1. トップ
  2. 旅行・お出かけ
  3. 旅行
  4. 海外旅行
  5. 芸術と美食の宝庫!【スペイン・バルセロナ】観光・グルメおすすめ16選
芸術と美食の宝庫!【スペイン・バルセロナ】観光・グルメおすすめ16選

芸術と美食の宝庫!【スペイン・バルセロナ】観光・グルメおすすめ16選

スペインの中でも観光地として特に人気が高いバルセロナ。世界最高傑作と評されるガウディの建築群、美しい旧市街でのショッピング、食い倒れるほど豊富な絶品グルメなど楽しみが盛りたくさん!あらゆるタイプの旅人をもれなく惹きつけてしまう、とんでもなく魅力の多い街です。いったいどんな憧れが詰まっているのか、その無二の個性と見所をまとめてみました。2019年11月29日作成

カテゴリ:
旅行・お出かけ
キーワード
旅行海外旅行観光スポットスペインスペイン料理
お気に入り数266

満足度が高い旅先、バルセロナ

芸術と美食の宝庫!【スペイン・バルセロナ】観光・グルメおすすめ16選
出典:unsplash.com
このファンタジーのような風景は、バルセロナにあるグエル公園の一部です。

スペインの北東岸に位置するバルセロナには、美しい建築をはじめ、世界中の人たちを魅了する芸術や美食が数多く存在しています。人気の観光地ランキングでも常に上位をキープし、実際に訪れた旅行者たちの満足度も高い街。

さてここで、バルセロナの基本概要、観光名所、おすすめポイントなど、旅の計画に役立つ本当に必要な情報を、要点を絞ってご紹介していきます。

バルセロナって、どんな街?

バルセロナの基本情報

人口規模ではマドリードに次ぐスペイン第二位の都市(人口約160万人)。
日本の神戸市とは、人口数や港町という共通点があることから1993年より姉妹都市提携を結んでいます。
出典:unsplash.com

人口規模ではマドリードに次ぐスペイン第二位の都市(人口約160万人)。
日本の神戸市とは、人口数や港町という共通点があることから1993年より姉妹都市提携を結んでいます。

市内に世界遺産が9ヵ所!

バルセロナ市内には世界遺産に登録されている建築が9ヵ所あります。

・グエル公園
・カサ・ミラ
・グエル邸
・サグラダ・ファミリア
・カサ・ビセンス
・カサ・バトリョ
・コロニア・グエル教会
・カタルーニャ音楽堂
・サン・パウ病院

このうち実に7ヵ所が、建築家アントニ・ガウディが手掛けたもの。ガウディ建築無くしてバルセロナは語れません!
出典:unsplash.com

バルセロナ市内には世界遺産に登録されている建築が9ヵ所あります。

・グエル公園
・カサ・ミラ
・グエル邸
・サグラダ・ファミリア
・カサ・ビセンス
・カサ・バトリョ
・コロニア・グエル教会
・カタルーニャ音楽堂
・サン・パウ病院

このうち実に7ヵ所が、建築家アントニ・ガウディが手掛けたもの。ガウディ建築無くしてバルセロナは語れません!

言語はスペイン語ではなくカタルーニャ語

スペインには17の自治州があり、バルセロナはカタルーニャ州の州都です。
一般的に現地で話されている言葉や街の標識に記されているのはスペイン語ではなくカタルーニャ語。スペイン語とは全く異なる言語で、どちらかというとフランス語に近いと言われています。ただし、観光客に対してはスペイン語が使われることがほとんどです。
出典:

スペインには17の自治州があり、バルセロナはカタルーニャ州の州都です。
一般的に現地で話されている言葉や街の標識に記されているのはスペイン語ではなくカタルーニャ語。スペイン語とは全く異なる言語で、どちらかというとフランス語に近いと言われています。ただし、観光客に対してはスペイン語が使われることがほとんどです。

スペインからの独立問題で揺れるカタルーニャ州では、独立運動に関わるデモ等が行われることもあります。渡航の際には必ず事前に現地情報を確認しておきましょう。
出典:

スペインからの独立問題で揺れるカタルーニャ州では、独立運動に関わるデモ等が行われることもあります。渡航の際には必ず事前に現地情報を確認しておきましょう。

ベストシーズン

バルセロナにも四季があり冬はそれなりに寒いですが、一年を通してみると比較的温暖で過ごしやすい都市です。
ベストシーズンは、気候的にもイベント的にも4~5月、もしくは9月頃。
春にはセマナサンタ(イースター)の催しがあり、4月23日には「サン・ジョルディの日」を祝う伝統行事が、そして9月にはバルセロナ最大のお祭り「メルセ祭り」が行われます。
出典:unsplash.com

バルセロナにも四季があり冬はそれなりに寒いですが、一年を通してみると比較的温暖で過ごしやすい都市です。
ベストシーズンは、気候的にもイベント的にも4~5月、もしくは9月頃。
春にはセマナサンタ(イースター)の催しがあり、4月23日には「サン・ジョルディの日」を祝う伝統行事が、そして9月にはバルセロナ最大のお祭り「メルセ祭り」が行われます。

バルセロナの伝統行事に合わせて

この写真はカタルーニャ地方の伝統「人間の塔」。
「サン・ジョルディの日」や「メルセ祭り」の際に行われる名物で、バランス・勇気・知恵・力の4つを全て揃えて完成させます。こうした行事に合わせて旅行計画を立ててみるのもいいですね。
出典:unsplash.com

この写真はカタルーニャ地方の伝統「人間の塔」。
「サン・ジョルディの日」や「メルセ祭り」の際に行われる名物で、バランス・勇気・知恵・力の4つを全て揃えて完成させます。こうした行事に合わせて旅行計画を立ててみるのもいいですね。

4月23日は「世界本の日」。いてくれて嬉しいあの人に、1冊の本をプレゼントしよう*
4月23日は「世界本の日」。いてくれて嬉しいあの人に、1冊の本をプレゼントしよう*

デジタル化が進んだ現代では、あまり本を買わないという人もいるかもしれません。でもだからこそ、人から本をプレゼントしてもらうと思わぬ感動が得られるものです。自分のために誰かが選んでくれた1冊には、チョコやディナーとはまた違う喜びがあります。さて、4月23日は「世界本の日」です。スペイでは「サン・ジョルディ」という祝日で、男性から女性にバラを、女性からは本を男性に贈る習慣があります。あなたもこの機会に、普段からの気持ちを本に託して届けてみませんか?

「サン・ジョルディの日」にまつわる伝統については、こちらの記事も参考に。

家族連れならクリスマスも楽しい♪

クリスマスシーズンには広場にクリスマスマーケットが並び、キリスト教のデコレーション「ベレン」や、華やかなリースが売られます。この写真の右側にあるのは、カタルーニャ地方に伝わるサンタクロースのような存在。プレゼントをおしりから出すというシュールな妖精「ティオ・デ・ナダル」です。
クリスマス時期にしかない伝統や装飾も見ごたえがありますよ。
出典:

クリスマスシーズンには広場にクリスマスマーケットが並び、キリスト教のデコレーション「ベレン」や、華やかなリースが売られます。この写真の右側にあるのは、カタルーニャ地方に伝わるサンタクロースのような存在。プレゼントをおしりから出すというシュールな妖精「ティオ・デ・ナダル」です。
クリスマス時期にしかない伝統や装飾も見ごたえがありますよ。

物価と旅の予算

バルセロナの通貨はユーロ。スペイン屈指の人気観光地だけに物価は決して安いとは言えませんが、東京に比べて特段高いわけでもありません。
地元のバルであればコーヒー1杯1.5ユーロ(約200円)、タパス一皿4~7ユーロ(500~1000円)ほど。観光地周辺の店であればその倍する場合も。
ちなみに交通機関(地下鉄)は市内の片道チケットが2.2ユーロ(約280円)です。
出典:

バルセロナの通貨はユーロ。スペイン屈指の人気観光地だけに物価は決して安いとは言えませんが、東京に比べて特段高いわけでもありません。
地元のバルであればコーヒー1杯1.5ユーロ(約200円)、タパス一皿4~7ユーロ(500~1000円)ほど。観光地周辺の店であればその倍する場合も。
ちなみに交通機関(地下鉄)は市内の片道チケットが2.2ユーロ(約280円)です。

理想的な滞在日数プラン

1日でも観光は可能ですが、バルセロナの文化をじっくり体感するには少なくとも3~5日は滞在したいですね。主要な建築物も外側からサラッと見て回るのと、中へ入ってゆっくり見渡すのとでは感動が違います。ガウディは外せませんが、ほかにもサン・パウ病院やカタルーニャ音楽堂といった一目見ずに帰るにはあまりも惜しい場所もあります。
1~3日目に世界遺産を中心とする定番名所を見てから、3~5日には美術館や海岸、またモンセラットなどの郊外の見所へも足をのばしてみてください。
出典:unsplash.com

1日でも観光は可能ですが、バルセロナの文化をじっくり体感するには少なくとも3~5日は滞在したいですね。主要な建築物も外側からサラッと見て回るのと、中へ入ってゆっくり見渡すのとでは感動が違います。ガウディは外せませんが、ほかにもサン・パウ病院やカタルーニャ音楽堂といった一目見ずに帰るにはあまりも惜しい場所もあります。
1~3日目に世界遺産を中心とする定番名所を見てから、3~5日には美術館や海岸、またモンセラットなどの郊外の見所へも足をのばしてみてください。

モデルコース&現地ガイドツアー

限られた時間内でおさえておきたいスポットは、サグラダ・ファミリア、グエル公園、カサ・パトリョ。
2~3日目に余裕があれば、カタルーニャ音楽堂、サン・パウ病院へ。
場所によっては日本語のガイドもあり。日本語はないとしてもガイドツアーでしか立ち入れない所もあるので現地ツアーを利用するのもおすすめです。
出典:unsplash.com

限られた時間内でおさえておきたいスポットは、サグラダ・ファミリア、グエル公園、カサ・パトリョ。
2~3日目に余裕があれば、カタルーニャ音楽堂、サン・パウ病院へ。
場所によっては日本語のガイドもあり。日本語はないとしてもガイドツアーでしか立ち入れない所もあるので現地ツアーを利用するのもおすすめです。

チケットの予約

混雑必至のサグラダ・ファミリアやグエル公園の入場には事前にチケットの予約を!
当日では入場券が買えない場合もあります。予約がとれる時間に合わせて移動の順番を計画しましょう。
出典:

混雑必至のサグラダ・ファミリアやグエル公園の入場には事前にチケットの予約を!
当日では入場券が買えない場合もあります。予約がとれる時間に合わせて移動の順番を計画しましょう。

宿泊エリア(ホテルを探すなら)

観光地巡りにもっとも便利なのはカタルーニャ広場周辺です。ショッピングやバル巡りも楽しめるので、初めてのバルセロナならこのエリアでホテルを探すのがいいでしょう。
出典:

観光地巡りにもっとも便利なのはカタルーニャ広場周辺です。ショッピングやバル巡りも楽しめるので、初めてのバルセロナならこのエリアでホテルを探すのがいいでしょう。

空港からは直行バスで

カタルーニャ広場へはバルセロナのエル・プラット空港から直行できるバスが運行しています。所要時間は約40分。5~20分間隔でバスがやってきて、片道5.9ユーロ(2019年現在)。重い荷物を持っている時には階段や乗り換えがないバスが便利です。
出典:

カタルーニャ広場へはバルセロナのエル・プラット空港から直行できるバスが運行しています。所要時間は約40分。5~20分間隔でバスがやってきて、片道5.9ユーロ(2019年現在)。重い荷物を持っている時には階段や乗り換えがないバスが便利です。

バルセロナのおすすめ観光スポット11選

1.サグラダ・ファミリア教会

未完の傑作、サグラダ・ファミリア。バルセロナに詳しくなくても、この名は知っている人が多いことでしょう。
数あるガウディ作品の代表であるこの教会は、1882年に着工され、現在も建築中。バルセロナ近郊にある聖なる山モンセラートにインスピレーションを受けたという山の形をした外観が印象的ですが、美しい内部もまた言葉を失うほどの感動を誘います。
出典:unsplash.com

未完の傑作、サグラダ・ファミリア。バルセロナに詳しくなくても、この名は知っている人が多いことでしょう。
数あるガウディ作品の代表であるこの教会は、1882年に着工され、現在も建築中。バルセロナ近郊にある聖なる山モンセラートにインスピレーションを受けたという山の形をした外観が印象的ですが、美しい内部もまた言葉を失うほどの感動を誘います。

彫刻家は日本人である外尾悦郎氏

「生誕のファザード」に飾られている「15体の天使の像」は、日本人彫刻家である外尾悦郎氏による作品です。長年数多くの専門家たちが建設に携わっている世界的名所で日本の方が活躍されているというのは、同じ日本人として感慨深いものがありますね。
出典:

「生誕のファザード」に飾られている「15体の天使の像」は、日本人彫刻家である外尾悦郎氏による作品です。長年数多くの専門家たちが建設に携わっている世界的名所で日本の方が活躍されているというのは、同じ日本人として感慨深いものがありますね。

2026年完成予定のサグラダ・ファミリア 施設情報

名称:Basílica de la Sagrada Família
住所:Carrer de Mallorca, 401, 08013 Barcelona

入場料(一般):17ユーロ(14時~)
※オーディオガイド付きは25ユーロ
※塔へのエレベータ+オーディオガイド付きは32ユーロ
(2019年11月 現在)

営業時間:
11月~2月:9:00~18:00
4月~9月:9:00~20:00
3月~10月:9:00~19:00
12月25日、12月26日、1月1日、1月6日は9:00~14:00

※営業時間は変更になる場合があるので事前に公式サイトにてご確認ください。
出典:www.pexels.com

名称:Basílica de la Sagrada Família
住所:Carrer de Mallorca, 401, 08013 Barcelona

入場料(一般):17ユーロ(14時~)
※オーディオガイド付きは25ユーロ
※塔へのエレベータ+オーディオガイド付きは32ユーロ
(2019年11月 現在)

営業時間:
11月~2月:9:00~18:00
4月~9月:9:00~20:00
3月~10月:9:00~19:00
12月25日、12月26日、1月1日、1月6日は9:00~14:00

※営業時間は変更になる場合があるので事前に公式サイトにてご確認ください。

2.グエル公園

ガウディのスポンサーだったグエル伯爵の依頼で作られた夢のような庭園。カラフルなモザイクタイルの装飾や、ヘンゼルとグレーテルの物語をモチーフにしたと言われるお菓子の家、大階段で泉を見守る大トカゲや、傾斜のある「洗濯女の柱廊」など、ガウディの並外れた才能に感嘆するポイントが多数。大広場ではバルセロナの景色が一望できます。
もともとは集合住宅として建設されたのですが入居者が集まらず、その後バルセロナ市が買い取って現在の公園となりました。100年以上も前では時代が彼らの発想に追いつけず受け入れられなかったのですね。
出典:

ガウディのスポンサーだったグエル伯爵の依頼で作られた夢のような庭園。カラフルなモザイクタイルの装飾や、ヘンゼルとグレーテルの物語をモチーフにしたと言われるお菓子の家、大階段で泉を見守る大トカゲや、傾斜のある「洗濯女の柱廊」など、ガウディの並外れた才能に感嘆するポイントが多数。大広場ではバルセロナの景色が一望できます。
もともとは集合住宅として建設されたのですが入居者が集まらず、その後バルセロナ市が買い取って現在の公園となりました。100年以上も前では時代が彼らの発想に追いつけず受け入れられなかったのですね。

有料エリア&無料エリアありのグエル公園 施設情報

名称:Park Güell
住所:08024 Barcelona

入場料(一般):10ユーロ 
※開園前に無料入場可能
※地下鉄Alfons X駅 (L4号線)から無料のシャトルバス運行 
(2019年11月現在)

営業時間:シーズンによって異なります。参考に2019年の営業時間は下記の通り。
1/1~2/15   8:30~18:15(最終入場:17:30)
2/16~3/30  8:30~19:00(最終入場:18:00)
3/31~4/28  8:00~20:30(最終入場:19:30)
4/29~8/25  8:00~21:30(最終入場:20:30)
8/26~10/26  8:00~20:30(最終入場:19:30)
10/27~12/31 8:30~18:15(最終入場:17:30)
出典:

名称:Park Güell
住所:08024 Barcelona

入場料(一般):10ユーロ 
※開園前に無料入場可能
※地下鉄Alfons X駅 (L4号線)から無料のシャトルバス運行
(2019年11月現在)

営業時間:シーズンによって異なります。参考に2019年の営業時間は下記の通り。
1/1~2/15  8:30~18:15(最終入場:17:30)
2/16~3/30  8:30~19:00(最終入場:18:00)
3/31~4/28  8:00~20:30(最終入場:19:30)
4/29~8/25  8:00~21:30(最終入場:20:30)
8/26~10/26 8:00~20:30(最終入場:19:30)
10/27~12/31 8:30~18:15(最終入場:17:30)

3.カサ・バトリョ

ガウディが設計した邸宅では、カサ・ミラやカサ・ビセンスも有名ですが、とりわけ美しく上品な“華”があるのが
カサ・バトリョです。
時間が無ければ外観だけでも見に行ってみてください。時間が許すなら、ぜひ内覧も!光の差し込み具合、手すりのフォルム、細部の色合いやデザインなど、とにかく構造全てが見事です。
出典:pixabay.com

ガウディが設計した邸宅では、カサ・ミラやカサ・ビセンスも有名ですが、とりわけ美しく上品な“華”があるのが
カサ・バトリョです。
時間が無ければ外観だけでも見に行ってみてください。時間が許すなら、ぜひ内覧も!光の差し込み具合、手すりのフォルム、細部の色合いやデザインなど、とにかく構造全てが見事です。

ライトアップも美しい!

夜の街に浮かぶファンタジックな姿もステキです♪

名称:Casa Batlló
住所:Passeig de Gràcia, 43, 08007 Barcelona
出典:

夜の街に浮かぶファンタジックな姿もステキです♪

名称:Casa Batlló
住所:Passeig de Gràcia, 43, 08007 Barcelona

4.カタルーニャ音楽堂

1908年に建てられたモデルニスモ様式の音楽堂。天井の巨大なステンドガラスがひときわ目を惹きます。ガウディの師匠にあたるリュイス・ドメネク・イ・ムンタネーによる建築。
内部の見学ツアーもあり(所要時間55分)、もちろんコンサートも予約可能です。

名称:Palau de la Musica Catalana
住所:C/ Palau de la Música, 4-6, 08003 Barcelona
出典:

1908年に建てられたモデルニスモ様式の音楽堂。天井の巨大なステンドガラスがひときわ目を惹きます。ガウディの師匠にあたるリュイス・ドメネク・イ・ムンタネーによる建築。
内部の見学ツアーもあり(所要時間55分)、もちろんコンサートも予約可能です。

名称:Palau de la Musica Catalana
住所:C/ Palau de la Música, 4-6, 08003 Barcelona

5.サン・パウ病院

サン・パウ病院もカタルーニャ音楽堂と同じく建築家リュイス・ドメネク・イ・ムンタネー作。一般的にはシンプルに作られる病院という空間に幻想的な曲線、光、彩りを取り入れて温かく優しい癒しを表現しています。こんな病院は他のどこでも見たことがないはず。
ガウディ建築に比べると観光客がそこまで多くないため穴場とも言われています。

名称:Hospital de Sant Pau
住所:Carrer de Sant Quintí, 89, 08041 Barcelona
出典:

サン・パウ病院もカタルーニャ音楽堂と同じく建築家リュイス・ドメネク・イ・ムンタネー作。一般的にはシンプルに作られる病院という空間に幻想的な曲線、光、彩りを取り入れて温かく優しい癒しを表現しています。こんな病院は他のどこでも見たことがないはず。
ガウディ建築に比べると観光客がそこまで多くないため穴場とも言われています。

名称:Hospital de Sant Pau
住所:Carrer de Sant Quintí, 89, 08041 Barcelona

6.サンタ エウラリア大聖堂(バルセロナ カテドラル)

ガウディ建築群よりさらに100年の時代を遡る大聖堂も、圧巻!周辺の小路は旧市街ならではの趣が漂っていて散策が楽しめます。すぐ前にある広場ではストリートパフォーマンスをする人たちで賑わい、冬にはクリスマスマーケットが開かれています。

名称:La Catedral de la Santa Creu i Santa Eulàlia
住所:Pla de la Seu, s/n, 08002 Barcelona
出典:pixabay.com

ガウディ建築群よりさらに100年の時代を遡る大聖堂も、圧巻!周辺の小路は旧市街ならではの趣が漂っていて散策が楽しめます。すぐ前にある広場ではストリートパフォーマンスをする人たちで賑わい、冬にはクリスマスマーケットが開かれています。

名称:La Catedral de la Santa Creu i Santa Eulàlia
住所:Pla de la Seu, s/n, 08002 Barcelona

7.カンプ・ノウ(サッカースタジアム)

サッカーファンにとって、そこは「バルサの聖地」!FCバルセロナのホームスタジアム「カンプ・ノウ」は憧れの場です。サッカーの試合が見られなくても、見学ツアーならいつでも誰でも参加可能。ミュージアムでは歴代選手のユニフォームやトロフィー、そのほか貴重な展示があり、記念撮影や公式グッズの購入もできます。
余談ですが、スペインでも人気のアニメ『キャプテン翼』の翼くんがFCバルセロナに移籍したというエピソードもあります。

名称:Camp Nou
住所:C. d'Arístides Maillol, 12, 08028 Barcelona
出典:unsplash.com

サッカーファンにとって、そこは「バルサの聖地」!FCバルセロナのホームスタジアム「カンプ・ノウ」は憧れの場です。サッカーの試合が見られなくても、見学ツアーならいつでも誰でも参加可能。ミュージアムでは歴代選手のユニフォームやトロフィー、そのほか貴重な展示があり、記念撮影や公式グッズの購入もできます。
余談ですが、スペインでも人気のアニメ『キャプテン翼』の翼くんがFCバルセロナに移籍したというエピソードもあります。

名称:Camp Nou
住所:C. d'Arístides Maillol, 12, 08028 Barcelona

8.シウタデリャ公園

慌ただしい旅は苦手、という人は、地元の人たちの憩いの場シウタデリャ公園へ出かけてみてはいかがでしょうか。ガウディが学生時代に建築に携わったという噴水やボートに乗れる池があり、のんびり散歩に出かけるには絶好。歴史的にも重要な意味を持つ場所です。カタルーニャ州議会議事堂、バルセロナ高等裁判所、レンガ造りの凱旋門、動物園もあります。

名称:Parque de la Ciudadela
住所:Passeig de Picasso, 21, 08003 Barcelona
出典:

慌ただしい旅は苦手、という人は、地元の人たちの憩いの場シウタデリャ公園へ出かけてみてはいかがでしょうか。ガウディが学生時代に建築に携わったという噴水やボートに乗れる池があり、のんびり散歩に出かけるには絶好。歴史的にも重要な意味を持つ場所です。カタルーニャ州議会議事堂、バルセロナ高等裁判所、レンガ造りの凱旋門、動物園もあります。

名称:Parque de la Ciudadela
住所:Passeig de Picasso, 21, 08003 Barcelona

9.ピカソ美術館/カタルーニャ国立美術館/ミロ美術館

アートの街バルセロナでは、すばらしい芸術と出合うことができます。
スペインを代表する画家ピカソやミロの美術館、カタルーニャ美術がコレクションされているカタルーニャ国立美術館など。バルセロナから約1時間電車に乗ればフィゲラスの街に奇抜を極めたダリの美術館もあります。

名称:Museu Picasso
住所:Montcada,15-23,08003 Barcelona

名称:Museu Nacional d'Art de Catalunya
住所:Palau Nacional, Parc de Montjuïc, s/n, 08038 Barcelona

名称:Fundació Joan Miró
住所:Parc de Montjuïc, s/n, 08038 Barcelona

名称:Teatro-Museo Dalí
住所:Plaça Gala i Salvador Dalí, 5, 17600 Figueres, Girona
出典:

アートの街バルセロナでは、すばらしい芸術と出合うことができます。
スペインを代表する画家ピカソやミロの美術館、カタルーニャ美術がコレクションされているカタルーニャ国立美術館など。バルセロナから約1時間電車に乗ればフィゲラスの街に奇抜を極めたダリの美術館もあります。

名称:Museu Picasso
住所:Montcada,15-23,08003 Barcelona

名称:Museu Nacional d'Art de Catalunya
住所:Palau Nacional, Parc de Montjuïc, s/n, 08038 Barcelona

名称:Fundació Joan Miró
住所:Parc de Montjuïc, s/n, 08038 Barcelona

名称:Teatro-Museo Dalí
住所:Plaça Gala i Salvador Dalí, 5, 17600 Figueres, Girona

10.表情が愛らしいボテロの猫

定番の名所をご紹介してきましたが、ここでちょっと違った見どころを。
猫好きときたら素通りできないという「エル・ガト・デ・ボテロ」。コロンビア出身の彫刻家フェルナンド・ボテロの作品をバルセロナ市が購入したそうで1987年から街に住んでいます。以前はシウタデリャ公園やオリンピックスタジオに置かれていたこともあるとか。現在はエル・ラバル地区のランブラ・デル・ラバルにいます。
出典:

定番の名所をご紹介してきましたが、ここでちょっと違った見どころを。
猫好きときたら素通りできないという「エル・ガト・デ・ボテロ」。コロンビア出身の彫刻家フェルナンド・ボテロの作品をバルセロナ市が購入したそうで1987年から街に住んでいます。以前はシウタデリャ公園やオリンピックスタジオに置かれていたこともあるとか。現在はエル・ラバル地区のランブラ・デル・ラバルにいます。

11.モンセラート(バルセロナ郊外)

バルセロナから約40キロ(カタルーニャ鉄道で約1時間)の距離にあるモンセラートは、ガウディがサグラダ・ファミリア建設のインスピレーションを受けたと言われる山です。不思議な形をした山々の間に町が造られていて、そこにある修道院には黒のマリア像がまつられています。
空気が澄んだ晴れの日に望める絶景は一見の価値十分あり。雲りの日には町がまるで天空にあるように浮かび上がり神秘的です。
出典:

バルセロナから約40キロ(カタルーニャ鉄道で約1時間)の距離にあるモンセラートは、ガウディがサグラダ・ファミリア建設のインスピレーションを受けたと言われる山です。不思議な形をした山々の間に町が造られていて、そこにある修道院には黒のマリア像がまつられています。
空気が澄んだ晴れの日に望める絶景は一見の価値十分あり。雲りの日には町がまるで天空にあるように浮かび上がり神秘的です。

バルセロナで食べたい名物グルメ&おすすめのレストラン5選

さて続いては、バルセロナに行ったら食べたい郷土の味をご紹介します。

1.フィデウア(fideua)

スペイン料理といえばパエリアが有名ですが、カタルーニャ地方では米ではなくパスタを使ったパエリア=フィデウアが親しまれています。細く短いパスタが魚介や肉の出汁を吸って旨味ぎっしり!表面はカリッと歯ごたえが良く、内側はもっちり。これはぜひ一度は本場で食べてほしい名物です。
出典:

スペイン料理といえばパエリアが有名ですが、カタルーニャ地方では米ではなくパスタを使ったパエリア=フィデウアが親しまれています。細く短いパスタが魚介や肉の出汁を吸って旨味ぎっしり!表面はカリッと歯ごたえが良く、内側はもっちり。これはぜひ一度は本場で食べてほしい名物です。

フィデウアを食べるなら海沿いのレストランへ

地元の食通たちが高く評価しているレストラン「チリンギート・エスクリバ」。海沿いにあるこの店なら、フィデウアもパエリアも間違いありません。地中海の風を浴びられる立地も良し。
フィデウアはフライパンが大きく一見ボリューミーに見えますが、美味しいので女性でもペロッとたいらげてしまうはず。

名称:Xiringuito Escriba
住所:Avenida del Litoral, 42, Barcelona, Spain
出典:

地元の食通たちが高く評価しているレストラン「チリンギート・エスクリバ」。海沿いにあるこの店なら、フィデウアもパエリアも間違いありません。地中海の風を浴びられる立地も良し。
フィデウアはフライパンが大きく一見ボリューミーに見えますが、美味しいので女性でもペロッとたいらげてしまうはず。

名称:Xiringuito Escriba
住所:Avenida del Litoral, 42, Barcelona, Spain

2.ブティファラ(Butifarra)

スペインではさまざまな種類のソーセージが作られていて、各地方ごとの製法や味があります。バルセロナが位置するカタルーニャ地方で作られている名物は豚肉をミンチしたブティファラ。白いタイプと、血入りの黒(ブティファラ・ネグラ)があり、共に表面をカリッと焼くと美味。
出典:

スペインではさまざまな種類のソーセージが作られていて、各地方ごとの製法や味があります。バルセロナが位置するカタルーニャ地方で作られている名物は豚肉をミンチしたブティファラ。白いタイプと、血入りの黒(ブティファラ・ネグラ)があり、共に表面をカリッと焼くと美味。

ブティファラを気軽に食べるならボケリア市場へ

ブティファラはレストランでも食べられますが、観光の合間にちょっと一杯飲みながらおつまみにするのもおすすめです。例えば、バルセロナのメインストリート、ランブラス通りに面した「ボケリア市場」で気軽に味わってみてはどうでしょうか。
この市場はフレッシュな野菜やフルーツ、魚介類や肉類などあらゆる食材が並ぶ市民の台所で、観光客たちもごった返す名所。中にはバルもあって、その場でタパスを堪能できます。スペインのビールやワインと一緒に、ブティファラをはじめとしたスペイングルメを試してみてください。

名称:Mercado de La Boqueria
住所:La Rambla,91, 08001 Barcelona
出典:

ブティファラはレストランでも食べられますが、観光の合間にちょっと一杯飲みながらおつまみにするのもおすすめです。例えば、バルセロナのメインストリート、ランブラス通りに面した「ボケリア市場」で気軽に味わってみてはどうでしょうか。
この市場はフレッシュな野菜やフルーツ、魚介類や肉類などあらゆる食材が並ぶ市民の台所で、観光客たちもごった返す名所。中にはバルもあって、その場でタパスを堪能できます。スペインのビールやワインと一緒に、ブティファラをはじめとしたスペイングルメを試してみてください。

名称:Mercado de La Boqueria
住所:La Rambla,91, 08001 Barcelona

3.カルソッツ(Calçot)

カルソッツは11月~4月頃に食べられるネギの1種です。薪で丸焼きしたあと、焦げた皮をむいてロメスコソース(パプリカやナッツを混ぜて作るソース)に付けて味わいます。手でカルソッツをつまんで頭上まで高く上げ、顔を傾けて口をパックリ開けて豪快に味わうのが伝統の食べ方。
出典:

カルソッツは11月~4月頃に食べられるネギの1種です。薪で丸焼きしたあと、焦げた皮をむいてロメスコソース(パプリカやナッツを混ぜて作るソース)に付けて味わいます。手でカルソッツをつまんで頭上まで高く上げ、顔を傾けて口をパックリ開けて豪快に味わうのが伝統の食べ方。

カルソッツを試したければ地域密着のレストランへ

カルソッツの発祥はタラゴナ県で毎年1月にはカルソッツ祭りが開かれています。
同じカタルーニャ州のバルセロナでも冬場のみレストランでカルソッツを食べることができます。中でも地元で評判のレストランはサンツ駅の裏側にある「カルメン」。飾らず立ち寄れる雰囲気の店で、カルソッツのほか郷土料理が美味しくコストパフォーマンスも◎。

名称:Carmen
住所:Valladrid, 44, Barcelona
出典:

カルソッツの発祥はタラゴナ県で毎年1月にはカルソッツ祭りが開かれています。
同じカタルーニャ州のバルセロナでも冬場のみレストランでカルソッツを食べることができます。中でも地元で評判のレストランはサンツ駅の裏側にある「カルメン」。飾らず立ち寄れる雰囲気の店で、カルソッツのほか郷土料理が美味しくコストパフォーマンスも◎。

名称:Carmen
住所:Valladrid, 44, Barcelona

4.クレマカタラーナ(Crema catalana)

クレマカタラーナはカタルーニャ地方の伝統菓子。3月19日のサン・ホセの日に食べられています。
濃厚なカスタードの表面を覆っている香ばしいパリパリのカラメル。見た目はフランスのクレームブリュレと似ていますが、クレマカタラーナは小麦粉が使われていてオレンジピールやシナモンがアクセントになっています。
出典:

クレマカタラーナはカタルーニャ地方の伝統菓子。3月19日のサン・ホセの日に食べられています。
濃厚なカスタードの表面を覆っている香ばしいパリパリのカラメル。見た目はフランスのクレームブリュレと似ていますが、クレマカタラーナは小麦粉が使われていてオレンジピールやシナモンがアクセントになっています。

伝統菓子を食べるなら地元のカフェへ

地元の人たちがデザート目当てに訪れるのがゴシック地区にあるカフェ「ラ・パリャレサ」。チュロス&ホットチョコが人気の店ですが、昔ながらのレシピで作られたクレマカタラーナも看板メニューの1つ。

名称:La Pallaresa
住所:Petritxol 11 08002 Barcelona
出典:

地元の人たちがデザート目当てに訪れるのがゴシック地区にあるカフェ「ラ・パリャレサ」。チュロス&ホットチョコが人気の店ですが、昔ながらのレシピで作られたクレマカタラーナも看板メニューの1つ。

名称:La Pallaresa
住所:Petritxol 11 08002 Barcelona

5.カヴァ(Cava)

カタルーニャ地方で作られるスパークリングワインは「カヴァ」と呼ばれています。フルーティで、ほのかな酸味がある爽やかな飲み心地。バルセロナに行ったら、まずは最初の一杯をカヴァで乾杯してみてください♪
出典:unsplash.com

カタルーニャ地方で作られるスパークリングワインは「カヴァ」と呼ばれています。フルーティで、ほのかな酸味がある爽やかな飲み心地。バルセロナに行ったら、まずは最初の一杯をカヴァで乾杯してみてください♪

バルセロナは迷わず一度は選びたい旅先

このほかにも世界トップの人気都市の魅力はまだまだたくさんあります。
歴史が息づき、街の中に芸術が生き、スペインをリードする最新のファッションや食が集まるバルセロナ。
見ても食べても、男女問わずあらゆる世代が楽しめる街です。

あなたも一生に一度はバルセロナを旅してみてください。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play