災害により被害を受けられた皆様に謹んでお見舞い申し上げます。各施設の営業状況が変わっている可能性があります。おでかけの際は公式HPなどで最新情報をご確認下さい。
上質な空間と極上のコーヒーを。地元ライターおすすめ、神戸のレトロな純喫茶《7選》

上質な空間と極上のコーヒーを。地元ライターおすすめ、神戸のレトロな純喫茶《7選》

明治時代からコーヒーの文化が根付いている神戸。素敵な純喫茶も数多く生まれ、遠方からそのお店のコーヒーを楽しむために訪れる人もいるほど。コーヒーだけでなく、スイーツや内装、BGM、食器など、それぞれお店のこだわりが光るのも、神戸の純喫茶が長く愛され続けている理由の一つです。神戸観光の合間にだけでなく、わざわざ訪れたくなるようなおすすめのお店をご紹介します。2022年01月06日作成

カテゴリ:
旅行・お出かけ
キーワード
近畿兵庫県神戸喫茶店純喫茶
お気に入り数664

老舗喫茶店が多い街【神戸】

幕末に開港後、西洋の文化が多く入ってきたハイカラな街、神戸。洋食の文化と共にコーヒーが親しまれるようになりました。
出典:

幕末に開港後、西洋の文化が多く入ってきたハイカラな街、神戸。洋食の文化と共にコーヒーが親しまれるようになりました。

そんな神戸には古くから続く喫茶店やコーヒー専門店がいくつもあります。その中でも特に、神戸っ子に親しまれているお店をピックアップしてご紹介。ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。
出典:

そんな神戸には古くから続く喫茶店やコーヒー専門店がいくつもあります。その中でも特に、神戸っ子に親しまれているお店をピックアップしてご紹介。ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

目次

神戸の昭和レトロな人気純喫茶【7選】

茜屋珈琲店

1966(昭和41年)創業、阪急神戸線・三宮駅から徒歩すぐのお店。カウンターだけのこじんまりとした店構えでありながら、長く愛され続けています。
出典:

1966(昭和41年)創業、阪急神戸線・三宮駅から徒歩すぐのお店。カウンターだけのこじんまりとした店構えでありながら、長く愛され続けています。

お店には約200客のカップ&ソーサーがあり、お客さんに合わせて選んでいるのだそう。レコードでかかるクラシックも、気分を高めてくれます。
おもてなしのための趣向は「茜屋スタイル」と呼ばれ、全国各地のファンがそれを継承したお店を開店するほどの影響力がありました。
出典:

お店には約200客のカップ&ソーサーがあり、お客さんに合わせて選んでいるのだそう。レコードでかかるクラシックも、気分を高めてくれます。
おもてなしのための趣向は「茜屋スタイル」と呼ばれ、全国各地のファンがそれを継承したお店を開店するほどの影響力がありました。

こちらは「高いが旨いお菓子セット」のチョコレートケーキ。関西らしいユーモアとおいしさの自信を感じるネーミングもさることながら、茜屋のコーヒーに合うように作られた味わいで人気のセットになっています。
出典:

こちらは「高いが旨いお菓子セット」のチョコレートケーキ。関西らしいユーモアとおいしさの自信を感じるネーミングもさることながら、茜屋のコーヒーに合うように作られた味わいで人気のセットになっています。

茜屋珈琲店
神戸三宮(阪急) / 喫茶店
住所
神戸市中央区北長狭通1-9-4 コースト岸卯ビル  2F
営業時間
12:00~22:00(L.O.22:00)
定休日
不定休
平均予算
¥1,000~¥1,999 /¥1,000~¥1,999
データ提供:

神戸にしむら珈琲店 北野坂店

神戸を中心に9店舗を展開している、にしむら珈琲店。日本で初めてブレンドコーヒーではなく、ストレートコーヒーを提供したお店として知られています。
北野坂店は、1974(昭和49)年に日本初の会員制の喫茶店として開店しました。
出典:

神戸を中心に9店舗を展開している、にしむら珈琲店。日本で初めてブレンドコーヒーではなく、ストレートコーヒーを提供したお店として知られています。
北野坂店は、1974(昭和49)年に日本初の会員制の喫茶店として開店しました。

阪神大震災を機に、一般の人も入店可能に。店内は会員制だった当時を思わせるクラシカルでエレガントな雰囲気が漂っています。
出典:

阪神大震災を機に、一般の人も入店可能に。店内は会員制だった当時を思わせるクラシカルでエレガントな雰囲気が漂っています。

コーヒーの種類も、北野坂店は他のにしむら珈琲店よりも豊富。
こちらは、角砂糖にブランデーを注いで火を灯した「カフェ・ロワイヤル」。青い炎が幻想的です。
出典:

コーヒーの種類も、北野坂店は他のにしむら珈琲店よりも豊富。
こちらは、角砂糖にブランデーを注いで火を灯した「カフェ・ロワイヤル」。青い炎が幻想的です。

冬~春の季節限定のいちごサンドも、人気のメニューの一つ。甘さ控えめでいちごの酸味やパンの風味をそれぞれ感じられるようになっていて、華やかなビジュアルも心を躍らせてくれます。
出典:

冬~春の季節限定のいちごサンドも、人気のメニューの一つ。甘さ控えめでいちごの酸味やパンの風味をそれぞれ感じられるようになっていて、華やかなビジュアルも心を躍らせてくれます。

神戸にしむら珈琲店 北野坂店
三宮(神戸市営) / カフェ
住所
神戸市中央区山本通2-1-20
営業時間
※2F レストランのみお席の御予約可

1F 喫茶
10:00~22:00 閉店

2F レストラン
ランチ 11:00~14:30(L.O)
ディナー 17:00~20:30(L.O)
定休日
元日のみ
平均予算
¥2,000~¥2,999 /¥1,000~¥1,999
データ提供:

元町サントス

1960(昭和35)年創業の、元町商店街にある「元町サントス」。店内の灯りや壁に飾られた美術品から、歴史を感じることができます。
出典:

1960(昭和35)年創業の、元町商店街にある「元町サントス」。店内の灯りや壁に飾られた美術品から、歴史を感じることができます。

創業当時のレシピを受け継いでいるホットケーキ。生地は半日から一日寝かせ、鉄板でふっくら焼き上げるのだそう。
トッピングは、バターやメープルシロップの他、生クリームや小倉あん、アイスクリームを選ぶこともできます。
出典:

創業当時のレシピを受け継いでいるホットケーキ。生地は半日から一日寝かせ、鉄板でふっくら焼き上げるのだそう。
トッピングは、バターやメープルシロップの他、生クリームや小倉あん、アイスクリームを選ぶこともできます。

昔ながらのモーニングも。厚切りのトーストにハムエッグとサラダ、フルーツまで付いてきて、コーヒーか紅茶がセットになっています。
出典:

昔ながらのモーニングも。厚切りのトーストにハムエッグとサラダ、フルーツまで付いてきて、コーヒーか紅茶がセットになっています。

元町サントス
元町(阪神) / 喫茶店
住所
神戸市中央区元町通2-3-12
営業時間
8:00~19:00

モーニング 8:00~11:30
定休日
無休
平均予算
~¥999 /~¥999
データ提供:

舌れ梵(とれぼん)

花に囲まれた店内が印象的な、JR元町駅から徒歩2分の「舌れ梵」。ご夫婦で営まれていて、1975(昭和50)年頃に開店して以来メニューの価格も変わっていません。 
出典:

花に囲まれた店内が印象的な、JR元町駅から徒歩2分の「舌れ梵」。ご夫婦で営まれていて、1975(昭和50)年頃に開店して以来メニューの価格も変わっていません。 

オリジナルブレンドの「舌れ梵珈琲」と共に看板メニューとなっているのが、ハニートースト。国産のはちみつとバターが、サクッと焼き上げられたトーストにたっぷり染み込んでいます。
出典:

オリジナルブレンドの「舌れ梵珈琲」と共に看板メニューとなっているのが、ハニートースト。国産のはちみつとバターが、サクッと焼き上げられたトーストにたっぷり染み込んでいます。

レトロなクリームソーダは、いちごとメロン入り。昔懐かしい味を楽しめます。
出典:

レトロなクリームソーダは、いちごとメロン入り。昔懐かしい味を楽しめます。

自鳴琴
元町(JR) / 喫茶店
住所
神戸市中央区元町通3-12-12 1F
営業時間
月・水〜日  8:00~18:00
定休日
火曜日
平均予算
~¥999 /~¥999
データ提供:

モトマチ喫茶

昭和50年代から喫茶店として営業していた建物を利用して、2009(平成21)年にオープンした「モトマチ喫茶」。改装されてはいるものの、当時の雰囲気が外観にも残っています。
出典:

昭和50年代から喫茶店として営業していた建物を利用して、2009(平成21)年にオープンした「モトマチ喫茶」。改装されてはいるものの、当時の雰囲気が外観にも残っています。

店内も落ち着いていて、クラシカルな昭和の空気が漂っています。カウンターはレンガ造りで、重厚感と温かみを感じさせます。
出典:

店内も落ち着いていて、クラシカルな昭和の空気が漂っています。カウンターはレンガ造りで、重厚感と温かみを感じさせます。

ほろ苦いカラメルが甘さ控えめのプリンによく合う、自家製カスタードプリン。銀の脚付きの器で運ばれてきます。夕方には売り切れになってしまうこともあるのだそう。
出典:

ほろ苦いカラメルが甘さ控えめのプリンによく合う、自家製カスタードプリン。銀の脚付きの器で運ばれてきます。夕方には売り切れになってしまうこともあるのだそう。

モトマチ喫茶
元町(JR) / 喫茶店
住所
神戸市中央区北長狭通3-9-7
営業時間
正午~21:30(L.0)
定休日
月曜日
平均予算
~¥999 /~¥999
データ提供:

はた珈琲店

1978年(昭和53年)に創業の自家焙煎珈琲の専門店。店内には焙煎の豊かな香りが漂い、ゆったりと流れるジャズが日頃の喧騒を忘れさせてくれます。
出典:

1978年(昭和53年)に創業の自家焙煎珈琲の専門店。店内には焙煎の豊かな香りが漂い、ゆったりと流れるジャズが日頃の喧騒を忘れさせてくれます。

店内には常時200客のカップ&ソーサーが。季節によって入れ替えもしているのだそう。気に入ったものがあればそれを選んで淹れてもらうことができます。
出典:

店内には常時200客のカップ&ソーサーが。季節によって入れ替えもしているのだそう。気に入ったものがあればそれを選んで淹れてもらうことができます。

深煎りでコクのある「はたブレンド」は創業以来変わらないおいしさ。自家焙煎した豆を挽き売りしてくれるので、おうちではた珈琲の味を楽しむこともできますよ。
出典:

深煎りでコクのある「はたブレンド」は創業以来変わらないおいしさ。自家焙煎した豆を挽き売りしてくれるので、おうちではた珈琲の味を楽しむこともできますよ。

はた珈琲店
花隈 / コーヒー専門店
住所
神戸市中央区元町通5-7-12
営業時間
9:00~19:30(L.O19:00)
※火曜日は19:00閉店

定休日
水曜日(祝日の場合は営業)
平均予算
~¥999 /~¥999
データ提供:

御影ダンケ

1977(昭和52)年創業の「御影ダンケ」。焙煎の仕上げに最高級バターを加える「バターブレンドコーヒー」を考案し、創業以来提供しています。
出典:

1977(昭和52)年創業の「御影ダンケ」。焙煎の仕上げに最高級バターを加える「バターブレンドコーヒー」を考案し、創業以来提供しています。

まろやかな口当たりとふくよかな香りで、最後にバターの甘みが感じられるバターブレンドコーヒー。指揮者の佐渡裕さんや秋元康さんなどの著名人も虜にしているのだそう。
出典:

まろやかな口当たりとふくよかな香りで、最後にバターの甘みが感じられるバターブレンドコーヒー。指揮者の佐渡裕さんや秋元康さんなどの著名人も虜にしているのだそう。

店内に並ぶカップ&ソーサーは全て大倉陶園のもの。お客さんに合わせて、マスターが選んでくれます。
出典:

店内に並ぶカップ&ソーサーは全て大倉陶園のもの。お客さんに合わせて、マスターが選んでくれます。

こちらは「ケーゼクーヘン」というドイツのチーズケーキ。天然酵母と数種類のチーズが使われ、ふんわりとしたパンのような食感です。
出典:

こちらは「ケーゼクーヘン」というドイツのチーズケーキ。天然酵母と数種類のチーズが使われ、ふんわりとしたパンのような食感です。

御影ダンケ
御影(阪急) / 喫茶店
住所
神戸市東灘区御影郡家2-19-16
営業時間
12:00~20:00
定休日
月曜日・第3火曜日(祝日の場合は営業)
平均予算
¥1,000~¥1,999 /~¥999
データ提供:

一杯のコーヒーに魅了されるひとときを

珈琲豆の選別や焙煎、淹れ方はもちろん、店内の雰囲気やカップ&ソーサーなど全てにそれぞれのこだわりが光る神戸の純喫茶。きっと心癒されるひとときを過ごせるはず。神戸を訪れたときには、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。
出典:

珈琲豆の選別や焙煎、淹れ方はもちろん、店内の雰囲気やカップ&ソーサーなど全てにそれぞれのこだわりが光る神戸の純喫茶。きっと心癒されるひとときを過ごせるはず。神戸を訪れたときには、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

【神戸珈琲物語】老舗からニューオープンまで。おすすめのコーヒー店7選
【神戸珈琲物語】老舗からニューオープンまで。おすすめのコーヒー店7選

まもなく開港150年を迎える神戸では、いち早く喫茶文化が根付いてあちらこちらに喫茶店やカフェがあります。中でも、神戸にはネスカフェやUCCという有名企業も本社を構えるだけあり、こだわりの珈琲をいただけるお店も多くあります。今回は、中でもおすすめをご紹介します♪

とっておきの一杯を。抜群においしい「珈琲スタンド」in 神戸
とっておきの一杯を。抜群においしい「珈琲スタンド」in 神戸

巷で噂の珈琲スタンドというスタイル。喫茶店でもカフェでもなく、もっとラフな使い心地で初心者でも試しやすいという魅力も。選び抜いた珈琲を自家焙煎するなど、神戸にはこだわりのお店がかねてから多く集います。その中から、生粋の神戸っ子ライターのいち押しをお届け!

異国情緒ただよう素敵な街。【神戸・元町】グルメ&観光ぐるり旅
異国情緒ただよう素敵な街。【神戸・元町】グルメ&観光ぐるり旅

江戸時代末期に開港して以来、海外の文化を取り入れつつ発展してきた神戸。その神戸でも当時の洋館や近代建築が特に数多く残っているのが元町です。クラシカルでモダンな街並みは、日本ではないような洗練された雰囲気。また、日本三大中華街の一つである南京町があるのも元町なんです。少し駅から離れたエリアには、神戸らしいおしゃれで個性的な雑貨屋さんやセレクトショップが立ち並んでいます。また、スイーツをはじめグルメが充実しているのも特徴の街です。そんな元町の魅力をエリアごとにご紹介します。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

App Store バナーGoogle Play バナー