古道具 記事

4件RSS

長年使って古くなった物のことを一般的に古道具と呼びますが、骨董品やアンティークと同じような感覚で古道具に価値を見出し、インテリアや暮らしに取り入れるひとが増えています。どちらかと言うと、庶民が普通の日常生活で使ってきた家具や道具たちですが、経年変化による「味」は新品には決して真似できないもの。それが古道具の最大の魅力ですよね。時代が変わって使われなくなってしまった道具も、見方を変えればインテリアのアクセントになったり、違う使い方を思いつくかも知れませんよ。自分ではなかなか古道具の目利きをするのは難しいかも知れませんが、東京をはじめ大阪や京都などの都市でも古道具を扱ったおしゃれなショップがあるので、まずは気軽に覗いてみてはいかがでしょう。一期一会を大切にしたい、古道具の魅力や古道具を扱っているショップ・通販サイトなどをまとめました。
古布に魅せられて。「佐々木洋品店(佐々木印)」の手作り服と古道具

古布に魅せられて。「佐々木洋品店(佐々木印)」の手作り服と古道具

古い町並みが残る群馬県高崎市の一角に、ヨーロッパのビンテージ古着や日本の古布で作ったオリジナル服などを扱う「佐々木洋品店」があります。店舗となっている蔵はなんと100年ほど前に建てられたもの。「古いもの・新しいもの・手作りのもの」が入り混じった店内は、古くてどこかなつかしいのになぜか新鮮な雰囲気です。そんな佐々木洋品店の不思議な魅力...

みう

いつかは訪れたい…日本最東端のセレクトショップ「guild Nemuro(ギルドネムロ)」

いつかは訪れたい…日本最東端のセレクトショップ「guild Nemuro(ギルドネムロ)」

北海道根室市から文化を発信し続ける「guild Nemuro」は、生活を彩る新しいものや古いものが集められるハイセンスなセレクトショップ。でも、集まってくるのは「モノ」だけじゃないんです。アンティークに囲まれキリンの剥製やクジラの骨が置かれた不思議な空間で、「モノ」と「ヒト」がつながっていく…そんな素敵なお店「guild Nemur...

satosato

美しさと静寂さと力強さと。「SŌK」から生まれる陶芸作品

美しさと静寂さと力強さと。「SŌK」から生まれる陶芸作品

陶芸作家の鈴木絵里加さんとデザイナーの黒崎真由(まさよし)さんのお二人から生まれたブランドSŌK(ソーク)。アクセサリーや器といった陶芸作品を中心にSŌKの世界はどんどん広がっています。シンプルで無骨さもありながらも、美しく、深い魅力が伝わってくるSŌKの作品と活動をまとめました。

sorakumo

宝探しに出かけよう!東京おすすめのアンティークショップ5選

宝探しに出かけよう!東京おすすめのアンティークショップ5選

素敵なアンティーク家具を揃えたくても、個人で買付けするのは容易なことではありません。そんなときは、センスが良い人気のアンティークショップを活用すると便利!そこで、東京都内のおすすめアンティークショップ5軒をご紹介します。お好みのテイストを見つけて訪れてみては?

rara_ruru