今年の“冬アウター”はどれを選ぶ?おすすめ4アイテム&着こなしコーデ

今年の“冬アウター”はどれを選ぶ?おすすめ4アイテム&着こなしコーデ

本格的な寒さの到来と共に用意したいのが、暖かい冬アウター。でもいざ選ぶとなると、意外と種類が多くて悩んでしまう…という方も多いのでは?そこで今回は、ナチュラル派さんにおすすめの冬アウターを4つご紹介。それぞれの着こなしのコツも紹介していますので、この冬のアウター選びの参考にしてくださいね。2020年12月06日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード
アウター着こなしナチュラルコーディネートコートダウン
お気に入り数789

今年の冬アウター、何を選ぶ?

今年の“冬アウター”はどれを選ぶ?おすすめ4アイテム&着こなしコーデ
出典:
ぴゅーっと冷たい風が吹く今の季節は、暖かなアウターが必須アイテム。いざ選ぼうとすると、意外と種類が多くて迷ってしまう…という方も多いかもしません。そこで今回はナチュラル派さんにおすすめの冬アウターを4種類ご紹介します。それぞれの着こなしのコツも紹介していますので、この冬のアウター選びの参考にしてくださいね。

【アイテム1】モコモコあったか「ボアアウター」

この冬のトレンドアイテムでもある「ボアアウター」。モコモコとした素材感が可愛らしく暖かな印象を与えてくれます。そんなボアアウターは、選ぶ色次第でイメージがガラリと変わるので、なりたい雰囲気やテイストに合わせて選ぶのがおすすめです。
出典:

この冬のトレンドアイテムでもある「ボアアウター」。モコモコとした素材感が可愛らしく暖かな印象を与えてくれます。そんなボアアウターは、選ぶ色次第でイメージがガラリと変わるので、なりたい雰囲気やテイストに合わせて選ぶのがおすすめです。

「ブラウン系」やわらかく優しい印象に

黒のタートルネック×チェックスカートの定番スタイルにボアアウターを重ねれば、たちまちトランドライクな着こなしに。ふわりとボリュームのあるスカートをおしゃれに着こなすには、トップスとのバランスが何より大事◎ショート丈を合わせると上手くまとまりますよ。
出典:

黒のタートルネック×チェックスカートの定番スタイルにボアアウターを重ねれば、たちまちトランドライクな着こなしに。ふわりとボリュームのあるスカートをおしゃれに着こなすには、トップスとのバランスが何より大事◎ショート丈を合わせると上手くまとまりますよ。

白のトップスに淡いカラーのプリーツスカートの組み合わせは、ともすると寒々しい印象になりがち。アウターにモコモコのボアアウターを持ってくることで、あたたかみのあるコーデに早変わり。小物を暗めのトーンでまとめると、メリハリの効いた着こなしになります。
出典:

白のトップスに淡いカラーのプリーツスカートの組み合わせは、ともすると寒々しい印象になりがち。アウターにモコモコのボアアウターを持ってくることで、あたたかみのあるコーデに早変わり。小物を暗めのトーンでまとめると、メリハリの効いた着こなしになります。

ロング丈のボアアウターは、モコモコっとしたその素材感から重たい印象に見えてしまうことも。そんなときは、白のパーカーをインして目線を上にあげると、軽さが生まれロング丈でもバランス良く着こなせます。ボディバッグを上の方に配置するのもポイントです。
出典:

ロング丈のボアアウターは、モコモコっとしたその素材感から重たい印象に見えてしまうことも。そんなときは、白のパーカーをインして目線を上にあげると、軽さが生まれロング丈でもバランス良く着こなせます。ボディバッグを上の方に配置するのもポイントです。

メンズライクな着こなしが楽しめる「カーキ・グリーン系」

柔らかいボアフリースを贅沢に使ったブルゾンには、オーバーオールを合わせてメンズライクにまとめると素敵です。インナーに白のシャツを合わせて、女性らしさとクリーンな雰囲気をプラス。襟元がかさばらないように、ヘアは小さくまとめると◎
出典:

柔らかいボアフリースを贅沢に使ったブルゾンには、オーバーオールを合わせてメンズライクにまとめると素敵です。インナーに白のシャツを合わせて、女性らしさとクリーンな雰囲気をプラス。襟元がかさばらないように、ヘアは小さくまとめると◎

こちらのアウターは、ボアとキルティングの両方を楽しめるリバーシブルタイプ。その日の気分で素材感を変えられます。ミドル丈のボアとワイドパンツは好相性。カーキと白の色のメリハリが、カジュアルだけど洗練された雰囲気を演出します。
出典:

こちらのアウターは、ボアとキルティングの両方を楽しめるリバーシブルタイプ。その日の気分で素材感を変えられます。ミドル丈のボアとワイドパンツは好相性。カーキと白の色のメリハリが、カジュアルだけど洗練された雰囲気を演出します。

真冬に映える「白・ベージュ」

ブラックコーデの差し色に白のボアジャケットをON!沈みがちな冬コーデがパッと明るくなり、軽快装いに。白のアウターは、真冬の垢抜けコーデにマストなアイテムです♪
出典:

ブラックコーデの差し色に白のボアジャケットをON!沈みがちな冬コーデがパッと明るくなり、軽快装いに。白のアウターは、真冬の垢抜けコーデにマストなアイテムです♪

ボアのチェスターコートは、シンプルなニットワンピースを合わせて大人かわいい着こなしに。アウター以外のカラーをベージュ&茶系で揃えることで、まろやかな着こなしに。身体をまーるく包み込むコクーンシルエットのアウターは、ゆるりと抜け感のある、女性らしい着こなしが叶います。
出典:

ボアのチェスターコートは、シンプルなニットワンピースを合わせて大人かわいい着こなしに。アウター以外のカラーをベージュ&茶系で揃えることで、まろやかな着こなしに。身体をまーるく包み込むコクーンシルエットのアウターは、ゆるりと抜け感のある、女性らしい着こなしが叶います。

【アイテム2】真冬の寒さをシャットダウン「ダウンコート」

ノースフェイス・パタゴニア・ダントンetc.様々なブランドから登場

真冬の寒さ対策にぴったりなアウターといえば“ダウン”。アウトドアブランドからも様々なデザインのダウンが登場しています。カジュアルな印象が強いダウンですが、きれいめのパンツやワンピースとも相性抜群。冬の甘辛ミックスコーデを楽しんで。
出典:www.instagram.com(@crouka1953)

真冬の寒さ対策にぴったりなアウターといえば“ダウン”。アウトドアブランドからも様々なデザインのダウンが登場しています。カジュアルな印象が強いダウンですが、きれいめのパンツやワンピースとも相性抜群。冬の甘辛ミックスコーデを楽しんで。

×ワンピース

光沢感のあるノースフェイスのダウンに、ニットワンピースを合わせたスポーツミックスコーデ。お尻をすっぽりと覆ってくれるミドル丈のダウンは、さり気なく体形をカバーしてくれる優れもの。全体的にボリュームがあるダウンなので、ヘアはお団子×ターバンですっきりまとめると、バランス◎なおしゃれコーデに。
出典:

光沢感のあるノースフェイスのダウンに、ニットワンピースを合わせたスポーツミックスコーデ。お尻をすっぽりと覆ってくれるミドル丈のダウンは、さり気なく体形をカバーしてくれる優れもの。全体的にボリュームがあるダウンなので、ヘアはお団子×ターバンですっきりまとめると、バランス◎なおしゃれコーデに。

×タイトスカート

ミモレ丈のタイトスカートで女性らしくまとめた着こなしに、キャメルのダウンを合わせた大人カジュアルコーデ。オフィスにダウンはカジュアルすぎるかな…とお悩みの方はぜひマネしたい着こなしです。ちょっぴり細身のダウンを選ぶのが、きれいめに見せるポイントです。
出典:

ミモレ丈のタイトスカートで女性らしくまとめた着こなしに、キャメルのダウンを合わせた大人カジュアルコーデ。オフィスにダウンはカジュアルすぎるかな…とお悩みの方はぜひマネしたい着こなしです。ちょっぴり細身のダウンを選ぶのが、きれいめに見せるポイントです。

×センタープレスパンツ

女性らしい印象のVネックトップス、洗練された印象を感じさせるセンタープレスといった女性らしいコーデに、ボリュームたっぷりのダウンを羽織ったワンランク上のスポーツMIXコーデ。きれいめエッセンスを持ち合わせたヒールやバッグを掛け合わせたワンランク上の着こなしです。
出典:

女性らしい印象のVネックトップス、洗練された印象を感じさせるセンタープレスといった女性らしいコーデに、ボリュームたっぷりのダウンを羽織ったワンランク上のスポーツMIXコーデ。きれいめエッセンスを持ち合わせたヒールやバッグを掛け合わせたワンランク上の着こなしです。

×チェック柄マニッシュパンツ

こちらは、ダントンのフード付きダウンコート。ミドル丈はスカートだけでなく、パンツスタイルとも好相性。チェック柄のマニッシュなパンツを合わせれば、ダウンを上手に馴染ませたトラッドコーデが完成します。
出典:

こちらは、ダントンのフード付きダウンコート。ミドル丈はスカートだけでなく、パンツスタイルとも好相性。チェック柄のマニッシュなパンツを合わせれば、ダウンを上手に馴染ませたトラッドコーデが完成します。

ユニクロ「インナーダウン」も人気です◎

黒・ネイビー・グレーetc.カラーバリエーションが豊富なところが魅力

さらなる防寒対策ができる「インナーダウン」。ユニクロから出ているインナーダウンは、カラーバリエーションが豊富なうえに、ベストタイプやノーカラータイプなどデザインも様々。コーデや用途にあわせて選べるところが魅力です。くるくると小さく収納できるので、バッグに忍ばせておくと便利ですよ。
出典:

さらなる防寒対策ができる「インナーダウン」。ユニクロから出ているインナーダウンは、カラーバリエーションが豊富なうえに、ベストタイプやノーカラータイプなどデザインも様々。コーデや用途にあわせて選べるところが魅力です。くるくると小さく収納できるので、バッグに忍ばせておくと便利ですよ。

【アイテム3】クリーンな印象を高める「ノーカラーコート」

上品でクリーンな印象を与えるノーカラーコートも今年トレンドのアイテム。首元がすっきりとしているので、タートルネックやストールなどを合わせても、もたつくことなくきれいにコーディネートできます。クルーネックのニットを合わせれば、デコルテラインを美しく見せてくれる効果も。
出典:

上品でクリーンな印象を与えるノーカラーコートも今年トレンドのアイテム。首元がすっきりとしているので、タートルネックやストールなどを合わせても、もたつくことなくきれいにコーディネートできます。クルーネックのニットを合わせれば、デコルテラインを美しく見せてくれる効果も。

タートルニットをIN

ボリュームたっぷりのタートルニットも、ノーカラーコートとなら、もたつくことなくすっきりと着こなせます。白のタートルニットがお顔をパッと明るく華やかに印象にしてくれます。足元はスニーカーでさり気なく外すのが、おしゃれ上手さんのテクニック♪
出典:

ボリュームたっぷりのタートルニットも、ノーカラーコートとなら、もたつくことなくすっきりと着こなせます。白のタートルニットがお顔をパッと明るく華やかに印象にしてくれます。足元はスニーカーでさり気なく外すのが、おしゃれ上手さんのテクニック♪

パーカーをIN

こちらはトップスにパーカーを持ってきた、大人カジュアルスタイル。洗練させたシンプルなコートに、あえてスポーツテイストを持ってきて、ちょっぴり崩しを入れたMIXコーデは、ノーカラーならではのスタイリングです。
出典:

こちらはトップスにパーカーを持ってきた、大人カジュアルスタイル。洗練させたシンプルなコートに、あえてスポーツテイストを持ってきて、ちょっぴり崩しを入れたMIXコーデは、ノーカラーならではのスタイリングです。

ぐるぐるストールでアクセントをプラス

シンプルなノーカラーコートに、アクセントカラーのストールをぐるぐる巻いた着こなし。フレアに広がるシルエットのコートには、細身のパンツがGOOD!フロントをきっちりと留めれば、クラシカルな雰囲気も楽しめます。
出典:

シンプルなノーカラーコートに、アクセントカラーのストールをぐるぐる巻いた着こなし。フレアに広がるシルエットのコートには、細身のパンツがGOOD!フロントをきっちりと留めれば、クラシカルな雰囲気も楽しめます。

【アイテム4】ナチュラル派さんにおすすめ「ダッフルコート」

ナチュラル派さんの冬の定番アウターとも言える「ダッフルコート」は、トラッドにもレディにもカジュアルにもコーディネートできる万能アイテム。こちらの着こなしは、白の上下にネイビーのダッフルを重ねた冬のマリンコーデ。カジュアルでありながらも、どこか洗練された着こなしが印象的です。
出典:

ナチュラル派さんの冬の定番アウターとも言える「ダッフルコート」は、トラッドにもレディにもカジュアルにもコーディネートできる万能アイテム。こちらの着こなしは、白の上下にネイビーのダッフルを重ねた冬のマリンコーデ。カジュアルでありながらも、どこか洗練された着こなしが印象的です。

ベージュのダッフルコートに白のニットワンピースを合わせた柔らかく女性らしい着こなし。足元はキチンと感のあるスクエアトゥの茶色いブーツにすることで、コーディネートが引き締まり、大人っぽく上品な雰囲気に。
出典:

ベージュのダッフルコートに白のニットワンピースを合わせた柔らかく女性らしい着こなし。足元はキチンと感のあるスクエアトゥの茶色いブーツにすることで、コーディネートが引き締まり、大人っぽく上品な雰囲気に。

一枚で主役級の赤のダッフルコート。スカートとダッフルの絶妙な丈感が垢抜けコーデのポイント♪ダッフル以外のアイテムはシンプルにまとめて、ちょこんとベレー帽のアクセントを効かせれば、まるでパリジェンヌのような装いに。
出典:

一枚で主役級の赤のダッフルコート。スカートとダッフルの絶妙な丈感が垢抜けコーデのポイント♪ダッフル以外のアイテムはシンプルにまとめて、ちょこんとベレー帽のアクセントを効かせれば、まるでパリジェンヌのような装いに。

ショート丈のダッフルは、タイトスカートで女性らしく見せるのが大人の着こなし。落ち着いたトーンのグレーを合わせることで全体がシックにまとまって、より洗練された雰囲気に見せてくれます。
出典:

ショート丈のダッフルは、タイトスカートで女性らしく見せるのが大人の着こなし。落ち着いたトーンのグレーを合わせることで全体がシックにまとまって、より洗練された雰囲気に見せてくれます。

今年の冬は、どのアウターでおしゃれを楽しみますか?

今年の“冬アウター”はどれを選ぶ?おすすめ4アイテム&着こなしコーデ
出典:
防寒しつつおしゃれを楽しみたい方におすすめの、4つのアウターをご紹介しました。アウターが主役になるこれからの季節。ぜひお気に入りの一着を見つけて、冬のおしゃれを楽しんでくださいね。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play