ストレスフリーな『イージーパンツ』特集。部屋着に見えないおすすめコーデ

ストレスフリーな『イージーパンツ』特集。部屋着に見えないおすすめコーデ

ウエストゴムによるストレスフリーな穿き心地が魅力のイージーパンツ。とはいえ、手抜きには見せたくないし、スタイルアップだって図りたい…。そこで、快適性とおしゃれさの両方を兼ね備えた1着の選び方をお教えします。おすすめのイージーパンツを、より素敵に着こなすためのアイデアとともにご紹介。2023年09月05日更新

カテゴリ:
ファッション
キーワード
コーディネートシーン・季節春コーデパンツオフィスカジュアル
お気に入り数237

目次

イージーパンツってどんなもの?

ストレスフリーな『イージーパンツ』特集。部屋着に見えないおすすめコーデ
出典:
股上が深くゆったりとしたシルエットに、ウエストゴムの設計が特徴的なイージーパンツ。締めつけが少ないところと、体型を拾いにくいところがメリットです。ヒップ周りにゆとりのあるものが多いため、スタイルアップを目指せる形や素材にこだわることが完成度を上げる秘訣。トップスをタックインしたりショートブーツを合わせたり、ちょっとした着方の工夫で部屋着っぽく見える不安も払拭できますよ。

”部屋着”に見えない! イージーパンツの選びと着方

下半身がすっきり見えるテーパード

裾に向かって細くなるテーパードなら、股上がゆったりでも、もたつく心配なし。メンズライクになりやすいイージーパンツですが、こんな形なら女性らしくキレイめに仕上がります。スタイリングのポイントは、ウエストゴムを活用し、トップスを軽くインしたところ。視線が上がり、腰位置を高く見せられます。
出典:

裾に向かって細くなるテーパードなら、股上がゆったりでも、もたつく心配なし。メンズライクになりやすいイージーパンツですが、こんな形なら女性らしくキレイめに仕上がります。スタイリングのポイントは、ウエストゴムを活用し、トップスを軽くインしたところ。視線が上がり、腰位置を高く見せられます。

おしゃれな厚みが出るダブルタック

こちらのテーパードパンツは、前面に入った2本のタックが特徴です。このタックは、アクセントとして装いにこなれた雰囲気をもたらすだけでなく、イージーパンツならではのルーズな形にメリハリを与えてくれます。洗練度を上げるなら、ネイビーがおすすめ。黒など同系色のシューズでまとめたら、よりすらりとした印象が実現します。
出典:

こちらのテーパードパンツは、前面に入った2本のタックが特徴です。このタックは、アクセントとして装いにこなれた雰囲気をもたらすだけでなく、イージーパンツならではのルーズな形にメリハリを与えてくれます。洗練度を上げるなら、ネイビーがおすすめ。黒など同系色のシューズでまとめたら、よりすらりとした印象が実現します。

イージーパンツだったらカーキも上品

ゆとりのあるシルエット&心地よい素材感のイージーパンツなら、無骨なイメージの強いカーキを選んでも、柔らかな雰囲気を保てますよ。縫製が完了してから染色を行う製品染めを施したこのパンツは、くたっとした風合いが魅力的。シンプルなトップスと合わせても、十分さまになります。
出典:

ゆとりのあるシルエット&心地よい素材感のイージーパンツなら、無骨なイメージの強いカーキを選んでも、柔らかな雰囲気を保てますよ。縫製が完了してから染色を行う製品染めを施したこのパンツは、くたっとした風合いが魅力的。シンプルなトップスと合わせても、十分さまになります。

トップスに悩んだら、きちんと感と親しみやすさの両方を備えたボーダーを合わせてみましょう。イージーパンツの気取らない良さはそのままに、さりげなく気品をプラスできます。
出典:

トップスに悩んだら、きちんと感と親しみやすさの両方を備えたボーダーを合わせてみましょう。イージーパンツの気取らない良さはそのままに、さりげなく気品をプラスできます。

スウェットパンツを選んで今っぽく

スウェット地のイージーパンツを選ぶ場合、意識したいのが、上質感の漂う素材と色選び。「unfil(アンフィル)」のパンツは、超長綿を使用したしなやかな風合いで、ラフになりすぎないため大人女性にぴったり。裏起毛を採用した、肌当たりもとても気持ちいい1着です。
出典:

スウェット地のイージーパンツを選ぶ場合、意識したいのが、上質感の漂う素材と色選び。「unfil(アンフィル)」のパンツは、超長綿を使用したしなやかな風合いで、ラフになりすぎないため大人女性にぴったり。裏起毛を採用した、肌当たりもとても気持ちいい1着です。

すべてモノトーンで統一すると、カジュアルな組み合わせも子どもっぽく転びません。トップスの前だけ軽くインして、ウエスト紐をのぞかせたのもポイントです。
出典:

すべてモノトーンで統一すると、カジュアルな組み合わせも子どもっぽく転びません。トップスの前だけ軽くインして、ウエスト紐をのぞかせたのもポイントです。

チェックできちんと感をキープ

柄物にトライするなら、まずは定番のチェックがおすすめ。華やかになりすぎないから大人も取り入れやすいうえ、旬のレトロな雰囲気が簡単に手に入ります。センタープレスが入っているので、スニーカーと合わせてもキレイめに着地させられます。知性や清潔感も香り立つグレー系は、リブニットなど女性らしいトップスと合わせるのが好バランス。
出典:

柄物にトライするなら、まずは定番のチェックがおすすめ。華やかになりすぎないから大人も取り入れやすいうえ、旬のレトロな雰囲気が簡単に手に入ります。センタープレスが入っているので、スニーカーと合わせてもキレイめに着地させられます。知性や清潔感も香り立つグレー系は、リブニットなど女性らしいトップスと合わせるのが好バランス。

BIGサイズを楽しむのもあり

たっぷりと空気を含んだようなボリュームは、イージーパンツならでは。なかでも、「Veritecoeur(ヴェリテクール)」のパンツは、ヒップにおしゃれな立体感が出るように設計されていて、ルーズなのにバランスよく穿ける点に惹かれます。重厚感を抑えるため、暗色よりもライトな色を選ぶとベター。
出典:

たっぷりと空気を含んだようなボリュームは、イージーパンツならでは。なかでも、「Veritecoeur(ヴェリテクール)」のパンツは、ヒップにおしゃれな立体感が出るように設計されていて、ルーズなのにバランスよく穿ける点に惹かれます。重厚感を抑えるため、暗色よりもライトな色を選ぶとベター。

フロントにも大きくタックが入っているので、トップスはしっかりインすると、よりバランスの取れた仕上がりに。身幅や腕周りが細身のトップスを選ぶと、すっきり見せられます。
出典:

フロントにも大きくタックが入っているので、トップスはしっかりインすると、よりバランスの取れた仕上がりに。身幅や腕周りが細身のトップスを選ぶと、すっきり見せられます。

品を保てるウール生地×グレー

秋冬に新調するなら、あたたかみのあるウールツイル素材も一押しです。「nicholson&nicholson(ニコルソンアンド ニコルソン)」のパンツは、中肉厚な生地を使っていながら、ドライタッチな風合いでほっこり見えません。お仕事など、きちんと感が必要なシーンでも重宝すること確実です。
出典:

秋冬に新調するなら、あたたかみのあるウールツイル素材も一押しです。「nicholson&nicholson(ニコルソンアンド ニコルソン)」のパンツは、中肉厚な生地を使っていながら、ドライタッチな風合いでほっこり見えません。お仕事など、きちんと感が必要なシーンでも重宝すること確実です。

前後にセンタープレスが入っているため、テクニック要らずでスタイルアップが狙えます。ヒップの適度なゆとりが、トレンドの短丈トップスをより素敵に見せてくれますよ。
出典:

前後にセンタープレスが入っているため、テクニック要らずでスタイルアップが狙えます。ヒップの適度なゆとりが、トレンドの短丈トップスをより素敵に見せてくれますよ。

ふっくらとしたウール地で優しげに

こちらの「DANTON (ダントン)」のイージーパンツもウール製。ふっくらとしていてほんのり起毛感のある生地と、ゆるやかなテーパードシルエットに、優しくナチュラルな雰囲気が漂います。フランスの老舗ワークウェアブランドらしい、飾らないのに品を感じさせる佇まいがポイントです。
出典:

こちらの「DANTON (ダントン)」のイージーパンツもウール製。ふっくらとしていてほんのり起毛感のある生地と、ゆるやかなテーパードシルエットに、優しくナチュラルな雰囲気が漂います。フランスの老舗ワークウェアブランドらしい、飾らないのに品を感じさせる佇まいがポイントです。

鮮やかなカラーソックスをのぞかせて、リラクシーなパンツの引き締め役に。クロップド丈のパンツには、やや厚手のリブソックスを合わせるのが一押しです。
出典:

鮮やかなカラーソックスをのぞかせて、リラクシーなパンツの引き締め役に。クロップド丈のパンツには、やや厚手のリブソックスを合わせるのが一押しです。

トップスの色みを選ばないブラウン

大人っぽさや女性らしさを重視するなら、ダークブラウンのイージーパンツが最適。落ち着いているのに、どこか今っぽい抜け感があり、穿くだけで装いの完成度が上がるはずです。さらに、写真のようにパステルカラーなどの色ものともマッチするので、組み合わせの幅も広がります。
出典:

大人っぽさや女性らしさを重視するなら、ダークブラウンのイージーパンツが最適。落ち着いているのに、どこか今っぽい抜け感があり、穿くだけで装いの完成度が上がるはずです。さらに、写真のようにパステルカラーなどの色ものともマッチするので、組み合わせの幅も広がります。

フルレングスではない場合、ソックスをちら見せするほか、ショートブーツ合わせも素敵。足元に重みが生まれることで、ゆったりとしたパンツにほどよい緊張感をもたらせます。
出典:

フルレングスではない場合、ソックスをちら見せするほか、ショートブーツ合わせも素敵。足元に重みが生まれることで、ゆったりとしたパンツにほどよい緊張感をもたらせます。

光沢のある黒でスタイリッシュに

こちらのパンツは、縦糸にコットン糸、横糸にナイロン糸を用いた、ニュアンスのある風合いが特徴。ほのかな光沢が、気楽なイメージのパンツに高級感を演出してくれます。足さばきのいいシルエットながら、黒を選べば、シャツやジャケットにも合うシックな仕上がりに。
出典:

こちらのパンツは、縦糸にコットン糸、横糸にナイロン糸を用いた、ニュアンスのある風合いが特徴。ほのかな光沢が、気楽なイメージのパンツに高級感を演出してくれます。足さばきのいいシルエットながら、黒を選べば、シャツやジャケットにも合うシックな仕上がりに。

肌寒くなる時季には、同素材のコートや、手持ちのアウターと色を揃えてセットアップ風に着用するのもあり。よりきちんと感が増し、凛とした姿に近づけます。
出典:

肌寒くなる時季には、同素材のコートや、手持ちのアウターと色を揃えてセットアップ風に着用するのもあり。よりきちんと感が増し、凛とした姿に近づけます。

女性らしくデニムを穿きたい人にも最適

体を締め付けないサイズ感が長所のイージーパンツなら、デニム素材もメンズライクにならず、女性らしく着こなせます。さらっとした肌触りと余裕のあるシルエットのおかげで、デニムによくあるゴワつきを感じることなく、ノンストレスに着用できるのも嬉しいポイント。
出典:

体を締め付けないサイズ感が長所のイージーパンツなら、デニム素材もメンズライクにならず、女性らしく着こなせます。さらっとした肌触りと余裕のあるシルエットのおかげで、デニムによくあるゴワつきを感じることなく、ノンストレスに着用できるのも嬉しいポイント。

ストレートワイドのイージーパンツは、ともすると物足りなく見えることも。ストラップシューズなど、少し個性のある小物でワンポイントを加えると、メリハリがついて都会的に。
出典:

ストレートワイドのイージーパンツは、ともすると物足りなく見えることも。ストラップシューズなど、少し個性のある小物でワンポイントを加えると、メリハリがついて都会的に。

サテンライクな光沢でキレイめに

「WAISTRICK BY JOHNBULL(ウエストリックバイジョンブル)」のパンツには、起毛感のある表地が採用されています。しなやかな光沢に上質感が漂い、手抜きに見える恐れを払拭。下に流れるような落ち感も、ウエストゴム仕様のイージーパンツだからこそ。質感に抑揚が生まれるので、写真のような同トーンの合わせも単調になりません。
出典:

「WAISTRICK BY JOHNBULL(ウエストリックバイジョンブル)」のパンツには、起毛感のある表地が採用されています。しなやかな光沢に上質感が漂い、手抜きに見える恐れを払拭。下に流れるような落ち感も、ウエストゴム仕様のイージーパンツだからこそ。質感に抑揚が生まれるので、写真のような同トーンの合わせも単調になりません。

イージーパンツなら、「ラクしておしゃれ」を両立できる

ストレスフリーな『イージーパンツ』特集。部屋着に見えないおすすめコーデ
出典:
部屋着っぽく見えそうで心配……という方も多いイージーパンツ。そんなイメージを覆すかのように、最近は都会的で品よく着られるデザインが、色々なブランドから出ています。快適なだけでなく、取り入れることでスタイリングに抜け感や親しみやすさを出すことができるところも魅力です。イージーパンツを活用して、おしゃれの幅を広げてはいかがでしょうか。

この記事の執筆者

名和里穂
ライター
名和里穂
ファッション誌編集部に在籍したのち、2020年よりフリーの編集・ライターとして活動。女性誌を中心に、ファッションのほか、美容やヘルスケアなどの記事を多く担当。国内旅行、アート、器、パンが好き。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

App Store バナーGoogle Play バナー