水の中でゆらゆら、ふわふわ。植物標本【ハーバリウム】の作り方・楽しみ方

水の中でゆらゆら、ふわふわ。植物標本【ハーバリウム】の作り方・楽しみ方

色とりどりのドライフラワーが澄んだ液体とともに瓶詰めされたインテリア雑貨、「ハーバリウム」をご存知でしょうか?水やりや日当りなどを気にせず、綺麗なお花やグリーンを気軽に楽しめるアイテムとして最近人気を集めています。水中にふわふわと揺れるカラフルなお花は、癒し効果も抜群。プレゼントとしても喜ばれ、意外と簡単に手作りもできるこのハーバリウムについて、今回は詳しくご紹介します。 2017年08月11日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
ハンドメイド
植物
標本
ハーバリウム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1401

インテリアとして楽しむ植物標本「ハーバリウム」

瓶の中に咲く色鮮やかなお花たち

「ハーバリウム」とは、もともとは押し花などを含めた植物標本のことをさす言葉ですが、最近では“ドライフラワーを透明な液体とともに瓶詰めしたタイプ”のものがインテリアとして人気です。

出典:

「ハーバリウム」とは、もともとは押し花などを含めた植物標本のことをさす言葉ですが、最近では“ドライフラワーを透明な液体とともに瓶詰めしたタイプ”のものがインテリアとして人気です。

容器の中に満たされている液体は、ハーバリウム専用の特殊なオイル。この中にドライフラワーやプリザーブドフラワーを漬け込むことで、その美しい色合いを約1年ほど保つことができます。瓶を優しく振ると、中のお花もゆらゆら…。

出典:

容器の中に満たされている液体は、ハーバリウム専用の特殊なオイル。この中にドライフラワーやプリザーブドフラワーを漬け込むことで、その美しい色合いを約1年ほど保つことができます。瓶を優しく振ると、中のお花もゆらゆら…。

柔らかな陽の光の中に置いてみると、中のお花やグリーンも透明感が増してなんとも涼しげです。眺めているだけで癒されますね。

出典:

柔らかな陽の光の中に置いてみると、中のお花やグリーンも透明感が増してなんとも涼しげです。眺めているだけで癒されますね。

お手入れ要らずが嬉しい

ドライフラワーであるハーバリウムは、日光を当てたり水をあげたりする必要もありません。リビングはもちろん、キッチンや玄関、トイレなど、おうちの中のどこにでも飾ることができます。

出典:

ドライフラワーであるハーバリウムは、日光を当てたり水をあげたりする必要もありません。リビングはもちろん、キッチンや玄関、トイレなど、おうちの中のどこにでも飾ることができます。

お気に入りを何種類か並べて、その組み合わせを楽しむのも醍醐味です。季節の移ろいや気分に合わせて時々入れ替えてみると、お部屋の雰囲気にも手軽に変化をつけられますよ。

出典:

お気に入りを何種類か並べて、その組み合わせを楽しむのも醍醐味です。季節の移ろいや気分に合わせて時々入れ替えてみると、お部屋の雰囲気にも手軽に変化をつけられますよ。

贈り物にもぴったり

ハーバリウムは見た目にも華やかなうえ、花粉や花びらが散る心配もなく飾れるインテリアなので、ちょっとしたプレゼントにもおすすめ。さまざまなお祝いごとやご挨拶などに添えても喜ばれます。

出典:

ハーバリウムは見た目にも華やかなうえ、花粉や花びらが散る心配もなく飾れるインテリアなので、ちょっとしたプレゼントにもおすすめ。さまざまなお祝いごとやご挨拶などに添えても喜ばれます。

どれを選ぶ?ハーバリウムのバリエーション

桜の花びらを思わせる、淡いピンクが可憐なボトルです。おうちの中に春を呼び込むインテリアとして、見る人を優しい気持ちにさせてくれそうなハーバリウムですね。

出典:

桜の花びらを思わせる、淡いピンクが可憐なボトルです。おうちの中に春を呼び込むインテリアとして、見る人を優しい気持ちにさせてくれそうなハーバリウムですね。

こちらはラスカスのブリザードフラワーを使ったシンプルなデザイン。明るいグリーンを二種類組み合わせた爽やかなハーバリウムは、お部屋の他のインテリアの邪魔をすることもありません。

出典:

こちらはラスカスのブリザードフラワーを使ったシンプルなデザイン。明るいグリーンを二種類組み合わせた爽やかなハーバリウムは、お部屋の他のインテリアの邪魔をすることもありません。

カラフルなハニーテールのドライフラワーが、まるでフルーツポンチのように浮かんだ可愛らしいタイプ。瓶をちょっと揺らしてあげると、中のお花がふわふわ漂う様子も楽しめるのではないでしょうか。

出典:

カラフルなハニーテールのドライフラワーが、まるでフルーツポンチのように浮かんだ可愛らしいタイプ。瓶をちょっと揺らしてあげると、中のお花がふわふわ漂う様子も楽しめるのではないでしょうか。

暑い季節のインテリアには、こんな涼しげなデザインのものもおすすめですよ。お部屋に小さな水辺ができたような、爽やかなハーバリウムです。

出典:

暑い季節のインテリアには、こんな涼しげなデザインのものもおすすめですよ。お部屋に小さな水辺ができたような、爽やかなハーバリウムです。

よく見ると、瓶の底には砂と貝殻も。淡く透けたマリンブルーのアジサイが美しいですね。

出典:

よく見ると、瓶の底には砂と貝殻も。淡く透けたマリンブルーのアジサイが美しいですね。

こちらはビタミンカラーが元気をくれそうな組み合わせです。明るいグリーンやイエローを、濃い青いペッパーベリーがアクセントになって引き締めてくれています。

出典:

こちらはビタミンカラーが元気をくれそうな組み合わせです。明るいグリーンやイエローを、濃い青いペッパーベリーがアクセントになって引き締めてくれています。

ホワイトをベースにしたお花のセレクトは、優しく上品な印象。糸のように繊細なオレンジと白の花びらが水中に泳いでいて、なんだか幻想的でもありますね。

出典: www.instagram.com(@4no_)

ホワイトをベースにしたお花のセレクトは、優しく上品な印象。糸のように繊細なオレンジと白の花びらが水中に泳いでいて、なんだか幻想的でもありますね。

ころんと丸い形が可愛い、電球型のボトルに入ったタイプです。お花がきゅっと集まって、万華鏡のよう。縦長のボトルに入ったものとはまた違った表情を見せてくれます。

出典:

ころんと丸い形が可愛い、電球型のボトルに入ったタイプです。お花がきゅっと集まって、万華鏡のよう。縦長のボトルに入ったものとはまた違った表情を見せてくれます。

秋や冬にかけてのインテリアにも相応しい、落ち着いた色味のハーバリウムです。アンティークテイストのお部屋に飾っても素敵なコーディネートになるはず。

出典:

秋や冬にかけてのインテリアにも相応しい、落ち着いた色味のハーバリウムです。アンティークテイストのお部屋に飾っても素敵なコーディネートになるはず。

アロマランプやアクセサリーにも

優しい香りのアロマランプとして

濃いめのブルーとグリーンがフラスコの中で水中花のように広がるこちらは、付属の芯を取り付けるとアロマオイルランプとしても使うことができます。

出典:

濃いめのブルーとグリーンがフラスコの中で水中花のように広がるこちらは、付属の芯を取り付けるとアロマオイルランプとしても使うことができます。

薄闇の中に揺れる暖かな炎とフローラルハーブの香りが、一日の疲れをゆったり癒してくれそうです。昼はインテリアとして、夜には静かにくつろぐ時間のお供として身近に置きたいハーバリウムですね。

出典:

薄闇の中に揺れる暖かな炎とフローラルハーブの香りが、一日の疲れをゆったり癒してくれそうです。昼はインテリアとして、夜には静かにくつろぐ時間のお供として身近に置きたいハーバリウムですね。

お花が揺れる可愛いピアス

こちらは、小さなドームにかすみ草のドライフラワーが入ったピアスです。樹脂で固めたタイプと違い、中のオイルが揺れるとお花の向きや表情も微妙に変わります。

出典:

こちらは、小さなドームにかすみ草のドライフラワーが入ったピアスです。樹脂で固めたタイプと違い、中のオイルが揺れるとお花の向きや表情も微妙に変わります。

陽の光に透けると、一緒に入っているパールもキラキラと輝くそう。ふんわり開いた透明感のあるお花とのコラボが綺麗です。

出典:

陽の光に透けると、一緒に入っているパールもキラキラと輝くそう。ふんわり開いた透明感のあるお花とのコラボが綺麗です。

ハーバリウムを手作りするには?

ハーバリウムは、おうちでも意外と簡単に手作りできます。材料は、ハーバリウム専用のオイルと空き瓶(きちんと密封できるもの)、中に入れたいドライフラワーやプリザーブドフラワーです。
材料の中でも、ポイントとなるのはやはりオイルです。適度な流動性と高い透明度が必要で、手に入りやすいベビーオイルを代用品として使うというお声もあるのですが、ベビーオイルは植物の色素を溶かしてしまう傾向があるため、あまりおすすめできません。やはりハーバリウム専用のオイルを使うことが、長持ちする綺麗な作品を作るための近道です。

出典: pixabay.com

材料の中でも、ポイントとなるのはやはりオイルです。適度な流動性と高い透明度が必要で、手に入りやすいベビーオイルを代用品として使うというお声もあるのですが、ベビーオイルは植物の色素を溶かしてしまう傾向があるため、あまりおすすめできません。やはりハーバリウム専用のオイルを使うことが、長持ちする綺麗な作品を作るための近道です。

ドライフラワーは、できるだけ鮮やかに色を保っているものを選びましょう。乾燥した木の実やドライフルーツなども使えますが、あらかじめきちんと汚れを落としておくことが大切です。また、ガラス容器の煮沸消毒も忘れずに。

出典: www.photo-ac.com

ドライフラワーは、できるだけ鮮やかに色を保っているものを選びましょう。乾燥した木の実やドライフルーツなども使えますが、あらかじめきちんと汚れを落としておくことが大切です。また、ガラス容器の煮沸消毒も忘れずに。

ハーバリウムの作り方を紹介している動画です。材料さえ揃えば、あとはバランスを見ながらボトルにお花やグリーンを入れていき、オイルを注ぐだけ。とっても簡単です。

チャレンジしやすい手軽なキット

ためしに一度だけ作ってみたいという方や、材料を選ぶのに迷ってしまうという方には、手軽なキットもあります。

出典:

ためしに一度だけ作ってみたいという方や、材料を選ぶのに迷ってしまうという方には、手軽なキットもあります。

セット内容はこちら。プリザーブドフラワーやシリコンオイルなどが揃っています。(こちらのキットにはガラス容器は含まれていませんのでご注意下さい)

出典:

セット内容はこちら。プリザーブドフラワーやシリコンオイルなどが揃っています。(こちらのキットにはガラス容器は含まれていませんのでご注意下さい)

こちらは出来上がったハーバリウムをセットできるルームランプです。(上記のキットに入っていないガラスボトルはこちらにセットされています)
スイッチを入れると、白色LEDでお花たちが美しく浮かび上がるとのこと。こんな飾り方も素敵ですね。

出典:

こちらは出来上がったハーバリウムをセットできるルームランプです。(上記のキットに入っていないガラスボトルはこちらにセットされています)
スイッチを入れると、白色LEDでお花たちが美しく浮かび上がるとのこと。こんな飾り方も素敵ですね。

瑞々しいハーバリウムで癒しの空間づくり

暑さでお花が枯れやすい夏場や、鮮やかな色味のお花が少なくなる冬場でも、ハーバリウムは変わらず綺麗に咲いていてくれます。何より、水中に柔らかく漂うような揺らめきは水中標本ならではの魅力ですよね。お好きなお花のハーバリウムで、ぜひ癒しの空間づくりを楽しんでみて下さい。

出典:

暑さでお花が枯れやすい夏場や、鮮やかな色味のお花が少なくなる冬場でも、ハーバリウムは変わらず綺麗に咲いていてくれます。何より、水中に柔らかく漂うような揺らめきは水中標本ならではの魅力ですよね。お好きなお花のハーバリウムで、ぜひ癒しの空間づくりを楽しんでみて下さい。

関連する情報

キナリノアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play