素敵だなと思っても…。「服」を買う前のチェックポイント

素敵だなと思っても…。「服」を買う前のチェックポイント

店頭で試着をして買うときも、オンラインでポチッと買うときも、日々袖を通すお洋服選びは失敗したくないものです。他ならない自分自身の満足のために、意識したいポイントをお伝えします。 2021年05月24日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード
コーディネートアイテムヒント買い物
お気に入り数1050

お洋服選びって難しい…。

せっかく買ったのに、あまり出番がなく終わっている服がクローゼットに多い。シンプルを意識すると無難な服ばかり買ってしまって、パッとしない。「ああ、素敵だなぁ」と思うお洒落をしている人、「よく見るあの人、いつもかっこいいな」とすれ違いざまに思う人とは、何が違うのでしょう。
あれもこれもと人にオススメされるままにお洋服を買っていると、無駄な出費にもなりますし、服が多くあるのにお洒落ができないという混乱状態に陥ります。自分自身できちんと満足できるハッピーなもの選びには、《自分目線》と《他人目線》が必要に思います。
お洋服選びで満足するべきなのは自分自身ですが、それを見て素敵だと感じるのは自分以外の人です。もちろん優先すべきは自分の気持ちなのですが、「おしゃれがしたい!」という人に、他人目線を最初から全部無視しようとは言いづらいところ。このバランスは、やっていくうちに身についてくるものです。まずはポイントから押さえていきましょう。

自分で「素敵!」に大切なこと

一番大切なのは、自分で「うん、これがいい」と思えることです。その満足感に勝るものはありません。ただ、自分自身でも、なんとなく違和感を感じること・しっくりこないことが続いているのなら考えものです。一度買い物の仕方を見直してみましょう。

大切なのはサイズ感

白いシャツや、何の変哲もないデニム1着でも、自分に合った・もしくは流行しているサイズ感か否かで印象は全く異なります。ワンサイズ上げた方がいい時もあれば、下げた方がいい時も。身幅が合っているか、キッチリとして見せたいか、それとももう少しラフな印象にしたいか。ここで、雑誌やメディアに載っているチャート診断だけを見て、自分自身に合ったものがわかるとは思わない方がベターです。できる限り試着し、全身鏡の前で立ってみましょう。あなた自身がおそらく「おっ」と思えるしっくり感が必ずあります。

買う前にスタイルを固定しない

素敵な人の写真をたくさん見られるようになった昨今。スタイルサンプル集がありすぎて、「いいな〜」と思っていた画像を保存していたら、フォルダがすごいことに…なんて人も多いのではないでしょうか。しかし、辛いことに、「これを目指そう」「あれもいい」と目移りしている時間だけでは、自分自身は何も変わらないのが現実。自分が着る服をまずは探しに行きましょう。

あの子の素敵≠自分の素敵

そもそも、他人と自分は顔立ちも体つきもライフスタイルも性格も、全て異なっているはずです。お洋服自体やスタイルが素敵に見えても、素敵だと思えるのはその人自身と服や小物がマッチしているから。真似たからといって、全く同じように見えることは決してないことを意識してください。悲しい意見のように思えるかもしれませんが、あなた自身のことも絶対に誰も真似できないということでもあります。そう思うと、少し気が楽にならないでしょうか。

オンラインはギャンブルと心得る

なかなか自分でしっくりくるお買い物ができない…という方には、オンラインショッピングはあまりオススメできません。何の変哲のない白いTシャツ1枚でも、です。最上級にその服がよく見えるように撮影された写真ばかりで構成された紹介ページは、自分にとって心地よい服かどうかの判別材料としては不向きです。返品が可能なショップであれば構いませんが、自分の満足度を高めていきたいのであれば、まずは店頭での買い物をメインに置きましょう。

「買わない」試着をたくさんする日

「わあ、似合いますよ!」と褒めてくれるアパレル店員さん。試着した後って、断りづらい…心苦しい…。そんな風に思ってしまう人が多いとは思いますが、ここは結構図々しくなっても大丈夫です。「今日はどんな服が自分に似合うか試してみたいんです」と正直に言ってみましょう。「このブランドの服が着てみたいけど、お財布の事情もあるし、きちんと納得する1着を選びたい。今日は買わないかもしれないけど、いいですか?」ときっぱり言ってみるのも手です。そのお店に敬意を払っていれば、OKです!

他人からの「素敵!」に大切なこと

おしゃれは自己満足。そうは言っても、やっぱりおしゃれかどうかを判断してくる他人の目。最初からそれを全部無視してゴーイングマイウェイを貫いて…と言い切るのは、難しいのが現実です。もちろん、他人から素敵と言われるのがおしゃれの目的ではありませんが、しっかり「気にするところ」の的を絞れば、自分に似合うもの・自分らしい物選びの参考に繋がります。

他人目線は「パッと見」が9割

まず意識したいのは、ほとんどの他人目線は、一瞬であるということ。私たちは外に出ると多くの人にすれ違いますが、9割9分の人々は、すれ違う一瞬や目に入った何秒かのみの印象であると思います。

その一瞬で「あ、いいな」が決まる

お喋りしたり、会釈し合うのもほんの一瞬。職場の人たちも、ずーっとジロジロ見ていてはお仕事になりませんよね(笑)。私たちは自分たちの細かな部分に目を配ることを美徳としていますが、9割の人々からの評価は一瞬で決まっておしまいです。

褒め言葉にも価値の差が…。

お友達は、あなたの性格や気持ちを知っていて仲良くしたいと思っている人たちです。そのため、ちょっと印象的な柄であったり、感想を言いやすいお洋服を着ていると「それ可愛いね」と褒めてくれます。しかし、この褒め言葉は実はコミュニケーションとしてという側面が含まれやすい罠があります。

言葉よりも視線

それよりも信用できるのは、すれ違いざまの他人からの《ちょっと意地悪そうな》視線。あなたもおそらく素敵な人を、さりげなくジッと見てしまう一瞬があるでしょう。この視線を多く受け止めた日は、きっとあなたが素敵な日です。

毎日が素敵じゃなくてもOK

私たちは毎日ある一定のレベル以上を保ったおしゃれをしようと思いがちですが、「今日はパッとしてないみたいだなぁ」「なんか違うっぽいぞ…」と首を傾げて終わる日があることに、私は問題を感じません。プロのスポーツ選手でもフォームの調整が必要なように、「これはイマイチか…」と試すだけで終わる日があることは当たり前です。急がば回れで、トライアンドエラーを繰り返しながらお洋服選びを楽しんでいれば、いつの間にかスタイルは身についているものだと思います。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play