「シャツ以上、アウター未満」秋にちょうどいい、カーディガンの着こなし方

「シャツ以上、アウター未満」秋にちょうどいい、カーディガンの着こなし方

アウターよりも軽く着ることができて、シャツよりも温かさを感じる「カーディガン」は秋に大活躍のアイテム。でも、気が付くといつも同じようなコーデになっていたり、なんだか地味な着こなしになってしまったりとカーディガンコーデが難しいと思っている人も多いようです。そこで今回は、秋にぴったりなカーディガンの着こなしのポイントを素敵なコーデとともにご紹介いたします。 2018年09月30日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード:
トップス
カーディガン
着こなし
重ね着
着まわし
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1021

秋に活躍のカーディガン、上手に着こなせてますか?

シャツより暖かく、アウターよりも涼しく着られるカーディガンは、温度変化が気まぐれな秋に大活躍のアイテム。そんな寒さ対策にも対応しつつ、着こなしの幅もぐんと広げてくれる万能アイテムのカーディガンですが、一歩間違うと地味なコーディネートになってしまいがち…。
出典:

シャツより暖かく、アウターよりも涼しく着られるカーディガンは、温度変化が気まぐれな秋に大活躍のアイテム。そんな寒さ対策にも対応しつつ、着こなしの幅もぐんと広げてくれる万能アイテムのカーディガンですが、一歩間違うと地味なコーディネートになってしまいがち…。

そこでこちらでは、カーディガンをおしゃれに着こなすコツを、カラーやデザイン別にたっぷりご紹介していきます。一枚で着たり、羽織ったりたくさんの素敵なコーデがありますよ♪
出典:www.instagram.com(@hacbywondermountain)

そこでこちらでは、カーディガンをおしゃれに着こなすコツを、カラーやデザイン別にたっぷりご紹介していきます。一枚で着たり、羽織ったりたくさんの素敵なコーデがありますよ♪

シンプルだからこそ難しい!定番色カーディガンの着こなし方

黒や白、ベージュなどの定番カラーは、どんなアイテムにも馴染みやすい分、合せ方によってはなんだか地味な印象になってしまいがち。サイズ感や合わせるアイテムを意識してコーデを考えると、センス良く着こなすことができますよ♪
出典:

黒や白、ベージュなどの定番カラーは、どんなアイテムにも馴染みやすい分、合せ方によってはなんだか地味な印象になってしまいがち。サイズ感や合わせるアイテムを意識してコーデを考えると、センス良く着こなすことができますよ♪

「黒」はボトムスとのバランスが大切

コーデを引き締める黒のカーディガンは、ボトムスとのバランスでメリハリを出すのがポイント。一枚でトップス感覚で着る場合は、ボトムスはクロップド丈のシンプルデニムを選ぶとスッキリとしたシルエットになり、全体のバランスが整います。袖をロールアップして手首見せの小技を効かせることで、こなれた雰囲気に。
出典:

コーデを引き締める黒のカーディガンは、ボトムスとのバランスでメリハリを出すのがポイント。一枚でトップス感覚で着る場合は、ボトムスはクロップド丈のシンプルデニムを選ぶとスッキリとしたシルエットになり、全体のバランスが整います。袖をロールアップして手首見せの小技を効かせることで、こなれた雰囲気に。

黒のカーディガンは、主役級ボトムスとの相性も抜群!バランスよく着こなすポイントは、カーディガンの丈感。中途半端に長いものだと重さが出て野暮ったい印象に。上半身は極力コンパクトにまとめることで、柄スカートが引き立つメリハリコーデが作れますよ。
出典:

黒のカーディガンは、主役級ボトムスとの相性も抜群!バランスよく着こなすポイントは、カーディガンの丈感。中途半端に長いものだと重さが出て野暮ったい印象に。上半身は極力コンパクトにまとめることで、柄スカートが引き立つメリハリコーデが作れますよ。

ボーダートップスにカーディガンを羽織った定番スタイル。帽子やシューズなど、小物の色をカーディガンとまとめると統一感が出て大人っぽい着こなしに。ハイウエストボトムスにボーダーをタックインすることで、カーディガンがもたつくことなくすっきり着こなせますね。
出典:

ボーダートップスにカーディガンを羽織った定番スタイル。帽子やシューズなど、小物の色をカーディガンとまとめると統一感が出て大人っぽい着こなしに。ハイウエストボトムスにボーダーをタックインすることで、カーディガンがもたつくことなくすっきり着こなせますね。

コーデに甘さをプラスしたい時は「白・ベージュ」を

白やベージュのカーディガンは、着こなしにほんのり甘さをプラスしてくれるアイテム。顔周りもパッと華やかな印象になります。カーキ×ブラックのメンズライクなカラーリングのスタイルも、白のカーディガンをサラっと羽織ればどこか女性らしいキュートなスタイルに変わります。
出典:

白やベージュのカーディガンは、着こなしにほんのり甘さをプラスしてくれるアイテム。顔周りもパッと華やかな印象になります。カーキ×ブラックのメンズライクなカラーリングのスタイルも、白のカーディガンをサラっと羽織ればどこか女性らしいキュートなスタイルに変わります。

ワイドデニムにスニーカーのボーシッシュコーデに、白のカーディガンを合わせるとキレイめな雰囲気に変身。小物を黒で引き締めてあげることでメリハリが出て、白カーデが一層映えたスタイルになりますね。
出典:

ワイドデニムにスニーカーのボーシッシュコーデに、白のカーディガンを合わせるとキレイめな雰囲気に変身。小物を黒で引き締めてあげることでメリハリが出て、白カーデが一層映えたスタイルになりますね。

ベージュがかったカーディガンに白Tシャツ、パンツもブラン系にすれば、小洒落たワントンコーデが完成。カーディガンのボタンがさり気なくアクセントになっています。どこか抜け感のある、女性らしいゆるっとした装いが素敵です。
出典:

ベージュがかったカーディガンに白Tシャツ、パンツもブラン系にすれば、小洒落たワントンコーデが完成。カーディガンのボタンがさり気なくアクセントになっています。どこか抜け感のある、女性らしいゆるっとした装いが素敵です。

ロングカーディガンで雰囲気あるコーデに

ロング丈のカーディガンは、大人っぽく落ち着いた雰囲気と、縦のラインを強調したスタイルアップ効果が期待できる優秀アイテム。秋らしいチェック柄のプリーツスカートに、同系色のカーディガンを羽織ればふんわり女性らしい雰囲気に。
出典:

ロング丈のカーディガンは、大人っぽく落ち着いた雰囲気と、縦のラインを強調したスタイルアップ効果が期待できる優秀アイテム。秋らしいチェック柄のプリーツスカートに、同系色のカーディガンを羽織ればふんわり女性らしい雰囲気に。

ボーイッシュなボーダー×カーキパンツには、白のロングカーデを合わせて甘さをプラス。ヘアスタイルをやや下でまとめることで、こなれ感が出てバランスの良い着こなしに。
出典:

ボーイッシュなボーダー×カーキパンツには、白のロングカーデを合わせて甘さをプラス。ヘアスタイルをやや下でまとめることで、こなれ感が出てバランスの良い着こなしに。

膨張して見えてしまいがちな柄物ワイドパンツは、上から黒のロングカーデを羽織ってボリュームダウン。インナーをシンプルな白にすることでメリハリのある着こなしになります。
出典:

膨張して見えてしまいがちな柄物ワイドパンツは、上から黒のロングカーデを羽織ってボリュームダウン。インナーをシンプルな白にすることでメリハリのある着こなしになります。

黒Tシャツとデニムのシンプルコーデにブラウンのロングカーデを重ねると、秋を感じる雰囲気あるスタイルに。こっくりとした深めのブラウンは、落ち着いた大人の印象を与えます。
出典:

黒Tシャツとデニムのシンプルコーデにブラウンのロングカーデを重ねると、秋を感じる雰囲気あるスタイルに。こっくりとした深めのブラウンは、落ち着いた大人の印象を与えます。

着こなしのアクセントは「カラーカーディガン」で

シックなカラーを手に取りがちな秋ですが、たまにはカラーカーディガンで彩りを添えてみるのはいかがでしょう。鮮やかなグリーンが印象的なカーディガンは、深みのあるベージュのワイドパンツと合わせれば、秋らしいおしゃれスタイルに。
出典:

シックなカラーを手に取りがちな秋ですが、たまにはカラーカーディガンで彩りを添えてみるのはいかがでしょう。鮮やかなグリーンが印象的なカーディガンは、深みのあるベージュのワイドパンツと合わせれば、秋らしいおしゃれスタイルに。

注目カラーパープルも、カーディガンなら気軽にチャレンジできちゃいます。ベーシックなチェックトップス×ワイドパンツに長め丈のカーディガンを合わせれば、大人のカジュアルコーデが完成します。
出典:

注目カラーパープルも、カーディガンなら気軽にチャレンジできちゃいます。ベーシックなチェックトップス×ワイドパンツに長め丈のカーディガンを合わせれば、大人のカジュアルコーデが完成します。

主役級の明るいイエローのカーディガに、こっくりとした深めカラーのスカーフを巻いてクラシカルな雰囲気に。あえてデニムでカジュアルダウンするのが、キメすぎない大人コーデのポイントです。
出典:

主役級の明るいイエローのカーディガに、こっくりとした深めカラーのスカーフを巻いてクラシカルな雰囲気に。あえてデニムでカジュアルダウンするのが、キメすぎない大人コーデのポイントです。

チェックのテーパードパンツに、レッドのカーディガンがよく映えます。トラッドシューズに、ベレー帽とトレンド要素をさり気なく取り入れたワンランク上の着こなしです。
出典:

チェックのテーパードパンツに、レッドのカーディガンがよく映えます。トラッドシューズに、ベレー帽とトレンド要素をさり気なく取り入れたワンランク上の着こなしです。

トレンドアイテム「ケーブルカーデ」も上手に取り入れよう

ざっくりとしてボリューム感のあるシルエットのケーブルカーデは今季注目のアイテム。いつものボトムスにケーブルカーデを合わせるだけで、トレンド感のある着こなしが楽しめます。
出典:

ざっくりとしてボリューム感のあるシルエットのケーブルカーデは今季注目のアイテム。いつものボトムスにケーブルカーデを合わせるだけで、トレンド感のある着こなしが楽しめます。

白とベージュのシンプルな組み合わせも、ざっくりとしたケーブルカーディガンを羽織るだけで、ぐっと垢抜けた印象に。スラリと縦のラインを意識しつつ、アウターはゆるっと大きめを選んでこなれ感をプラス。お手本にしたい絶妙なバランスのコーデです。
出典:

白とベージュのシンプルな組み合わせも、ざっくりとしたケーブルカーディガンを羽織るだけで、ぐっと垢抜けた印象に。スラリと縦のラインを意識しつつ、アウターはゆるっと大きめを選んでこなれ感をプラス。お手本にしたい絶妙なバランスのコーデです。

重くなりがちな黒のワンピースも、白のケーブルカーディガンをふわっと合わせれば目線が上がり軽やかな印象に。カーディガンは、長すぎない丈のものを選ぶのがポイントです♪
出典:

重くなりがちな黒のワンピースも、白のケーブルカーディガンをふわっと合わせれば目線が上がり軽やかな印象に。カーディガンは、長すぎない丈のものを選ぶのがポイントです♪

秋はカーディガンのオシャレを楽しもう!

一枚で着たり、羽織ったり、形や色によってもさまざまな着こなしが楽しめるカーディガン。定番と合わせていくつか持っていると着こなしの幅がぐんと広がるアイテムです。いつも同じようなスンタイルになりがちという方は、ぜひ今回紹介したコーデを参考にしてみてくださいね♪
出典:

一枚で着たり、羽織ったり、形や色によってもさまざまな着こなしが楽しめるカーディガン。定番と合わせていくつか持っていると着こなしの幅がぐんと広がるアイテムです。いつも同じようなスンタイルになりがちという方は、ぜひ今回紹介したコーデを参考にしてみてくださいね♪

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play