ケメックス(chemex) 記事

3件RSS

ケメックス(chemex)は1941年にアメリカのピーター・シュラムボーム博士によって発明されたコーヒーメーカー。 通常コーヒーメーカーはフィルター部分とコーヒーが落ちるボトルとが切り離されているが、ケメックスはくぼみを中間に設けた耐熱ガラスでできており、フィルターとボトルが一体となっている。 美しいカーブを描くケメックスのコーヒーメーカーはデザイン性の高さから、MOMA(NY近代美術館)はじめフィラデルフィア美術館、スミソニアン博物館で永久展示品に認定されており、実生活でも世界中で愛用されている。 現在は商品バリエーションも増え、当初の木製の持ち手のものに加えて、ガラスの持ち手のものや専用アクセサリーが様々発売されている。 コーヒーは淹れ方で味が大きく左右される。それは豆の品質や湯の温度だけではなく、フィルターの材質や形などでも味に変化が出ると言われている。全体が耐熱ガラスで作られたケメックスは雑味が出にくく、他のコーヒーメーカーとはひと味もふた味も違うとしてコーヒー通に愛されている。 ケメックスで淹れるアイスコーヒーはバリスタなどからも支持されている。 作りたい量の4分の3の量の湯を沸かし、軽く冷ます。4分の1の量の氷をケメックスに入れ、フィルターをセットして豆を入れたら豆が浸かる程度の湯を注ぎスプーンで混ぜる。その後全ての湯を注ぎ、豆を何度か軽く混ぜる。こうすることでしっかりと豆の味を引き出すことができる。 もちろん専用のガラス蓋もあるので、そのまま保存もできる。 中央にあるくぼみのため、洗う時には手が入らないがこれもやはり専用のブラシが売られている。
ほっと一息美味しい時間。こだわり派のあなたへおすすめ「コーヒーグッズ」7選

ほっと一息美味しい時間。こだわり派のあなたへおすすめ「コーヒーグッズ」7選

カフェでコーヒーを片手に過ごす、至福の時間。そんなカフェのひとときをおうちで楽しめたら素敵ですね。美味しいコーヒーを淹れる為に考えられたアイテムは見た目もスタイリッシュでおしゃれなものが沢山あります。もっとコーヒーを楽しみたいと言う方にオススメしたいコーヒーアイテムをまとめました。

soa

丁寧に自分のための一杯を。今から始めるドリップコーヒー見本帳。

丁寧に自分のための一杯を。今から始めるドリップコーヒー見本帳。

忙しい毎日を送っていると手軽な缶コーヒーやインスタントコーヒーに頼りがち。でも、たまには自分のために“ドリップコーヒー”を淹れてみませんか?インスタントコーヒーの手軽さはありませんが、時間をかけた分美味しいコーヒーがいただけます。最高の抽出方法と評される“ネルドリップ”に近いコーヒーをお家で手軽に楽しめるドリップコーヒー。コーヒーを...

ことり

最初の一滴が一番美味しい。ドリップコーヒーの“蒸らし”がこんなに大切

最初の一滴が一番美味しい。ドリップコーヒーの“蒸らし”がこんなに大切

自宅で粉からコーヒーを淹れたことはありますか?簡単な器具で淹れられるドリップ式のコーヒーは、淹れ方次第で味わいが大きく変わります。コーヒー豆を十分に蒸らすことが美味しく淹れるコツ。この基本を知っていると、喫茶店やカフェで飲むような美味しいコーヒーを淹れることも出来ます。基本のドリップ式コーヒーの淹れ方を紹介しますので、参考にしてみて...

rocoroco