編集部のお気に入り
手で文字を書きたくなる“レターペンのカバー画像

手で文字を書きたくなる“レターペン”

430
2022年09月05日作成
手紙を書くことが減ってきたと言われて久しい世の中。
とはいえ、簡単なお中元のお礼、誕生日カード、出産や退職の寄せ書き、同僚や家族へのメモ書きなど、「誰かに何かを伝えるために書くもの」という“広義の手紙”であれば、日常生活の中で文字を書くことはまだまだありそうです。
なんてことないいつものボールペンでもよいのですが、せっかくなら文字を書くことが楽しくなるようなペンを使ってみませんか?
手で文字を書きたくなる“レターペン”
たまたま入った文具屋さんで「文字が綺麗に書ける!」というポップが目を惹いた「ZIG Letter pen COCOIRO」
ペン先に少し弾力があってとても書き心地がよく、とめ・はね・はらいの強弱がつけやすいのが特長。私自身字を書くのは決して得意ではないのですが、この絶妙なしなり具合のおかげで一文字一文字がいつもより丁寧に、綺麗に書けるように感じられます。

本体とインクの色は好きなように組み合わせることができる方式。花ひすいという素敵な名前の水色の本体に使いやすそうなブルーブラックのインクを合わせてみましたが、全然違う色同士をセットにしてみてもかわいいですよね。
紺色のペンって意外と持っていないかもと思って選んだブルーブラックのインク。きちんと感もありつつ、手紙やメモがひと味違う雰囲気になってお気に入りです

紺色のペンって意外と持っていないかもと思って選んだブルーブラックのインク。きちんと感もありつつ、手紙やメモがひと味違う雰囲気になってお気に入りです

調べてみると、ペンを作っているのは1902年に墨屋さんとして創業した「呉竹(くれたけ)」という会社で、近年ではサインペンや筆ペンを製造しているのだそう。ポップなデザインのなかに120年にもわたる歴史が詰まっているんですね。

すらすら、しなやかな書き心地で、文字を書くという行為自体が楽しくなる「ZIG Letter pen COCOIRO」。たまにはゆっくり手で字を書くのもいいなあとしみじみ感じるペンでした。

この記事を書いた人

編集 ナツ
キナリノ編集部
編集 ナツ
グルメ、雑貨、インテリアなどのライフスタイル全般を担当。宝塚と辛いもの、台湾旅行が心の糧。服でも物でも、「かわいい!」と思ったらついつい買ってしまいます。

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

App Store バナーGoogle Play バナー