どこかレトロでかわいい*この冬は「ハーフジップ」でおしゃれ上級者に

どこかレトロでかわいい*この冬は「ハーフジップ」でおしゃれ上級者に

冬のトレンドとして話題の「ハーフジップ」トップス。ジップ付きのトップスは個性的と感じられるかもしれませんが、襟をつくるアレンジをしたり、レイヤードをしたり…少しコツを押さえると、着こなしの楽しみ方がぐっと広がりますよ♪今回は、「ハーフジップのトップス」をおしゃれに着こなせるおすすめコーデをご紹介。ジッパーの開閉を活用して、ぜひいろいろなスタイルに挑戦してみましょう。2022年01月15日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード
トップスニット・セーター冬コーデ秋冬ファッション重ね着
お気に入り数361

「ハーフジップ」のトップスに、この冬は注目♪

どこかレトロでかわいい*この冬は「ハーフジップ」でおしゃれ上級者に
出典:
ちょっとレトロなデザインで人気を集めている「ハーフジップ」をご存じでしょうか。

トップスの前部分に、半分くらいジッパー(ファスナー)が付いていて、今大注目のアイテムなんです♪
どこかレトロでかわいい*この冬は「ハーフジップ」でおしゃれ上級者に
出典:
フロントにファスナーが付いているトップスをイメージすると、”おじさんが着ている服”という印象を持っている方もいるかもしれませんね。でも、実はこのレトロ感が、新鮮でかわいいと話題になっています。
どこかレトロでかわいい*この冬は「ハーフジップ」でおしゃれ上級者に
出典:
今回は、ぜひこの冬にチャレンジしたい「ハーフジップニット」のおすすめコーディネートをご紹介。

ジッパーを閉めたり、折って襟にしたりと変化させることでスタイルも変幻自在です。1着でメンズライクにも、ガーリーにも演出できるハーフジップニットなら、マンネリしがちな冬のファッションもめいっぱい満喫できますよ♪

Style1:ジップを下ろして襟をつくり、シンプルに着こなす

まずは、シンプルに着こなせる襟のスタイルから。ハーフジップニットをもっとも気軽に楽しめます♪

ボトムも選ばず合わせやすいため、迷ったら襟を作るスタイルから始めてみてはいかがでしょう?
首まわりすっきり。アイボリーのハーフジップ×柄物パンツで、大人の抜け感を演出。
アイボリーのニットに柄物のボトムスを合わせて、抜け感のある大人カジュアルなコーデに。スリットが入ったオーバーサイズのニットは、襟の存在感を引き立たせてくれます。

差し色でインナーにカラーアイテムを取り入れても◎
出典:

アイボリーのニットに柄物のボトムスを合わせて、抜け感のある大人カジュアルなコーデに。スリットが入ったオーバーサイズのニットは、襟の存在感を引き立たせてくれます。

差し色でインナーにカラーアイテムを取り入れても◎

ベージュのハーフジップ×黒のパンツ。重たくならない、洗練されたスタイリングに。
クールでユニセックスな雰囲気をまといたいときは、黒のパンツと合わせるのもおすすめ。襟を作ることですこしきっちり感をがプラスでき、より洗練された印象に。

スッキリとした細身のボトムスを合わせて、きれいめコーデにするのもよさそう。
出典:

クールでユニセックスな雰囲気をまといたいときは、黒のパンツと合わせるのもおすすめ。襟を作ることですこしきっちり感をがプラスでき、より洗練された印象に。

スッキリとした細身のボトムスを合わせて、きれいめコーデにするのもよさそう。

ベージュのハーフジップ×ブラウンのスカート。ワントーンで、優しい印象に。
ベージュのハーフジップニットにブラウンカラーのスカートを組み合わせ、ナチュラルで大人かわいいスタイル。ふんわりとしたニットのシルエットと、ジッパーを下ろして作った襟とのバランスが◎

小柄なショルダーやリュックとの相性もバツグンです。
出典:

ベージュのハーフジップニットにブラウンカラーのスカートを組み合わせ、ナチュラルで大人かわいいスタイル。ふんわりとしたニットのシルエットと、ジッパーを下ろして作った襟とのバランスが◎

小柄なショルダーやリュックとの相性もバツグンです。

淡いパープルのハーフジップ。フレアスカートを合わせてフェミニンに♪
こちらは、明るいパープルのハーフジップニットと、ロング丈のフレアスカートが女性らしい印象を与えてくれます。襟で首元を目立たせて、メリハリのあるスタイルに。

締め色として黒のバッグとブーツを使えば、甘すぎない大人フェミニンなコーデに仕上がりますよ。
出典:

こちらは、明るいパープルのハーフジップニットと、ロング丈のフレアスカートが女性らしい印象を与えてくれます。襟で首元を目立たせて、メリハリのあるスタイルに。

締め色として黒のバッグとブーツを使えば、甘すぎない大人フェミニンなコーデに仕上がりますよ。

Style2:ジップを上げて、ハイネックのように着こなす

ジップを上まであげれば、落ち着いた大人のファッションにチェンジ。首元もあたたかく過ごせるため、防寒対策としても◎

小物と合わせると、また違った雰囲気に変わりますよ。こなれ感を出したい方におすすめのスタイルです。
グレーのハーフジップをハイネックにアレンジ。ダークトーンの格好いい大人カジュアルに。
こちらは、ライトグレーのハーフジップを、ハイネックにアレンジした着こなし。

ブラックのパンツとシューズでハンサムな雰囲気に早がわり。袖の切り替えがついたデザインもアクセントになっています。
出典:

こちらは、ライトグレーのハーフジップを、ハイネックにアレンジした着こなし。

ブラックのパンツとシューズでハンサムな雰囲気に早がわり。袖の切り替えがついたデザインもアクセントになっています。

着丈短めのハーフジップを、ハイネックにアレンジ。ハイウエストパンツと合わせてバランスよく◎
短めの着丈でバランスよく着こなしてみるのも◎

厚みのあるぽってりとしたハーフジップのニットも、ジッパーを上げてタートルネックにして、ハイウエストのパンツと合わせてみると、メリハリのあるコーディネートに仕上がります。視線が上にいくので、脚長効果も◎
出典:

短めの着丈でバランスよく着こなしてみるのも◎

厚みのあるぽってりとしたハーフジップのニットも、ジッパーを上げてタートルネックにして、ハイウエストのパンツと合わせてみると、メリハリのあるコーディネートに仕上がります。視線が上にいくので、脚長効果も◎

ビビッドカラーのハーフジップをチョイスして、アーバンなエッセンスを。
ピンクのニットもハイネックにすれば、大人でも着こなしやすいアーバンスタイルに。

ホワイトのワンピースや黒の小物を合わせることで、コントラストのあるコーデが完成。ロング丈のワンピースなら脚長効果も。
出典:

ピンクのニットもハイネックにすれば、大人でも着こなしやすいアーバンスタイルに。

ホワイトのワンピースや黒の小物を合わせることで、コントラストのあるコーデが完成。ロング丈のワンピースなら脚長効果も。

元気カラーのハーフジップを、ハイネックにアレンジ。柄物スカートとも好相性◎
パキッとしたマスタードのハーフジップニットとレオパード柄のフレアスカートは、エネルギッシュだけどほどよく力が抜けていて、カジュアルに着こなせます。

ハイネックとブラックの小物類が、さらに大人っぽい印象をプラス。
出典:

パキッとしたマスタードのハーフジップニットとレオパード柄のフレアスカートは、エネルギッシュだけどほどよく力が抜けていて、カジュアルに着こなせます。

ハイネックとブラックの小物類が、さらに大人っぽい印象をプラス。

Style3:Tシャツ、ハイネックなどの「薄手トップス」とレイヤード

ジップを下げて、インナーを見せるレイヤードもおすすめです。色や素材を変えるだけで、カジュアルにも上品にも変化させられます。

目を引くアクセントとして、薄手のカラートップスを使って着こなしてみましょう♪
白のロンTをインナーとして重ねて。リラックス感漂う、カジュアルダウンな着こなしに。
淡いモスグリーンのニットに薄手のTシャツをレイヤード。ボトムに優しい風合いのコーデュロイパンツを合わせて、セットアップようなスタイルに。

ニットは短めの着丈で、下からTシャツをのぞかせると◎
出典:

淡いモスグリーンのニットに薄手のTシャツをレイヤード。ボトムに優しい風合いのコーデュロイパンツを合わせて、セットアップようなスタイルに。

ニットは短めの着丈で、下からTシャツをのぞかせると◎

黒のハーフジップに、白のハイネックをインナーとして重ねて、大人のモノトーンコーデに。
ハーフジップニットとパンツは黒で統一。そして白のハイネックがアクセントになっている、大人っぽいモノトーンコーデに仕上がっています。

スニーカーや柄物のバッグで遊び心を加えて、モード感が出すぎない今っぽい雰囲気に。ハイネックなら、細見え効果も期待できます♪
出典:

ハーフジップニットとパンツは黒で統一。そして白のハイネックがアクセントになっている、大人っぽいモノトーンコーデに仕上がっています。

スニーカーや柄物のバッグで遊び心を加えて、モード感が出すぎない今っぽい雰囲気に。ハイネックなら、細見え効果も期待できます♪

白のハーフジップに、レディーライクなブラウスをレイヤード。異素材感が魅せるスタイリングに。
透け感のあるパープルのブラウスで上品な印象をプラス。ハーフジップニットの襟を大きめにつくり、首元を見せるとかわいいですよ♪

ガーリーになりすぎないよう、ブラウンのマニッシュなパンプスで調整して◎。
出典:

透け感のあるパープルのブラウスで上品な印象をプラス。ハーフジップニットの襟を大きめにつくり、首元を見せるとかわいいですよ♪

ガーリーになりすぎないよう、ブラウンのマニッシュなパンプスで調整して◎。

ボーダー柄トップスをインナーとして重ねて、ラフすぎない大人カジュアルに。
ホワイトのハーフジップニットに、ボーダー柄トップスで仕上げるのもトレンド感のある着こなし方。柄物が顔周りにくると、明るい印象を演出できます。

ボトムは細身のデニムを合わせてすっきり見せましょう。
出典:

ホワイトのハーフジップニットに、ボーダー柄トップスで仕上げるのもトレンド感のある着こなし方。柄物が顔周りにくると、明るい印象を演出できます。

ボトムは細身のデニムを合わせてすっきり見せましょう。

ホワイトのハーフジップニットには、縞の幅が狭めのボーダー柄トップスも合いますよ。ボーダーの黒が映えて、メリハリによるきっちり感が生まれますね。
出典:

ホワイトのハーフジップニットには、縞の幅が狭めのボーダー柄トップスも合いますよ。ボーダーの黒が映えて、メリハリによるきっちり感が生まれますね。

【応用編❶】ハーフジップニット×「オーバーオール」「サロペット」

子どもっぽい印象を持たれがちなオーバーオールも、ハーフジップニットを合わせれば大人っぽく着こなせます。ボリューム感のあるニットトップスは、オーバーオールですっきりとまとめましょう。
モコモコ襟のハーフジップと合わせると、キュートなオーバーオールコーデが完成。
ホワイトのハーフジップニットとデニムのオーバーオールで、王道の大人かわいいスタイルが完成。スウェットトレーナーと合わせるよりも、断然キュートですね。

襟元を広げすぎずきっちりと折り返すと、もっちり感のある首元に。黒バッグやキャップでしめれば、甘すぎず大人でも違和感のない立ち姿に仕上がります。
出典:

ホワイトのハーフジップニットとデニムのオーバーオールで、王道の大人かわいいスタイルが完成。スウェットトレーナーと合わせるよりも、断然キュートですね。

襟元を広げすぎずきっちりと折り返すと、もっちり感のある首元に。黒バッグやキャップでしめれば、甘すぎず大人でも違和感のない立ち姿に仕上がります。

チェック柄のサロペットを合わせて、冬らしい、あたたかな装いに。
ハイウエストのサロペットなら、品よく着こなせる大人のコーディネートに。

ボリュームのあるハーフジップニットも、スッキリとしたシルエットのサロペットなら、バランスよく着こなせておすすめです。イエローのニットは、トレンドのチェック柄との相性も◎
出典:

ハイウエストのサロペットなら、品よく着こなせる大人のコーディネートに。

ボリュームのあるハーフジップニットも、スッキリとしたシルエットのサロペットなら、バランスよく着こなせておすすめです。イエローのニットは、トレンドのチェック柄との相性も◎

ダークトーンコーデが、オーバーオールであか抜ける!差し色の小物使いもおしゃれポイント。
黒のハーフジップニットとブラウンのサロペット。ダークトーンコーデではありますが、サロペットのデザインが効いて、あか抜ける◎ ボーイッシュな印象漂うスタイリングの完成です。

胸元にサスペンダーがあるサロペットと、ジップを下げて襟を作ったニットなら、上半身に目線を集めて脚長効果も望めますよ♪グリーンの小柄なバッグをプラスして、ピリッとしまるアクセントに。
出典:

黒のハーフジップニットとブラウンのサロペット。ダークトーンコーデではありますが、サロペットのデザインが効いて、あか抜ける◎ ボーイッシュな印象漂うスタイリングの完成です。

胸元にサスペンダーがあるサロペットと、ジップを下げて襟を作ったニットなら、上半身に目線を集めて脚長効果も望めますよ♪グリーンの小柄なバッグをプラスして、ピリッとしまるアクセントに。

【応用編❷】ハーフジップニット×「キャミワンピース」

ハーフジップニットは、キャミワンピースとの相性もバツグンです。女子気分が上がるフェミニンなワンピースは、体型カバーもしてくれて特別な日の装いに取り入れてみてもよさそう。

シーズンレスに使えるキャミワンピを冬色に染めあげましょう。
アイボリーのハーフジップ×黒のキャミワンピを合わせて。リラックス感のあるガーリーコーデに。
ヴィンテージサテン素材のキャミワンピースは、光沢感があって上品。

ニットのジップを下げて首元を見せたら、ほどよい抜け感もオンできます。スニーカーでカジュアルに仕上げると、気取りすぎず大人のガーリーコーディネートに◎
出典:

ヴィンテージサテン素材のキャミワンピースは、光沢感があって上品。

ニットのジップを下げて首元を見せたら、ほどよい抜け感もオンできます。スニーカーでカジュアルに仕上げると、気取りすぎず大人のガーリーコーディネートに◎

【おまけ】ハーフジップのワンピースは「ベスト」とも好相性◎

どこかレトロでかわいい*この冬は「ハーフジップ」でおしゃれ上級者に
出典:
ハーフジップのワンピースは、リラックス感があって着ごこちもよいですよ。そのまま着てもかわいいですが、ベストを使って引き締まったコーディネートを作ってみるのもおすすめです。

冬の定番アイテム「ダウンベスト」もハーフジップのアイテムと組み合わせると新しいスタイルに。
ハーフジップワンピース×ベストでつくる、全身ブラックコーデ。ベストの異素材感でグッドバランスに。
黒のニットワンピースに黒のベストを合わせて、まとまり感のある都会的なファッションへ。ニットとダウンの異素材を組み合わせることで、シンプルながらもぼやっとしないメリハリ感のあるコーディネートに誘導。

足元もブラックのブーツで気を抜かずに。
出典:

黒のニットワンピースに黒のベストを合わせて、まとまり感のある都会的なファッションへ。ニットとダウンの異素材を組み合わせることで、シンプルながらもぼやっとしないメリハリ感のあるコーディネートに誘導。

足元もブラックのブーツで気を抜かずに。

リラクシーなハーフジップワンピ。ジップやベストが引き締め役になり、きれいめお出かけスタイルに。
サイドスリットが入ったゆったり感のある裏起毛のハーフジップワンピース。ロング丈ながらも、着やすさ満点。

おうちウェアとしても使えるホワイトのワンピースは、ブラックのベストを重ねればあっという間にお出かけスタイルに。ハーフジップの金具も、きれいなアクセントになっていますね*

鮮やかなグリーンのバッグとスニーカーで、重たい印象も抑えられます。
出典:

サイドスリットが入ったゆったり感のある裏起毛のハーフジップワンピース。ロング丈ながらも、着やすさ満点。

おうちウェアとしても使えるホワイトのワンピースは、ブラックのベストを重ねればあっという間にお出かけスタイルに。ハーフジップの金具も、きれいなアクセントになっていますね*

鮮やかなグリーンのバッグとスニーカーで、重たい印象も抑えられます。

ハーフジップニットを着こなすと、冬コーデの幅がぐっと広がる

どこかレトロでかわいい*この冬は「ハーフジップ」でおしゃれ上級者に
出典:
個性的だと思われそうなハーフジップニットは、ジッパーやレイヤードのアレンジでお好みのスタイルに変えられるスグレモノでした。1着でいくつもの顔を持つニットを使って、新しい自分を発見してみましょう。シーズンオフになったアイテムも、ハーフジップニットなら着回しがきくかもしれません♪
どこかレトロでかわいい*この冬は「ハーフジップ」でおしゃれ上級者に
出典:
今冬のヘビロテアイテムとして、ぜひハーフジップトップスを活用してみてくださいね。
画像のご協力ありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play