ストール一つで印象が変わるよ。覚えておきたいストールの巻き方

ストール一つで印象が変わるよ。覚えておきたいストールの巻き方

ストールが一枚首元にあるだけで、印象が変わります。また、“ストールの巻き方”を替えただけでも、印象が変わります。ストールの巻き方は実に様々。基本となる巻き方を幾つかマスターしておけば、もっとお洒落が楽しめるはずです。覚えておきたい“ストール”の巻き方を7つ紹介しますので、ぜひマスターしてみましょう。 2017年04月07日更新

カテゴリ:
ファッション
キーワード:
コーディネート
ストール
巻き方
春コーデ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
714

ストールが一枚あるだけで…

ストールが一枚首元にあるだけで、全体から受ける印象が変わります。
また、同じストールの“巻き方”を替えただけでも、全体の雰囲気が変わります。
春先は日中は温かでも、朝夕はまだまだ肌寒さを覚える頃。

薄手のストールが一枚あるだけで、ちょっとした寒さがしのげるだけでなく、全体の印象が変わり、洒落た雰囲気になります。

出典:

春先は日中は温かでも、朝夕はまだまだ肌寒さを覚える頃。

薄手のストールが一枚あるだけで、ちょっとした寒さがしのげるだけでなく、全体の印象が変わり、洒落た雰囲気になります。

シンプルで大人可愛いコーディネート。
「ストール」が、グッとフェミンで大人可愛い雰囲気を印象づけています。

出典:

シンプルで大人可愛いコーディネート。
「ストール」が、グッとフェミンで大人可愛い雰囲気を印象づけています。

「ストールの巻き方」次第で印象が変わる

ストールが一枚あれば、全体の雰囲気がワンランクもツーランクもアップします。

でも、せっかくストールを持っていても十分に活用できなければ、宝の持ち腐れです。ストールは、巻き方でも印象が変わり、カジュアルな印象にも、キリッとした印象にもなります。手持ちのストールが少なくても、巻き方で次第で色んなシーンに活用することが出来ます。

“ストールの巻き方”は様々にありますが、今記事では“基本”と、その簡単な応用例を紹介します。
紹介するのは、基本中の基本である「エディター巻き」と、それを応用発展させた、全部で7つの巻き方です。

1.基本の「エディター巻き」
2.キリッときめて「フレンチノット」
3.ボリュームアップ「フロントノット」と「サイドノット」
4.さらにボリュームアップ「ルーズノット」
5.綺麗目な印象に「クロスノット」
6.ジャケットに一押し「ダブルクロスノット」
7.ダブルクロス巻きを応用して「ウーブンノット」

出典:

紹介するのは、基本中の基本である「エディター巻き」と、それを応用発展させた、全部で7つの巻き方です。

1.基本の「エディター巻き」
2.キリッときめて「フレンチノット」
3.ボリュームアップ「フロントノット」と「サイドノット」
4.さらにボリュームアップ「ルーズノット」
5.綺麗目な印象に「クロスノット」
6.ジャケットに一押し「ダブルクロスノット」
7.ダブルクロス巻きを応用して「ウーブンノット」

紹介する“ストールの巻き方”は、どれもオールシーズン活用でき、春夏の薄手コットンやリネン、秋冬の厚手のウール等、ストールの素材を選ばない巻き方です。

マスターすれば、今よりもっとお洒落が楽しめるはずです。ぜひ手持ちのストールで試してみましょう。

基本の「エディター巻き」と、その応用

1.基本の「エディター巻き」

「エディター巻き」は最もポピュラーな“ストールの巻き方”。

「エディター巻き」を展開すれば、印象の異なる巻き方に応用できます。

出典:

「エディター巻き」は最もポピュラーな“ストールの巻き方”。

「エディター巻き」を展開すれば、印象の異なる巻き方に応用できます。

「エディター巻き」は「一周巻き」とも呼ばれるように、首にくるっと“一周”巻くだけですが、首元の締め具合で雰囲気が変わります。

出典:

「エディター巻き」は「一周巻き」とも呼ばれるように、首にくるっと“一周”巻くだけですが、首元の締め具合で雰囲気が変わります。

首もとが締った「エディター巻き」。

クールで軽やか。

出典: www.flickr.com(@Maria Morri)

首もとが締った「エディター巻き」。

クールで軽やか。

ゆるくふんわりとしたエディター巻き。

ゆるく巻くとやわらかな雰囲気が出ますね。

出典:

ゆるくふんわりとしたエディター巻き。

ゆるく巻くとやわらかな雰囲気が出ますね。

2.キリッときめて「フレンチノット」

ネッカチーフでよく使われるスタイルですが、春夏のリネンやシルクのストールでも素敵。

「フレンチノット」は、エディター巻きの応用編。
「エディター巻き」をし終えたら、ストールの端を首元でカッチリと結びます。結び目をサイドにずらせば完成。

出典:

ネッカチーフでよく使われるスタイルですが、春夏のリネンやシルクのストールでも素敵。

「フレンチノット」は、エディター巻きの応用編。
「エディター巻き」をし終えたら、ストールの端を首元でカッチリと結びます。結び目をサイドにずらせば完成。

「エディター巻き」にボリュームをプラスして

3.ボリュームアップ「フロントノット」と「サイドノット」

基本の「エディター巻き(一周巻き)」を展開して、ボリュームをアップしましょう。
防寒効果が高まるだけでなく、華やかさが生まれます。
画像中央が「フロントノット」。
ストールの両端を整えましょう。

画像左が「サイドノット」。
フロントノットをサイドにずらした状態です。
(※「ノット」とは「結び目」のこと)

出典:

画像中央が「フロントノット」。
ストールの両端を整えましょう。

画像左が「サイドノット」。
フロントノットをサイドにずらした状態です。
(※「ノット」とは「結び目」のこと)

◆フロントノット◆
「フロントノット」スタイル。

薄手のストールなら、春夏のプレーンなトップスに。

出典:

「フロントノット」スタイル。

薄手のストールなら、春夏のプレーンなトップスに。

「フロントノット」は、ジャケットやコートによく似合います。

オフィスでも。お出掛けでも。春でも冬でも。
シーンやシーズン、ストールの素材を選ばない基本的なストールの巻き方です。

出典: www.flickr.com(@Ali Rahmati)

「フロントノット」は、ジャケットやコートによく似合います。

オフィスでも。お出掛けでも。春でも冬でも。
シーンやシーズン、ストールの素材を選ばない基本的なストールの巻き方です。

◆サイドノット◆
フロントノットを少し横にずらした「サイドノット」。大きめのストールを使うと顔周りにボリュームが出ます。

出典:

フロントノットを少し横にずらした「サイドノット」。大きめのストールを使うと顔周りにボリュームが出ます。

フロントノットを後ろにずらしても◎ボリュームたっぷりのストールがナチュラルで可愛い。

出典: www.flickr.com(@Mitya Ku)

フロントノットを後ろにずらしても◎ボリュームたっぷりのストールがナチュラルで可愛い。

4.さらにボリュームアップ「ルーズノット」

基本の「エディター巻き」。
首を一周して、ストールの端が前に垂れ下がった状態。「エディター巻き」から、さらにもう一周首に巻きつけて。
二周巻いただけでも、お洒落!

出典:

基本の「エディター巻き」。
首を一周して、ストールの端が前に垂れ下がった状態。「エディター巻き」から、さらにもう一周首に巻きつけて。
二周巻いただけでも、お洒落!

■結び目をずらすと「ルーズノット」に
さらにストールの端を結んで、結び目を斜め横にずらせば「ルーズノット」に。

素材の良い薄手のストールで試して欲しい巻き方。
布の表情が出て華やかさが生まれます。

出典:

さらにストールの端を結んで、結び目を斜め横にずらせば「ルーズノット」に。

素材の良い薄手のストールで試して欲しい巻き方。
布の表情が出て華やかさが生まれます。

5.綺麗目な印象なら「クロスノット」

綺麗目でエレガントな印象なら「クロスノット」がオススメ。
エディター巻きをして、内側から引き出しましょう。
内側から少し引き出した時に“小さな輪”を作り、その輪の中にもう一方の端をくぐらせるのがポイント。

こちらはメンズマフラーの巻き方となっていますが、巻き方は変わらないので参考にしてみてください。

6.ジャケットに一押し「ダブルクロスノット」

1.ストールを半分に折り、折った状態で首に掛けます。
2.折った輪(ループ)に、片一方のストールの端を入れます。
3.もう一方の片方の端をループの手前の方に向かって引き出して完成。

出典:

1.ストールを半分に折り、折った状態で首に掛けます。
2.折った輪(ループ)に、片一方のストールの端を入れます。
3.もう一方の片方の端をループの手前の方に向かって引き出して完成。

カシミヤやウールの薄手のストールなら、通勤時のスーツやコートに。厚手のマフラーなら、ダッフルコートやカジュアルなジャケットに。

「ダブルクロス巻き」は、男女両方共に楽しめ、素材やシーンを選びません。ぜひ押さえておきたい巻き方の一つです。
一見難しそうですが、簡単ですのでぜひマスターしましょう。

出典:

カシミヤやウールの薄手のストールなら、通勤時のスーツやコートに。厚手のマフラーなら、ダッフルコートやカジュアルなジャケットに。

「ダブルクロス巻き」は、男女両方共に楽しめ、素材やシーンを選びません。ぜひ押さえておきたい巻き方の一つです。
一見難しそうですが、簡単ですのでぜひマスターしましょう。

この動画では「クロスノット」になっていますが、紹介した「ダブルクロスノット」と同様です。短い動画ですのでぜひ参考にしてみましょう。

7.ダブルクロス巻きを応用して「ウーブンノット」

織り目模様のような巻き方「ウーブンノット」。
一見複雑そうですが「ダブルクロス巻き」さえ出来れば、いたって簡単。以下の動画を参考にしてみましょう。

英語ですが、画面だけで理解できます。

おわりにかえて―首を温めること―

ストールは春先になると使わなくなってしまう、ファッションアイテム。

でも、春先の朝晩は冷え込み、日中でも思いがけず「寒の戻り」があって「花冷え」するものです。

また、春から初秋までは、外気は暑くても、オフィスや商業施設、通勤の車内は冷房が効いていて寒さをを感じるものです。

出典:

ストールは春先になると使わなくなってしまう、ファッションアイテム。

でも、春先の朝晩は冷え込み、日中でも思いがけず「寒の戻り」があって「花冷え」するものです。

また、春から初秋までは、外気は暑くても、オフィスや商業施設、通勤の車内は冷房が効いていて寒さをを感じるものです。

首は外気温の影響を受けやすい身体部位。
「首」には太い血管があるため、首を無防備にしていると身体が冷えるといわれています。
身体を冷やさないためにも「首を温める」ことは大切なことなのです。
ちょっと肌寒い春や秋。
冷房の効いた夏のオフィス。
寒さ厳しい冬。

ストール一枚首元にあるだけで温かです。
そしてストール一枚首元にあるだけで、洒落た雰囲気に。

紹介した「ストールの巻き方」は基本的なもの。
どれも簡単な巻き方ですので、ぜひマスターしてファッションをもっと楽しみましょう。

出典: www.flickr.com(@freestocks.org)

ちょっと肌寒い春や秋。
冷房の効いた夏のオフィス。
寒さ厳しい冬。

ストール一枚首元にあるだけで温かです。
そしてストール一枚首元にあるだけで、洒落た雰囲気に。

紹介した「ストールの巻き方」は基本的なもの。
どれも簡単な巻き方ですので、ぜひマスターしてファッションをもっと楽しみましょう。