“シルエット”を意識してスタイリング上手に!体型別の注意点や着こなしのコツを押さえよう

“シルエット”を意識してスタイリング上手に!体型別の注意点や着こなしのコツを押さえよう

着る服を選ぶとき“シルエット”を意識することはとても大切です。自分の体型に合ったシルエットやコーディネートのポイントを知って、もっとスタイリング上手になっちゃいましょう。今回は基本の「Iライン」、「Aライン」、「Vライン」のシルエットについて、着こなしのコツや注意点と、それぞれ参考にしたいおしゃれなコーディネートをご紹介します。2018年01月07日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード:
コーディネート
体型カバー
冬コーデ
シンプルファッション
大人かわいい
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
403

スッキリ見せる《Iラインシルエット》

“Iライン”ってどんなシルエット?

Iラインシルエットとは、縦長のスッキリとしたシルエットのことを指します。トップス、ボトムス、共にタイトなものを合わせ、英字の“I”のようなほっそりとしたラインを描くシルエットです。
出典:

Iラインシルエットとは、縦長のスッキリとしたシルエットのことを指します。トップス、ボトムス、共にタイトなものを合わせ、英字の“I”のようなほっそりとしたラインを描くシルエットです。

コーデのコツと注意点

Iラインではタイトなアイテム同士を合わせて、全体をスッキリ見せる着こなしが基本です。タイトスカートやスキニ―パンツに、タートルネックやジャストサイズのトップスなどを合わせましょう。
出典:

Iラインではタイトなアイテム同士を合わせて、全体をスッキリ見せる着こなしが基本です。タイトスカートやスキニ―パンツに、タートルネックやジャストサイズのトップスなどを合わせましょう。

ほっそりしたラインで着痩せして見える効果も期待できますが、体のラインがわかりやすいという点もあるので、アイテム選びには注意が必要です。
出典:

ほっそりしたラインで着痩せして見える効果も期待できますが、体のラインがわかりやすいという点もあるので、アイテム選びには注意が必要です。

Iラインのおしゃれなコーデ

タイトなロングスカートに、白のぴったりトップスとキャミソールを合わせたスタイルです。キャミソールとスカートの色を合わせてセットアップ風にすることで、縦長のラインをより強調することができます。
出典:

タイトなロングスカートに、白のぴったりトップスとキャミソールを合わせたスタイルです。キャミソールとスカートの色を合わせてセットアップ風にすることで、縦長のラインをより強調することができます。

オールインワンは、Iラインを強調したい時にぴったりのアイテムです。Vネックタイプのものを選ぶと、女性らしさをプラスしてくれてより着痩せ効果が期待できますよ。
出典:

オールインワンは、Iラインを強調したい時にぴったりのアイテムです。Vネックタイプのものを選ぶと、女性らしさをプラスしてくれてより着痩せ効果が期待できますよ。

黒のニットに、レトロな花柄のタイトスカートを合わせた着こなしです。赤の花が目を惹きますが、ベースの色は黒系でまとめられているので、縦長のIラインをしっかりアピールできるスタイリングになっています。
出典:

黒のニットに、レトロな花柄のタイトスカートを合わせた着こなしです。赤の花が目を惹きますが、ベースの色は黒系でまとめられているので、縦長のIラインをしっかりアピールできるスタイリングになっています。

ふわっと女性らしい《Aラインシルエット》

“Aライン”ってどんなシルエット?

Aラインシルエットとは、ウエストから足元にかけてふわっと広がるようなシルエットのことを指します。タイトなトップスにボトムスはフレアに広がるアイテムを合わせて作るAラインシルエットは、下半身の体型カバーをしつつ、女性らしい印象に仕上げてくれます。
出典:

Aラインシルエットとは、ウエストから足元にかけてふわっと広がるようなシルエットのことを指します。タイトなトップスにボトムスはフレアに広がるアイテムを合わせて作るAラインシルエットは、下半身の体型カバーをしつつ、女性らしい印象に仕上げてくれます。

コーデのコツと注意点

Aラインのシルエットで主に使われるのは、ワンピースやギャザースカート・フレアスカートなどの裾にかけて広がりのあるアイテムです。太ももやふくらはぎなど、自分がカバーしたい部位に合わせてボトムスの長さを選ぶのも良いでしょう。
出典:

Aラインのシルエットで主に使われるのは、ワンピースやギャザースカート・フレアスカートなどの裾にかけて広がりのあるアイテムです。太ももやふくらはぎなど、自分がカバーしたい部位に合わせてボトムスの長さを選ぶのも良いでしょう。

ただしAラインのシルエットは、ウエストを強調する形になってしまいがち。ウエスト周りもカバーしたいという方は、ボトムインを有効に使ったり、羽織りなどでくびれになっている部分をカバーするなどの工夫が必要になります。
出典:

ただしAラインのシルエットは、ウエストを強調する形になってしまいがち。ウエスト周りもカバーしたいという方は、ボトムインを有効に使ったり、羽織りなどでくびれになっている部分をカバーするなどの工夫が必要になります。

Aラインのおしゃれなコーデ

白のトップスにチノパン、そしてふわっとAラインに広がるコートを合わせたコーデです。寒い時期のAラインはアウターで簡単に作れるので、ワンピースの様に広がるデザインのアウターは一着持っていると便利に着回せますよ。
出典:

白のトップスにチノパン、そしてふわっとAラインに広がるコートを合わせたコーデです。寒い時期のAラインはアウターで簡単に作れるので、ワンピースの様に広がるデザインのアウターは一着持っていると便利に着回せますよ。

白のシャツワンピースに、プルオーバーをレイヤードしたスタイル。ワンピースの上から短めのトップスを重ねると、上半身をタイトに見せることができるので、自然とAラインのシルエットを作り出すことができます。
出典:

白のシャツワンピースに、プルオーバーをレイヤードしたスタイル。ワンピースの上から短めのトップスを重ねると、上半身をタイトに見せることができるので、自然とAラインのシルエットを作り出すことができます。

シンプルなボーダートップスに、ネイビーのフレアスカートを合わせた着こなしです。絶妙な丈のトップスで、青を基調としたAラインシルエットの完成♪ボトムインしても可愛く着こなせそうですね。
出典:

シンプルなボーダートップスに、ネイビーのフレアスカートを合わせた着こなしです。絶妙な丈のトップスで、青を基調としたAラインシルエットの完成♪ボトムインしても可愛く着こなせそうですね。

ラフでカジュアルな印象の《Vラインシルエット》

“Vライン”ってどんなシルエット?

Vラインシルエットは、ボトムスがタイトでトップスにボリュームのあるシルエットのことを指します。ウエスト周りが気になる方におすすめなラインで、ゆったりトップスで上半身の気になる部分をしっかりカバーすることができますよ。
出典:

Vラインシルエットは、ボトムスがタイトでトップスにボリュームのあるシルエットのことを指します。ウエスト周りが気になる方におすすめなラインで、ゆったりトップスで上半身の気になる部分をしっかりカバーすることができますよ。

コーデのコツと注意点

Vラインのシルエットを作る時には、タイトなスキニ―パンツやテーパードパンツなどのボトムスが大活躍してくれます。細身のボトムスにゆったりトップスやボリューム感のあるアウターを合わせて、下半身がスッキリ見えるVラインを作ってみましょう。
出典:

Vラインのシルエットを作る時には、タイトなスキニ―パンツやテーパードパンツなどのボトムスが大活躍してくれます。細身のボトムスにゆったりトップスやボリューム感のあるアウターを合わせて、下半身がスッキリ見えるVラインを作ってみましょう。

ただしVラインを作る時は、上下のバランス感が非常に重要になります。どちらもゆったりしているとVにはなりませんし、トップスにゆとりが足りないと、中途半端な印象になり着膨れして見えることも。ボトムスはできるだけタイトなアイテムを選んで、トップスとのバランスを意識しながらコーディネートしてみてくださいね。
出典:

ただしVラインを作る時は、上下のバランス感が非常に重要になります。どちらもゆったりしているとVにはなりませんし、トップスにゆとりが足りないと、中途半端な印象になり着膨れして見えることも。ボトムスはできるだけタイトなアイテムを選んで、トップスとのバランスを意識しながらコーディネートしてみてくださいね。

Vラインのおしゃれなコーデ

裾をきゅっと絞ったベージュのパンツに、グレーのメンズライクなジャケットをプラスしたコーディネート。Vラインのシルエットを作る際にトップスに迷ったら、あえてメンズアイテムをチョイスするのもアリですよ。
出典:

裾をきゅっと絞ったベージュのパンツに、グレーのメンズライクなジャケットをプラスしたコーディネート。Vラインのシルエットを作る際にトップスに迷ったら、あえてメンズアイテムをチョイスするのもアリですよ。

タイトなトラウザーパンツに、ゆったり着られるストライプのシャツを合わせたスタイリング。足元は靴まで黒色で揃えているので、ボトムス部分のタイト感がより強調されていますね。前だけインしてこなれ感を出すのもおすすめです。
出典:

タイトなトラウザーパンツに、ゆったり着られるストライプのシャツを合わせたスタイリング。足元は靴まで黒色で揃えているので、ボトムス部分のタイト感がより強調されていますね。前だけインしてこなれ感を出すのもおすすめです。

冬~春にかけてのVラインシルエットなら、アウターを活用するのも◎ 特にロング丈のチェスターコートなどは、羽織るだけで簡単にVラインを作ることができるので、シルエットを上手く作れないとお悩みの方はぜひ挑戦してみてください♪
出典:

冬~春にかけてのVラインシルエットなら、アウターを活用するのも◎ 特にロング丈のチェスターコートなどは、羽織るだけで簡単にVラインを作ることができるので、シルエットを上手く作れないとお悩みの方はぜひ挑戦してみてください♪

おわりに

シルエットを意識してコーディネートを考えると、自分の体型や好みに合ったスタイルが自然と分かるようになってくるはず。お気に入りの服を、自分に一番似合う形で着こなしたい。そう感じている方は、ぜひシルエットを意識する習慣を取り入れてみてくださいね♪
出典:

シルエットを意識してコーディネートを考えると、自分の体型や好みに合ったスタイルが自然と分かるようになってくるはず。お気に入りの服を、自分に一番似合う形で着こなしたい。そう感じている方は、ぜひシルエットを意識する習慣を取り入れてみてくださいね♪

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play