コンパクトな住まいでも“心地いい”は叶う!《ふたり暮らし》をはじめるインテリア術

コンパクトな住まいでも“心地いい”は叶う!《ふたり暮らし》をはじめるインテリア術

自由気ままなひとり暮らしから、パートナーとのふたり暮らしへ。これから一緒に暮らしていくことを想うと、心が躍りますよね。結婚や引っ越しなどの準備であわただしくなっても、焦らずひとつひとつ順番に対応していけばきっとうまくいきます。はじめてのふたり暮らしが心地いいものになるよう、インテリアについても考えていきましょう。2018年04月15日作成

カテゴリ:
インテリア
キーワード
インテリアコーディネートレイアウト・間取り狭い部屋二人暮らし
お気に入り数1064
はじめてのふたり暮らし。毎日一緒にごはんを食べたり、時間を気にせずくつろいだり、これからずっと一緒にいられるのが楽しみですよね。いつまでも仲良く心地よくすごせるように、心がけておきたいことや、インテリアのポイントをまとめました。
出典:

はじめてのふたり暮らし。毎日一緒にごはんを食べたり、時間を気にせずくつろいだり、これからずっと一緒にいられるのが楽しみですよね。いつまでも仲良く心地よくすごせるように、心がけておきたいことや、インテリアのポイントをまとめました。

心地よくすごすために考えたいこと

ふたり暮らしを心地よくするためには、お互いを気遣うことが大切です。一緒に暮らしはじめる前に、お互いを理解し、尊重し合えるよう、ライフスタイルやインテリアの好みについても話し合っておきたいですね。
出典:

ふたり暮らしを心地よくするためには、お互いを気遣うことが大切です。一緒に暮らしはじめる前に、お互いを理解し、尊重し合えるよう、ライフスタイルやインテリアの好みについても話し合っておきたいですね。

ふたりのライフスタイル

ふたり暮らしをはじめると、価値観や習慣の違いから、意見が食い違うことがあるかもしれません。今まで別々の生活をしてきたわけですから、それもそのはずです。家でのすごし方や生活リズムなど、お互いのライフスタイルを理解し、ふたりのライフスタイルへと発展させていきましょう。
出典:

ふたり暮らしをはじめると、価値観や習慣の違いから、意見が食い違うことがあるかもしれません。今まで別々の生活をしてきたわけですから、それもそのはずです。家でのすごし方や生活リズムなど、お互いのライフスタイルを理解し、ふたりのライフスタイルへと発展させていきましょう。

部屋の使い方

ふたり暮らしの間取りは、どのようにすごしたいかで決まります。ずっと一緒にすごしたいなら、共有部分が広々と使える1LDKがおすすめ。ひとりの時間も大切にしたいなら、個室として使い分けられる2DKや2LDKがよいでしょう。間取り図を見ながら、どんな暮らし方がしたいかをふたりでよく相談することが大切です。
出典:

ふたり暮らしの間取りは、どのようにすごしたいかで決まります。ずっと一緒にすごしたいなら、共有部分が広々と使える1LDKがおすすめ。ひとりの時間も大切にしたいなら、個室として使い分けられる2DKや2LDKがよいでしょう。間取り図を見ながら、どんな暮らし方がしたいかをふたりでよく相談することが大切です。

インテリアのテイスト

お互いのインテリアの好みについても、話し合っておきたいことの一つです。好みのテイストが異なる場合、二つのテイストを融合させると落ち着かない部屋になってしまいます。そんな場合は、共有部分はシンプルに、個人のスペースは好きなようにするといった対策を。いずれにしても、お互いの好みを理解し、尊重することも忘れないようにしましょう。
出典:

お互いのインテリアの好みについても、話し合っておきたいことの一つです。好みのテイストが異なる場合、二つのテイストを融合させると落ち着かない部屋になってしまいます。そんな場合は、共有部分はシンプルに、個人のスペースは好きなようにするといった対策を。いずれにしても、お互いの好みを理解し、尊重することも忘れないようにしましょう。

限られたスペースをどう使う?

ふたり暮らしの住まいは、ひとり暮らしのときよりも広くなるとはいえ、限られたスペースを有効に使うという点では同じです。間取りやサイズを入念にチェックし、家具のレイアウトやインテリア計画を綿密に立てましょう。ふたりのライフスタイルに合わせて、必要なもの、なくてもいいものを見極めることがポイントです。
出典:unsplash.com

ふたり暮らしの住まいは、ひとり暮らしのときよりも広くなるとはいえ、限られたスペースを有効に使うという点では同じです。間取りやサイズを入念にチェックし、家具のレイアウトやインテリア計画を綿密に立てましょう。ふたりのライフスタイルに合わせて、必要なもの、なくてもいいものを見極めることがポイントです。

ふたりですごす共有部分

リビングやダイニングなどの共有部分は、家具を置かない状態では広く感じても、実際にテーブルやソファなどを置くと意外と狭く感じるものです。間取り図に置きたい家具を書き込み、動線は確保できているか、ゆったりとすごせるかなどを確認します。ドアや窓の位置、コンセントや照明の位置も忘れずにチェックしておくと、実際に家具や家電を設置する際に役立ちます。
出典:

リビングやダイニングなどの共有部分は、家具を置かない状態では広く感じても、実際にテーブルやソファなどを置くと意外と狭く感じるものです。間取り図に置きたい家具を書き込み、動線は確保できているか、ゆったりとすごせるかなどを確認します。ドアや窓の位置、コンセントや照明の位置も忘れずにチェックしておくと、実際に家具や家電を設置する際に役立ちます。

必要最低限の家具からはじめよう

最初からダイニングセットやリビングセットをそろえる必要はありません。コンパクトな住まいに見合うよう、必要最低限の家具からスタートするのがおすすめ。食事をするテーブルや、外からの視線を遮るカーテンは必需品です。ベッドやソファなど床を占める面積が大きい家具は、慎重に選びます。あとは実際に生活をしてみて、必要なものをそのつど検討しても遅くはありません。
出典:

最初からダイニングセットやリビングセットをそろえる必要はありません。コンパクトな住まいに見合うよう、必要最低限の家具からスタートするのがおすすめ。食事をするテーブルや、外からの視線を遮るカーテンは必需品です。ベッドやソファなど床を占める面積が大きい家具は、慎重に選びます。あとは実際に生活をしてみて、必要なものをそのつど検討しても遅くはありません。

ひとりですごす個人のスペース

ふたりのライフスタイルによっては、自宅で仕事をしたり、起床や就寝の時間が合わなかったりしますよね。ひとりですごす個人のスペースがあると、相手の生活リズムを邪魔することなく、お互いが気持ちよくすごせます。個室があればベストですが、間仕切りをうまく使って部屋を区切るだけでも、パーソナルスペースが確保できておすすめです。
出典:

ふたりのライフスタイルによっては、自宅で仕事をしたり、起床や就寝の時間が合わなかったりしますよね。ひとりですごす個人のスペースがあると、相手の生活リズムを邪魔することなく、お互いが気持ちよくすごせます。個室があればベストですが、間仕切りをうまく使って部屋を区切るだけでも、パーソナルスペースが確保できておすすめです。

ふたり暮らしのインテリアを選ぶヒント

インテリア雑誌やSNSを見ていると、素敵なインテリアであふれていて「うちもこんな風にしたい!」とイメージが膨らみますよね。インテリアを購入する際は、自分たちのライフスタイルに合うのか、ライフステージの変化に対応できるのか、というところまで考えて選びましょう。
出典:

インテリア雑誌やSNSを見ていると、素敵なインテリアであふれていて「うちもこんな風にしたい!」とイメージが膨らみますよね。インテリアを購入する際は、自分たちのライフスタイルに合うのか、ライフステージの変化に対応できるのか、というところまで考えて選びましょう。

会話も弾むエクステンションテーブル

ふたり暮らしの住まいに4人掛けのダイニングセットは大きすぎて持て余すことも。こんな伸長式テーブルがあれば、ふだんはコンパクトに、来客時は天板と脚を広げて使い分けることができます。将来家族が増えたときのことも考えて、長く使えるものを選びましょう。
出典:

ふたり暮らしの住まいに4人掛けのダイニングセットは大きすぎて持て余すことも。こんな伸長式テーブルがあれば、ふだんはコンパクトに、来客時は天板と脚を広げて使い分けることができます。将来家族が増えたときのことも考えて、長く使えるものを選びましょう。

お部屋の雰囲気を決めるカーテン

引っ越しのときに後回しになりがちなのが、カーテンです。高層マンションで外からの視線が気にならない場合はさておき、防犯上まっさきに用意しておきたいもの。お部屋の雰囲気を決めるカーテンですので、シンプルな色柄のものが他のインテリアに合わせやすくおすすめです。
出典:

引っ越しのときに後回しになりがちなのが、カーテンです。高層マンションで外からの視線が気にならない場合はさておき、防犯上まっさきに用意しておきたいもの。お部屋の雰囲気を決めるカーテンですので、シンプルな色柄のものが他のインテリアに合わせやすくおすすめです。

収納や間仕切りにユニットシェルフ

いざ生活してみると収納が足りないと感じることも。そんなときは、こんなユニットシェルフはいかがでしょう。腰高のものなら、圧迫感もなく狭さを感じることもありません。間仕切りとして、ゆるやかにお部屋を区切るのにも使えます。お気に入りの小物や植物を飾って楽しむのにも、ちょうどいいサイズ感です。
出典:

いざ生活してみると収納が足りないと感じることも。そんなときは、こんなユニットシェルフはいかがでしょう。腰高のものなら、圧迫感もなく狭さを感じることもありません。間仕切りとして、ゆるやかにお部屋を区切るのにも使えます。お気に入りの小物や植物を飾って楽しむのにも、ちょうどいいサイズ感です。

コンパクトでもくつろげるソファ

大きなソファを置くスペースはなくても、ほっとくつろげる居場所はほしいですよね。例えば、一脚ずつ分離できるソファはどうでしょう。並べてコンパクトなソファとして使ってもよし、模様替えで別々に配置してもよし。さらに広い住まいに引っ越したら買い足してもよしと、ライフステージの変化にも対応できるものを選べば、長く使うことができますよ。
出典:

大きなソファを置くスペースはなくても、ほっとくつろげる居場所はほしいですよね。例えば、一脚ずつ分離できるソファはどうでしょう。並べてコンパクトなソファとして使ってもよし、模様替えで別々に配置してもよし。さらに広い住まいに引っ越したら買い足してもよしと、ライフステージの変化にも対応できるものを選べば、長く使うことができますよ。

お互いを気遣えば心地よくすごせる

ふたり暮らしをはじめるにあたり、大切なことはお互いを気遣うことです。その心構えさえあれば、部屋が狭くても、家具が足りなくても、きっと心地よくすごせるでしょう。別々だった価値観や習慣が、いつのまにかひとつになっていくのも、ふたり暮らしの楽しみの一つ。お互いを理解し、尊重し合い、すてきなふたり暮らしをはじめてくださいね。
出典:

ふたり暮らしをはじめるにあたり、大切なことはお互いを気遣うことです。その心構えさえあれば、部屋が狭くても、家具が足りなくても、きっと心地よくすごせるでしょう。別々だった価値観や習慣が、いつのまにかひとつになっていくのも、ふたり暮らしの楽しみの一つ。お互いを理解し、尊重し合い、すてきなふたり暮らしをはじめてくださいね。

今回画像をお借りしたサイトさまのページはこちらです。
ご紹介したほかにも素敵なアイディアやアイテムがたくさんありますので、ぜひご覧になってみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play