィーカとはいいません。”コーヒータイム”+”コミュニケーションをとる”がセットになっているのがフィーカ。お茶を飲みながら雑談したり楽しい計画を立てたりして「会話を楽しむこと」が目的なのです。
出典:www.pexels.com

でもそれはフィーカとはいいません。”コーヒータイム”+”コミュニケーションをとる”がセットになっているのがフィーカ。お茶を飲みながら雑談したり楽しい計画を立てたりして「会話を楽しむこと」が目的なのです。

またフィーカの時間は身分や立場は関係しません。どんな間柄の人とも「仲間」としておしゃべりを楽しみ、一緒に時間を過ごすのです。これはフィーカを語る上でとても大切なことです。フィーカという時間のおかげで、気持ちのやり取りがスムーズになり、普段の生活の中で話しやすい空気がうまれます。
出典:pixabay.com

またフィーカの時間は身分や立場は関係しません。どんな間柄の人とも「仲間」としておしゃべりを楽しみ、一緒に時間を過ごすのです。これはフィーカを語る上でとても大切なことです。フィーカという時間のおかげで、気持ちのやり取りがスムーズになり、普段の生活の中で話しやすい空気がうまれます。

フィーカは「デートでないデート」

フィーカにはもうひとつ、素敵な力があります。気になる人を初めて誘うとき、普通はなかなか敷居が高いもの。でも北欧では気軽にフィーカに誘えばOK。その言葉は誘い文句の一つではあっても、フィーカ=デートではないから。そこでいい感じになれれば次のステップへと進めばよいのです。フィーカは「デートでないデート」として、とても大切な社会的な働きを持っています。
出典:stocksnap.io

フィーカにはもうひとつ、素敵な力があります。気になる人を初めて誘うとき、普通はなかなか敷居が高いもの。でも北欧では気軽にフィーカに誘えばOK。その言葉は誘い文句の一つではあっても、フィーカ=デートではないから。そこでいい感じになれれば次のステップへと進めばよいのです。フィーカは「デートでないデート」として、とても大切な社会的な働きを持っています。

必ず”甘いもの”とセット

フィーカでは、コーヒーに必ず甘い焼き菓子やケーキ、オープンサンド、フルーツなどが添えられます。コーヒーだけではフィーカとはいわず、甘いものとセットで「フィーカ」なのです。
出典:stocksnap.io

フィーカでは、コーヒーに必ず甘い焼き菓子やケーキ、オープンサンド、フルーツなどが添えられます。コーヒーだけではフィーカとはいわず、甘いものとセットで「フィーカ」なのです。

定番スイーツは"シナモンロール"

代表的なスイーツはシナモンロール。日本でもシナモンロールは手軽に食べられますが、本場のシナモンロールは強力粉ではなく薄力粉を使うので、パンよりも軽くてお菓子に近い食感が特徴です。
出典:www.flickr.com(@Hisakazu Watanabe)

代表的なスイーツはシナモンロール。日本でもシナモンロールは手軽に食べられますが、本場のシナモンロールは強力粉ではなく薄力粉を使うので、パンよりも軽くてお菓子に近い食感が特徴です。

レシピをご紹介♪

本格的にフィーカを楽しみたいなら、シナモンロールを手作りしてみてはいかが?
スウェーデン流の巻き方"ストックホルム巻き"。ちょっと北欧の香がするかもしれませんね。
出典:

本格的にフィーカを楽しみたいなら、シナモンロールを手作りしてみてはいかが?
スウェーデン流の巻き方"ストックホルム巻き"。ちょっと北欧の香がするかもしれませんね。

ストックホルム巻きシナモンロール♪ by しゃなママ | レシピサイト「Nadia | ナディア」プロの料理を無料で検索

フィーカを彩るモノたち♪

【食器】
心の安らぎを家の中の生活に求める北欧の人たちは、暮らしに関わるいろいろな物にこだわりを持っています。インテリアや生活用品、そしてフィーカのときの食器やテーブルセッティングも。そこで日本でも手に入る、個性あふれる印象的な品を集めてみました。フィーカするなら、食器やファブリックにもこだわってみませんか?

Rorstrand(ロールストランド)・プレート

ヨーロッパで二番目に古い磁器ブランドであるロールストランドのプレート。スウェーデンでは「どこの家庭にでもある」といわれる食器。シンプルなデザインと優しい色使いで愛されています。フィーカの際のスウィーツをのせるのにぴったりです。
出典:

ヨーロッパで二番目に古い磁器ブランドであるロールストランドのプレート。スウェーデンでは「どこの家庭にでもある」といわれる食器。シンプルなデザインと優しい色使いで愛されています。フィーカの際のスウィーツをのせるのにぴったりです。

Rorstrand/ロールストランド/Swedish Grace プレート21cm ダークブルー

My porcelain(ミイ・ポスリン)・カップ&ソーサー

My porcelain(ミイ・ポスリン)のシリーズは大きな絵柄と愛らしいデザインがとても印象的。北欧のレトロな雰囲気がただよう食器たちです。白磁に色鮮やかな模様でちょっと大胆な感じがしますが、形はとってもシンプルで日常使いにとても重宝します。シリーズで揃えると統一感があっていいかも♪
この商品を見る
出典:

My porcelain(ミイ・ポスリン)のシリーズは大きな絵柄と愛らしいデザインがとても印象的。北欧のレトロな雰囲気がただよう食器たちです。白磁に色鮮やかな模様でちょっと大胆な感じがしますが、形はとってもシンプルで日常使いにとても重宝します。シリーズで揃えると統一感があっていいかも♪

【楽天市場】100円クーポン獲得可★MYポスリン ティー・コーヒー カップ&ソーサー【ミイポスリン カップ&ソーサー カップ ソーサー 食器 シンプル 白 セット 陶器 キッチン 北欧 スウェーデン レトロ カフェ 女性 ギフト バレンタイン プレゼント 引越祝い 結婚祝い おしゃれ】:楽しいインテリア北欧雑貨店 kakko
【トレイ】
トレイを使うのもこだわりのひとつ。カップとの組み合わせが違うだけで、ちょっと違った風景が生まれます。手持ちの食器や布地、そしてトレイをチョイスして、今日の気分にあったテーブルセッティングをしてみませんか?

Almedahls(アルメダールス)

デザインはMarianne Westman(マリアンヌ・ウエストマン)。長い冬があけたスウェーデンの春に咲く、白い桜がモチーフとなっています。
出典:

デザインはMarianne Westman(マリアンヌ・ウエストマン)。長い冬があけたスウェーデンの春に咲く、白い桜がモチーフとなっています。

almedahls│アルメダールス トレー S[ベラミ] - 北欧と雑貨のハシュケ【hushykke】北欧雑貨や北欧食器,インテリアの専門店

Almedahls(アルメダールス)

Marianne Nilsson(マリアンネ・ニルソン)のデザイン。
sill(ニシン)はスウェーデンの伝統料理にはかかせない食材。こういった日常使いのものにもさりげなく"文化"が盛り込まれています。
出典:

Marianne Nilsson(マリアンネ・ニルソン)のデザイン。
sill(ニシン)はスウェーデンの伝統料理にはかかせない食材。こういった日常使いのものにもさりげなく"文化"が盛り込まれています。

almedahls│アルメダールス トレイ S[ニシン] - 北欧と雑貨のハシュケ【hushykke】北欧雑貨や北欧食器,インテリアの専門店
【ランチョンマット】
トレイと同じ感じですが、ランチョンマットもテーブルを華やかにしてくれます。
スウェーデンで137年に渡ってウール製品を作り続けるクリッパン。極上のこだわりコットンと北欧のデザイナーのひらめきでできているかわいいランチョンマットをご紹介します。

チューリップ

カラフルなチューリップがフィーカの時間をさらに幸せなものにしてくれそう。
出典:

カラフルなチューリップがフィーカの時間をさらに幸せなものにしてくれそう。

クリッパン ランチョンマット チューリップ

バタフライ

華やかな色合いでテーブルの上をパッと明るくしてくれます。おしゃべりも弾みそうですね。
出典:

華やかな色合いでテーブルの上をパッと明るくしてくれます。おしゃべりも弾みそうですね。

クリッパン ランチョンマット バタフライ ecomfort

迷子のヒツジ

色合いはモノトーンなのに、どことなく可愛さに溢れています。どのヒツジが迷子なんでしょう?
出典:

色合いはモノトーンなのに、どことなく可愛さに溢れています。どのヒツジが迷子なんでしょう?

クリッパン ランチョンマット 迷子のヒツジ ecomfort

フィーカをおうちでやってみませんか?

フィーカとは単なるお茶の時間ではなく、家族や仲間とコミュニケーションをとる大切な時間。その効果は円滑な人間関係だけでなく新しい恋の始まりにも役立つかもしれません。ぜひ生活の中に取り入れたいものですね。まずは美味しいコーヒーをいれて、シナモンロールを。そして北欧のデザイナーたちの素敵なカップやファブリックを揃えてみてください。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア