「読書」が脳にもたらす“7つの効果”とは?人生の謎を解く鍵は本の中にある!

「読書」が脳にもたらす“7つの効果”とは?人生の謎を解く鍵は本の中にある!

本は頼れる友人のようなもの。問題にぶつかって「どうしたらいい…?どうすればいい…?」と悩んでいる時、解きがたい謎をひも解く鍵となり、また、心和ませるひとときを与えてもくれます。とはいえ、たくさんの娯楽に囲まれている現代、なぜ今「本」でなくてはならないのでしょうか?「読書がもつ7つの効果」について、世界中で行われてきた研究結果から探っていきます。2019年09月02日作成

カテゴリ:
アート・カルチャー
キーワード:
読書
効果
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1006

本は「頼れる友」

Photo by Alex Radelich on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Alex Radelich on Unsplash

「どうしてこうなっちゃうの?」「こんな時どうすればいいの?」

大人も子どもも、生きていれば悩みはつきもの。
ただ、深刻な悩みほど家族や友達にも相談しづらく、尋ねにくい事も……。

そんな時、ひらいた一冊の本が心を和ませ、確かな情報を与える何よりの友になってくれる事があります。
Photo by Annie Spratt on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Annie Spratt on Unsplash

「本をひらく習慣をつける」事は、「道に迷って疲れている」時、「たった一人だ」と感じた時、信頼できる友にそばに寄り添ってもらっているようなもの。
Photo by Katherine Hanlon on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Katherine Hanlon on Unsplash

さて、それでは「本」はどんな点が「頼れる友」なのでしょうか?

読書にどんな効果があるのか、客観的に知りたいですよね。
世界で行われている様々な読書についての研究から、「読書がもたらす7つの効果」をご紹介します。

「読書が脳にもたらす7つの効果」

~読書には効果がない、という説をくつがえす研究結果をご紹介~

1.英大学の研究から…6分の読書で60%減!ストレス解消効果

Photo by Ashley Whitlatch on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Ashley Whitlatch on Unsplash

英国サセックス大学の研究によると、たった6分間の読書でストレスレベルが約60%まで低下。そのストレス解消効果は「音楽・散歩・お茶・ゲーム」などよりはるかに大きなものでした。
Photo by Anthony Tran on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Anthony Tran on Unsplash

貴重な大人の時間……どのジャンルを読めばより効果的?

「読書」が脳にもたらす“7つの効果”とは?人生の謎を解く鍵は本の中にある!
出典:stocksnap.io
「忙しい日、癒しを求めて読書をしたらかえって疲れてしまった……」なんてことは避けたいですよね。

ストレス解消に効果的とされる本のジャンルは以下の通りです。
・難しすぎず、興味を持てる本
・好きなジャンルの本
・小説などの感情移入ができる本
Photo by True Agency on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by True Agency on Unsplash

読み解くのに時間のかかる難解な「新聞」などよりも、感情移入のできる「小説」等の方がリラックス効果が高いという研究結果があります。

ただし、一見難解そうな「漢詩」なども『読み慣れていて、大好き』という人にとってはリラックス効果が高いそうなので、結局「好きなものを読むのがいちばん!」と言えそう。

2.親子で楽しむ。子どもへの「音読・読み聞かせ」で語彙力UP

Photo by Annie Spratt on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Annie Spratt on Unsplash

「たくさんの本を読むこと」が子供の語彙力をUPさせ、言葉の発達を手助けしてくれる事がわかっています。

2歳児を対象にしたアメリカの研究によると、絵本などを読み聞かせるコツは例えば…『海の中には恐ろしいサメがいました……サメっていうのは、するどい牙のある、大きくて強い魚のことね』というように、「本の中の単語をわかりやすく別な言葉に言いかえながら読む」と、より効果的なのだそう。

3.「読書好きは成績が高い」。小学生・中学生に学力アップの効果も

小・中学生を対象とした文部科学省の調査によると、「読書好き」な生徒は「どの学科でも成績が高い」ことがわかっています。読書が学力アップに「間接的に影響している」のだそう。

読書で身につけた「文章を理解する力」が成績アップにつながっているのかもしれません。

4.「多読しても学力アップの効果がない人」と学力が上がる人の差とは?

Photo by Annie Spratt on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Annie Spratt on Unsplash

ただし、「もともとあまり勉強が得意でない」かつ「平日、長時間本を読む」生徒の場合、中学生では数学の成績が芳しくない傾向が……。

この学力差は「ずっと本を読んでいて勉強に時間をさかなかったため」のよう。

学力アップのためには、「読書と学習の時間配分」を工夫する必要がありそうです。

5.大事なのは自分の興味。他の人と比較せずに好きな本を読むべき理由

Photo by Annie Spratt on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Annie Spratt on Unsplash

ドイツで中学生を対象に行われた調査によれば、「自分から興味をもち、楽しんで読んだ時」には読書テストの成績が上がり、「競争のためにやむなく読まされた時」には成績が下がったそう。

『読みたくないけど、読めと言われたから読むか……』と他の人と比べられながらいやいや読むよりも、自ら「読みたい!」とわくわくしながら好きな本を読んだ方がだんぜん気分もいいですよね。
Photo by Houcine Ncib on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Houcine Ncib on Unsplash

とはいえ何か新しいことを学ぶ時には、あまり興味の持てない本を手に取ることもあるかもしれません。

そんな時には、どこかちょっとでも「おもしろい」と思えるポイントを本の中に探してみると、学習効果が上がるかも……!?

6.小説がおすすめ。「共感能力」「コミュニケーション能力」がUP

Photo by Annie Spratt on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Annie Spratt on Unsplash

カーネギーメロン大学の研究者が行った研究によると、100時間の読書の後で脳をスキャンすると、幼い子供たちの「読書力」と「コミュニケーション能力」がアップしているのがわかりました。

また、読書中の脳をMRIでスキャンすると、「実際に体が動いていなくても運動を司る脳の部分が活性化する」など、本の中の人物の経験を脳が「追体験」していることがわかるのだそう。
Photo by Annie Spratt on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Annie Spratt on Unsplash

本の中の登場人物に深く感情移入し、まるで自分が主人公と同じ経験をしているかのように手に汗を握ったり、怒ったり、喜んだり……。
様々なキャラクターの思考を追い、「理解できないと思ってたけど、こんな思いで行動していたんだな」と感じ入ったり……。

こうした深い集中をともなう読書は、周囲の人々への共感力を高めてくれます。特にフィクションの小説がおすすめ。

7.本を読む人は長寿。高齢者の認知症への予防効果も

Photo by Robina Weermeijer on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Robina Weermeijer on Unsplash

イエール大学の研究によれば、本を読む人は本を読まない人に比べて、なんと「約2年間長生きする」そう。

また、長寿を求めるなら「新聞や雑誌」よりも「本」の方がよいそう。イエール大学は高齢者に「1日1回、30分」本に接することをおすすめしています。
Photo by @plqml | @feliperizo.co on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by @plqml | @feliperizo.co on Unsplash

469名の高齢者を対象とした21年に渡る研究により、「読書」「ボードゲーム」「楽器の演奏」といった趣味は、認知症のリスクを低くしてくれることがわかっています。

週に1日こうした趣味を楽しむだけで、認知症リスクが7%下がったのだとか。
また、週に数日以上、より頻繁に趣味に打ち込む人は、さらに認知症リスクが低くなりました。

おすすめの「読書の楽しみ方」

読書ノートをつける&シェア

Photo by Thought Catalog on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Thought Catalog on Unsplash

「読んだ本の内容をきちんと把握したい」「後で読み返して楽しみたい」「何を読んだか忘れてしまうので、備忘録をつけておきたい」と思ったことはありませんか?

「スケジュール帳に読書メモを残す」「日記に読書の感想を1行プラスする」だけでも備忘録になりますが、専用の『読書ノート』に感想をまとめておくと、探している本や情報によりたどりつきやすくなります。
Photo by Daria Shevtsova on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Daria Shevtsova on Unsplash

読書ノートに書くこと

・タイトル
・著者名
・発行年月日
・読んだ日
・内容
・自分に響いた箇所
・感想

などなど……
細く長く続けるためにもっと簡略化してもOK。
Photo by Jaelynn Castillo on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Jaelynn Castillo on Unsplash

アナログで書くのが面倒な場合は、アプリなどでも「読書ノート」をつけられます。
バーコードでさっと読んだ本を登録できるので、手間もかかりません。

「読書メーター」は、自分が書いたレビューをシェアしたり、他の人のレビューを読んだりでき、読書イベントも豊富です。

本棚の「公開・非公開」を自分で選びたいなら、「Readee」がおすすめです。
読書メーター - 日々の読書記録・管理とコミュニティ - Google Play のアプリ
読書メーターは日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリです。グラフや、本棚、1,800万件を超える感想・レビューも。新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。 ◆読書量を グラフで記録・管理 ・読んだ本、読みたい本、積読本など、本をステータス別に登録・管理! ・読書量のグラフ表示で、より読書のモチベーションがアップ! ◆本棚や新刊お知らせなど 便利機能も ・本を分類して管理できる本棚機能 ・お気に入りの著者の新刊をお知らせ ・買い忘れ、二重買い防止などに効果的 ◆バーコード連続読取で 登録も簡単 ・本のバーコードを読みこんで簡単登録 ・連続読み取り機能で手間いらず! ◆新たな本や 読書仲間に会える ・同じ本を読んだ人のレビューや感想がすぐ読める ・読書仲間が集うコミュニティやイベントも --------------------------------------------------------------------- こんな人におすすめ! --------------------------------------------------------------------- ・本が好き(小説・漫画、エッセイ・雑誌 etc etc) ・同じような趣味の人と交流したい。読書仲間を見つけたい。 ・似た趣味の人がどんな本を読んでいるのかが知りたい。 ・蔵書の管理をしたい。 ・読書のモチベーションをアップしたい。 ・読んだ本の記録をつけたい。 ・自分の好きな本をおすすめしたい。 ・読んだ本のレビューを書きたい。 ・他の人のレビューを読んでみたい。 ・読書記録を長続きさせ、読書を習慣化したい 「読書メーター」で、もっと楽しい読書生活を始めましょう。
読書後どうしてる?“わたしだけの教科書”になる「読書ノート」を作ろう♪
読書後どうしてる?“わたしだけの教科書”になる「読書ノート」を作ろう♪

大人になっても学び続けたい方へ。身近な学びはどこにあると思いますか? それは、読書です。ただし、本を読みっぱなしにしていては、知識を自分のモノにはできません。そこで今回は、「読書ノート」の書き方をご紹介します。本からの学びで大切なのは、インプットよりもアウトプットにあるといっても過言ではないからです。書きためた「読書ノート」は、あなたが興味を持ったこと、感動したこと、気付きや学びが蓄積され、“あなただけの特別な教科書”になりますよ。

わたしだけの「読書ノート」の作り方アイデアはこちらを参考にしてみてください。

「オーディオブック」で通勤中・家事や作業の合間に読書

Pexels の Plush Design Studio による写真
出典:www.pexels.com

Pexels の Plush Design Studio による写真

「通勤・通学中や家事をしている間に読めたら……でも、手が空いてないし」

そんな時は「オーディオブック」を楽しんでみては。
さまざまなサービスがありますが、たとえば「青空朗読」では、著作権の切れた作品の朗読が無料で楽しめます。
Photo by chuttersnap on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by chuttersnap on Unsplash

地域によっては「電子図書館」を実施していて、Webサイトからオーディオブックの貸し出しができる図書館も。

下のリンクから探してみてくださいね。

読書が「人生の謎」を解く「鍵」になることも

1.「どうすれば?」次のステージへの扉を開く鍵

「読書」が脳にもたらす“7つの効果”とは?人生の謎を解く鍵は本の中にある!
出典:stocksnap.io
「別の扉を開いて、次のライフステージに行きたい」「大きな壁にぶち当たっている。次はどんな行動を起こせば乗り越えられる?」

そんな思いの時、専門家や頼りになるメンターが身近にいてアドバイスをくれたらどんなに良いでしょう。

「でも……色々な意見を聞きながらも、最終的にはやっぱり自分で決めたい」
Photo by Clay Banks on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Clay Banks on Unsplash

本なら、専門家の所見が惜しみなく、そしてわかりやすく書かれています。読み比べて取捨選択し、自分に合うものを取り入れることもできます。

「ここから、どうやって進もう?」

迷った時は、自分の疑問に答えてくれる本がないか探してみてください。

2.「どうして?」人生の謎を解く鍵

Photo by Debby Hudson on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Debby Hudson on Unsplash

「なぜ、どうしてこのような問題が起きたのか?問題の真意を解き明かしたい」「自分にとってこの出来事はどんな意味があったのだろう?」

苦しくて立ち止まってしまうような時、本が「相談相手」のようにそっと寄り添い、問題を解く「鍵」となってくれることもあるはず。
Photo by Sylvie Tittel on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Sylvie Tittel on Unsplash

似たテーマの小説や物語・自分が思い悩んでいる問題を扱っている専門家の本をひらいてみると、「自分と似ている」と思えるケースが語られていて、思いがけないヒントが見つかることも。

読書による出会いもまたご縁。毎日を本と一緒に

Photo by Giulia Bertelli on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Giulia Bertelli on Unsplash

人との出会いと同じく、本との出会いもまたご縁です。

運命を変えてしまう本もあれば、打ちのめされた気持ちを救ってくれる本もあり、アドバイスをしてくれる本もあれば、叱咤激励してくれる本もあります。

皆様がよき1冊に巡りあえますように。
充実した“読書の秋”に向けて!本を読むときあると嬉しいおすすめアイテムとアイディア集
充実した“読書の秋”に向けて!本を読むときあると嬉しいおすすめアイテムとアイディア集

大人になってから、読書の時間はちゃんととれていますか?なにかとストレスを感じやすい現代に生きているからこそ、おすすめしたいのが充実した読書時間の確保。今回は、読書時間をより充実させるためのアイディアと本を読むときに取り入れたい素敵なアイテムを集めてみました。ぜひ秋に向けて準備してみてくださいね♪

読書のお供におすすめのアイテムとアイディアをピックアップした記事はこちらから。より充実した読書時間をお過ごし下さいね♪
※この記事はこちらを参照して書かせていただきました。

関連する情報

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play