イッタラ(iittala) 記事

59件RSS

フィンランドのデザインブランドであるイッタラ(iittala)の創業は、1881年に設立されたガラス工場からだといわれている。以来さまざまな企業形態をとりながら、多くのデザイナーの製品を世に送り出し続けている。 20世紀を代表する建築家の一人、アルヴァ・アアルトはイッタラから優美な連続する曲面を持つガラスのフラワーベースのシリーズを発表している。イッタラを代表するシリーズのひとつだ。 「北欧デザインの良心」と称されるカイ・フランクは、2011年彼の生誕100年を記念して10€銀貨が発行されるほどのフィンランドの国民的デザイナーだが、彼のデザインした食器、陶磁器のシリーズ「ティーマ」とグラスのシリーズ「カルティオ」は今でもイッタラの定番アイテムだ。 アルフレッド・ハベリによるシリーズ「オリゴ」は美しい配色のボーダーが食器を包むデザインとなっている。取手のないマグカップはさまざまな用途に用いられ、どんな組み合わせでもテーブルのアクセントになるだろう。 「タイカ」シリーズはシンプルでモダンなデザインだがどこか優美な美しさを備えるイッタラの製品の中では、やや異色の存在だ。クラウス・ハーパニエミの幻想的なイラストで覆われた食器は、そのまま絵本のようであり、フィンランド語で魔法を意味する「タイカ」を表現している。 オイヴァ・トイッカのデザインした「カステルヘオミ」シリーズは名前の通り、「しずく」がデザインされている。1988年まで生産されていたシリーズが2010年に復刻した。 イッタラのデザインは、いずれのシリーズもフィンランドを代表するデザインであり、永く使い続けて行きたい製品ばかりである。

イッタラ(iittala)に関するキーワード

北欧インテリアが気になるあなたへ♪憧れの北欧ブランドのオブジェたち

北欧インテリアが気になるあなたへ♪憧れの北欧ブランドのオブジェたち

北欧インテリア、その素晴らしいデザインはいつも私たちを魅了して止みません。今回はそんな北欧インテリア好きの方へ向けた、北欧ブランドの伝統あるオブジェをご紹介いたします。憧れのオブジェを飾って、お部屋をより北欧らしくランクアップしてみませんか?

meme15

【夏の夜のキャンドル】素敵な楽しみ方&可愛いロウソク厳選9

【夏の夜のキャンドル】素敵な楽しみ方&可愛いロウソク厳選9

暑い夏の夜に、つかの間の癒しをもたらしてくれる、キャンドル。優しく温かみのある灯りが、お部屋や空間をロマンティックな雰囲気に演出してくれます。今回は、おすすすめのキャンドルや蝋燭、自宅での楽しみ方をご紹介。暑さを忘れさせてくれるような、素敵な夏の夜をお過ごしくださいね。

ama_no

夏のインテリアにきらめく透明感を。ガラスの雑貨で夏を涼しく彩ろう

夏のインテリアにきらめく透明感を。ガラスの雑貨で夏を涼しく彩ろう

日の光を透かしてキラキラと輝くガラスのインテリア。暑い季節はそんなガラス製のインテリアを取り入れて、お部屋を涼しく演出してみませんか?フラワーベース・オブジェ・オーナメントなど、お部屋のアクンセントになるガラスのインテリアをご紹介します。

mkico

見た目から涼しく。暑い夏の日の食卓に清涼感を与えてくれるガラスの器7選

見た目から涼しく。暑い夏の日の食卓に清涼感を与えてくれるガラスの器7選

暑い夏の季節には、食卓に清涼感を与えてくれるガラスの器がおすすめです。そうめんやおそばのお猪口として使うも良し、アイスクリームやゼリーなどのひんやりデザートを入れるも良し。陶器とは異なり、透明感のあるガラス製の器は、見た目も涼しく夏らしさを演出してくれます。テーブルに涼しさを運んでくれるガラスの器をご紹介します。

みう

暑い夏を快適に過ごしたい!涼しげグッズ&インテリアアイディア

暑い夏を快適に過ごしたい!涼しげグッズ&インテリアアイディア

じっとしていても汗が滲み出てくる暑い夏。天然素材やガラスのアイテムをインテリアに取り入れたり、テーブルウエアも夏仕様に変えるだけでいつもの料理を涼しく演出!素材や色を上手に利用して体感温度を下げ、爽やかで快適な空間作りをしてみませんか?ぜひ、参考にしてみてくださいね。

shanti

食卓をもっと楽しく魅力的におもてなし♪鮮やかで華やかな器たち

食卓をもっと楽しく魅力的におもてなし♪鮮やかで華やかな器たち

レストランで、目の前に運ばれてきた料理の美しさに、感嘆の溜息を漏らした経験はありませんか?料理を、より華やかに引立てている素敵な器のコーディネートを見ると、自分でも試してみたくなりますよね。その色や模様一つで、食卓を活き活きと華やかにしてくれる素敵な器たちで、毎日の食卓も楽しく彩ってみませんか?

kiu-chan

ドリンクに、パフェに♪iittalaの脚付きグラス【Lempi(レンピ)】を使いこなそう

ドリンクに、パフェに♪iittalaの脚付きグラス【Lempi(レンピ)】を使いこなそう

2012年に発売されて以来、人気を博しているイッタラ(iittala)の脚付きグラス、レンピ(Lempi)。安定感のあるかたちとマシンメイドでリーズナブルなお値段、使い勝手のいい大きさと素晴らしいポイントばかりです。お茶やジュース、アルコールなどのドリンク類だけではなく、パフェなどのグラスデザートにもぴったりのレンピをご紹介していき...

shiro_chan

有能で、使い心地がよくて、姿が美しい。人気ブロガーさんが使い続けるキッチンツール

有能で、使い心地がよくて、姿が美しい。人気ブロガーさんが使い続けるキッチンツール

道具として優秀で、デザイン的にも魅力的なキッチンツール。一生ものとの出合いを探して、お店をまわったり、サイトや雑誌をチェックしている方も多いのでは。そこで今回は、ライフスタイルやインテリアを紹介するブログで支持を集める人気ブロガーさんたちが実際に愛用しているキッチンツールをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

suzu

使ってないお皿、眠ってませんか?必要な数を見直す「食器棚点検」をしよう

使ってないお皿、眠ってませんか?必要な数を見直す「食器棚点検」をしよう

結婚式の引き出物や、旅先で衝動買いした食器たち。食器棚の整理をするたびに、何だか捨てられない…と、奥に押し込んでいませんか?特にお皿やカップなどの割れ物は、場所をとるだけでなく、地震などで割れる危険性もあるだけに、目的なく保管するのはおすすめできません。この機会に思いきって処分し、ゆとりをもった生活に一歩踏み出してはいかがですか?

lovecoffee

和も洋も使いまわせる。食器を増やさないコツは「一器多様」を選ぶこと

和も洋も使いまわせる。食器を増やさないコツは「一器多様」を選ぶこと

食器を増やさないコツは、「○○用」などの専用ではなく、ひとつで何通りもの使い方が出来るアイテムを選ぶこと。そこで今回は、料理を選ばないシンプルな色や形のプレート、オーブン容器としても使えるグラス、一器多様に使える食器のポイントなど、おすすめの一器多様に使える食器をご紹介したいと思います。

puuupi

お部屋がグンと楽しくなるね♪ 窓際を彩る"かわいいもの"たち

お部屋がグンと楽しくなるね♪ 窓際を彩る"かわいいもの"たち

柔らかい光が差し込む窓辺。そこにかわいいオブジェや小物を飾れば、お部屋の印象も一段と楽しいものになります。インテリアをもっと楽しむために窓際に置きたい小物や雑貨をご紹介します。光や風が入る窓際だからこそ、より魅力的な姿を見せるものも多くセレクトしたので、ぜひ参考にしてくださいね♪

eriiy

朝、一杯のお水。お昼のアイスコーヒーに。これからの季節にぴったりの「グラス」を迎えて

朝、一杯のお水。お昼のアイスコーヒーに。これからの季節にぴったりの「グラス」を迎えて

気温がグングンと上昇する暑い季節は、清涼感のあるグラスで一息つきませんか?ソーダ水、レモン水、コーヒー・・・。冷たい飲み物が美味しく見える素敵なグラスをご紹介します。食卓やティータイムを彩ってくれるお気に入りのグラスを見つけて、毎日の生活と喉に潤いを与えましょう♪

star_map

シンプルで機能的。美しいガラス製品を日常に取り入れてみよう!

シンプルで機能的。美しいガラス製品を日常に取り入れてみよう!

ワインやブランデー、または普段の飲み物にグラスやカラフェといったガラス製品を使用することもありますよね。ガラス製品の魅力は、シンプルながらも繊細な美しさがあるというところ。無色透明、装飾のないガラス製品でもフォルムが美しく飾っておきたいと感じるものも多くあります。今回は、ガラス製品の魅力だけでなく、日常で取り入れてみたい活用法をご紹...

ichive

人気の定番から憧れの北欧ビンテージまで。フィーカを愉しむための『マグカップ』カタログ

人気の定番から憧れの北欧ビンテージまで。フィーカを愉しむための『マグカップ』カタログ

「フィーカ(fika)」という言葉をご存知ですか?スウェーデン語で“コーヒーを飲んで休憩をする”という意味です。日々の暮らしを大切にする北欧の人々らしい文化ですよね。特にスウェーデンの人々はこの「フィーカ」が大好き。一日に複数回は必ず「フィーカ」を楽しんでいるそう。大切な時間だからこそこだわりたいのが、コーヒーを飲むために使う【マグ...

ma_ko

北海道・札幌で楽しむ。子連れで行けるおしゃれなカフェ6選

北海道・札幌で楽しむ。子連れで行けるおしゃれなカフェ6選

北海道で一番の都市、札幌市。あたたかくなると緑が豊かになり、穏やかな気候で過ごしやすい街として人気の観光地です。四季を通じて北海道らしさを楽しめる札幌市は、様々なイベントも行われ多くの子育て世代が街を行き交っています。今回はそんな子育て世代にぜひ行ってみていただきたい、カフェをご紹介していきます。子連れで安心して行けるお店があると街...

hari_t_ko