どうレイヤードする?1年中楽しむ「ロング シャツワンピース」の着回しコーデ

どうレイヤードする?1年中楽しむ「ロング シャツワンピース」の着回しコーデ

カジュアルコーデの定番アイテム「ロングシャツワンピース」。春夏には1枚でサラッと着たり、秋冬にはレイヤードでコーデに変化をつけたりして1年中楽しめます。いろいろな気こなしパターンを覚えておけば、その日の気分や気候に合わせられて便利ですよね♪そこで今回は、ロングシャツワンピースの素敵な着こなしをご紹介します。2021年12月09日更新

カテゴリ:
ファッション
キーワード
ワンピースシャツワンピースレイヤードコーディネートロングワンピース
お気に入り数1921

目次

1年通して活躍する「ロング シャツワンピース」

どうレイヤードする?1年中楽しむ「ロング シャツワンピース」の着回しコーデ
出典:
「ロング シャツワンピース」は、春に着るイメージが強いですが、レイヤードすれば1年中着こなせるアイテム。

1枚でさらりと着るのも素敵ですが、中にニットを着たり、アウター代わりに羽織ったり、コーデに変化をつけられるのも魅力です。

いろいろな着回しパターンを覚えておけば、その日の気分や気候に合わせて楽しめます。
そこで今回は、「ロングシャツワンピース」の素敵な着こなしをご紹介します。

「ロング シャツワンピース」の着回しコーデ

春夏におすすめ!1枚でシンプルに着こなす

ゆったりとしたシルエットのチェック柄シャツワンピース。
きちんと感のある革製バッグやヒールブーツを合わせることで、ラフになりすぎず上品なコーディネートになります。

肩にカーディガンをかけると、さらにおしゃれな雰囲気に♪
出典:

ゆったりとしたシルエットのチェック柄シャツワンピース。
きちんと感のある革製バッグやヒールブーツを合わせることで、ラフになりすぎず上品なコーディネートになります。

肩にカーディガンをかけると、さらにおしゃれな雰囲気に♪

ネイビーのシャツワンピースは、流行に左右されないので長く愛用できます。
スタンドカラーのシャツワンピースを選べば、1枚着るだけで洗練された雰囲気に◎
シンプルなコーデでまとめると、小ぶりのボタンがおしゃれなアクセントになります。
出典:

ネイビーのシャツワンピースは、流行に左右されないので長く愛用できます。
スタンドカラーのシャツワンピースを選べば、1枚着るだけで洗練された雰囲気に◎
シンプルなコーデでまとめると、小ぶりのボタンがおしゃれなアクセントになります。

ギンガムチェックのシャツワンピースに、黒のバッグとブーツを合わせて。
可愛らしい印象のワンピースでも、シックな小物を合わせれば大人っぽい印象に。

お団子ヘアで重心を上げ、ゆったりとしたシルエットのコーデをバランス良くまとめています。
出典:

ギンガムチェックのシャツワンピースに、黒のバッグとブーツを合わせて。
可愛らしい印象のワンピースでも、シックな小物を合わせれば大人っぽい印象に。

お団子ヘアで重心を上げ、ゆったりとしたシルエットのコーデをバランス良くまとめています。

ハリのあるコットン素材で仕立てたシャツワンピースは、1枚着るだけで存在感バツグン!
ローウエストからギャザーが入っているため、ボリューム感のある可愛いシルエットが完成します。
メンズライクなバッグや小物をチョイスして、コーデをカジュアルに決めましょう。
出典:

ハリのあるコットン素材で仕立てたシャツワンピースは、1枚着るだけで存在感バツグン!
ローウエストからギャザーが入っているため、ボリューム感のある可愛いシルエットが完成します。
メンズライクなバッグや小物をチョイスして、コーデをカジュアルに決めましょう。

肌寒い秋には、中にインしてアクセント

ホワイト系のコーデュロイ・シャツワンピースは、どんな色のアイテムとも合わせやすい便利なアイテム。
インナーにブラウンのカットソーを合わせて変化をつけて。

防寒にもなるので、季節の変わり目にぴったりな着こなしです♪
出典:

ホワイト系のコーデュロイ・シャツワンピースは、どんな色のアイテムとも合わせやすい便利なアイテム。
インナーにブラウンのカットソーを合わせて変化をつけて。

防寒にもなるので、季節の変わり目にぴったりな着こなしです♪

チェック柄のシャツワンピースに、タートルネックを合わせたレイヤードスタイル。
1枚で着るよりもクラシカルなムードになり、温かみもプラスされます。

ストラップシューズと靴下を合わせて、 ガーリー&レトロな雰囲気に。
出典:

チェック柄のシャツワンピースに、タートルネックを合わせたレイヤードスタイル。
1枚で着るよりもクラシカルなムードになり、温かみもプラスされます。

ストラップシューズと靴下を合わせて、 ガーリー&レトロな雰囲気に。

カーキの開襟シャツワンピに、ボーダーのタートルニットを合わせて。
ボーダー柄をチラリと見せることで、ワンピースがグッとあか抜けた印象になります。

ベレー帽やベルトなど小物を黒でまとめて、シックに雰囲気に仕上げています。
出典:

カーキの開襟シャツワンピに、ボーダーのタートルニットを合わせて。
ボーダー柄をチラリと見せることで、ワンピースがグッとあか抜けた印象になります。

ベレー帽やベルトなど小物を黒でまとめて、シックに雰囲気に仕上げています。

少しメンズライクな雰囲気のチェックワンピースには、白タートルを合わせてやわらかな雰囲気に。顔周りをパッと明るく見せることもできます。

白のレースアップシューズで、抜け感をさらにアップさせて。
出典:

少しメンズライクな雰囲気のチェックワンピースには、白タートルを合わせてやわらかな雰囲気に。顔周りをパッと明るく見せることもできます。

白のレースアップシューズで、抜け感をさらにアップさせて。

カジュアルに決めたいときには、ラフに羽織って

シャツワンピースは、ボタンを全開にすれば羽織りのように着ることもできるのがいいところ。
カーキのシャツワンピースを黒コーデに羽織ると、こんなにかっこいい印象に♪

袖はまくって、大人っぽくラフに着こなすのがおすすめです。
出典:

シャツワンピースは、ボタンを全開にすれば羽織りのように着ることもできるのがいいところ。
カーキのシャツワンピースを黒コーデに羽織ると、こんなにかっこいい印象に♪

袖はまくって、大人っぽくラフに着こなすのがおすすめです。

チェック柄ワンピースを、抜き襟風に首元を後ろに引いてラフに羽織ることで、大人っぽい着こなしができます。

パープルの巾着バッグをアクセントにすれば、シックかつ華やかなコーデに。
出典:

チェック柄ワンピースを、抜き襟風に首元を後ろに引いてラフに羽織ることで、大人っぽい着こなしができます。

パープルの巾着バッグをアクセントにすれば、シックかつ華やかなコーデに。

ワイドシルエットのサロペットは、シャツワンピースを羽織れば、縦のラインができてよりスッキリと見えます。

色をモノトーンにまとめることで、カジュアルながら品の良さを感じるコーデに。
出典:

ワイドシルエットのサロペットは、シャツワンピースを羽織れば、縦のラインができてよりスッキリと見えます。

色をモノトーンにまとめることで、カジュアルながら品の良さを感じるコーデに。

グレーのタートルネック×デニムのシンプルな組み合わせも、シャツワンピースをさらりと羽織れば洗練された雰囲気に。

ダークカラーでまとめると、落ち着いた大人のコーデが完成します。
出典:

グレーのタートルネック×デニムのシンプルな組み合わせも、シャツワンピースをさらりと羽織れば洗練された雰囲気に。

ダークカラーでまとめると、落ち着いた大人のコーデが完成します。

ベージュのワントーンコーデに、ペイズリー柄のシャツワンピースを合わせてクラシカルな装いに。

個性が魅力的な柄のシャツワンピースが1枚あれば、コーデのアクセントとして大活躍します。
出典:

ベージュのワントーンコーデに、ペイズリー柄のシャツワンピースを合わせてクラシカルな装いに。

個性が魅力的な柄のシャツワンピースが1枚あれば、コーデのアクセントとして大活躍します。

楽チンなのが嬉しい♪パンツでスタイリッシュに

シャツワンピースにデニムパンツをレイヤードすると、こなれ感がアップ。ゆったりシルエットのワンピース×細身デニムの組み合わせは、ボリュームに差がつきバランス◎

ちょっぴり1枚で着るよりもメンズライクな雰囲気が加わり、スタイリッシュな仕上がりになります。
出典:

シャツワンピースにデニムパンツをレイヤードすると、こなれ感がアップ。ゆったりシルエットのワンピース×細身デニムの組み合わせは、ボリュームに差がつきバランス◎

ちょっぴり1枚で着るよりもメンズライクな雰囲気が加わり、スタイリッシュな仕上がりになります。

ブラウンのカジュアルなシャツワンピースを、スラックス×パンプスを合わせたきれいめスタイル。
ワンピースのフロントボタンを一番上まで閉めて、品よく可愛らしい印象に♪
出典:

ブラウンのカジュアルなシャツワンピースを、スラックス×パンプスを合わせたきれいめスタイル。
ワンピースのフロントボタンを一番上まで閉めて、品よく可愛らしい印象に♪

ベージュのシャツワンピース×デニムの組み合わせは、デイリーコーデとして定番のスタイル。
シルバーのパンプスを合わせると、楽チンだけど手抜きに見えない着こなしが叶います。

きちんと感があるバッグをチョイスすれば、お出かけスタイルとしても◎
出典:

ベージュのシャツワンピース×デニムの組み合わせは、デイリーコーデとして定番のスタイル。
シルバーのパンプスを合わせると、楽チンだけど手抜きに見えない着こなしが叶います。

きちんと感があるバッグをチョイスすれば、お出かけスタイルとしても◎

インディゴブルーのデニムを合わせて、カジュアルなのに品の良いコーデに。

裾をロールアップすると、シンプルなコーデのおしゃれなアクセントになります。
出典:

インディゴブルーのデニムを合わせて、カジュアルなのに品の良いコーデに。

裾をロールアップすると、シンプルなコーデのおしゃれなアクセントになります。

ゆったりめのシャツワンピースには、黒いパンツを合わせてメリハリのある装いに。

子どもっぽくなりがちなAラインのシャツワンピースも、黒で引き締めるとシックなコーデに仕上がります。
出典:

ゆったりめのシャツワンピースには、黒いパンツを合わせてメリハリのある装いに。

子どもっぽくなりがちなAラインのシャツワンピースも、黒で引き締めるとシックなコーデに仕上がります。

白いシャツワンピースを選ぶと、清潔感のあるコーデが完成しますね。

コーティングリネン素材のシャツワンピースなので、ナチュラルなのにドレッシーなのも嬉しいポイントです。
出典:

白いシャツワンピースを選ぶと、清潔感のあるコーデが完成しますね。

コーティングリネン素材のシャツワンピースなので、ナチュラルなのにドレッシーなのも嬉しいポイントです。

防寒対策としても◎ニットを重ねてスカートのように

白のシャツワンピースにカーキのタートルニットを合わせた、ナチュラル感のある着こなし。
ボリュームのあるワンピースは、ニットを重ねることでフレア感が増して素敵♪

黒のブーツを合わせれば、可愛さと大人っぽさの両立するスタイルが完成します。
出典:

白のシャツワンピースにカーキのタートルニットを合わせた、ナチュラル感のある着こなし。
ボリュームのあるワンピースは、ニットを重ねることでフレア感が増して素敵♪

黒のブーツを合わせれば、可愛さと大人っぽさの両立するスタイルが完成します。

シャツワンピースにオーバーサイズのニットを重ねた、ナチュラルなコーデ。
全身をホワイトのワントーンでまとめて、柔らかい印象に。

セパレートしたトゥデザインのバレエシューズを合わせて、スパイスの効いたコーディネートになっています。
出典:

シャツワンピースにオーバーサイズのニットを重ねた、ナチュラルなコーデ。
全身をホワイトのワントーンでまとめて、柔らかい印象に。

セパレートしたトゥデザインのバレエシューズを合わせて、スパイスの効いたコーディネートになっています。

白いシャツワンピースには、グレーのニットベストを合わせて優しい雰囲気に。
グレーを選べばモノトーンコーデを作れるので、初心者でも挑戦しやすいのが嬉しいポイントです。

スニーカーではなくレースアップシューズでハズすと、カジュアルすぎない大人のコーデが完成します。
出典:

白いシャツワンピースには、グレーのニットベストを合わせて優しい雰囲気に。
グレーを選べばモノトーンコーデを作れるので、初心者でも挑戦しやすいのが嬉しいポイントです。

スニーカーではなくレースアップシューズでハズすと、カジュアルすぎない大人のコーデが完成します。

ブルーのチェックシャツワンピース×デニムのコーデに、ベージュやブラウンを散りばめて、秋冬らしい装いに。

難易度が高いブルーとブラウン系の組み合わせでも、長めのニットベストを選ぶとバランス良くまとまります。
出典:

ブルーのチェックシャツワンピース×デニムのコーデに、ベージュやブラウンを散りばめて、秋冬らしい装いに。

難易度が高いブルーとブラウン系の組み合わせでも、長めのニットベストを選ぶとバランス良くまとまります。

「ロング シャツワンピース」でコーデの幅を広げて♪

ロングシャツワンピースは、柄あり、柄なし問わず、いろいろな着こなしが楽しめるアイテム。
ぜひ自分流のコーディネートを見つけてみてくださいね。
出典:

ロングシャツワンピースは、柄あり、柄なし問わず、いろいろな着こなしが楽しめるアイテム。
ぜひ自分流のコーディネートを見つけてみてくださいね。

シャツワンピースファッション通販 - ZOZOTOWN
ZOZOTOWNでは人気ブランドのシャツワンピースを豊富にラインナップ

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア