2021年春の注目トレンドは?チェックしたいキーワード5選

2021年春の注目トレンドは?チェックしたいキーワード5選

新しい生活様式が推奨され始めて1年が経ちました。どの業界にもコロナの影響は大きく、ファッション業界でも改めて“人々が心地よく過ごせるように”と考えられたプロダクトやテイストが提案されるように。そのムードが流行にも色濃く現れてきています。心明るく、穏やかな1日を楽しむための流行キーワードたちをチェックして、おしゃれに取り入れていきましょう。2021年02月06日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード
コーディネートシーン・季節春コーデトレンドアイテム
お気に入り数782

2021年春 取り入れやすい流行キーワード5選

もうすぐ春。予約商品や新商品が店頭に並び出します。外出制限がある中、どうやって流行を取り入れるべきか悩む人も多いのではないでしょうか。取り入れやすさを重視して、春の流行キーワードを5つ選びました。アイテム購入の参考にしてみてくださいね。

【流行色はブルー】さまざまな色合いを楽しんで

春物のランウェイでよく見られたのが美しい空のようなブルーのスタイリングでした。一口に「青」と言っても、空模様と同じように様々な色合いが。取り入れやすさも魅力です。
せっかくの流行色。デニムやシャツなどでブルーを取り入れていた人も、ワンピース感覚でオールブルーに挑戦してみてはいかがでしょうか。コットン生地やルーズシルエットで挑戦すれば気恥ずかしさも少なく、淡い色であればあるほどナチュラル。輪郭がぼやけないように、足元に締め色を持っていくと良いですね。
出典:

せっかくの流行色。デニムやシャツなどでブルーを取り入れていた人も、ワンピース感覚でオールブルーに挑戦してみてはいかがでしょうか。コットン生地やルーズシルエットで挑戦すれば気恥ずかしさも少なく、淡い色であればあるほどナチュラル。輪郭がぼやけないように、足元に締め色を持っていくと良いですね。

トップスで取り入れるなら、透け感もプラスしてみましょう。エアリーな質感が春らしいですね。濁りみのある薄い青であれば、まだまだ寒い冬の日にコートの下に仕込むアクセントとしても魅力があります。
出典:

トップスで取り入れるなら、透け感もプラスしてみましょう。エアリーな質感が春らしいですね。濁りみのある薄い青であれば、まだまだ寒い冬の日にコートの下に仕込むアクセントとしても魅力があります。

小物遣いで青色を取り入れると一気にオシャレ感がアップします。青みの強いデニムに合わせても同系色繋がりでワントーンコーデ風に。昨年から引き続き上級者に人気のグレーのデニムに合わせるのも良いでしょう。スニーカーはハイカットの方がアクセントとして○。
出典:

小物遣いで青色を取り入れると一気にオシャレ感がアップします。青みの強いデニムに合わせても同系色繋がりでワントーンコーデ風に。昨年から引き続き上級者に人気のグレーのデニムに合わせるのも良いでしょう。スニーカーはハイカットの方がアクセントとして○。

【シャーベットカラー】昨年よりももっと明るく!

シンプルウェアの提案が多かった昨年までと比べて、ポップな色合いや柄使いが多くなってきました。混迷する世の中で、ファッションから人々を明るい気持ちに変えていこうというデザイナーたちの思いが伺えます。ステイホームをしていても、近くにしか外出できなくても、明るい色で気分を上げていきましょう。せっかくの春です。軽やかに。
まずは羽織りものから挑戦するのがベター。カーディガンであれば、パッと羽織るだけで春モードです。ライムイエローは黒に合わせるとキツくなりがちですが、グレーに合わせると印象が和らぎます。暖かくなってきたら、白と合わせてより明るく。
出典:

まずは羽織りものから挑戦するのがベター。カーディガンであれば、パッと羽織るだけで春モードです。ライムイエローは黒に合わせるとキツくなりがちですが、グレーに合わせると印象が和らぎます。暖かくなってきたら、白と合わせてより明るく。

おすすめしたいオレンジ味のあるカラーのプルオーバー。手持ちのデニムに合わせやすい色合いです。肩や腰に巻くことでアクセント使いができます。アクセサリー感覚でも楽しめるのがシャーベットカラーの魅力。いつものコーデに加えてみてくださいね。
出典:

おすすめしたいオレンジ味のあるカラーのプルオーバー。手持ちのデニムに合わせやすい色合いです。肩や腰に巻くことでアクセント使いができます。アクセサリー感覚でも楽しめるのがシャーベットカラーの魅力。いつものコーデに加えてみてくださいね。

ミントカラーは前述した流行色ブルーの延長線上でおすすめ。寒色系のため、甘いファッションが苦手な方向けのシャーベットカラーです。黒や白で引き締めるときちんと感が出て、体を膨張させません。
出典:

ミントカラーは前述した流行色ブルーの延長線上でおすすめ。寒色系のため、甘いファッションが苦手な方向けのシャーベットカラーです。黒や白で引き締めるときちんと感が出て、体を膨張させません。

【襟コンシャス】戻ってきたガーリーテイスト

続けてよく見られるのが、大きな襟のついたシャツ・トップスです。甘口の雰囲気が戻ってきた印象があります。女の子らしいテイストが好きな方は是非取り入れてみてください。
まずはいつもの慣れたベージュやホワイトコーデで取り入れてみてください。襟元の印象をチェンジするだけで今年らしくなります。パンツスタイルであっても、どことなくガーリーに。
出典:

まずはいつもの慣れたベージュやホワイトコーデで取り入れてみてください。襟元の印象をチェンジするだけで今年らしくなります。パンツスタイルであっても、どことなくガーリーに。

大きな襟が気恥ずかしい方にはこちらもおすすめ。細いリボンや繊細な首元が優雅なシャツです。きゅっと締まった手首の袖口が、少女っぽさをカバーしてくれています。ボトムスには同じくエレガントなスカートを合わせてもいいですし、あえてマニッシュなスラックスを履いてもかっこいいかも。
出典:

大きな襟が気恥ずかしい方にはこちらもおすすめ。細いリボンや繊細な首元が優雅なシャツです。きゅっと締まった手首の袖口が、少女っぽさをカバーしてくれています。ボトムスには同じくエレガントなスカートを合わせてもいいですし、あえてマニッシュなスラックスを履いてもかっこいいかも。

カジュアルに合わせて重ね着アイテムとして使うのも○。いつものトレンチコートにレースを被せれば、印象チェンジにもなります。普段はワイシャツを合わせるところで投入してみてください。
出典:

カジュアルに合わせて重ね着アイテムとして使うのも○。いつものトレンチコートにレースを被せれば、印象チェンジにもなります。普段はワイシャツを合わせるところで投入してみてください。

【ギンガムチェック】秋冬から続くグッドガールテイスト

定番でもある、モノトーンのギンガムチェック。大胆に使っても小物づかいで見せても、単体で春らしさ満点。
まず取り入れやすいのが春先アウター。暖かくなってきて、冬物のコートはおかしい!となった時に、ベージュのトレンチコートだけだと味気ないですよね。ギンガムチェックであれば、一気に往年のキュートな女性の印象になります。ガーリー派にはぴったりです。
出典:

まず取り入れやすいのが春先アウター。暖かくなってきて、冬物のコートはおかしい!となった時に、ベージュのトレンチコートだけだと味気ないですよね。ギンガムチェックであれば、一気に往年のキュートな女性の印象になります。ガーリー派にはぴったりです。

カジュアル派におすすめしたいのがダントン(DANTON)のギンガムチェックシャツ。白地に赤のワンポイントが珍しいですね。少しふくらんだ袖元もラフながらも老舗の証と品質が上品です。
出典:

カジュアル派におすすめしたいのがダントン(DANTON)のギンガムチェックシャツ。白地に赤のワンポイントが珍しいですね。少しふくらんだ袖元もラフながらも老舗の証と品質が上品です。

上品に決めたい場合はパンツで大柄を合わせるのも良いでしょう。かかとの空いたミュールは昨年に引き続き流行中です。足首を見せ、あえて大柄を選ぶことで脚が太く見えずに済みます。エアリーな質感を取り入れるのを忘れないようにすると◎。
出典:

上品に決めたい場合はパンツで大柄を合わせるのも良いでしょう。かかとの空いたミュールは昨年に引き続き流行中です。足首を見せ、あえて大柄を選ぶことで脚が太く見えずに済みます。エアリーな質感を取り入れるのを忘れないようにすると◎。

【エコバッグ】ニューノーマルの定番も春らしく

すっかり生活に馴染んだエコバッグも、注目したいファッションアイテムのひとつ。色や質感で春らしさを取り入れましょう。安価なものが多く、冬のコーディネートに合わせてもちぐはぐにならないので、春物ショッピング第一弾リストに加えるといいかも。
こちらはエアリーな色みが魅力。くしゅくしゅとたたんでいてもOK。2月の寒い日でも、黒やネイビーで厚着したスタイルのアクセントとして取り出すと、春を意識できているコーディネートになります。色違いで揃えて2個持ちするのも、色合わせが楽しいですね。
出典:

こちらはエアリーな色みが魅力。くしゅくしゅとたたんでいてもOK。2月の寒い日でも、黒やネイビーで厚着したスタイルのアクセントとして取り出すと、春を意識できているコーディネートになります。色違いで揃えて2個持ちするのも、色合わせが楽しいですね。

蛍光カラーと白・黒を合わせたビビットさが可愛いのがこちら。トートバッグ風です。辛口の服装に合わせると良いでしょう。
出典:

蛍光カラーと白・黒を合わせたビビットさが可愛いのがこちら。トートバッグ風です。辛口の服装に合わせると良いでしょう。

クールに決めたい人はこちら。モノトーンで機能性重視です。中身のガジェットや財布などの小物で色合わせを楽しむのもまた面白いかと思います。
出典:

クールに決めたい人はこちら。モノトーンで機能性重視です。中身のガジェットや財布などの小物で色合わせを楽しむのもまた面白いかと思います。

春らしさは徐々に取り入れていくのが○

まだまだ寒いうちから春服へと移り変えていくのは、ふきのとうや小さな花々のグリーンやピンクが少しずつ顔を出していく様子と似ています。空の青さや風の色も、知らず知らずのうちに三寒四温で柔らかく暖かみを感じるようになっていきますね。すぐに全てのトレンドを取り入れていくのではなく、挑戦しやすい色や小物、色使いで新しい季節の訪れを楽しんでください。まだまだ油断ができない日々が続きますが、装いで季節を感じる楽しみは失わずに過ごしましょう。

写真提供

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play