着回し抜群!大人の『シャツワンピース』コーデ

着回し抜群!大人の『シャツワンピース』コーデ

さらりと着られて、綺麗で端正な雰囲気を漂わせられるシャツワンピースは1枚持っておくと便利。とはいえ、どのように着こなせばよいか、着方に変化を出すにはどうにすればいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は大人の女性にぴったりのシャツワンピースを、バランスが整う着方とともにご紹介します。2024年02月09日更新

カテゴリ:
ファッション
キーワード
ワンピースシャツワンピースレイヤードコーディネートロングワンピース
お気に入り数2210

目次

選ぶ色・着方によって印象が変わる「シャツワンピース」

着回し抜群!大人の『シャツワンピース』コーデ
出典:
品の良さと凛とした雰囲気、さらには親しみやすさも兼ね備えたシャツワンピースは、着るだけで大人の女性を素敵に見せてくれる優秀なアイテムです。バッグや靴はどんなものを合わせたらよいか、どのように着まわせばよいかなど、シンプルだからこそ迷ってしまうのも事実。そこで、シャツワンピースを使ったコーディネートをご紹介。ぜひ参考にしてくださいね。

モードで辛口な黒シャツワンピース

ウエスト位置にたっぷりのギャザーを配したことで、重たい見た目になりがちな黒にメリハリがつき、自然とスタイルアップを目指せるという嬉しい1着。色も真っ黒ではなく、”スミクロ”という褪せたような色合いを採用していて軽やかな雰囲気で着こなせます。写真のように、軽く袖をまくって素肌を見せると、軽さが生まれておしゃれな仕上がりに。コンバースなどのスニーカーを合わせて、カジュアルダウンを図るのもおすすめです。
出典:

ウエスト位置にたっぷりのギャザーを配したことで、重たい見た目になりがちな黒にメリハリがつき、自然とスタイルアップを目指せるという嬉しい1着。色も真っ黒ではなく、”スミクロ”という褪せたような色合いを採用していて軽やかな雰囲気で着こなせます。写真のように、軽く袖をまくって素肌を見せると、軽さが生まれておしゃれな仕上がりに。コンバースなどのスニーカーを合わせて、カジュアルダウンを図るのもおすすめです。

とろんとした柔らかな落ち感が美しいワンピース。クールな印象の黒ですが、しなやかなドレープがあると女性らしい品の良さが叶います。それだけで着るのに抵抗があるという方は、同じくくたっとした質感のパンツを仕込むのもあり。首元に明るい色を使うと、見る人の目線が上がって、全身ダークトーンでもすっきり見せられますよ。知的なシャツワンピースと鮮やかなタートルネックのバランスが新鮮です。
出典:

とろんとした柔らかな落ち感が美しいワンピース。クールな印象の黒ですが、しなやかなドレープがあると女性らしい品の良さが叶います。それだけで着るのに抵抗があるという方は、同じくくたっとした質感のパンツを仕込むのもあり。首元に明るい色を使うと、見る人の目線が上がって、全身ダークトーンでもすっきり見せられますよ。知的なシャツワンピースと鮮やかなタートルネックのバランスが新鮮です。

コットン100%でつくられたハリのあるワンピ―ス。着続けるうちに生地が馴染んで味わいが増していくところと、細かなシワがナチュラルな表情となるため気兼ねなく着られるところが魅力です。サイドスリットの入ったデザインは、横から見た時にも綺麗。やや長めでスポーティな雰囲気のパンツと一緒に着ると、モードで今っぽい見た目になります。全体をモノトーンにまとめると、バランスが取りやすい。
出典:

コットン100%でつくられたハリのあるワンピ―ス。着続けるうちに生地が馴染んで味わいが増していくところと、細かなシワがナチュラルな表情となるため気兼ねなく着られるところが魅力です。サイドスリットの入ったデザインは、横から見た時にも綺麗。やや長めでスポーティな雰囲気のパンツと一緒に着ると、モードで今っぽい見た目になります。全体をモノトーンにまとめると、バランスが取りやすい。

コットン製のハリがあるワンピースは、形がきまりやすく、羽織りとしても活躍します。コートを着るほどではないけれど、上着があると安心という時、カーディガンよりカジュアルな表情のアウターが欲しいという時にも重宝しそうです。
出典:

コットン製のハリがあるワンピースは、形がきまりやすく、羽織りとしても活躍します。コートを着るほどではないけれど、上着があると安心という時、カーディガンよりカジュアルな表情のアウターが欲しいという時にも重宝しそうです。

クリーンで爽やかな白シャツワンピース

ほどよくハリがあって端正な雰囲気のこちらも、コットン100%を使用したワンピース。余計な装飾のないミニマルな見た目と、すとんと落ちるAラインのシルエットが、上質なムードを醸し出しています。清潔感があって爽やかなホワイトカラーは、その透け感を生かしてヘルシーに着こなすとベター。暖かくなったら、淡いブルーのデニムを裾からのぞかせるのも素敵。かごバッグを合わせればシャツが持つヘルシーな魅力が際立って、一気にリゾートムードに。旅先の装いとしても最適です。
出典:

ほどよくハリがあって端正な雰囲気のこちらも、コットン100%を使用したワンピース。余計な装飾のないミニマルな見た目と、すとんと落ちるAラインのシルエットが、上質なムードを醸し出しています。清潔感があって爽やかなホワイトカラーは、その透け感を生かしてヘルシーに着こなすとベター。暖かくなったら、淡いブルーのデニムを裾からのぞかせるのも素敵。かごバッグを合わせればシャツが持つヘルシーな魅力が際立って、一気にリゾートムードに。旅先の装いとしても最適です。

こちらは同じシャツワンピースに、アイボリーのニットを重ねたスタイル。シャツの明るい白が首元や袖口からのぞくことで、ほっこりとしたイメージのニットが締まり、より知的な表情へと変わります。写真のように、白系でグラデーションをつくったら、簡単にメリハリをつけられます。
出典:

こちらは同じシャツワンピースに、アイボリーのニットを重ねたスタイル。シャツの明るい白が首元や袖口からのぞくことで、ほっこりとしたイメージのニットが締まり、より知的な表情へと変わります。写真のように、白系でグラデーションをつくったら、簡単にメリハリをつけられます。

柔らかな雰囲気が出るグレー&ベージュ

優しくニュアンスのあるグレーがおしゃれなこちらのワンピース。ぼんやり見える恐れのある淡いトーンのワンピースは、小物で緊張感を足すのがマスト。重厚感とシャープな印象をそなえた黒のブーツを合わせて、足元を引き締めましょう。ハンサムな仕上がりを目指すならバッグも黒のレザーを選び、写真のようにかごバッグを合わせると、きちんとした装いに親しみやすさと可愛らしさを演出できます。
出典:

優しくニュアンスのあるグレーがおしゃれなこちらのワンピース。ぼんやり見える恐れのある淡いトーンのワンピースは、小物で緊張感を足すのがマスト。重厚感とシャープな印象をそなえた黒のブーツを合わせて、足元を引き締めましょう。ハンサムな仕上がりを目指すならバッグも黒のレザーを選び、写真のようにかごバッグを合わせると、きちんとした装いに親しみやすさと可愛らしさを演出できます。

ほどよい厚みのコットン素材を使用したこちらのワンピースは、ユーズド感のある風合いが特徴。綺麗めになりすぎず、カジュアルな着こなしが楽しめます。ほのかな発色のサンドベージュは、さまざまな色との組み合わせがしやすく活躍すること間違いなし。カーキのパンツと合わせればいっそうユニセックスな雰囲気に。
出典:

ほどよい厚みのコットン素材を使用したこちらのワンピースは、ユーズド感のある風合いが特徴。綺麗めになりすぎず、カジュアルな着こなしが楽しめます。ほのかな発色のサンドベージュは、さまざまな色との組み合わせがしやすく活躍すること間違いなし。カーキのパンツと合わせればいっそうユニセックスな雰囲気に。

大人っぽく華やかなブルー

明るい色を着たいけれど幼く見えるのはイヤ…、そんな時にもきちんと感と清潔感をそなえたシャツワンピースが便利。上品な仕上がりを目指すなら、ブルー系を選ぶのがおすすめ。ゆったりとした身幅、長めの丈感にこだわれば、リラックス感が漂って、こなれて見せられるはず。センタープレスの入ったパンツを合わせたら、きちんと感が増し、都会的な雰囲気に。
出典:

明るい色を着たいけれど幼く見えるのはイヤ…、そんな時にもきちんと感と清潔感をそなえたシャツワンピースが便利。上品な仕上がりを目指すなら、ブルー系を選ぶのがおすすめ。ゆったりとした身幅、長めの丈感にこだわれば、リラックス感が漂って、こなれて見せられるはず。センタープレスの入ったパンツを合わせたら、きちんと感が増し、都会的な雰囲気に。

ロングシャツとして羽織りにする場合は、インナーとパンツの色合いを揃えると、縦のラインが強調されて、すらりとした印象がより際立ちます。ブルーのシャツの下は、ライトベージュや白などのまろやかな色がベスト。目を引くブルーの主張を適度にならし、柔和で心地の良い見た目に整えてくれます。
出典:

ロングシャツとして羽織りにする場合は、インナーとパンツの色合いを揃えると、縦のラインが強調されて、すらりとした印象がより際立ちます。ブルーのシャツの下は、ライトベージュや白などのまろやかな色がベスト。目を引くブルーの主張を適度にならし、柔和で心地の良い見た目に整えてくれます。

長い季節を楽しめる一枚を見つけて

着回し抜群!大人の『シャツワンピース』コーデ
出典:
単品で着るだけでなく、前を開けて羽織りにしたりニットを重ね着したりすると、オールシーズン活躍するシャツワンピース。纏うだけで気品が漂い、きちんと感を演出できるのもメリットです。ワンパターンにならないように、色々なアイディアを試して、コーディネートを楽しんでくださいね。

この記事の執筆者

名和里穂
ライター
名和里穂
ファッション誌編集部に在籍したのち、2020年よりフリーの編集・ライターとして活動。女性誌を中心に、ファッションのほか、美容やヘルスケアなどの記事を多く担当。国内旅行、アート、器、パンが好き。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

App Store バナーGoogle Play バナー