無駄買いをなくして節約上手に♪無理なく続けられる《収納方法と買い物のルール》

無駄買いをなくして節約上手に♪無理なく続けられる《収納方法と買い物のルール》

セールや特売の文字に弱く、ついつられて買い込んでしまう。在庫があるか分からずとりあえず買ってしまう。家に帰ると同じものがあちらこちらから出てくる……。いずれ使うから無駄ではないと言い聞かせつつ、いつ買ったかもわからない、いつ使うかも分からないもので溢れていませんか。そんな無駄買いをなくせば、今よりも節約ができ、本当に欲しいものにお金を使うことができます。無理なく続けられる収納方法&買い物ルールで、節約上手を目指しましょう。2019年09月28日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
暮らし
お金
節約
収納術
買い物
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1609
お得だしいずれ使うから。ストックがないと不安だから。そんなふうに、自分が使う以上のモノを買いすぎていないでしょうか。モノを買うお金だけでなく、それを保管するスペースにも、家賃なりローン代なり場所代がかかっています。合理的な収納方法と買い物ルールがあれば、無駄買いをなくすことは可能です。
出典:

お得だしいずれ使うから。ストックがないと不安だから。そんなふうに、自分が使う以上のモノを買いすぎていないでしょうか。モノを買うお金だけでなく、それを保管するスペースにも、家賃なりローン代なり場所代がかかっています。合理的な収納方法と買い物ルールがあれば、無駄買いをなくすことは可能です。

無駄買いをなくして節約上手になるには

セール品、まとめ買いなどの「お得感」につられてしまったり、ポイントを貯めるために買い物をしてしまったり。あるいは、送料無料にするために余計なものを買ってしまったり。そんな誘惑や衝動に負けず無駄買いを防ぐには、その場その場の意志の力だけでは難しいかもしれません。まずは、どうすれば無駄買いをなくせるか、節約上手になれるかを考えてみましょう。
出典:

セール品、まとめ買いなどの「お得感」につられてしまったり、ポイントを貯めるために買い物をしてしまったり。あるいは、送料無料にするために余計なものを買ってしまったり。そんな誘惑や衝動に負けず無駄買いを防ぐには、その場その場の意志の力だけでは難しいかもしれません。まずは、どうすれば無駄買いをなくせるか、節約上手になれるかを考えてみましょう。

買いすぎてしまう → 必要な数を知る

セールの誘惑や、欲しいものを手に入れたい衝動に負けてしまうのは、自分にとって「必要な数」を知らないからかもしれません。つい買いすぎてしまう、買っても使うことなくゴミやガラクタになってしまう。そんな経験のある方は、自分にとって必要な数はいったいどのくらいなのかを考えてみることです。
出典:

セールの誘惑や、欲しいものを手に入れたい衝動に負けてしまうのは、自分にとって「必要な数」を知らないからかもしれません。つい買いすぎてしまう、買っても使うことなくゴミやガラクタになってしまう。そんな経験のある方は、自分にとって必要な数はいったいどのくらいなのかを考えてみることです。

必要な数を知るヒント

・買い物の頻度
・洗濯のサイクル
・家族の人数
・コーディネートの数
・同じようなものを持っていないか

余計なものを買ってしまう → 買い物の目的をはっきりさせる

〇円以上で送料無料、ポイントアップ対象商品、○個買えばポッキリ価格……。このような「お得感」を演出するサービスは数知れません。その条件を満たすためだけに、つい余計なものまで買ってしまっていませんか? そんな「ついで買い」を防ぐためには、買い物の目的をはっきりさせることです。「生活に必要なものを必要なだけ買う」のが目的なのか、「不要なモノにお金を払ってでも『お得感』を得る」のが目的なのか、というように。
出典:

〇円以上で送料無料、ポイントアップ対象商品、○個買えばポッキリ価格……。このような「お得感」を演出するサービスは数知れません。その条件を満たすためだけに、つい余計なものまで買ってしまっていませんか? そんな「ついで買い」を防ぐためには、買い物の目的をはっきりさせることです。「生活に必要なものを必要なだけ買う」のが目的なのか、「不要なモノにお金を払ってでも『お得感』を得る」のが目的なのか、というように。

無駄買いをなくす収納方法

何がどこにあるか分からない、隙間があれば何かしら詰め込んでしまう。そんな収納方法になっていませんか? それは、自分が何をどのくらい持っているか分からず不安になって、必要以上に買い込んでしまうのが原因です。無駄買いをなくす収納方法の極意は、モノの数量と収納場所を決めること。さらに、収納を「見える化」することで、死蔵品を生み出さないことです。
出典:

何がどこにあるか分からない、隙間があれば何かしら詰め込んでしまう。そんな収納方法になっていませんか? それは、自分が何をどのくらい持っているか分からず不安になって、必要以上に買い込んでしまうのが原因です。無駄買いをなくす収納方法の極意は、モノの数量と収納場所を決めること。さらに、収納を「見える化」することで、死蔵品を生み出さないことです。

立てて収納 → 数が分かる

引き出しや収納ケース、カゴの中などは、立てて収納することで、ひと目で数を把握できます。衣類やタオルは同じサイズになるよう畳んだり、ごちゃつきがちなメイク道具などは仕切りを活用したり、収納するときにちょっとした工夫を。使い勝手も見た目もグンとよくなります。
出典:

引き出しや収納ケース、カゴの中などは、立てて収納することで、ひと目で数を把握できます。衣類やタオルは同じサイズになるよう畳んだり、ごちゃつきがちなメイク道具などは仕切りを活用したり、収納するときにちょっとした工夫を。使い勝手も見た目もグンとよくなります。

先入れ先出し → 劣化を防ぐ

食品や衛生用品など、使用期限のあるものは「先入れ先出し」を徹底します。「先入れ先出し」とは、古いものから先に使い、在庫の鮮度を保つための方法です。消耗品のタオルやインナーのような使用期限がないものでも、劣化スピードを均一にする効果があります。
出典:

食品や衛生用品など、使用期限のあるものは「先入れ先出し」を徹底します。「先入れ先出し」とは、古いものから先に使い、在庫の鮮度を保つための方法です。消耗品のタオルやインナーのような使用期限がないものでも、劣化スピードを均一にする効果があります。

定位置収納 → 迷子をなくす

モノの収納場所を決めることを、定位置収納といいます。モノが迷子にならないようにすることで、同じものを何個も重複して買ってしまうことを防ぐのです。モノの定位置が決まっていると、使ったら戻すという習慣が自然と身に付き、部屋が散らからりにくくなります。
出典:

モノの収納場所を決めることを、定位置収納といいます。モノが迷子にならないようにすることで、同じものを何個も重複して買ってしまうことを防ぐのです。モノの定位置が決まっていると、使ったら戻すという習慣が自然と身に付き、部屋が散らからりにくくなります。

サイズを統一 → 管理しやすい

収納の際ちょっとしたストレスになるのが、モノのサイズです。当然のことですが、商品のパッケージは見た目もサイズもばらばら。そんなときは、パッケージから出して収納ケースに入れ替えることで、サイズを統一することができます。あるいは、同じジャンルのものを収納ボックスにまとめるだけでも、楽に管理できるようになりますよ。
出典:

収納の際ちょっとしたストレスになるのが、モノのサイズです。当然のことですが、商品のパッケージは見た目もサイズもばらばら。そんなときは、パッケージから出して収納ケースに入れ替えることで、サイズを統一することができます。あるいは、同じジャンルのものを収納ボックスにまとめるだけでも、楽に管理できるようになりますよ。

無駄買いをなくす買い物のルール

何がどこにあり、どのくらいの数あるのか。それが収納方法によって「見える化」されると、モノの管理がグンと楽になります。管理が楽になれば、買い物のルールも至極シンプルなものになり、無駄買いをしない習慣が無理なく続けられるでしょう。無駄買いをなくす買い物のルールは、定数を守ることと、定番品を決めておくことに尽きます。
出典:

何がどこにあり、どのくらいの数あるのか。それが収納方法によって「見える化」されると、モノの管理がグンと楽になります。管理が楽になれば、買い物のルールも至極シンプルなものになり、無駄買いをしない習慣が無理なく続けられるでしょう。無駄買いをなくす買い物のルールは、定数を守ることと、定番品を決めておくことに尽きます。

複数必要ないものは1アイテム1個に

わたしたちが一度に使えるモノの数は、限られています。たとえば、帽子はひとつしか被れませんし、靴だって一足しか履けませんよね。モノはたくさんあっても、使いこなせないことも多いのです。「複数必要ないものは1アイテム1個」と決めておけば、むやみにモノを増やすこともありません。
出典:

わたしたちが一度に使えるモノの数は、限られています。たとえば、帽子はひとつしか被れませんし、靴だって一足しか履けませんよね。モノはたくさんあっても、使いこなせないことも多いのです。「複数必要ないものは1アイテム1個」と決めておけば、むやみにモノを増やすこともありません。

定番品を決め、それ以外は買わない

数量の管理が難しいと感じる方に、おすすめの方法があります。それは、「わが家の定番品」を決めることです。日用品や消耗品、食料品、衣類にいたるまで、「これしか買わない」という基準があるだけでも、不要なモノを買う機会は少なくなります。
出典:

数量の管理が難しいと感じる方に、おすすめの方法があります。それは、「わが家の定番品」を決めることです。日用品や消耗品、食料品、衣類にいたるまで、「これしか買わない」という基準があるだけでも、不要なモノを買う機会は少なくなります。

買い替え時期以外は安くても買わない

消耗品や日用品、下着類など、頻度は違えど定期的に買い替えるものってありますよね。それらの買い替え時期を決め、その期間以外は安くても買わないことです。「タオルや下着類は年末に入れ替える」というようにすれば、セールのたびに買いすぎることも、ボロボロのものを使い続けてしまうことも防ぐことができます。
出典:

消耗品や日用品、下着類など、頻度は違えど定期的に買い替えるものってありますよね。それらの買い替え時期を決め、その期間以外は安くても買わないことです。「タオルや下着類は年末に入れ替える」というようにすれば、セールのたびに買いすぎることも、ボロボロのものを使い続けてしまうことも防ぐことができます。

代用できるものはないか考える習慣を

無駄買いをなくす以前に、モノ自体を増やさないことも大切です。何かを購入するとき、欲しいものがあるとき。既に持っているもので代用できないか、考える習慣をつけましょう。なくても困らないものは買わない、使いきれないものも買わない。今あるものをじゅうぶんに使い切ってから、新しいものに買い替えても遅くはないのです。
出典:

無駄買いをなくす以前に、モノ自体を増やさないことも大切です。何かを購入するとき、欲しいものがあるとき。既に持っているもので代用できないか、考える習慣をつけましょう。なくても困らないものは買わない、使いきれないものも買わない。今あるものをじゅうぶんに使い切ってから、新しいものに買い替えても遅くはないのです。

無駄買いをなくして節約上手に♪

無駄買いをなくすための収納方法と買い物のルールをご紹介しました。どれも無理なく続けられるシンプルなものばかりです。いきなり家じゅうのものすべてに適用する必要はありません。「どうにかしたいな」「スッキリさせたいな」と感じた場所から、少しずつ試してみて、ご自身に合った方法で節約上手を目指してくださいね。
出典:

無駄買いをなくすための収納方法と買い物のルールをご紹介しました。どれも無理なく続けられるシンプルなものばかりです。いきなり家じゅうのものすべてに適用する必要はありません。「どうにかしたいな」「スッキリさせたいな」と感じた場所から、少しずつ試してみて、ご自身に合った方法で節約上手を目指してくださいね。

今回画像をお借りしたサイトさまのページはこちらです。
素敵な収納アイテムやアイディアが参考になりますので、ぜひご覧になってみてくださいね。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play