一度は行ってみたい。ドイツ・ニュルンベルクのクリスマスマーケット

一度は行ってみたい。ドイツ・ニュルンベルクのクリスマスマーケット

ドイツ・ニュルンベルクのクリスマスマーケットは、世界三大のクリスマス市の一つとして数えられ、その中で最も有名な市です。毎年クリスマスシーズンになると、中世の雰囲気漂うニュルンベルクの旧市街は、まるでおもちゃ箱をひっくり返したような楽しさで溢れます。ニュルンベルクのクリスマスマーケットを紹介します。2017年02月28日更新

カテゴリ:
旅行・お出かけ
キーワード:
旅行
海外旅行
ドイツ
教会
クリスマスマーケット
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
137
一度は行ってみたい。ドイツ・ニュルンベルクのクリスマスマーケット
出典:

世界で最も美しく、最も有名なクリスマスマーケット

世界三大クリスマスマーケットは、「世界最大のシュトゥットガルト」、「世界最古のドレスデン」、そしてドイツの「世界一有名なニュルンベルク」です。そして最も美しいとも称されています。

(画像中央の飾り付けられたタワーは“ピラミッド”と呼ばれるもの。ニュルンベルクのピラミッドは特に名高い。)
出典:

世界三大クリスマスマーケットは、「世界最大のシュトゥットガルト」、「世界最古のドレスデン」、そしてドイツの「世界一有名なニュルンベルク」です。そして最も美しいとも称されています。

(画像中央の飾り付けられたタワーは“ピラミッド”と呼ばれるもの。ニュルンベルクのピラミッドは特に名高い。)

レンガの造りの建造物が建ち並び、石畳の街路がめぐる「ニュルンベルク」の旧市街は、毎年クリスマスシーズンになると、おもちゃ箱をひっくり返したような楽しさと華やかさで満ち溢れます。

(画像は、Weihnachtsengel, Nürnberg(ニュルンベルクの“クリスマスの天使”)
出典:

レンガの造りの建造物が建ち並び、石畳の街路がめぐる「ニュルンベルク」の旧市街は、毎年クリスマスシーズンになると、おもちゃ箱をひっくり返したような楽しさと華やかさで満ち溢れます。

(画像は、Weihnachtsengel, Nürnberg(ニュルンベルクの“クリスマスの天使”)

「ニュルンベルク (Nürnberg)」は中世の雰囲気漂う 伝統ある都市

一度は行ってみたい。ドイツ・ニュルンベルクのクリスマスマーケット
出典:
ニュルンベルクへは、フランクフルトから高速鉄道で、1時間半程度。ミュンヘンからは、2時間弱程度。(画像は、ニュルンベルク中央駅)
出典:

ニュルンベルクへは、フランクフルトから高速鉄道で、1時間半程度。ミュンヘンからは、2時間弱程度。(画像は、ニュルンベルク中央駅)

「ニュルンベルク(Nürnberg)」は、人口50万人超のドイツの南部に位置する、中世から伝統ある都市。

現在でも、中心となる旧市街地は、中世に建造された城壁で囲まれています。
出典:

「ニュルンベルク(Nürnberg)」は、人口50万人超のドイツの南部に位置する、中世から伝統ある都市。

現在でも、中心となる旧市街地は、中世に建造された城壁で囲まれています。

旧市街地に残る城壁
出典:

旧市街地に残る城壁

観光の中心は、神聖ローマ皇帝の居城であった《カイザーブルグ》や、セバルドゥス教会が建つ、この旧市街地。

そして、11月下旬から12月にかけて開催されるクリスマスマーケットです。
出典:

観光の中心は、神聖ローマ皇帝の居城であった《カイザーブルグ》や、セバルドゥス教会が建つ、この旧市街地。

そして、11月下旬から12月にかけて開催されるクリスマスマーケットです。

(画像は、神聖ローマ皇帝の居城《カイザーブルグ》)
出典:

(画像は、神聖ローマ皇帝の居城《カイザーブルグ》)

クリスマスマーケットのメイン会場 旧市街の中央広場

メイン会場となる中央広場へは、ニュルンベルク中央駅から徒歩で20分程。 

ブラウエン教会の仕掛け時計が有名。毎日12時なると仕掛け時計の前は、観光客でいっぱいになります。
出典:

メイン会場となる中央広場へは、ニュルンベルク中央駅から徒歩で20分程。

ブラウエン教会の仕掛け時計が有名。毎日12時なると仕掛け時計の前は、観光客でいっぱいになります。

世界で最も有名な“Christkindlesmarkt”へLet's go!

ニュルンベルクのクリスマスマーケットは、まさに“おとぎの国”。

甘い香りを放つ伝統菓子や、名物の焼きソーセージ。
種々様々のクリスマスオーナメントやクリッペと呼ばれる人形等など。
クリスマス一色に彩られた屋台や店舗が、まるでおもちゃ箱をひっくり返したように、中世そのままの雰囲気あるこの街に建ち並びます。

このマーケットを楽しみに観光客が世界中から押し寄せ、大変混雑しますが、一つ一つ店舗を巡り歩くのは本当に楽しいものです。

クリスト・キントの開幕宣言

一度は行ってみたい。ドイツ・ニュルンベルクのクリスマスマーケット
出典:
開幕を宣言するのは、「幼児天使クリストキント“Christkind”」。
「クリスト・キント」とは、生誕したてのイエス・キリストのことです。ドイツの南部ではクリスマスプレゼントを持ってくるのは、この「クリスト・キント」です。ニュルンベルクのクリスマスマーケットの象徴的な存在で、候補者から選出された10代後半の女性が、金色の巻き髪の天使の姿になり、開幕宣言やボランティア活動を行います。

“Christkindlesmarkt”と“Kinderweihnacht”

(画像は、メイン会場の中央広場。奥の教会は《ブラウエン教会》。ニュルンベルクのシンボルの一つ。)
出典:www.flickr.com(@charley1965)

(画像は、メイン会場の中央広場。奥の教会は《ブラウエン教会》。ニュルンベルクのシンボルの一つ。)

ニュルンベルクのクリスマスマーケット「クリストキンドレスマルクト“Christkindlesmarkt”」は旧市街の中央広場がメイン会場です。

その他に、《ハンス・ザックス広場》と《カタリーネン僧院の星の家》では、「子供クリスマス市“Kinderweihnacht”」がたちます。この会場では、蒸気メリーゴーランドや観覧車、機関車が登場し、子供だけでなく大人でも十分に楽しめます。

この二つのマーケットを結ぶのは、「クリッペ通り」。ここでは種々様々のクリッペを眺めることが出来ます。
「クリッペ“Krippe”」とは、キリスト生誕の場面を模した人形のことで、クリスマスには欠かせない芸術品として、各家庭でとても大事にされるものです。

クリスマスシーズンになると、ドイツやオーストリアでは「クリッペ」を購入し、イエス・キリストが生まれた馬小屋の情景をこの人形で再現して室内に飾ります。
出典:

「クリッペ“Krippe”」とは、キリスト生誕の場面を模した人形のことで、クリスマスには欠かせない芸術品として、各家庭でとても大事にされるものです。

クリスマスシーズンになると、ドイツやオーストリアでは「クリッペ」を購入し、イエス・キリストが生まれた馬小屋の情景をこの人形で再現して室内に飾ります。

手作りのクリスマスオーナメント

クリスマスマーケットでは様々な地方色豊かなものが提供されます。その中心となるのが手仕事で制作されたクリスマスオーナメントで、その家に伝統として何世代にも渡って受け継がれたものも多いのです。それは煙出し人形、木製のくるみ割り人形、クリスマスピラミッド、クリッペ、制作と絵付けが全て手作りのガラス玉などです。またクリスマスに欠かせないのが、ニュルンベルクのレープクーヘン、アーヘンのプリンテン、ドレスデンのクリストシュトレンそして肉桂入りの星型クッキーなどのその地方独特の焼き菓子です。
出典:ドイツ大使館 ドイツ総領事館 - クリスマス・マーケット
一度は行ってみたい。ドイツ・ニュルンベルクのクリスマスマーケット
出典:
一度は行ってみたい。ドイツ・ニュルンベルクのクリスマスマーケット
出典:
一度は行ってみたい。ドイツ・ニュルンベルクのクリスマスマーケット
出典:
一度は行ってみたい。ドイツ・ニュルンベルクのクリスマスマーケット
出典:
金色の冠を戴いた天使は、ニュルンベルクのクリスマスマーケットのシンボル。
出典:

金色の冠を戴いた天使は、ニュルンベルクのクリスマスマーケットのシンボル。

子供のためのクリスマスマーケット“Kinderweihnacht”

一度は行ってみたい。ドイツ・ニュルンベルクのクリスマスマーケット
出典:
“Kinderweihnacht”の会場「ハンス・ザックス広場」にはメリーゴーラウンドやミニSL、おもちゃの家などの幼児向けアトラクションが多数設置されます。
出典:www.flickr.com(@Tourismus Nテシrnberg)

“Kinderweihnacht”の会場「ハンス・ザックス広場」にはメリーゴーラウンドやミニSL、おもちゃの家などの幼児向けアトラクションが多数設置されます。

ニュルンベルクの2大名物。Marketで人気の食!

伝統菓子“Lebkuchen” は眺めて楽しい。食べて美味しい。

レープクーヘン“Lebkuchen” は、蜂蜜や香辛料、オレンジ等のピールやナッツ類を用いて作ったケーキの一種で、ドイツを中心に欧州各地で作られている伝統菓子。

ドイツではクリスマスなると、このレープクーヘンもクリスマスオーナメントとして飾り付けます。レープクーヘンの本場は、ここニュルンベルクです。
出典:www.flickr.com(@charley1965)

レープクーヘン“Lebkuchen” は、蜂蜜や香辛料、オレンジ等のピールやナッツ類を用いて作ったケーキの一種で、ドイツを中心に欧州各地で作られている伝統菓子。

ドイツではクリスマスなると、このレープクーヘンもクリスマスオーナメントとして飾り付けます。レープクーヘンの本場は、ここニュルンベルクです。

数々のデコレーションされた大きなクッキーやレープクーヘン。穴が開いているのは、オーナメントとして飾り付けるため。
出典:www.flickr.com(@charley1965)

数々のデコレーションされた大きなクッキーやレープクーヘン。穴が開いているのは、オーナメントとして飾り付けるため。

様々なデコレーションを眺めるだけでウキウキと楽しくなってきます。
出典:

様々なデコレーションを眺めるだけでウキウキと楽しくなってきます。

これは、チョコレートでコーティングしたフルーツを並べた屋台。
出典:

これは、チョコレートでコーティングしたフルーツを並べた屋台。

カリッと美味しい!ニュルンベルクの名物

ニュルンベルクの名物で、Marketで人気の食“ニュルンベルクソーセージ”。

ドイツのソーセージは一般に大ぶりですが、ニュルンベルクのソーセージは、小ぶり。日本のウインナーソーセージ位の大きさです。これを炭火でカリッと焼いて、パンに挟んで頂きます。観光客にも地元民にも大人気のファーストフードです。
出典:

ニュルンベルクの名物で、Marketで人気の食“ニュルンベルクソーセージ”。

ドイツのソーセージは一般に大ぶりですが、ニュルンベルクのソーセージは、小ぶり。日本のウインナーソーセージ位の大きさです。これを炭火でカリッと焼いて、パンに挟んで頂きます。観光客にも地元民にも大人気のファーストフードです。

ソーセージやハンバーガーを売る屋台。
出典:

ソーセージやハンバーガーを売る屋台。

information

2014年のニュルンベルクのクリスマスマーケット開催日

一度は行ってみたい。ドイツ・ニュルンベルクのクリスマスマーケット
出典:
営業時間
2017年12月1日 - 2017年12月24日
月 - 木 10:00 - 21:00
金 - 土 10:00 - 21:00
日 10:00 - 21:00
クリスマスイブ: 10:00 - 14:00

初日:12月1日:10:00 - 21:00、天使クリストキントによる開幕式 17:30

詳細は公式サイトをご確認ください。(英語)

公式サイト

Nuremberg Christmas Market - christkindlesmarkt.de
ニュルンベルクのクリスマスマーケットの公式サイト(英語表記)

おわりに

ニュルンベルクのクリスマスマーケットはいかがでしたか。

キリスト教徒でなくても、どこか浮足立ってしまうのが“Christmas”。どうせ浮足立つのなら、思い切ってドイツ・ニュルンベルクへ飛んで、身体ごと全部“Christmas”に浸りきるというのも面白いかもしれません。

歴史的建造物や美術品の数々を眺めるのも、その国の文化を知るには良いものですが、伝統行事にはその国の文化の過去と現在がぎゅっと詰まっています。

静かに文化財を観て廻るよりも、その国を知るには、こうした伝統行事に参加した方が良いかもしれません。

ニュルンベルクのクリスマスマーケット。一度は足を運んでみる価値があるはずです。
出典:

ニュルンベルクのクリスマスマーケットはいかがでしたか。

キリスト教徒でなくても、どこか浮足立ってしまうのが“Christmas”。どうせ浮足立つのなら、思い切ってドイツ・ニュルンベルクへ飛んで、身体ごと全部“Christmas”に浸りきるというのも面白いかもしれません。

歴史的建造物や美術品の数々を眺めるのも、その国の文化を知るには良いものですが、伝統行事にはその国の文化の過去と現在がぎゅっと詰まっています。

静かに文化財を観て廻るよりも、その国を知るには、こうした伝統行事に参加した方が良いかもしれません。

ニュルンベルクのクリスマスマーケット。一度は足を運んでみる価値があるはずです。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play