古い物語の1ページのよう。美しい世界遺産【モン・サン=ミッシェル】

古い物語の1ページのよう。美しい世界遺産【モン・サン=ミッシェル】

フランスやヨーロッパ、または世界遺産に興味がある人ならいつか必ず訪れたい場所【モン・サン=ミッシェル】。パリからも日帰りで行くことができる観光スポットですが、おすすめは島内もしくは周辺のホテルでの一泊旅行です。賑わう昼間の散策や、夕暮れの美しさ、静かな夜...。ゆっくりと滞在して、歴史を感じながらその魅力を隅々まで味わってみませんか。 2017年03月04日作成

カテゴリ:
旅行・お出かけ
キーワード:
旅行
海外旅行
フランス
世界遺産
教会
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
150

モン・サン=ミッシェルってどんなところ?

モン・サン=ミッシェルは、ノルマンディー地方とブルターニュ地方の境にあるサン=マロ湾に浮かぶ島に建てられた修道院。その歴史は古く、8世紀に建てられた礼拝堂を起源としています。改修や増築により、11世紀から15世紀の様々な歴史的建築様式が見られることから、建築物として貴重であることも人気の理由ですが。。。
出典:www.flickr.com(@Nicolas Raymond)

モン・サン=ミッシェルは、ノルマンディー地方とブルターニュ地方の境にあるサン=マロ湾に浮かぶ島に建てられた修道院。その歴史は古く、8世紀に建てられた礼拝堂を起源としています。改修や増築により、11世紀から15世紀の様々な歴史的建築様式が見られることから、建築物として貴重であることも人気の理由ですが。。。

サン・マロ湾に浮かぶ美しいモン・サン=ミッシェルの絶景が世界中の人々を魅了するのです。サン・マロ湾は、潮の干満の差が15Mを超えることもある、ヨーロッパ屈指の激しさ。満潮時にはサン・マロ湾に浮かぶ孤島の修道院となります。1877年には地続きの道路ができ、潮の干満に関係なく行けるようになりましたが、それによって潮がせき止められ湾の陸地化が進んでしまったため、かつての“孤島”を再現しようと2014年に新しい橋が建設されました。
出典:unsplash.com

サン・マロ湾に浮かぶ美しいモン・サン=ミッシェルの絶景が世界中の人々を魅了するのです。サン・マロ湾は、潮の干満の差が15Mを超えることもある、ヨーロッパ屈指の激しさ。満潮時にはサン・マロ湾に浮かぶ孤島の修道院となります。1877年には地続きの道路ができ、潮の干満に関係なく行けるようになりましたが、それによって潮がせき止められ湾の陸地化が進んでしまったため、かつての“孤島”を再現しようと2014年に新しい橋が建設されました。

ガイドさんと一緒なら、干潮の時に陸続きになったモン・サン=ミッシェルに徒歩・車や馬(!)で行くこともできます。潮が満ちるスピードがとても速いので、昔は“モン・サン=ミッシェルに巡礼に行く時は遺書を書いていけ”と言われたそう。
出典:www.flickr.com(@Maxime MARAIS)

ガイドさんと一緒なら、干潮の時に陸続きになったモン・サン=ミッシェルに徒歩・車や馬(!)で行くこともできます。潮が満ちるスピードがとても速いので、昔は“モン・サン=ミッシェルに巡礼に行く時は遺書を書いていけ”と言われたそう。

馬に乗ってモン・サン=ミッシエルを目指すなんて、一生に一度は経験してみたいですね!
出典:www.flickr.com(@V辿ronique Debord-Lazaro)

馬に乗ってモン・サン=ミッシエルを目指すなんて、一生に一度は経験してみたいですね!

Cheval Plaisir | Pays de la Baie du Mont Saint-Michel
湾内を馬でお散歩できるツアーの案内です。英語・仏語必須。

モン・サン=ミッシエルは、どこにあるの?

モン・サン=ミッシェルは、パリからは西に370kmほど。電車で行くこともできますし、パリから日帰りのバスツアーもたくさん出ています。でも、ぜひ日程に余裕を持って、泊まりで訪れることをお勧めします。
出典:

モン・サン=ミッシェルは、パリからは西に370kmほど。電車で行くこともできますし、パリから日帰りのバスツアーもたくさん出ています。でも、ぜひ日程に余裕を持って、泊まりで訪れることをお勧めします。

日帰りではもったいない理由。

修道院だけでなく"モン・サン=ミシェルとその湾"としてサン・マロ湾と島全体がユネスコの世界遺産に指定されているモン・サン=ミッシェル。島内に入ると、タイムスリップしたような古くて美しい、修道院のふもとの街を散策することができます。
出典:

修道院だけでなく"モン・サン=ミシェルとその湾"としてサン・マロ湾と島全体がユネスコの世界遺産に指定されているモン・サン=ミッシェル。島内に入ると、タイムスリップしたような古くて美しい、修道院のふもとの街を散策することができます。

夜になると、賑やかだった町はとても幻想的な、古い物語の一ページのような美しい佇まいを見せてくれます。この静かな風景は、日帰りでは味わえません。ゆったりと時間を過ごしたいですね。
出典:www.flickr.com(@mat's eye)

夜になると、賑やかだった町はとても幻想的な、古い物語の一ページのような美しい佇まいを見せてくれます。この静かな風景は、日帰りでは味わえません。ゆったりと時間を過ごしたいですね。

世界遺産の島内には、こんなおとぎ話のような小さくて素敵なホテルが点在しています。
出典:

世界遺産の島内には、こんなおとぎ話のような小さくて素敵なホテルが点在しています。

島内を散策した後、伝統的なホテルのレストランで食事。日常を忘れて心もトリップできるひとときが味わえるでしょう。
出典:

島内を散策した後、伝統的なホテルのレストランで食事。日常を忘れて心もトリップできるひとときが味わえるでしょう。

Hotel Mont Saint Michel : Auberge Le Mouton Blanc et Restaurant traditionnel - l'Auberge Le Mouton Blanc
モン・サン=ミッシェル島内の伝統的なホテル、ムートン・ブランのHPです。
日帰りではもったいないもうひとつの理由は、サン・マロ湾に沈む夕日と朝日が織りなす景色を見ずに帰るなんて、必ず後悔するからです。刻々と色合いが変わる光に照らされるモン・サン=ミッシェルは、様々な表情を見せてくれます。
出典:

日帰りではもったいないもうひとつの理由は、サン・マロ湾に沈む夕日と朝日が織りなす景色を見ずに帰るなんて、必ず後悔するからです。刻々と色合いが変わる光に照らされるモン・サン=ミッシェルは、様々な表情を見せてくれます。

神秘的な夜の景色にも心を奪われます。夜の島内散策と、対岸からの景色を楽しむ時間。上手にアレンジして楽しみたいですね。
出典:

神秘的な夜の景色にも心を奪われます。夜の島内散策と、対岸からの景色を楽しむ時間。上手にアレンジして楽しみたいですね。

対岸からサン・マロ湾に浮かぶモン・サン=ミッシェルを眺めることができる素晴らしいホテルに泊まるのはいかがでしょう。こんな景色を楽しみながら過ごせるのもすばらしく贅沢です。島内か、対岸か。。。どちらに泊まるか、迷ってしまいますね。
出典:

対岸からサン・マロ湾に浮かぶモン・サン=ミッシェルを眺めることができる素晴らしいホテルに泊まるのはいかがでしょう。こんな景色を楽しみながら過ごせるのもすばらしく贅沢です。島内か、対岸か。。。どちらに泊まるか、迷ってしまいますね。

Le Relais Saint Michel
モン・サン=ミッシェルを一望できる4つ星ホテル。曜日やシーズンによって、リーズナブルに泊まることができます。

モン・サン=ミッシェルのグルメ

旅の楽しみといえば、グルメもそのひとつですよね。モン・サン=ミッシェルのグルメって、どんなものがあるのでしょうか?
出典:unsplash.com

旅の楽しみといえば、グルメもそのひとつですよね。モン・サン=ミッシェルのグルメって、どんなものがあるのでしょうか?

ガレット

ノルマンディーとブルターニュの境にあるモン・サンミッシェルでは、ブルターニュの郷土料理であるガレット(そば粉のクレープ)も地元料理として楽しむことができます。クレープリーでは、ガレット・ノルマンド(ノルマンディー風)を頼んで、ノルマンディーとブルターニュのコラボを味わうのがいいかもしれません。
出典:www.flickr.com(@Merle ja Joonas)

ノルマンディーとブルターニュの境にあるモン・サンミッシェルでは、ブルターニュの郷土料理であるガレット(そば粉のクレープ)も地元料理として楽しむことができます。クレープリーでは、ガレット・ノルマンド(ノルマンディー風)を頼んで、ノルマンディーとブルターニュのコラボを味わうのがいいかもしれません。

ふわふわオムレツ

フランスのお土産で、こんなバターたっぷりクッキーをもらったことはありませんか?フランスじゅうのスーパーや日本の輸入食品屋さんでも手に入りますが、パッケージに描いてある通り、モン・サン=ミッシェルのお土産なんです。このLa mère Poulard(プラールおばさん)が、モン・サン=ミッシェルで一番有名な料理を生み出した人なんです。
出典:

フランスのお土産で、こんなバターたっぷりクッキーをもらったことはありませんか?フランスじゅうのスーパーや日本の輸入食品屋さんでも手に入りますが、パッケージに描いてある通り、モン・サン=ミッシェルのお土産なんです。このLa mère Poulard(プラールおばさん)が、モン・サン=ミッシェルで一番有名な料理を生み出した人なんです。

島で一番の名物料理を元祖のお店で味わうならば、この「La mère Poulard」の看板を目印に。干潮の時間を狙って命がけで島に渡ってきた巡礼者に少しでも疲れをとってもらうために、プラールおばさんが栄養のあるたまごをつかって作ったのが起源だとされている名物料理とは。。。
出典:

島で一番の名物料理を元祖のお店で味わうならば、この「La mère Poulard」の看板を目印に。干潮の時間を狙って命がけで島に渡ってきた巡礼者に少しでも疲れをとってもらうために、プラールおばさんが栄養のあるたまごをつかって作ったのが起源だとされている名物料理とは。。。

その名物とは、特大サイズのオムレツ!卵白をふわふわに泡立ててから黄身を加えて作ります。単品での提供はなくコース料理の一品として出てくるので少しお値段がかかりますが、他の料理と一緒にゆっくりと楽しんでくださいね。
出典:

その名物とは、特大サイズのオムレツ!卵白をふわふわに泡立ててから黄身を加えて作ります。単品での提供はなくコース料理の一品として出てくるので少しお値段がかかりますが、他の料理と一緒にゆっくりと楽しんでくださいね。

トップページ|ラ・メール・プラール
ラ・メール・プラール 東京 歴史と伝統を受け継ぐモン・サン=ミシェルの有名レストラン
どうしてもフランスまで行けない、でも味わってみたいという方のために、海外初出店の東京でLa mère Poulardのオムレツを味わうことができます。

さまざまな表情を堪能しに。

様々な方向から様々な景色で私たちを魅了するモン・サン=ミッシェル。2度目以降のフランスにいくなら、ぜひゆっくりと時間をとって訪れてみてください。
出典:

様々な方向から様々な景色で私たちを魅了するモン・サン=ミッシェル。2度目以降のフランスにいくなら、ぜひゆっくりと時間をとって訪れてみてください。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play