防災にも使える!今すぐ揃えておきたい「基本のキャンプグッズ」

防災にも使える!今すぐ揃えておきたい「基本のキャンプグッズ」

防災意識が高まるなか、いつ使うのかわからない防災グッズは、いざというときに使えない・・・なんてことも。だからこそ、キャンプなどのアウトドアシーンをはじめ、日頃から使える「キャンプグッズ」を防災に役立てましょう。防災グッズ選びのポイントと併せて、今すぐ揃えておきたいおすすめアイテムをご紹介します。2021年05月19日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らし防災グッズおすすめ便利グッズアウトドア用品
お気に入り数687

万が一に備えたい防災グッズ

防災にも使える!今すぐ揃えておきたい「基本のキャンプグッズ」
出典:
日本では地震、洪水、噴火といった自然災害が増え、防災への意識が高まっています。そのため、「すでに防災グッズの備えはしている」という方も多いのではないでしょうか?

でも実際は、揃えておいた防災グッズが役に立たなかった・・・という声も少なくありません。
そこで、いざというとき本当に役立つ防災グッズの在り方を見直してみましょう。

本当に役立つ?防災グッズの落とし穴

①電池切れで使えない

懐中電灯やラジオなど、電池を使う防災グッズは意外にも多いのですが、いざというときに電池切れで使えないという事態は避けたいものです。乾電池は放電してしまうため、長持ちタイプを備蓄しておく、定期的な交換、ソーラータイプで揃えるなど、工夫が必要となります。
出典:unsplash.com

懐中電灯やラジオなど、電池を使う防災グッズは意外にも多いのですが、いざというときに電池切れで使えないという事態は避けたいものです。乾電池は放電してしまうため、長持ちタイプを備蓄しておく、定期的な交換、ソーラータイプで揃えるなど、工夫が必要となります。

②賞味期限切れで食べられない

防災グッズの備蓄品として揃えておく方も多い食品類ですが、賞味期限切れは意外と多いトラブル。災害の規模によっては、飲食の備蓄は生命線となるので、期限をわかりやすく記載したり、年に1度を目安に期限をチェックしましょう。
出典:

防災グッズの備蓄品として揃えておく方も多い食品類ですが、賞味期限切れは意外と多いトラブル。災害の規模によっては、飲食の備蓄は生命線となるので、期限をわかりやすく記載したり、年に1度を目安に期限をチェックしましょう。

③美味しくない、食べなれないもの

緊急時は贅沢を言っていられない。そう思う方もいますが、実際に何日も避難が続く場合、“食”が精神面での支えとなるケースがあるため、少しでも美味しく食べられることは大切です。

備蓄品の食品は、保存に強いことも重要ですが、日頃から定期的に交換をしながら、味もチェックしてみてください。乾パンなど、日頃から食べなれておくことも必要です。
出典:

緊急時は贅沢を言っていられない。そう思う方もいますが、実際に何日も避難が続く場合、“食”が精神面での支えとなるケースがあるため、少しでも美味しく食べられることは大切です。

備蓄品の食品は、保存に強いことも重要ですが、日頃から定期的に交換をしながら、味もチェックしてみてください。乾パンなど、日頃から食べなれておくことも必要です。

④使い方がわからない、使いにくい

防災グッズを揃えてみたものの袋に入れっぱなしで、いざ取り出してみたら使えない・・・。そんな事態を避けるためには使い慣れておくこと。また、実際に使ってみることで、使いにくさ、使いやすさを判断して備えておくことが大切です。
出典:

防災グッズを揃えてみたものの袋に入れっぱなしで、いざ取り出してみたら使えない・・・。そんな事態を避けるためには使い慣れておくこと。また、実際に使ってみることで、使いにくさ、使いやすさを判断して備えておくことが大切です。

④二次災害に繋がる危険性があるもの

停電時に役立ちそうなキャンドル。しかし、実際は地震が起きれば、振動で倒れてしまうため火災の危険性が高くなります。また、ロープも日頃から訓練を受けている方、使い方を熟知している方にとっては使えるものですが、転落やケガに繋がる恐れもあります。こうした二次災害が起きてしまう原因となるアイテムの使用はできるだけ避けましょう。
出典:unsplash.com

停電時に役立ちそうなキャンドル。しかし、実際は地震が起きれば、振動で倒れてしまうため火災の危険性が高くなります。また、ロープも日頃から訓練を受けている方、使い方を熟知している方にとっては使えるものですが、転落やケガに繋がる恐れもあります。こうした二次災害が起きてしまう原因となるアイテムの使用はできるだけ避けましょう。

今から使いこなそう!防災に役立つ「基本のキャンプグッズ」8選

防災にも使える!今すぐ揃えておきたい「基本のキャンプグッズ」
出典:unsplash.com
こうした“いざ”というときの防災グッズとして、今注目されているのが登山やキャンプなどで使う「アウトドアグッズ」です。屋外での使用を想定しているため、災害時にも使えるアイテムが多数。また、近年のアウトドアブームにより、便利で手頃なものが増えていますよ。

LEDランタン

LEDランタンは、火を使わないため安全に明かりを確保することができます。また寿命が長い上、虫が寄りにくく、屋外でも使いやすいので万が一の停電時に役立ちます。
出典:

LEDランタンは、火を使わないため安全に明かりを確保することができます。また寿命が長い上、虫が寄りにくく、屋外でも使いやすいので万が一の停電時に役立ちます。

ヘッドライト

登山時に活躍するヘッドライトは、両手が使えるため夜間の避難時に便利です。また、避難先でトイレに行くときなど、何かと手に持つタイプの懐中電灯より実用性があります。
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

登山時に活躍するヘッドライトは、両手が使えるため夜間の避難時に便利です。また、避難先でトイレに行くときなど、何かと手に持つタイプの懐中電灯より実用性があります。

GENTOS(ジェントス) LED ヘッドライト USB充電式
1,728円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

ウォーターバッグ

災害時は断水が起きやすいため、水の確保が重要です。飲み水以外にも生活用水として使うシーンは意外と多く、自衛隊などが提供する給水時に、ウォーターバッグがあるともらいに行きやすくなります。
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

災害時は断水が起きやすいため、水の確保が重要です。飲み水以外にも生活用水として使うシーンは意外と多く、自衛隊などが提供する給水時に、ウォーターバッグがあるともらいに行きやすくなります。

HuktDerウォーターバッグ【2個セット】 (ブルー)
649円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

シングルバーナー

ガスコンロも便利ですが、バッグに入れておくことができるコンパクトなシングルバーナーは、小さいながらも火力も強めなので、お湯を沸かしたいときに便利。通常時も屋外での調理などに活躍します。
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

ガスコンロも便利ですが、バッグに入れておくことができるコンパクトなシングルバーナーは、小さいながらも火力も強めなので、お湯を沸かしたいときに便利。通常時も屋外での調理などに活躍します。

コールマン バーナー アウトランダー マイクロストーブ PZ 203535
4,097円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

クッカー

アウトドア用の調理グッズであるクッカー。コンパクトでありながら、ちょっとした調理をするときに便利です。実際、災害が起きると食べ物は手に入るもののライフラインが途絶えることで、冷たいまま食べることが多くなります。やはり、簡単な調理でも出来立てを食べられると気分も違います。
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

アウトドア用の調理グッズであるクッカー。コンパクトでありながら、ちょっとした調理をするときに便利です。実際、災害が起きると食べ物は手に入るもののライフラインが途絶えることで、冷たいまま食べることが多くなります。やはり、簡単な調理でも出来立てを食べられると気分も違います。

キャンプクッカー クッカーセット(収納袋付き)
2,480円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

テント

避難所にも増えてきた簡易テントですが、庭など屋外を利用できる際には、テントがあると便利です。プライバシーの確保、余震時の避難などに活躍します。ワンタッチの簡易テントでもOKですが、タープ付きなら紫外線よけ、雨よけにもなり、さらに便利です。
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

避難所にも増えてきた簡易テントですが、庭など屋外を利用できる際には、テントがあると便利です。プライバシーの確保、余震時の避難などに活躍します。ワンタッチの簡易テントでもOKですが、タープ付きなら紫外線よけ、雨よけにもなり、さらに便利です。

GeerTop パップテント ソロテント 2人用
7,898円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

シュラフ

寝袋 シュラフ 封筒型 【進化版·手足伸ばし可能】
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

避難先で役立つのが寝袋のシュラフ。夜になり気温が下がると睡眠の妨げとなるため、防寒にもなるシュラフは快適な睡眠を確保する上で活躍します。

寝袋 シュラフ 封筒型 【進化版·手足伸ばし可能】
2,599円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

エアマット

エアーマット キャンプマット  MAONE【2021最新 足踏み式】
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

避難先に指定されることが多い体育館。寒さは床からくるのでエアマットを下に敷くと保温性が高くなり快適に。また、クッション性も生まれるので、長時間滞在時にも快適な座り心地を確保できます。ポンプなしで空気を入れることができるタイプがおすすめです。

エアーマット キャンプマット MAONE【2021最新 足踏み式】
2,999円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

いざというとき、慌てないための準備を

防災にも使える!今すぐ揃えておきたい「基本のキャンプグッズ」
出典:unsplash.com
備えあれば憂いなし。いつ起きるかわからないからこそ、日頃から防災に役立つアイテムを準備し、使いこなせるようにしておきたいものですね。アウトドアグッズで、楽しく学びながら防災に役立てましょう。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play