きれいめコーデにも使える!大人の「ショート丈」アウター5選

きれいめコーデにも使える!大人の「ショート丈」アウター5選

どうしてもカジュアルになりやすい、ショート丈のアウター。そのため、ついついロング丈のアウターに頼りがちな人も多いのではないでしょうか。しかしちょっとした工夫やレイヤード、差し色の投入で大人っぽい着こなしへと変身できます。今回はショート丈アウター5着をピックアップし、おしゃれスナップと一緒にコーディネートのコツをお届けします。大人っぽく着こなすための3ヶ条もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!2022年01月31日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード
アウタージャケット大人コーディネート冬コーデショート丈
お気に入り数261

ショート丈アウターを大人っぽく着こなすには?

まずはショート丈アウターを大人っぽく着こなすコツや、ポイントを予習してみましょう。

1.アウターとインナーの裾をあわせる

インナーとアウターの丈がちぐはぐだと、どうしても野暮った印象に。丈は合わせてスッキリさせるのがベターです。
出典:

インナーとアウターの丈がちぐはぐだと、どうしても野暮った印象に。丈は合わせてスッキリさせるのがベターです。

2.差し色に華やかな色を

差し色に華やか色を投入。すると一気に、今っぽい着こなしへとアップデートできます。初心者さんは、タートルネックのインナーや小物でさりげなく取り入れてみて。
出典:

差し色に華やか色を投入。すると一気に、今っぽい着こなしへとアップデートできます。初心者さんは、タートルネックのインナーや小物でさりげなく取り入れてみて。

3.思い切ってインナー使い

アウターからインナー使いに潔くチェンジするのもあり。防寒対策もできて一石二鳥です。
出典:

アウターからインナー使いに潔くチェンジするのもあり。防寒対策もできて一石二鳥です。

アウター別お手本コーデ20選

トレンドのショート丈アウター5つを厳選。ファッショニスタのおしゃれスナップと一緒にご紹介します♪おすすめのアイテムもピックアップしたので、気になるアイテムがあったらきなりのモールでチェックしてみてください。

1.ダッフルコート|ロンドンガールに変身

ナチュラル派の着こなしに欠かせない、冬のマストバイアイテム「ダッフルコート」。ショート丈はロングスカートやワイドパンツと好相性です。今年はグレーの人気が再燃!
出典:

ナチュラル派の着こなしに欠かせない、冬のマストバイアイテム「ダッフルコート」。ショート丈はロングスカートやワイドパンツと好相性です。今年はグレーの人気が再燃!

【おすすめアイテム】ドレープが女性らしさを演出

裾や袖のフレアディテールが珍しいダッフルコートです。幅広のスタンドネックが今年らしさを後押しします。素材には高級ウール素材「SUPER 100'S WOOL」を使用しているので、軽くて暖かい!
出典:

裾や袖のフレアディテールが珍しいダッフルコートです。幅広のスタンドネックが今年らしさを後押しします。素材には高級ウール素材「SUPER 100'S WOOL」を使用しているので、軽くて暖かい!

ジャストサイズでスッキリ

ショート丈のダッフルコートは、大きすぎてもタイトすぎてもだめ。ジャストサイズを選んで、スッキリ着こなしましょう。
出典:

ショート丈のダッフルコートは、大きすぎてもタイトすぎてもだめ。ジャストサイズを選んで、スッキリ着こなしましょう。

ユニークなパンツでモードへ誘導

個性的な柄やシルエットのボトムと合わせれば、ショート丈のダッフルコートもカジュアルに寄りすぎません。インナーとアウターの丈を合わせるのも、おしゃれに着こなすコツです。
出典:

個性的な柄やシルエットのボトムと合わせれば、ショート丈のダッフルコートもカジュアルに寄りすぎません。インナーとアウターの丈を合わせるのも、おしゃれに着こなすコツです。

華やぎが増すオレンジを選択

ブラックやグレー、ホワイトなど定番色はもちろんあり。しかしキャッチーな1着を選択すると、周りと差がつき華やぎも増します。
出典:

ブラックやグレー、ホワイトなど定番色はもちろんあり。しかしキャッチーな1着を選択すると、周りと差がつき華やぎも増します。

2.デニムジャケット|1年中使える優れもの

メンズライクな着こなしにも頼れるデニムジャケット。ヴィンテージライクな加工を施した1着だと、コーディネートが苦手でも都会的な着こなしへ導いてくれます。1年中羽織れるのもうれしいですね!
出典:

メンズライクな着こなしにも頼れるデニムジャケット。ヴィンテージライクな加工を施した1着だと、コーディネートが苦手でも都会的な着こなしへ導いてくれます。1年中羽織れるのもうれしいですね!

【おすすめアイテム】本格的な色落ちが魅力の1着

程よい厚みで硬すぎず、着ていくうちに体になじんでいく過程を楽しめる1着。メインにも引き立て役にもなれます。
出典:

程よい厚みで硬すぎず、着ていくうちに体になじんでいく過程を楽しめる1着。メインにも引き立て役にもなれます。

キャッチーなデザインで都会的な印象に

一風変わったデザインのデニムジャケットを選択。チェックのスカートと合わせて、秋冬ムードを高めましょう。足元はローファーでトラッドに仕上げるのもアリ、スニーカーで外すのもおすすめです。
出典:

一風変わったデザインのデニムジャケットを選択。チェックのスカートと合わせて、秋冬ムードを高めましょう。足元はローファーでトラッドに仕上げるのもアリ、スニーカーで外すのもおすすめです。

袖をまくってアレンジ

裾をまくる一手間が、コーディネートの完成度を高めます。シンプルなスカートを合わせても、こなれ感のある佇まいに。
出典:

裾をまくる一手間が、コーディネートの完成度を高めます。シンプルなスカートを合わせても、こなれ感のある佇まいに。

袖を通さず肩掛け

ニットワンピースに、デニムジャケットをさっと肩掛け。袖を通さず、ラフに羽織って抜け感を出すのもおすすめです。
出典:

ニットワンピースに、デニムジャケットをさっと肩掛け。袖を通さず、ラフに羽織って抜け感を出すのもおすすめです。

3.ボアコート(ボアブルゾン)|シーズンムードが高まる

もこもこの風合いが冬らしい、ボアコートも今年人気の1着。ただ一歩間違えるとラフになりすぎてしまうため小物や配色、シルエットに気を配りましょう。冬のアクティブシーンにも大活躍です。
出典:

もこもこの風合いが冬らしい、ボアコートも今年人気の1着。ただ一歩間違えるとラフになりすぎてしまうため小物や配色、シルエットに気を配りましょう。冬のアクティブシーンにも大活躍です。

【おすすめアイテム】エルボーパッチがさりげないアクセントに

軽くて暖かいテクノウールを使用。ストレッチ性のあるパイピングを施すなど、ディテールにもこだわっています。
出典:

軽くて暖かいテクノウールを使用。ストレッチ性のあるパイピングを施すなど、ディテールにもこだわっています。

広がりを抑えたIラインシルエット

ショート丈のボアコートは、広がりを抑えたIラインシルエットを意識することで、一気に大人っぽい着こなしへと昇華します。黒の小物やブーツでメリハリを加えるのも◎。
出典:

ショート丈のボアコートは、広がりを抑えたIラインシルエットを意識することで、一気に大人っぽい着こなしへと昇華します。黒の小物やブーツでメリハリを加えるのも◎。

シンプルなワンツーで洗練されたルックスに

ボアコートをおしゃれに着こなすためには、重ねすぎない・色を多用しすぎないのもポイント。気取らないワンツーで、洗練されたルックスを作りましょう。
出典:

ボアコートをおしゃれに着こなすためには、重ねすぎない・色を多用しすぎないのもポイント。気取らないワンツーで、洗練されたルックスを作りましょう。

オレンジをさりげなくのぞかせる

首元からチラッと覗くオレンジ、グリーン系のストールが都会的なムードをアシスト。ボトムはクリーミーな白で、ボアコートの重たさを軽減して。
出典:

首元からチラッと覗くオレンジ、グリーン系のストールが都会的なムードをアシスト。ボトムはクリーミーな白で、ボアコートの重たさを軽減して。

4.キルティングジャケット|トレンドNo.1

今季、年齢を問わず支持されているキルティングジャケット。アウターとしてはもちろん、インナー使いもできる汎用性やアレンジ性の高さも魅力です。ロングシーズン活躍するアウターを探している人は、ぜひチェックしてみてください。
出典:

今季、年齢を問わず支持されているキルティングジャケット。アウターとしてはもちろん、インナー使いもできる汎用性やアレンジ性の高さも魅力です。ロングシーズン活躍するアウターを探している人は、ぜひチェックしてみてください。

【おすすめアイテム】インナー使いも可

ライトアウターやインナーとして、デイリーに活躍する1着。キルティングは熱処理でステッチされているため、耐久性も良好です。
出典:

ライトアウターやインナーとして、デイリーに活躍する1着。キルティングは熱処理でステッチされているため、耐久性も良好です。

レディな赤を差し色に

カーキ×ネイビーの知的な配色に、レッドを投入。すると重厚感のある上下が、一気に華やいで明るい印象に変身します。
出典:

カーキ×ネイビーの知的な配色に、レッドを投入。すると重厚感のある上下が、一気に華やいで明るい印象に変身します。

ロングブーツで辛さをプラス

ニットの上にキルティングジャケットをレイヤードし、黒のスキニーでシャープに引き締め。ロングブーツで辛さをプラスすれば、キルティングのカジュアルさを軽減できます。
出典:

ニットの上にキルティングジャケットをレイヤードし、黒のスキニーでシャープに引き締め。ロングブーツで辛さをプラスすれば、キルティングのカジュアルさを軽減できます。

ギンガムチェックが幼く見えない

ともすると子供っぽく見えるギンガムチェックも、黒のキルティングジャケットで今っぽさをプラスすればトレンドの着こなしへと変身。さらにブルーのストールを長めに巻いて、スタイルアップも狙いましょう。
出典:

ともすると子供っぽく見えるギンガムチェックも、黒のキルティングジャケットで今っぽさをプラスすればトレンドの着こなしへと変身。さらにブルーのストールを長めに巻いて、スタイルアップも狙いましょう。

5.ダウン|防寒対策はバッチリ

毎年の定番アイテムでありながらも、着膨れしたりコンサバっぽくなりやすかったりと、着こなし方が難しいショート丈のダウン。おしゃれに着こなすには基本、色を2〜3色以内に抑えるのがおすすめです。色を多用しないことで、洗練されたルックスに仕上がります。
出典:

毎年の定番アイテムでありながらも、着膨れしたりコンサバっぽくなりやすかったりと、着こなし方が難しいショート丈のダウン。おしゃれに着こなすには基本、色を2〜3色以内に抑えるのがおすすめです。色を多用しないことで、洗練されたルックスに仕上がります。

【おすすめアイテム】環境にもやさしく機能的

生地や中わた、ジッパーなど、すべての素材がリサイクル可能でサステナブルな時代に対応したジャケットです。フードは取り外し可能。風の侵入を防げるように、ハイネックを採用しているところもポイントです!
出典:

生地や中わた、ジッパーなど、すべての素材がリサイクル可能でサステナブルな時代に対応したジャケットです。フードは取り外し可能。風の侵入を防げるように、ハイネックを採用しているところもポイントです!

チェックのワンピースで大人ガーリー

大人かわいいチェックのワンピースを、ダウンジャケットで相殺。甘さと辛さが整って、バランスの良い着こなしが完成します。
出典:

大人かわいいチェックのワンピースを、ダウンジャケットで相殺。甘さと辛さが整って、バランスの良い着こなしが完成します。

ロゴスウェットで外す

ロゴスウェット×ダウンジャケットの相性は抜群。ストンと落ちるきれいめスカートの外しとなって、抜け感も生まれます。
出典:

ロゴスウェット×ダウンジャケットの相性は抜群。ストンと落ちるきれいめスカートの外しとなって、抜け感も生まれます。

ダークトーンで統一

一見重たく感じるダークトーンでまとめたコーディネートですが、スカートのたっぷりフレアが軽やかな着こなしを叶えます。ダウンジャケットも悪目立ちせず、すっとコーディネートになじんでgood!
出典:

一見重たく感じるダークトーンでまとめたコーディネートですが、スカートのたっぷりフレアが軽やかな着こなしを叶えます。ダウンジャケットも悪目立ちせず、すっとコーディネートになじんでgood!

今年はショート丈アウターで決まり!

きれいめコーデにも使える!大人の「ショート丈」アウター5選
出典:
アウターを買い足そうと思っている人は、ぜひショート丈アウターもチェックしてみてください。配色やシルエット、ディテールにこだわればカジュアルになりすぎず、上品な着こなしに仕上げられます。

Special thanks...

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play