さりげない大人のおしゃれ*「ハイライトカラー」ヘアカタログ

さりげない大人のおしゃれ*「ハイライトカラー」ヘアカタログ

髪にポイントで「ハイライト」を忍ばせることで、自然な動きや奥行きが生まれるのはもちろん、レングスによっては透明感やツヤも取り入れることができます。今回は、そんなハイライトのオーダーのコツや種類をはじめ、人気のおすすめスタイリングをご紹介します。2021年04月30日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード
ヘアヘアカラーヘアスタイルおしゃれ大人
お気に入り数1707

「ハイライトカラー」で、髪に自然な動きを

さりげない大人のおしゃれ*「ハイライトカラー」ヘアカタログ
出典:www.instagram.com(@zenko_susuki)
「ハイライト」とは、ポイントでベースカラーよりも明るい色を入れることで、髪全体に立体感や奥行きを出すカラーリング方法のこと。髪色全体がトーンアップするのはもちろん、フルカラーよりも髪に負担をかけることなく幅広いアレンジを楽しめます。

今回は、そんなハイライトをオーダーするコツをはじめ、レングス別におすすめのスタイリングをお届け。ぜひ春夏ヘアの参考にしてみてくださいね!

オーダー前に知っておきたい5つのハイライト

01.《フェザーハイライト》お手入れが楽になって◎

「フェザーハイライト」とは、真ん中~毛先にかけてだんだん色を入れていくハイライトのこと。
根元は地毛の色味をそのまま保てるので、いわゆる“プリン”の状態を回避できるのが最大のメリットです。リタッチカラーの必要がなくなるため、お手入れがとっても楽になりますよ。
出典:www.instagram.com(@kanami_miyoshi)

「フェザーハイライト」とは、真ん中~毛先にかけてだんだん色を入れていくハイライトのこと。
根元は地毛の色味をそのまま保てるので、いわゆる“プリン”の状態を回避できるのが最大のメリットです。リタッチカラーの必要がなくなるため、お手入れがとっても楽になりますよ。

02.《インナーハイライト》いつものスタイルに遊び心を

「インナー」に細かくハイライトを入れることで、ちょっとした遊び心を感じるヘアスタイルがつくれます。
通常のインナーカラーよりもさりげないおしゃれが叶うので、オフィスや学校などのシーンにも最適。休日は耳にかけたスタイリングで、カラーリングを生かしたアレンジを楽しんでみてくださいね。
出典:www.instagram.com(@kanami_miyoshi)

「インナー」に細かくハイライトを入れることで、ちょっとした遊び心を感じるヘアスタイルがつくれます。
通常のインナーカラーよりもさりげないおしゃれが叶うので、オフィスや学校などのシーンにも最適。休日は耳にかけたスタイリングで、カラーリングを生かしたアレンジを楽しんでみてくださいね。

03.《シークレットハイライト》さりげないツヤと透明感が生まれる

髪全体に細い毛束のハイライトをたっぷり忍ばせる「シークレットハイライト」。
パッと見では分からないくらいのさりげないカラーリングが特徴です。ベースカラーとの馴染みがよく、髪全体にさりげない透明感とツヤを与えてくれます。
出典:www.instagram.com(@ayami__takahashi)

髪全体に細い毛束のハイライトをたっぷり忍ばせる「シークレットハイライト」。
パッと見では分からないくらいのさりげないカラーリングが特徴です。ベースカラーとの馴染みがよく、髪全体にさりげない透明感とツヤを与えてくれます。

04.《ローライト》自然な立体感を演出

ハイライトとあわせてチェックしておきたい「ローライト」。影を入れるイメージで、ベースの色よりもワントーン暗い色をポイントで染める方法です。
ストレートやショートなどのシンプルなヘアスタイルにもしっかり動きがでて、簡単なセットでも十分な立体感を演出してくれますよ。
出典:www.instagram.com(@kanami_miyoshi)

ハイライトとあわせてチェックしておきたい「ローライト」。影を入れるイメージで、ベースの色よりもワントーン暗い色をポイントで染める方法です。
ストレートやショートなどのシンプルなヘアスタイルにもしっかり動きがでて、簡単なセットでも十分な立体感を演出してくれますよ。

05.《グラデーションハイライト》バックスタイルをおしゃれに

その名の通り、トップから毛先にかけてだんだんカラーを強くしていくのが「グラデーションハイライト」。
ミディアム~ロングの長さだと、よりおしゃれなバックスタイルが叶います。ただ、コントラストを強めすぎると派手な仕上がりになってしまうので注意してくださいね。
出典:www.instagram.com(@kanami_miyoshi)

その名の通り、トップから毛先にかけてだんだんカラーを強くしていくのが「グラデーションハイライト」。
ミディアム~ロングの長さだと、よりおしゃれなバックスタイルが叶います。ただ、コントラストを強めすぎると派手な仕上がりになってしまうので注意してくださいね。

【レングス別】ハイライトを取り入れたお手本ヘアカタログ

【ショート】ナチュラルな束感を生かそう

少しラフに仕上げるのが定番

パーマやラフなスタイリングは、ハイライトの魅力を最大限に生かせるアレンジのひとつ。くしゃっとカジュアルダウンしたショートなら、ボブへの伸ばしかけの過程もおしゃれに楽しめます。
出典:www.instagram.com(@_hitomi_okubo_)

パーマやラフなスタイリングは、ハイライトの魅力を最大限に生かせるアレンジのひとつ。くしゃっとカジュアルダウンしたショートなら、ボブへの伸ばしかけの過程もおしゃれに楽しめます。

かき上げ前髪で大人かわいいを叶えて

かき上げ前髪と前下がりショートを組み合わせて大人かわいく。軽くハイライトを忍ばせて透明感をプラスすれば、毛先を巻くだけで柔らかく優しい印象に*
出典:www.instagram.com(@zenko_susuki)

かき上げ前髪と前下がりショートを組み合わせて大人かわいく。軽くハイライトを忍ばせて透明感をプラスすれば、毛先を巻くだけで柔らかく優しい印象に*

【ボブ】理想の軽やかさを叶えて

パーマのニュアンスが引き立つ!

パッと見では気づかないシークレットハイライトをたっぷり入れたスタイルです。ボブのフワフワ感がよく引き立って、どことなくアンニュイな雰囲気に。
出典:www.instagram.com(@_hitomi_okubo_)

パッと見では気づかないシークレットハイライトをたっぷり入れたスタイルです。ボブのフワフワ感がよく引き立って、どことなくアンニュイな雰囲気に。

レイヤーを入れればもっと軽やかに

ハイライトに加えてレイヤーも入れれば、もっと軽やかな仕上がりが叶います。全体の毛量が多い方やダークトーンで重めに見えがちな方におすすめです*
出典:www.instagram.com(@kanami_miyoshi)

ハイライトに加えてレイヤーも入れれば、もっと軽やかな仕上がりが叶います。全体の毛量が多い方やダークトーンで重めに見えがちな方におすすめです*

この春注目の「レイヤースタイル」。ナチュラル派さん向けヘアカタログ集
この春注目の「レイヤースタイル」。ナチュラル派さん向けヘアカタログ集

レングスを選ばず取り入れやすいと人気を集めている「レイヤースタイル」。表面が短く、下に向かってだんだんと短くなるスタイルのため、動きや立体感が出しやすく黒髪や暗髪でも軽く見せることができます。レイヤーの入れ方の違いで様々な雰囲気に変身できたり、アレンジでもっと軽やかにみせたりできるところも魅力です。今回はそんなレイヤースタイルの魅力や、おすすめのヘアカタログをご紹介します。

【ミディアム】アクセントや遊び心も思いのまま

インナーカラーとの組み合わせも◎

フェザーハイライト×インナーカラーで、毛先を中心に染めたおしゃれなミディアムスタイル。ベースカラーと近い色を入れれば派手になりすぎず、初心者さんでも比較的気軽に取り入れられますよ。
出典:www.instagram.com(@kanami_miyoshi)

フェザーハイライト×インナーカラーで、毛先を中心に染めたおしゃれなミディアムスタイル。ベースカラーと近い色を入れれば派手になりすぎず、初心者さんでも比較的気軽に取り入れられますよ。

アップスタイルもこなれた印象に

シンプルなアップスタイルも、ハイライトが入っていることでナチュラルな束感が生まれてこなれた印象に。黒髪にベージュを入れて、程よくコントラストを際立せましょう。
出典:www.instagram.com(@ayami__takahashi)

シンプルなアップスタイルも、ハイライトが入っていることでナチュラルな束感が生まれてこなれた印象に。黒髪にベージュを入れて、程よくコントラストを際立せましょう。

【ロング】入れ方による印象の違いを楽しもう

フワッと感を加速させるフェザーハイライト

ふんわりロングにはフェザーハイライトを忍ばせて、とことん軽やかに。トレンドのベージュやグレージュカラーでまろやか仕上げがおすすめです。
出典:www.instagram.com(@tominaga002)

ふんわりロングにはフェザーハイライトを忍ばせて、とことん軽やかに。トレンドのベージュやグレージュカラーでまろやか仕上げがおすすめです。

黒髪の“重さ”も軽減!

毛先を中心にハイライトを入れれば、黒髪の重さをとても自然に軽減できます。ツヤ感を生かせるようヘアオイルでセミウェットなスタイリングがかわいい*
出典:www.instagram.com(@_hitomi_okubo_)

毛先を中心にハイライトを入れれば、黒髪の重さをとても自然に軽減できます。ツヤ感を生かせるようヘアオイルでセミウェットなスタイリングがかわいい*

ハイライトカラーで、春らしく軽やかに

さりげない大人のおしゃれ*「ハイライトカラー」ヘアカタログ
出典:www.instagram.com(@kanami_miyoshi)
軽やかに仕上げたいならフェザーハイライト。おしゃれをアップデートしたいならインナーハイライト。自然な束感が欲しいならシークレットハイライト...自分の理想に合わせて、ぜひ好みのハイライトを取り入れてみてくださいね。いつものヘアスタイルにプラスするだけで、パッと華やかさを演出できますよ*

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play