江戸時代の面影を色濃く残す城下町で散策を楽しむ旅!飛騨高山の観光スポット【高山市街地編】

江戸時代の面影を色濃く残す城下町で散策を楽しむ旅!飛騨高山の観光スポット【高山市街地編】

「飛騨高山」でその名を広く知られている岐阜県高山市中心部は、江戸時代に城下町として栄えていた頃の景観がほぼ完璧な姿で残されており、“飛騨の小京都”と称されています。「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で三ツ星に輝いている飛騨高山には、その美しい景観を求めて大勢の観光客が訪れています。高山市街地では、古い街並みが江戸時代の面影を色濃く残しており、街中を散策していると、まるで江戸時代にタイムスリップしたような気分を覚えます。そんな魅力溢れる飛騨高山の市街地の観光名所をご紹介します。2019年10月25日作成

カテゴリ:
旅行・お出かけ
キーワード:
東海
岐阜県
飛騨高山
観光スポット
絶景
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
216

飛騨高山とは?

飛騨高山とは、飛騨山脈の西側一帯の中心部として位置している岐阜県高山市のことです。江戸時代初期に、城下町として栄え、17世紀末に江戸幕府直轄領となった飛騨高山の市街地は、江戸時代の城下町・商家町であった頃の名残がほぼ完全な形で残されています。
出典:

飛騨高山とは、飛騨山脈の西側一帯の中心部として位置している岐阜県高山市のことです。江戸時代初期に、城下町として栄え、17世紀末に江戸幕府直轄領となった飛騨高山の市街地は、江戸時代の城下町・商家町であった頃の名残がほぼ完全な形で残されています。

江戸時代から明治時代初期にかけて築かれた古い日本家屋が軒を連ねている飛騨高山の美しい景観は、「飛騨の小京都」とも形容され、「日本の原風景を残す街」として紹介されています。その素晴らしい景観を一目見るために、飛騨高山では日本国内外から訪れた大勢の観光客で賑わっています。
出典:

江戸時代から明治時代初期にかけて築かれた古い日本家屋が軒を連ねている飛騨高山の美しい景観は、「飛騨の小京都」とも形容され、「日本の原風景を残す街」として紹介されています。その素晴らしい景観を一目見るために、飛騨高山では日本国内外から訪れた大勢の観光客で賑わっています。

三町伝統的建造物群保存地区(さんまち通り)

「さんまち通り」の名で親しまれている三町伝統的建造物群保存地区は、高山市の上三之町、上二之町、上一之町、片原町、神明町4丁目にまたがる地域を指します。ここでは凝った意匠が施された古い町屋建物が軒を連ねており、まるで時代劇のロケ地のような佇まいをしています。
出典:

「さんまち通り」の名で親しまれている三町伝統的建造物群保存地区は、高山市の上三之町、上二之町、上一之町、片原町、神明町4丁目にまたがる地域を指します。ここでは凝った意匠が施された古い町屋建物が軒を連ねており、まるで時代劇のロケ地のような佇まいをしています。

さんまち通りに軒を連ねる古い町屋建物をじっくりと観察しながら散策をしてみましょう。よく見るとそれぞれの建物に異なる意匠が施されています。統一感ある美しい建物からは、さんまち通りが江戸時代には飛騨地方における商業の中心地であったことを伺い知ることができます。
出典:

さんまち通りに軒を連ねる古い町屋建物をじっくりと観察しながら散策をしてみましょう。よく見るとそれぞれの建物に異なる意匠が施されています。統一感ある美しい建物からは、さんまち通りが江戸時代には飛騨地方における商業の中心地であったことを伺い知ることができます。

夜になると、さんまち通りは日中とは違う表情を見せてくれます。大勢の観光客で賑わっていた日中とは異なり、静寂に包まれたさんまち通りを、風情ある街燈がやさしく照らし、幻想的な雰囲気が漂っています。
出典:

夜になると、さんまち通りは日中とは違う表情を見せてくれます。大勢の観光客で賑わっていた日中とは異なり、静寂に包まれたさんまち通りを、風情ある街燈がやさしく照らし、幻想的な雰囲気が漂っています。

高山陣屋

高山陣屋は、もともと、高山藩主であった金森氏が所有していた屋敷でした。やがて、17世紀末に飛騨の国が江戸幕府の天領となり、高山陣屋は幕府が飛騨地方を管理するために派遣していた代官が住む代官所として使用されるようになりました。高山陣屋は、江戸時代の陣屋として日本で現存している唯一のもので、国の史跡に指定されています。
出典:

高山陣屋は、もともと、高山藩主であった金森氏が所有していた屋敷でした。やがて、17世紀末に飛騨の国が江戸幕府の天領となり、高山陣屋は幕府が飛騨地方を管理するために派遣していた代官が住む代官所として使用されるようになりました。高山陣屋は、江戸時代の陣屋として日本で現存している唯一のもので、国の史跡に指定されています。

高山陣屋では、重厚感あふれる外観だけでなく、美しい内部も必見です。奥座敷は1830年に描かれた絵図を基に江戸時代の状態がそのまま復元されています。風情ある座敷を見学していると、座敷奥の襖が空いて、裃を着た代官が現れてくるような錯覚さえも感じます。
出典:

高山陣屋では、重厚感あふれる外観だけでなく、美しい内部も必見です。奥座敷は1830年に描かれた絵図を基に江戸時代の状態がそのまま復元されています。風情ある座敷を見学していると、座敷奥の襖が空いて、裃を着た代官が現れてくるような錯覚さえも感じます。

座敷から眺める日本庭園の美しさは格別です。よく手入れされた庭園も、建物、座敷と同様に江戸時代の姿をそのまま復元されており、まるで大名屋敷を訪れたような気分を楽しむことができます。
出典:

座敷から眺める日本庭園の美しさは格別です。よく手入れされた庭園も、建物、座敷と同様に江戸時代の姿をそのまま復元されており、まるで大名屋敷を訪れたような気分を楽しむことができます。

藤井美術民芸館

高山城二の丸の登城門を模した風情ある門構えをした藤井民芸美術館には、安土桃山時代から伝わる古美術品などが約2500点が展示されています。特に、270年以上も前に作られた享保雛、「一休さん」でおなじみの一休禅師の掛け軸などは必見です。
出典:

高山城二の丸の登城門を模した風情ある門構えをした藤井民芸美術館には、安土桃山時代から伝わる古美術品などが約2500点が展示されています。特に、270年以上も前に作られた享保雛、「一休さん」でおなじみの一休禅師の掛け軸などは必見です。

飛騨国分寺

飛騨国分寺は、757年に聖武天皇の命令よって高僧・行基が建立した真言宗の寺院です。高さ22メートルを誇る三重塔は、岐阜県の重要文化財に指定されており、壮麗な姿で参拝者を迎え入れてくれます。
出典:

飛騨国分寺は、757年に聖武天皇の命令よって高僧・行基が建立した真言宗の寺院です。高さ22メートルを誇る三重塔は、岐阜県の重要文化財に指定されており、壮麗な姿で参拝者を迎え入れてくれます。

境内には、国の天然記念物に指定されている「飛騨国分寺の大イチョウ」と呼ばれる推定樹齢1250年、幹回10メートルの銀杏の大木がそびえています。
出典:

境内には、国の天然記念物に指定されている「飛騨国分寺の大イチョウ」と呼ばれる推定樹齢1250年、幹回10メートルの銀杏の大木がそびえています。

飛騨高山まちの博物館

1875年に建てられた檜造りの土蔵がそのまま博物館として開放されている、飛騨高山まちの博物館では、飛騨地方の民俗資料を約75,000点所蔵されています。常時展示されている約900点の所蔵品は、14からなる展示室に、飛騨高山での町屋文化、城下町の成り立ち、高山祭などの伝統文化に関する情報などがテーマ毎に展示されています。
出典:

1875年に建てられた檜造りの土蔵がそのまま博物館として開放されている、飛騨高山まちの博物館では、飛騨地方の民俗資料を約75,000点所蔵されています。常時展示されている約900点の所蔵品は、14からなる展示室に、飛騨高山での町屋文化、城下町の成り立ち、高山祭などの伝統文化に関する情報などがテーマ毎に展示されています。

桜山八幡宮

国指定の無形民俗文化財にされている秋の高山祭が開催される桜山八幡宮は応神天皇を主祭神として祀る神社です。
出典:

国指定の無形民俗文化財にされている秋の高山祭が開催される桜山八幡宮は応神天皇を主祭神として祀る神社です。

高山祭屋台会館

桜山八幡宮境内にある高山屋台会館には、秋に行われる高山祭の実物屋台11台のうち、4台が常時展示されています。展示されている実物屋台4台は、毎年3月、7月、11月に入れ替えが行われます。ここでは、高山祭開催時期に飛騨高山を訪れることができなくても、高山祭がどのようなものであるのかを知ることができます。
出典:

桜山八幡宮境内にある高山屋台会館には、秋に行われる高山祭の実物屋台11台のうち、4台が常時展示されています。展示されている実物屋台4台は、毎年3月、7月、11月に入れ替えが行われます。ここでは、高山祭開催時期に飛騨高山を訪れることができなくても、高山祭がどのようなものであるのかを知ることができます。

中橋

高山市中心部を流れる宮川に架かる中橋は、飛騨高山が城下町として栄えていた時代から架けられていた歴史ある橋です。水害により幾度が流失した後、1925年に現在の橋が架けなおされ、1965年に欄干が取り替えられて朱色をした現在の姿となりました。
出典:

高山市中心部を流れる宮川に架かる中橋は、飛騨高山が城下町として栄えていた時代から架けられていた歴史ある橋です。水害により幾度が流失した後、1925年に現在の橋が架けなおされ、1965年に欄干が取り替えられて朱色をした現在の姿となりました。

遠望して眺める中橋の美しさは格別です。とうとうと流れる宮川、中橋の朱色の欄干、周囲の古い街並みが織りなす景色は、まるで一枚の絵画のようです。
出典:

遠望して眺める中橋の美しさは格別です。とうとうと流れる宮川、中橋の朱色の欄干、周囲の古い街並みが織りなす景色は、まるで一枚の絵画のようです。

中橋から眺める宮川の風景も絵になります。悠然と流れる宮川、緑に覆われた土手、川沿いに植樹された柳の木が融和し、風光明媚な景色が広がっています。
出典:

中橋から眺める宮川の風景も絵になります。悠然と流れる宮川、緑に覆われた土手、川沿いに植樹された柳の木が融和し、風光明媚な景色が広がっています。

宮川朝市

宮川沿いにほぼ毎朝開催されている宮川朝市は、日本三大朝市(輪島朝市、勝浦朝市、宮川朝市)の一つに数えられており、飛騨高山を代表する観光名所となっています。
出典:

宮川沿いにほぼ毎朝開催されている宮川朝市は、日本三大朝市(輪島朝市、勝浦朝市、宮川朝市)の一つに数えられており、飛騨高山を代表する観光名所となっています。

宮川朝市では、飛騨高山の特産品である「サルぼぼ」はもちろんのこと、新鮮な果物、野菜、手作りの雑貨などが販売されています。朝市には地元の利用者もたくさん訪れているため、活気でみなぎっています。
出典:

宮川朝市では、飛騨高山の特産品である「サルぼぼ」はもちろんのこと、新鮮な果物、野菜、手作りの雑貨などが販売されています。朝市には地元の利用者もたくさん訪れているため、活気でみなぎっています。

飛騨高山の市街地を訪れてみませんか?

江戸時代の面影を色濃く残す城下町で散策を楽しむ旅!飛騨高山の観光スポット【高山市街地編】
出典:
いかがでしたか?飛騨高山には紹介したスポット以外にも素晴らしい景勝地や見どころがたくさんあります。江戸時代から栄えた城下町の面影を現存している飛騨高山の高山市街地を訪れ歴史的情緒あふれる街並み散策を楽しんでください。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play