30代からの【肌ケア】。ズボラのままではいられない「変化」と「お手入れ」とは?

30代からの【肌ケア】。ズボラのままではいられない「変化」と「お手入れ」とは?

お肌の曲がり角といわれるお年頃に差し掛かると、これまでにはなかった「変化」に悩まされることが増えていきます。そろそろ意識をし始めないと、いつの日か肌の衰えをイヤというほど自覚することになってしまうかも!自分のこと、ケアのこと、ここでちょっと見つめ直してみませんか?2018年08月31日作成

カテゴリ:
美容・ケア
お気に入り数447

30代はこれまでにない変化を迎える時

30代からの【肌ケア】。ズボラのままではいられない「変化」と「お手入れ」とは?
出典:www.instagram.com(@fumiya.w)
新陳代謝や女性ホルモンの分泌に変化が表れる30代。さまざまな場面で「今までとは違う」ことを実感する時です。仕事ではキャリアを積み自信がついてくると同時に責任も増え、プライベートでは結婚や出産などライフイベントを迎える人も。生活環境の変化は肌へも影響しだし、遅かれ早かれ徐々に老化症状を感じ始めることに。

肌未来のために、今こそケアのはじめどき

30代からの【肌ケア】。ズボラのままではいられない「変化」と「お手入れ」とは?
出典:www.instagram.com(@fumiya.w)
30代はまだまだ若い!とはいえ、メイクを落とさず寝てしまったり、紫外線対策をしないで過ごしていたりすれば、素肌の劣化はどんどん進みます。加齢を自覚せずにはいられない40代に備えて、肌ダメージが深刻になる前に今からケアをしていきましょう。

そのお手入れ、インナードライの原因になっていない?

「落としすぎ」に注意!

30代になってからインナードライとよばれる乾燥性皮脂肌に悩み始める人も少なくありません。「Tゾーンはテカるのに肌全体はカサつく」「化粧崩れしやすい」という人は、あぶら取り紙の使いすぎやクレンジングのしすぎで皮脂を拭き取りすぎないように要注意です。
出典:unsplash.com

30代になってからインナードライとよばれる乾燥性皮脂肌に悩み始める人も少なくありません。「Tゾーンはテカるのに肌全体はカサつく」「化粧崩れしやすい」という人は、あぶら取り紙の使いすぎやクレンジングのしすぎで皮脂を拭き取りすぎないように要注意です。

熱いお湯で洗顔する、パックを長時間する、ゴシゴシと洗顔する、タオルでこするように拭き取る。こうしたことも肌のバリア機能を低下させてしまいます。
出典:unsplash.com

熱いお湯で洗顔する、パックを長時間する、ゴシゴシと洗顔する、タオルでこするように拭き取る。こうしたことも肌のバリア機能を低下させてしまいます。

30代から気になりだすこと

乾燥

洗顔後に肌がつっぱるのを感じませんか?
30代になると肌の保湿に作用するコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどが次第に減っていくことで肌の乾燥が進んでいきます。それまでオイリー肌だと思っていた人が、実は乾燥肌なのだと気づきだすのも30歳を迎える頃。
出典:unsplash.com

洗顔後に肌がつっぱるのを感じませんか?
30代になると肌の保湿に作用するコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどが次第に減っていくことで肌の乾燥が進んでいきます。それまでオイリー肌だと思っていた人が、実は乾燥肌なのだと気づきだすのも30歳を迎える頃。

肌が乾燥すると外的刺激に敏感になります。紫外線対策や保湿ケア、コスメを低刺激のものに変えるなど、お手入れを見直しましょう。
出典:unsplash.com

肌が乾燥すると外的刺激に敏感になります。紫外線対策や保湿ケア、コスメを低刺激のものに変えるなど、お手入れを見直しましょう。

小じわ・たるみ

ほうれい腺や目元のしわが気になりますか?
ホルモンバランスの変化や肌の保湿成分の減少は、小じわやたるみの原因になります。年齢を重ねるのはステキなことでもありますが、若くして老け顏になるのはちょっぴり残念。新陳代謝をあげて、皮膚組織が生まれ変わるサイクル(=ターンオーバー)の乱れを改善していかなくては!
出典:unsplash.com

ほうれい腺や目元のしわが気になりますか?
ホルモンバランスの変化や肌の保湿成分の減少は、小じわやたるみの原因になります。年齢を重ねるのはステキなことでもありますが、若くして老け顏になるのはちょっぴり残念。新陳代謝をあげて、皮膚組織が生まれ変わるサイクル(=ターンオーバー)の乱れを改善していかなくては!

これまで気にならなかった小じわを発見したら、低刺激の保湿剤やクリームで早めに潤い対策をしていきましょう。
出典:

これまで気にならなかった小じわを発見したら、低刺激の保湿剤やクリームで早めに潤い対策をしていきましょう。

しみ・くすみ

食事は偏っていませんか?ストレスを感じていませんか?快眠できていますか?
生活の乱れはターンオーバーの乱れにもつながり、しみやくすみの原因になります。
出典:unsplash.com

食事は偏っていませんか?ストレスを感じていませんか?快眠できていますか?
生活の乱れはターンオーバーの乱れにもつながり、しみやくすみの原因になります。

しみを作らないためには、代謝力をアップするように体内環境を整えることも大切です。最近イライラしがちだな、という人、忙しすぎてゆっくり休めていない人は、ひと息ついてリラックスできる時間を作って。心の安定も要です!
出典:www.instagram.com(@sleeping0mihoc)

しみを作らないためには、代謝力をアップするように体内環境を整えることも大切です。最近イライラしがちだな、という人、忙しすぎてゆっくり休めていない人は、ひと息ついてリラックスできる時間を作って。心の安定も要です!

30代からのクレンジング

「低刺激」が、30代からのクレンジングの基本。洗浄力が強すぎるとメイクと一緒に必要な油分や水分まで落としてしまいます。香料や着色料で刺激を与えないように、こすり洗いで皮膚を傷めないように、肌に負担をかけないものを選びましょう。
出典:

「低刺激」が、30代からのクレンジングの基本。洗浄力が強すぎるとメイクと一緒に必要な油分や水分まで落としてしまいます。香料や着色料で刺激を与えないように、こすり洗いで皮膚を傷めないように、肌に負担をかけないものを選びましょう。

30代からの洗顔

乾燥肌に悩んでいる人の中には、「朝は洗顔料を使わずにぬるま湯だけにしたら肌の調子が良くなった」という人もいるようです。洗顔は肌の状態に大いに影響を及ぼします。特に30代になると肌質が変わってくることがあるので、肌の調子が気になりだしたら、洗顔料を変えてみるのもいいかもしれません。
出典:www.pexels.com

乾燥肌に悩んでいる人の中には、「朝は洗顔料を使わずにぬるま湯だけにしたら肌の調子が良くなった」という人もいるようです。洗顔は肌の状態に大いに影響を及ぼします。特に30代になると肌質が変わってくることがあるので、肌の調子が気になりだしたら、洗顔料を変えてみるのもいいかもしれません。

30代からの保湿ケア

注目したいのは、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンC誘導体といった保湿成分。30代ではまだ皮脂分泌力はあるので、美容液やクリームなど過剰につけすぎて肌を甘やかさないこと。自ら潤う力も大切にしていきましょう。
出典:

注目したいのは、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンC誘導体といった保湿成分。30代ではまだ皮脂分泌力はあるので、美容液やクリームなど過剰につけすぎて肌を甘やかさないこと。自ら潤う力も大切にしていきましょう。

30代からのインナーケア

食生活

肌のハリツヤが不足している時には、タンパク質、ビタミンA・E・C、そして鉄分を積極的に摂るようにしましょう。抗酸化作用のあるポリフェノールも美肌をサポートする栄養成分。食材では緑黄色野菜や豚肉、ナッツ類やアボガドが◎。
出典:www.instagram.com(@t_ammy)

肌のハリツヤが不足している時には、タンパク質、ビタミンA・E・C、そして鉄分を積極的に摂るようにしましょう。抗酸化作用のあるポリフェノールも美肌をサポートする栄養成分。食材では緑黄色野菜や豚肉、ナッツ類やアボガドが◎。

運動習慣

ターンオーバーを促すために、毎日の適度な運動を習慣づけたいですね。軽いストレッチを続けるだけでも血液循環が良くなって、肌の調子も改善していきますよ。
出典:www.pexels.com

ターンオーバーを促すために、毎日の適度な運動を習慣づけたいですね。軽いストレッチを続けるだけでも血液循環が良くなって、肌の調子も改善していきますよ。

水分補給

いつまでも健康的な肌をキープしている人は、体の内側への水分補給も欠かしていません。1日に必要とされる水は1~1.5リットル。常温か白湯を飲むのがいいといわれています。冷えが肌を乾燥させている場合もあるので、体を温める発酵茶(紅茶、ほうじ茶、烏龍茶など)や、黒豆茶、甘酒などを飲むのもいいですね。
出典:www.pexels.com

いつまでも健康的な肌をキープしている人は、体の内側への水分補給も欠かしていません。1日に必要とされる水は1~1.5リットル。常温か白湯を飲むのがいいといわれています。冷えが肌を乾燥させている場合もあるので、体を温める発酵茶(紅茶、ほうじ茶、烏龍茶など)や、黒豆茶、甘酒などを飲むのもいいですね。

30代からの肌休暇

肌が生まれ変わるターンオーバーの周期を正常化することが、エイジングケアの大前提。肌細胞が自分の力でダメージを回復していくその力を促進するために、週に1度はメイクとクレンジングをしないで肌を休ませる日を作ることもおすすめです。
出典:unsplash.com

肌が生まれ変わるターンオーバーの周期を正常化することが、エイジングケアの大前提。肌細胞が自分の力でダメージを回復していくその力を促進するために、週に1度はメイクとクレンジングをしないで肌を休ませる日を作ることもおすすめです。

老化サインが出てくる前に!

30代からの【肌ケア】。ズボラのままではいられない「変化」と「お手入れ」とは?
出典:
30代半ばくらいまでは、それほど焦りを感じていない人も多いかもしれません。まだ何かと無茶がきくかもしれませんね。でも、積み重なった肌のダメージが顕著に現れだすのも、それほど遠い未来ではないはず。30代で丁寧な肌ケアをしているかどうかが今後の明確な差を生むことになるのです。

「乾燥」「刺激」「ストレス」から肌を守って、「保湿」「食事」「睡眠」を意識していきましょう!
良品生活 Powered by ライブドアブログ
パンと日用品の店 わざわざ
haluta | ハルタ
Fumiya ✂︎ ショート:ボブ (@cafune_fumiya) • Instagram
miho takahashi (@sleeping0mihoc) • Instagram
Tammy* (@t_ammy) • Instagram

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

App Store バナーGoogle Play バナー