どう選ぶのが正解?暮らしに合わせた『大型家具』の選びかた

どう選ぶのが正解?暮らしに合わせた『大型家具』の選びかた

新生活シーズンになると、引っ越しや模様替えなどでインテリアを変えたいという方も増えてきます。特にインテリアのなかで住まいの印象を大きく変えるのが大型家具。失敗したくない大きな買い物ではないでしょうか。今回はダイニングテーブル、ソファなど大型家具を選ぶポイントをご紹介します。2019年03月18日作成

カテゴリ:
インテリア
キーワード:
家具
選び方
ベッド
ソファ
ダイニングテーブル
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
233

空間の主役になる大型家具

テイストが合っているものを

家具がひとつ加わるだけで、住まいの印象は大きく変わります。そのなかでも空間の主役になる大型家具は、特に失敗したくないアイテムなのではないでしょうか。

センスいいね、と言われるインテリアに仕上げるには、テイストの統一が大切なポイントになります。ショップなどで選ぶ際その家具のデザインだけを見てしまいがちですが、インテリア全体にマッチするテイストを選びたいもの。家具を置きたい空間を撮影して持って行くのもひとつのアイデアです。
出典:

家具がひとつ加わるだけで、住まいの印象は大きく変わります。そのなかでも空間の主役になる大型家具は、特に失敗したくないアイテムなのではないでしょうか。

センスいいね、と言われるインテリアに仕上げるには、テイストの統一が大切なポイントになります。ショップなどで選ぶ際その家具のデザインだけを見てしまいがちですが、インテリア全体にマッチするテイストを選びたいもの。家具を置きたい空間を撮影して持って行くのもひとつのアイデアです。

色合わせは大丈夫?

インテリアの印象を大きく変えるのが色合わせ。明るいイメージにしたいなら暖色系、涼し気でクールなイメージにしたいなら寒色系、またモノトーンでまとめるとシャープなイメージに仕上がります。インテリア全体のカラーコーディネートを意識して、家具の色(樹種)も選びたいですね。
出典:

インテリアの印象を大きく変えるのが色合わせ。明るいイメージにしたいなら暖色系、涼し気でクールなイメージにしたいなら寒色系、またモノトーンでまとめるとシャープなイメージに仕上がります。インテリア全体のカラーコーディネートを意識して、家具の色(樹種)も選びたいですね。

実際に試してみる

ショップで一目ぼれしてしまった家具でも、自宅に置いてみると意外にマッチしないこともあります。また、デザイン性に惹かれて選んだけれど、使い勝手がイマイチ…なんてことになると残念ですよね。

失敗を少なくするためにも、実際に使ってみるのは大切なポイントです。ソファなら、家で座る時のようにくつろいでみる、ダイニングテーブルなら、家族で座って食事をしているように動いてみるのもおすすめです。
出典:

ショップで一目ぼれしてしまった家具でも、自宅に置いてみると意外にマッチしないこともあります。また、デザイン性に惹かれて選んだけれど、使い勝手がイマイチ…なんてことになると残念ですよね。

失敗を少なくするためにも、実際に使ってみるのは大切なポイントです。ソファなら、家で座る時のようにくつろいでみる、ダイニングテーブルなら、家族で座って食事をしているように動いてみるのもおすすめです。

ソファ選びのポイント

搬入できるサイズを確認

リビングの主役ともいえるソファは、くつろぎの空間を演出してくれる大型家具。
選ぶ時にまずチェックしたいのがサイズです。素敵なソファだとしても、置きたい部屋に搬入できなければ意味がありません。ドアや窓などの間口から入るのか、置きたい場所に梁や出っ張りがないかもチェックしましょう。
出典:

リビングの主役ともいえるソファは、くつろぎの空間を演出してくれる大型家具。
選ぶ時にまずチェックしたいのがサイズです。素敵なソファだとしても、置きたい部屋に搬入できなければ意味がありません。ドアや窓などの間口から入るのか、置きたい場所に梁や出っ張りがないかもチェックしましょう。

背もたれの高さや座面の奥行きをチェック

次に大切なポイントは「座り心地」です。特に背もたれの高さや、座面の硬さや柔らかさは好みが大きく分かれます。できるだけ部屋に圧迫感を出したくない場合はロータイプ、身体を預けてゆったりと座りたいなら、頭と首を支えてくれるハイバックタイプが良いでしょう。
出典:

次に大切なポイントは「座り心地」です。特に背もたれの高さや、座面の硬さや柔らかさは好みが大きく分かれます。できるだけ部屋に圧迫感を出したくない場合はロータイプ、身体を預けてゆったりと座りたいなら、頭と首を支えてくれるハイバックタイプが良いでしょう。

デザインは用途に合わせて選びたい

ソファでどんな風にくつろぎたいかによっても、デザイン選びが変わります。例えば横になりたいなら、肘掛けがないタイプがおすすめ。足を伸ばしてゆったりと横になることができます。床でもくつろぎたいなら、脚がないロータイプソファが最適。ラグや置き畳などと組み合わせれば、より心地良い空間づくりがかないます。
出典:

ソファでどんな風にくつろぎたいかによっても、デザイン選びが変わります。例えば横になりたいなら、肘掛けがないタイプがおすすめ。足を伸ばしてゆったりと横になることができます。床でもくつろぎたいなら、脚がないロータイプソファが最適。ラグや置き畳などと組み合わせれば、より心地良い空間づくりがかないます。

ダイニングテーブル選びのポイント

天板の大きさとデザイン

ダイニングテーブルを選ぶ際、まずチェックしたいのが天板の大きさとデザインです。

例えば、小さなお子さんがいるご家庭では角が丸いタイプを、空間を広々と見せたいなら丸い天板がおすすめです。最近では、天板の大きさをシーンに合わせて変えられるタイプもあります。上手に取り入れて、空間を有効に使いたいですね。
出典:

ダイニングテーブルを選ぶ際、まずチェックしたいのが天板の大きさとデザインです。

例えば、小さなお子さんがいるご家庭では角が丸いタイプを、空間を広々と見せたいなら丸い天板がおすすめです。最近では、天板の大きさをシーンに合わせて変えられるタイプもあります。上手に取り入れて、空間を有効に使いたいですね。

家族構成やライフスタイルに合わせて選ぶ

ダイニングテーブルは、使う人数や家族のライフスタイルに合わせて選びましょう。テーブルで使う1人分の目安は、幅60cm、奥行40cm程度だと言われています。天板が大きすぎてもダイニングが狭くなってしまい、小さすぎてもくつろぐことができず食事しにくいため、暮らしを意識して選びたいですね。
出典:

ダイニングテーブルは、使う人数や家族のライフスタイルに合わせて選びましょう。テーブルで使う1人分の目安は、幅60cm、奥行40cm程度だと言われています。天板が大きすぎてもダイニングが狭くなってしまい、小さすぎてもくつろぐことができず食事しにくいため、暮らしを意識して選びたいですね。

素材や耐久性もチェック

食事をするダイニングテーブルは、熱いものを置いたり、水をこぼしてしまったりと日々汚れなどもつきやすい家具。そのため、天板の耐久性も確認しておきましょう。

家具は、素材や施されている塗装によっても耐久性が変わります。例えば、ウレタン塗装は水を弾くためお手入れしやすい、オイル塗装はナチュラル感のある風合いが素敵ですがシミができやすいと言われています。
出典:

食事をするダイニングテーブルは、熱いものを置いたり、水をこぼしてしまったりと日々汚れなどもつきやすい家具。そのため、天板の耐久性も確認しておきましょう。

家具は、素材や施されている塗装によっても耐久性が変わります。例えば、ウレタン塗装は水を弾くためお手入れしやすい、オイル塗装はナチュラル感のある風合いが素敵ですがシミができやすいと言われています。

ベッド選びのポイント

質の高い睡眠をとれるものを

大型家具の中でも、チェック項目が多いのがベッド。質の高い睡眠をとるためにも、マットレスの硬さやサイズにもこだわりたいですね。
出典:

大型家具の中でも、チェック項目が多いのがベッド。質の高い睡眠をとるためにも、マットレスの硬さやサイズにもこだわりたいですね。

用途に合わせてデザインを選ぶ

ベッドには、下部に収納がついたタイプやマットレスの下に収納があるタイプ、ヘッド部分に棚があるタイプなどさまざまなデザインがあります。

時計やメガネなどを近くに置いておきたい場合は、棚付きがおすすめ。お手入れのしやすさを重視するならヘッドボードがないタイプや写真のようなシンプルなデザインが良いでしょう。
出典:

ベッドには、下部に収納がついたタイプやマットレスの下に収納があるタイプ、ヘッド部分に棚があるタイプなどさまざまなデザインがあります。

時計やメガネなどを近くに置いておきたい場合は、棚付きがおすすめ。お手入れのしやすさを重視するならヘッドボードがないタイプや写真のようなシンプルなデザインが良いでしょう。

寝返りしやすいマットレスを

ベッド選びで最も重要なのが、自分に合った寝心地。マットレスの高さや柔らかさの好みは人それぞれです。実際に横になってみてから決めるのがベストです。

一般的には、硬すぎるマットレスは寝返りしにくいため眠りが浅くなると言われています。また寝返りをしても余裕があるサイズ感もチェックしたいところです。
出典:

ベッド選びで最も重要なのが、自分に合った寝心地。マットレスの高さや柔らかさの好みは人それぞれです。実際に横になってみてから決めるのがベストです。

一般的には、硬すぎるマットレスは寝返りしにくいため眠りが浅くなると言われています。また寝返りをしても余裕があるサイズ感もチェックしたいところです。

ライフスタイルの変化に対応できるか

ご家族みんなで寝室を使っているというご家庭では、ベッドもライフスタイルの変化に合わせてカスタマイズできるタイプがおすすめ。例えば、お子さんが小さいうちは一緒に寝て、子供部屋ができたらベッドを分離できれば便利です。連結ベッドは、2つのベッドを金具などで連結できるもの。ベッドとベッドの間にも隙間ができにくいため、川の字になって寝るご家庭にも向いているのでは。
出典:

ご家族みんなで寝室を使っているというご家庭では、ベッドもライフスタイルの変化に合わせてカスタマイズできるタイプがおすすめ。例えば、お子さんが小さいうちは一緒に寝て、子供部屋ができたらベッドを分離できれば便利です。連結ベッドは、2つのベッドを金具などで連結できるもの。ベッドとベッドの間にも隙間ができにくいため、川の字になって寝るご家庭にも向いているのでは。

家具に実際に触れて、使ってみてからわが家へ

大型家具は、いずれも実際に使ってみることが失敗しないコツです。デザインや機能性だけではなく、暮らしに取り入れたときのイメージも膨らませて選びたいですね。あなたの理想の家具が見つかりますように。
出典:

大型家具は、いずれも実際に使ってみることが失敗しないコツです。デザインや機能性だけではなく、暮らしに取り入れたときのイメージも膨らませて選びたいですね。あなたの理想の家具が見つかりますように。

素敵な画像のご協力ありがとうございました。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play