1. トップ
  2. ファッション
  3. アウター
  4. ダウン
  5. ダウンコート
  6. とにかく寒い日の必須アイテム!【ダウン・キルティングアウター】でおしゃれ防寒
とにかく寒い日の必須アイテム!【ダウン・キルティングアウター】でおしゃれ防寒

とにかく寒い日の必須アイテム!【ダウン・キルティングアウター】でおしゃれ防寒

ダウン&キルティングアウターは軽くて暖かくて、極寒時期の必須アイテムといっても過言ではありません。けれども、どうも利便性が優ってしまって、着方が雑になってしまう..ということはありませんか?今回はおしゃれ心も満足させる!着まわしやすいダウン&キルティングアウターと素敵なコーデをご紹介します。快適さもおしゃれも諦めたくないキナリノ読者のみなさん。最後までお付き合いいただけますと幸いです。2020年01月23日作成

カテゴリ:
ファッション
ブランド:
アンドワンダー
Barbour
canada goose
キーワード
アウターダウンダウンコートキルティングジャケット
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数181

今注目したいダウン&キルティングコート

年が明けてからが寒さ本番。日は少しずつ長くなってくるものの、外出時には暖かいアウターでしっかり防寒しておきたいもの。厚手のウールコートも頼りになるけれど、体に重たかったり、2月に入れば花粉がくっつくのも心配。アクティブに動きたいなら、ダウンや中綿入りのキルティングのアウターがおすすめです。
高機能かつ軽量なCANADA GOOSE (カナダグース)のライトダウンコート。鮮やかカラーを選べば、重くなりがちな真冬コーデも明るく爽やかに。アウター次第で印象は大きく変わりますよ。
出典:

年が明けてからが寒さ本番。日は少しずつ長くなってくるものの、外出時には暖かいアウターでしっかり防寒しておきたいもの。厚手のウールコートも頼りになるけれど、体に重たかったり、2月に入れば花粉がくっつくのも心配。アクティブに動きたいなら、ダウンや中綿入りのキルティングのアウターがおすすめです。
高機能かつ軽量なCANADA GOOSE (カナダグース)のライトダウンコート。鮮やかカラーを選べば、重くなりがちな真冬コーデも明るく爽やかに。アウター次第で印象は大きく変わりますよ。

防寒だけ...はもう古い?おしゃれで快適!進化系ダウン

DANSKIN(ダンスキン)

ダウンと言えば、とにかくあったかい!だけど、それだけがすごいところじゃないですよね。軽くて機能的、そしてスタイルをかっこよく見せてくれるアウターを選びませんか?ダンスウェアブランド「DANSKIN(ダンスキン)」のダウンコートはスポーティーでありながら、女性らしい柔らかさを感じさせるデザイン。凛とした大人の女性によく似合います。
出典:

ダウンと言えば、とにかくあったかい!だけど、それだけがすごいところじゃないですよね。軽くて機能的、そしてスタイルをかっこよく見せてくれるアウターを選びませんか?ダンスウェアブランド「DANSKIN(ダンスキン)」のダウンコートはスポーティーでありながら、女性らしい柔らかさを感じさせるデザイン。凛とした大人の女性によく似合います。

and wander(アンドワンダー)

アウトドアで活用できるタフな作りと都会的で洗練されたデザイン、一見相反する要素をうまく調和させた機能的な「and wander(アンドワンダー)」のダウンジャケット。裾や袖口に配されたステッチにはリフレクター効果も。さりげないところにデザインの機微が感じられます。
出典:

アウトドアで活用できるタフな作りと都会的で洗練されたデザイン、一見相反する要素をうまく調和させた機能的な「and wander(アンドワンダー)」のダウンジャケット。裾や袖口に配されたステッチにはリフレクター効果も。さりげないところにデザインの機微が感じられます。

The Loft Labo(ロフトラボ)

2015年に始動したダウンウェアブランド「The Loft Labo(ロフトラボ)」。国内生産にこだわった日本のブランドというだけあって、日本の気候や日本人の体型に合ったアウター作りに定評を得ています。すっきりコンパクトなシルエット、ナチュラルなフードの立ち上がり、上質でハリのある生地感...スポーティーすぎないので、あらゆる着こなしに似合います。ダウンはちょっと苦手...という方にぜひ試していただきたいブランドです。
出典:

2015年に始動したダウンウェアブランド「The Loft Labo(ロフトラボ)」。国内生産にこだわった日本のブランドというだけあって、日本の気候や日本人の体型に合ったアウター作りに定評を得ています。すっきりコンパクトなシルエット、ナチュラルなフードの立ち上がり、上質でハリのある生地感...スポーティーすぎないので、あらゆる着こなしに似合います。ダウンはちょっと苦手...という方にぜひ試していただきたいブランドです。

同じく「ロフトラボ」から薄手でインナー仕様も可能なキルティング仕立てのダウンコート。普通のインナーダウンコートより羽毛量が多くしっかりとした作りなので、1枚でも十分な暖かさ。ミニマルなデザインがナチュラルファッションをきれいにまとめてくれます。
出典:

同じく「ロフトラボ」から薄手でインナー仕様も可能なキルティング仕立てのダウンコート。普通のインナーダウンコートより羽毛量が多くしっかりとした作りなので、1枚でも十分な暖かさ。ミニマルなデザインがナチュラルファッションをきれいにまとめてくれます。

長く愛用したいベーシック。キルティングコート

Barbour(バブアー)

秋冬から春先まで活躍するキルティングコート。中綿入りなので暖かく、マフラーやストールなど防寒具との相性が良いのもメリット。旅行するときにも便利なアウターなので、ベーシックなデザインのものを1着持っておくととても便利です。英国ブランド、「Babour(バブアー)」のキルティングコートは定番中の定番。オリーブは特に人気色。おすすめです。
出典:

秋冬から春先まで活躍するキルティングコート。中綿入りなので暖かく、マフラーやストールなど防寒具との相性が良いのもメリット。旅行するときにも便利なアウターなので、ベーシックなデザインのものを1着持っておくととても便利です。英国ブランド、「Babour(バブアー)」のキルティングコートは定番中の定番。オリーブは特に人気色。おすすめです。

TISSU(ティシュ)

麻とコットンのナチュラルな質感が優しい「TISSU(ティシュ)」のキルトジャケット。スプリングコートやロングカーディガンのような気楽な感じで羽織れるのが嬉しい。もちろん中綿入りで暖かさもしっかり確保されていますよ。
出典:

麻とコットンのナチュラルな質感が優しい「TISSU(ティシュ)」のキルトジャケット。スプリングコートやロングカーディガンのような気楽な感じで羽織れるのが嬉しい。もちろん中綿入りで暖かさもしっかり確保されていますよ。

人と差をつけるのは、やっぱりカラーバランス

カナダグースのロングダウンコートは、やっぱりブラックが定番。人気ブランドなので、あちらこちらで見かけますが、人と差をつけたいなら、全身のカラーバランスはよく配慮しましょう。足先まで抜かりなく、重さの引き算も考えながらまとめるのが上級者です。
出典:

カナダグースのロングダウンコートは、やっぱりブラックが定番。人気ブランドなので、あちらこちらで見かけますが、人と差をつけたいなら、全身のカラーバランスはよく配慮しましょう。足先まで抜かりなく、重さの引き算も考えながらまとめるのが上級者です。

ブラックだけど重くないシンプルコーデ

JW ANDERSONとのコラボで生まれたユニクロのリバーシブルダウンを主役に、ブラックでコーディネート。重たくならないようブルーとホワイトをちょこっと覗かせて。ほぼ全身ユニクロのアイテムでコーデしているというのも驚きです。
出典:

JW ANDERSONとのコラボで生まれたユニクロのリバーシブルダウンを主役に、ブラックでコーディネート。重たくならないようブルーとホワイトをちょこっと覗かせて。ほぼ全身ユニクロのアイテムでコーデしているというのも驚きです。

ロングキルティングコートは、タイトなシルエットがとてもスタイリッシュ。全身ブラックでも素材の軽やかさのおかげか重くなりすぎないのが嬉しい。縦長を意識して、ハイウエストでベルトマークしたのもスタイルアップのポイント。ブラウスは白を選んでキリッと品よく!好感度の高いコーデの完成です。
出典:

ロングキルティングコートは、タイトなシルエットがとてもスタイリッシュ。全身ブラックでも素材の軽やかさのおかげか重くなりすぎないのが嬉しい。縦長を意識して、ハイウエストでベルトマークしたのもスタイルアップのポイント。ブラウスは白を選んでキリッと品よく!好感度の高いコーデの完成です。

ちょっとノスタルジックなカーキ×チェック

カーキのダウンジャケットにチェックブラウスを合わせて。カントリーライクでどこか懐かしい。温もりを感じるスタイルです。
出典:

カーキのダウンジャケットにチェックブラウスを合わせて。カントリーライクでどこか懐かしい。温もりを感じるスタイルです。

グリーンのタータンチェックスカートと合わせたのはバブアーのキルティングジャケット。英国トラッドスタイルのお手本といえそうなコーデです。
出典:

グリーンのタータンチェックスカートと合わせたのはバブアーのキルティングジャケット。英国トラッドスタイルのお手本といえそうなコーデです。

安定のカーキ×ブラック。美シルエットに見せるコツ

カーキとブラックは定番の組み合わせ。オールブラックやブラック×ホワイトよりも柔らかく見せることができます。ボトムやインナーをブラック、アウターをカーキにすると、抜け感はありつつもすっきりかっこいいシルエットに。このバランス感大いに参考にしたいですね。
出典:

カーキとブラックは定番の組み合わせ。オールブラックやブラック×ホワイトよりも柔らかく見せることができます。ボトムやインナーをブラック、アウターをカーキにすると、抜け感はありつつもすっきりかっこいいシルエットに。このバランス感大いに参考にしたいですね。

ラテコーデにグレーが新鮮

人気のラテ色コーデにグレーのキルティングコートをオン。優しい雰囲気に少しクールさがプラスされて新鮮。甘さと辛さのバランス感が絶妙ですね。
出典:

人気のラテ色コーデにグレーのキルティングコートをオン。優しい雰囲気に少しクールさがプラスされて新鮮。甘さと辛さのバランス感が絶妙ですね。

パンツからアウター、シューズまで、ベージュ&ホワイト系でまとめたラテ色コーデ。女性らしい淡い色合いに、グレーのスウェットやブラックのリュックを足したところが巧み。色をうまく配置することで、可愛らしさとかっこよさを両立させてしまう上級者なテクニックです。
出典:

パンツからアウター、シューズまで、ベージュ&ホワイト系でまとめたラテ色コーデ。女性らしい淡い色合いに、グレーのスウェットやブラックのリュックを足したところが巧み。色をうまく配置することで、可愛らしさとかっこよさを両立させてしまう上級者なテクニックです。

寒い日はどうしても手が伸びてしまうダウン&キルティングアウター。もし、どうしようもない時の防寒アイテムといった位置付けになっているとしたら、ちょっと勿体無い話。安いお買い物ではないので、これから選ぶなら、機能面だけではなく、デザイン&カラー、使い勝手...好きなテイストのものをこだわって選んみませんか?長く愛用できるお気に入りを見つけて、真冬のおしゃれを軽やかに楽しみましょう。
画像は下記サイトからお借りしました。ありがとうございました!

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play