シンプルなおしゃれを極める「タックイン」のコツをマスターしよう

シンプルなおしゃれを極める「タックイン」のコツをマスターしよう

シンプルなファッションが好きだけど、ちょっと物足りなさを感じてしまうことってありませんか?そんなとき、簡単におしゃれ度を上げてくれるテクニックが「タックイン」。でもいざ取り入れてみると、なんだか野暮ったく感じたり、バランスが難しいと感じている人は多いですよね。そこで今回は、シンプルファッションに欠かせない、バランスのいいタックインのやり方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。2024年05月14日更新

カテゴリ:
ファッション
キーワード
コーディネートタックイン着こなしパンツコーデスカートスタイル
お気に入り数496

「タックイン」をもっと上手に取り入れたい!

シンプルなおしゃれを極める「タックイン」のコツをマスターしよう
出典:
シンプルだけど、さりげなくおしゃれに見せたい――。そんなとき取り入れたいテクニックのひとつが「タックイン」です。簡単にこなれ感を演出できるので、着こなしのテクニックとしてはぜひマスターしておきたいところ。

そもそもタックインとは?やり方は?

シンプルなおしゃれを極める「タックイン」のコツをマスターしよう
出典:
そもそもタックインのやり方がよくわからないという方のために、まずは簡単に解説しておきましょう。

タックインとは、トップスの裾をボトムスにインする着こなしのテクニックのこと。全体のバランスを見ながら入れ込んだり、少し引っ張り出したりと、慣れないうちは難しいと感じるかもしれません。バランスのいいタックインのコツを詳しくご紹介しますので、ぜひマスターしてください。

目次

タックインコーデで気をつけたいポイント

比率やバランスに注意

シンプルなおしゃれを極める「タックイン」のコツをマスターしよう
出典:

トップス×ボトムスは【5:5】や【3:7】が好バランス

タックインコーデで一番大切なのは、全体の比率やバランスをしっかり意識して調節することです。タイトなトップスをきっちりとボリュームボトムスにタックインしたり、シンプルトップスにたるみをつけてハイウエストボトムスにタックインしたり。

【5:5】や【3:7】が好バランスなので、タックインを着こなしに取り入れる際は、必ず全身鏡でチェックしましょう。

カラーの組み合わせについて

シンプルなおしゃれを極める「タックイン」のコツをマスターしよう
出典:

同系色でシンプルに、色柄物にはベーシックカラーを

タックインは上下別のアイテムを、一つのセットのように見せるテクニックでもあります。ですので、組み合わせるアイテム同士のカラーリングはとても重要。

同系色でまとめたり、色柄物にはベーシックカラーのアイテムを組み合わせるのがおすすめです。ただし、派手色×派手色や柄×柄の個性派なスタイリングは、タックイン初心者さんの場合は避けた方がよいでしょう。

トップスのもたつきを回避する方法

シンプルなおしゃれを極める「タックイン」のコツをマスターしよう
出典:

前だけタックインや、タックパンツを選んで

長めの丈感や厚手のトップスをタックインすると、ウエスト周りがもたついてしまう危険性があります。特にボトムスがパンツの場合、下にすとんと落ちない分ごわつきが気になりがち……。

そんなときは、裾の前だけを入れ込むフロントインにしたり、下腹部にゆとりのあるタック入りデザインのパンツを選ぶとよいでしょう。センタープレス入りだときれいめな印象に。

タックインの体型カバーテクニック

シンプルなおしゃれを極める「タックイン」のコツをマスターしよう
出典:

少したるませると◎ウエストゴムがやりやすい

タックインはウエストラインがはっきりわかるから苦手……という場合は、たるみをプラスする方法がおすすめです。ボトムスに裾をすべて入れ込んでから少しだけトップスを引き出し、ウエストにかぶせてカバーするテクニック。これなら、トップスとボトムスの境目をごまかせます。たるみ出しにはウエストゴム仕様のボトムスがやりやすいです。
シンプルなおしゃれを極める「タックイン」のコツをマスターしよう
出典:

細身パンツはきっちりイン&羽織ものをプラス

スキニーなどの細身のパンツには、トップスをきっちりとタックインしたほうがバランスよく見えますが、お腹周りが気になる方は、ライトアウターやカーディガンなどの羽織りものをプラスしてウエストラインを上手にカバーしましょう。

おしゃれなタックインの着こなしコーデ

シンプルなおしゃれを極める「タックイン」のコツをマスターしよう
出典:
ひと口にタックインといっても、その種類はさまざま。【フルタックイン】【ハーフタックイン】【フロントイン】のタイプ別に、おしゃれなお手本コーデをご紹介します。

【フルタックイン】上半身をすっきり見せる

シンプルなおしゃれを極める「タックイン」のコツをマスターしよう
出典:
フルタックインスタイルは、ウエスト周りや上半身をすっきり見せることができるのがメリット。薄手のトップスを選ぶのがポイントで、さらにベルトをプラスするとコーデにメリハリが出ます。

黒ベルトで引き締めたメンズライクコーデ

トップスをきっちりとボトムスに入れ込むだけのフルタックインは、タックインスタイルの基本。タートルネックにチノパンを合わせたシンプルコーデ。ベルトとシューズを黒で統一すると全体が引き締まります。
出典:

トップスをきっちりとボトムスに入れ込むだけのフルタックインは、タックインスタイルの基本。タートルネックにチノパンを合わせたシンプルコーデ。ベルトとシューズを黒で統一すると全体が引き締まります。

きれいめ黒Tシャツのマニッシュコーデ

黒Tシャツ×グレースラックスのマニッシュコーデ。カジュアルなTシャツも、素材やシルエットにこだわった1枚を選ぶときれいめに着こなせます。ウエスト部分にタック入りなので、タックインしてももたつかずスマートな印象です。
出典:

黒Tシャツ×グレースラックスのマニッシュコーデ。カジュアルなTシャツも、素材やシルエットにこだわった1枚を選ぶときれいめに着こなせます。ウエスト部分にタック入りなので、タックインしてももたつかずスマートな印象です。

カーゴパンツをシャツできれいめに

半端丈のカーゴパンツにシャツをタックインしたスタイリング。メンズライクなアイテムも、タックインできちんと見せが叶います。黒のレースアップシューズにあえて白ソックスを合わせて、あえて決めすぎないのがポイント。
出典:

半端丈のカーゴパンツにシャツをタックインしたスタイリング。メンズライクなアイテムも、タックインできちんと見せが叶います。黒のレースアップシューズにあえて白ソックスを合わせて、あえて決めすぎないのがポイント。

シャツ×ワイドパンツのモノトーンコーデ

Tシャツとシャツをトップスに合わせたワイドパンツコーデ。Tシャツはきちんと、シャツはウエスト部分で少したるみを作ってタックイン。さらに、ボタンをラフに開けて着こなすことで抜け感が生まれます。
出典:

Tシャツとシャツをトップスに合わせたワイドパンツコーデ。Tシャツはきちんと、シャツはウエスト部分で少したるみを作ってタックイン。さらに、ボタンをラフに開けて着こなすことで抜け感が生まれます。

Tシャツ×ハイウエストスカート

トラッドなチェックスカートにTシャツをタックイン。幅広のハイデザインが、ウエストにベルトのようなメリハリを与えます。足元はストラップシューズでレディに仕上げて。
出典:

トラッドなチェックスカートにTシャツをタックイン。幅広のハイデザインが、ウエストにベルトのようなメリハリを与えます。足元はストラップシューズでレディに仕上げて。

シアーニットの茶色ワントーンコーデ

シアーニットとサテンパンツのブラウン系ワントーンコーデ。透け感トップスは今期のトレンドアイテム。もたつきやすいニットもタック&ベルトのウエストマークですっきり。ワイドパンツも。サテンの上品な光沢感&レザーシューズでルーズになりすぎません。
出典:

シアーニットとサテンパンツのブラウン系ワントーンコーデ。透け感トップスは今期のトレンドアイテム。もたつきやすいニットもタック&ベルトのウエストマークですっきり。ワイドパンツも。サテンの上品な光沢感&レザーシューズでルーズになりすぎません。

サスペンダーパンツでフルタックイン風

タックインの窮屈さが苦手……という場合は、ハイウエストのサスペンダーパンツがおすすめです。お腹周りにゆとりがあり、着るだけで自然とフルタックイン風に。トップスとボトムスの境目を上手にぼかしつつ、リラックス感があるのがいいところ。
出典:

タックインの窮屈さが苦手……という場合は、ハイウエストのサスペンダーパンツがおすすめです。お腹周りにゆとりがあり、着るだけで自然とフルタックイン風に。トップスとボトムスの境目を上手にぼかしつつ、リラックス感があるのがいいところ。

カーゴサスペンダースカート×ブラウス

サスペンダー付きミリタリースカートも同様に、タックイン風が楽しめます。ゆったりシルエットのブラウスの裾をラフに入れ込むのがポイント。肩紐を垂らす着こなしもおしゃれです。
出典:

サスペンダー付きミリタリースカートも同様に、タックイン風が楽しめます。ゆったりシルエットのブラウスの裾をラフに入れ込むのがポイント。肩紐を垂らす着こなしもおしゃれです。

大人可愛いリボン付きのハイウエストパンツ

ウエストにリボンやフリルなどのデザインのあるボトムスは、タックインが必須。何かアクセントになるポイントがあれば、ウエスト周りよりもその部分に視線が集まるので、ウエストの太さをカモフラージュできます。デザインのおかげでおしゃれ度もぐんとアップします。
出典:

ウエストにリボンやフリルなどのデザインのあるボトムスは、タックインが必須。何かアクセントになるポイントがあれば、ウエスト周りよりもその部分に視線が集まるので、ウエストの太さをカモフラージュできます。デザインのおかげでおしゃれ度もぐんとアップします。

ロゴT&ロングジレのワイドパンツスタイル

ロゴTシャツ×ワイドパンツに、ロングジレを羽織って大人っぽく仕上げたスタイリング。タック入りのパンツでウエストのもたつきを回避しています。茶色アイテムがメインですが、素材感でコントラストを出すのがおしゃれに見せるコツ。
出典:

ロゴTシャツ×ワイドパンツに、ロングジレを羽織って大人っぽく仕上げたスタイリング。タック入りのパンツでウエストのもたつきを回避しています。茶色アイテムがメインですが、素材感でコントラストを出すのがおしゃれに見せるコツ。

ワイドパンツ×オーバーサイズコート

ここ数年、大きめやゆったりサイズのアイテムがトレンドですが、ともすると野暮ったく見えてしまうことも……。そんなときは、トップスのタックインがマストです。上半身をコンパクトにまとめることで腰位置が高くなり、こなれ感も演出できます。
出典:

ここ数年、大きめやゆったりサイズのアイテムがトレンドですが、ともすると野暮ったく見えてしまうことも……。そんなときは、トップスのタックインがマストです。上半身をコンパクトにまとめることで腰位置が高くなり、こなれ感も演出できます。

ポロシャツ×チェックスカートのトラッド風コーデ

フレッドペリーのポロシャツにオニールオブダブリンのチェックスカートを合わせたトラッド風スタイル。カジュアルなポロシャツですが、タックインすることできちんと感がアップ。くすみオレンジやブラウン×グリーンのカラーリングが秋にお似合いです。
出典:

フレッドペリーのポロシャツにオニールオブダブリンのチェックスカートを合わせたトラッド風スタイル。カジュアルなポロシャツですが、タックインすることできちんと感がアップ。くすみオレンジやブラウン×グリーンのカラーリングが秋にお似合いです。

【フロントイン】前だけで簡単こなれ度アップ

シンプルなおしゃれを極める「タックイン」のコツをマスターしよう
出典:
ウエストのもたつき回避におすすめなのが、前のだけをボトムスに入れるフロントインスタイルです。タイトなトップスだと上手に前だけインするのは難しいので、トップスはワンサイズ大きめのをチョイスするのが正解。トップスの厚みに関わらず、全体のバランスを簡単に取ることができます。

チェックタイトスカートに黒トップスをイン

ブロックチェック柄のペンシルスカートは、タイトなシルエットなのでトップスをフルタックインするともたついた印象に……。前だけインすると好バランスに仕上がります。サイドから後ろにかけてトップスが出ている状態なので、ヒップをさりげなくカバーしてくれるのもうれしい点。
出典:

ブロックチェック柄のペンシルスカートは、タイトなシルエットなのでトップスをフルタックインするともたついた印象に……。前だけインすると好バランスに仕上がります。サイドから後ろにかけてトップスが出ている状態なので、ヒップをさりげなくカバーしてくれるのもうれしい点。

白黒ボーダーのマニッシュコーデ

ゆったりサイズのボーダーTシャツが主役のモノトーンコーデ。少し長め丈感ですが、フロントインするとすっきり。さらに、黒のカーディガンを肩掛けするとこなれ感がよりアップします。
出典:

ゆったりサイズのボーダーTシャツが主役のモノトーンコーデ。少し長め丈感ですが、フロントインするとすっきり。さらに、黒のカーディガンを肩掛けするとこなれ感がよりアップします。

ミリタリースカートにTシャツをトップスイン

ミリタリースカートに黒Tシャツをフロントイン。ハリのある素材がきれいなAラインを描きシルエットの美しさを引き立てます。ウエストのリボン結びが大人可愛いアクセント。
出典:

ミリタリースカートに黒Tシャツをフロントイン。ハリのある素材がきれいなAラインを描きシルエットの美しさを引き立てます。ウエストのリボン結びが大人可愛いアクセント。

フロントイン&細ベルトでウエストマーク

モノクロのプリントTシャツ×ライトグレーのワイドパンツ。タック入りなのでウエスト周りにゆとりがあり、フロントインがすっきり決まります。細ベルトでウエストマークすると洗練度がアップ。シルバーのパンプスとバッグでトレンド感を添えて。
出典:

モノクロのプリントTシャツ×ライトグレーのワイドパンツ。タック入りなのでウエスト周りにゆとりがあり、フロントインがすっきり決まります。細ベルトでウエストマークすると洗練度がアップ。シルバーのパンプスとバッグでトレンド感を添えて。

フリルブラウスの大人フェミニンコーデ

レースブラウスとワイドパンツの大人フェミニンコーデ。フロントインすることでトップスの甘さを軽減。広めのVネックデザインがデコルテを美しく見せてくれます。
出典:

レースブラウスとワイドパンツの大人フェミニンコーデ。フロントインすることでトップスの甘さを軽減。広めのVネックデザインがデコルテを美しく見せてくれます。

きれいめな大人のシンプルコーデ

きれいめのシャツにテーパードパンツを合わせたコーデ。シンプルな装いながらも、スキッパーネックとアンクル丈がフェミニンな印象に見せます。ベルトをプラスすれば、お仕事コーデにもOK。
出典:

きれいめのシャツにテーパードパンツを合わせたコーデ。シンプルな装いながらも、スキッパーネックとアンクル丈がフェミニンな印象に見せます。ベルトをプラスすれば、お仕事コーデにもOK。

ニットセーター×カーゴパンツ

ボリューミーなセーターにカーゴパンツを合わせたメンズライクコーデ。厚手のニットトップスは、フルタックインだと着膨れしまうので、前だけイン。厚底シューズも相まって、ワイドなボトムススタイルをすっきりと見せることができます。
出典:

ボリューミーなセーターにカーゴパンツを合わせたメンズライクコーデ。厚手のニットトップスは、フルタックインだと着膨れしまうので、前だけイン。厚底シューズも相まって、ワイドなボトムススタイルをすっきりと見せることができます。

白シャツをほどよくカジュアルダウン

白シャツ×スラックスのきれいめスタイル。前裾をラフにフロントインすることで、こなれた印象に。きちんと感はありつつも、あえて決めすぎない絶妙なバランスがGoodです。
出典:

白シャツ×スラックスのきれいめスタイル。前裾をラフにフロントインすることで、こなれた印象に。きちんと感はありつつも、あえて決めすぎない絶妙なバランスがGoodです。

Tシャツの斜めフロントインスタイル

フロントインの応用編として覚えておきたい、斜めフロントインスタイル。定番のTシャツコーデも周りとちょっと差がつきます。古着っぽいロゴTシャツは、透け感のあるニットスカートに合わせて大人っぽく着こなして。
出典:

フロントインの応用編として覚えておきたい、斜めフロントインスタイル。定番のTシャツコーデも周りとちょっと差がつきます。古着っぽいロゴTシャツは、透け感のあるニットスカートに合わせて大人っぽく着こなして。

【ハーフタックイン】メンズコーデでも人気

シンプルなおしゃれを極める「タックイン」のコツをマスターしよう
出典:
前開き仕様のトップスの片側だけをインするハーフタックインスタイル。メンズのシャツコーデでも人気の高い着こなしで、大人カジュアルやスポーツミックステイストと好相性です。

ユニクロコーデをタックインでおしゃれ見せ

ストライプ柄シャツとタックワイドパンツ、上下ユニクロで揃えたコーデ。人気アイテムゆえに被りやすいですが、そんなときはハーフタックインで差をつけましょう。インナーとベルトの白が爽やかな抜け感を演出。
出典:

ストライプ柄シャツとタックワイドパンツ、上下ユニクロで揃えたコーデ。人気アイテムゆえに被りやすいですが、そんなときはハーフタックインで差をつけましょう。インナーとベルトの白が爽やかな抜け感を演出。

ミリタリーシャツ×ロングタイトスカート

ミリタリーシャツとタイトスカートのコーディネート。ビッグシルエットのシャツは、フルタックインだともたつきやすく、そのまま裾だしするとバランスが難しいですが、片側だけをインすることですっきり。今っぽいスタイリングに。
出典:

ミリタリーシャツとタイトスカートのコーディネート。ビッグシルエットのシャツは、フルタックインだともたつきやすく、そのまま裾だしするとバランスが難しいですが、片側だけをインすることですっきり。今っぽいスタイリングに。

古着風柄シャツ×カラーパンツ

レトロムード漂う柄シャツに、黄色のカラーパンツを合わせたコーデ。ウエストゴムなので、タックインのバランスを調整しやすい。全体的にゆるっとしたサイズ感ながらもこなれた印象です。
出典:

レトロムード漂う柄シャツに、黄色のカラーパンツを合わせたコーデ。ウエストゴムなので、タックインのバランスを調整しやすい。全体的にゆるっとしたサイズ感ながらもこなれた印象です。

トレンドライクなシアーシャツコーデ

今季トレンドのシアーシャツ。大人っぽいブロンズカラーに、ビビッドカラーのロングスカートを合わせて遊び心のあるスタイリングです。トップスはオーバーサイズですが、透け感があるので軽やかな印象で、ハーフタックインでスタイルアップ!
出典:

今季トレンドのシアーシャツ。大人っぽいブロンズカラーに、ビビッドカラーのロングスカートを合わせて遊び心のあるスタイリングです。トップスはオーバーサイズですが、透け感があるので軽やかな印象で、ハーフタックインでスタイルアップ!

タックインがおしゃれに決まるボトムス

タックデザイン

ハイウエスト

タックインでワンツーコーデが垢抜ける!

シンプルなおしゃれを極める「タックイン」のコツをマスターしよう
出典:
タックインは、簡単にこなれて見せてくれるテクニックのひとつ。このバランス感覚は実際に試してみることで培われていくので、ぜひ試してみてください。いつものワンツーコーデにタックインをプラスするだけで、ぐんと垢抜けますよ。
キナリノモール

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

App Store バナーGoogle Play バナー