PR:株式会社印傳屋上原勇七
自分へのご褒美に、プレゼントに。伝統工芸“印伝”を贈りませんか

自分へのご褒美に、プレゼントに。伝統工芸“印伝”を贈りませんか

年末年始に向けてイベントごとが増える時期。普段使いはもちろんのこと、少しかしこまった場も、シーン問わず使えるバッグがあると安心ですよね。そこで、歴史ある革工芸“印伝”の老舗『印傳屋』のお財布やバッグ、ポーチなど、上品な革小物をご紹介します。ギフトにもぴったりなアイテムをチェックして。2023年11月10日作成

カテゴリ:
ファッション
ブランド:
印傳屋
キーワード
バッグ財布
お気に入り数473

イベントごとが増えるころ。お出かけに使えるアイテムは?

自分へのご褒美に、プレゼントに。伝統工芸“印伝”を贈りませんか
年末に向けてクリスマスや忘年会など、人と会う機会が増える時期。カジュアルな場から、少しかしこまった場まで、シーン問わず使えるバッグがひとつあると安心ですよね。
そこで、コーディネートとマッチする、上質なレザーアイテムをご紹介。歴史ある革工芸“印伝”の老舗『印傳屋』には、デイリーはもちろん、特別な日にもお似合いなアイテムがたくさん揃っています。
『印傳屋』について詳しく>>

歴史ある“印伝”ならではの美しさ

自分へのご褒美に、プレゼントに。伝統工芸“印伝”を贈りませんか
印伝とは、染め上げた鹿革に和紙の型紙を置き、そこに漆を刷り込むことで模様を浮かび上がらせてつくる伝統工芸品。柔らかく丈夫な鹿革と、独特の光沢をもつ漆の特性を巧みに融合させ、四季を取り入れたさまざまな伝統の模様で彩るこの技法こそ、山梨県・甲州にて1582年創業の『印傳屋』が受け継ぐ、家伝の技です。実用と装飾を兼ね備えた素材から、熟練した職人の手によってつくられる上質なアイテムは、400年以上にわたり人々を魅了しています。

使い込むほど手になじむ感触、使うほど増す漆の光沢……と、長く愛せる良質な革小物。美しい自然やアートをモチーフにした模様のアイテムについて、シリーズごとにスタイリングと一緒にご紹介します。
技法について詳しく>>

日常も、特別な日も。シーン別スタイリング

01.冬の澄んだ空気を感じながらお散歩

お散歩や近所の買い物など、ふらっと出かけるときは、手軽に持てる合切袋(がっさいぶくろ)の出番!合切袋とは、巾着型の手提げ袋のこと。コンパクトながら、底マチが7cmあるので、スマホやお財布、鍵など貴重品がしっかり入ります。エネルギッシュなキース・へリングのアートをシックな印伝に落とし込んだ合切袋は、ほどよいラフさと上品さが同居するアイテム。いつもの何気ないスタイリングを、新鮮な印象に仕上げてくれます。

お散歩や近所の買い物など、ふらっと出かけるときは、手軽に持てる合切袋(がっさいぶくろ)の出番!合切袋とは、巾着型の手提げ袋のこと。コンパクトながら、底マチが7cmあるので、スマホやお財布、鍵など貴重品がしっかり入ります。エネルギッシュなキース・へリングのアートをシックな印伝に落とし込んだ合切袋は、ほどよいラフさと上品さが同居するアイテム。いつもの何気ないスタイリングを、新鮮な印象に仕上げてくれます。

袋もの(合切袋(中)マチ付)[Keith Haring collection]>>

新コラボ「Keith Haring collection」

© Keith Haring Foundation. www.haring.com. Licensed by Artestar, New York.

毎回大きな反響を呼ぶ、キース・へリング作品とのコラボが今季も新たに登場しました。
80年代のアメリカのストリートカルチャーを代表するキース・へリング。躍動感あるポップなイラストが、印伝らしいトラディショナルなムードに。そして、細かいところにもこだわりが。アイボリーの更紗の中に細かい漆のドットを重ねることで光の加減で陰影が生まれ、ニュアンスのある表情が楽しめます。

コンパクトで使いやすい二つ折り財布や、ストラップが調節できてアクティブシーンにも活躍するサコッシュなど、日常に溶け込むアイテムがラインナップ。

© Keith Haring Foundation. www.haring.com. Licensed by Artestar, New York.

毎回大きな反響を呼ぶ、キース・へリング作品とのコラボが今季も新たに登場しました。
80年代のアメリカのストリートカルチャーを代表するキース・へリング。躍動感あるポップなイラストが、印伝らしいトラディショナルなムードに。そして、細かいところにもこだわりが。アイボリーの更紗の中に細かい漆のドットを重ねることで光の加減で陰影が生まれ、ニュアンスのある表情が楽しめます。

コンパクトで使いやすい二つ折り財布や、ストラップが調節できてアクティブシーンにも活躍するサコッシュなど、日常に溶け込むアイテムがラインナップ。

二つ折り財布(札入E)[Keith Haring collection]〈写真・左〉>>
サコッシュ[Keith Haring collection]〈写真・右〉>>
Keith Haring collectionについて詳しく>>

02.打ち合わせはスマートな装いで

仕事で初めて会う際は、好感度の高いクリーンな装いがいちばんです。そこで、落ち着いたダークブラウン地の「しらべ」シリーズをセレクト。華奢なストラップと優雅なウェーブを描くシルエットから、柔らかな雰囲気が漂い、きちんとしながらも、親しみやすさのあるスタイリングに。バッグの中には整理整頓に便利な2種類のポケットを配置。手に提げても、肩に掛けても、やさしくなじむ軽さも魅力です。

仕事で初めて会う際は、好感度の高いクリーンな装いがいちばんです。そこで、落ち着いたダークブラウン地の「しらべ」シリーズをセレクト。華奢なストラップと優雅なウェーブを描くシルエットから、柔らかな雰囲気が漂い、きちんとしながらも、親しみやすさのあるスタイリングに。バッグの中には整理整頓に便利な2種類のポケットを配置。手に提げても、肩に掛けても、やさしくなじむ軽さも魅力です。

バッグ(72手提)[しらべ]>>

可憐な鈴蘭モチーフの「しらべ」

鈴蘭は、清楚なさまから“純粋”といった花言葉を持っています。その美しい想いを白漆と、それを包み込むようなパールホワイトの更紗でデザインした「しらべ」シリーズ。また、愛する人に幸せが訪れるようにと、フランスでは古くから鈴蘭を贈る風習があるそう。幸せを奏でるひとときが、いつまでも続くよう、そんな願いと一緒に贈るギフトにもぴったりなアイテムです。
手のひらに収まる小銭入れは、アクセサリーのように細々としたものを収納するのに重宝する大きさ。やや丸みのある台形型ポーチは、メイク道具はもちろん、通帳やパスポート入れとしても使える、ブランド定番の人気モデルです。

鈴蘭は、清楚なさまから“純粋”といった花言葉を持っています。その美しい想いを白漆と、それを包み込むようなパールホワイトの更紗でデザインした「しらべ」シリーズ。また、愛する人に幸せが訪れるようにと、フランスでは古くから鈴蘭を贈る風習があるそう。幸せを奏でるひとときが、いつまでも続くよう、そんな願いと一緒に贈るギフトにもぴったりなアイテムです。
手のひらに収まる小銭入れは、アクセサリーのように細々としたものを収納するのに重宝する大きさ。やや丸みのある台形型ポーチは、メイク道具はもちろん、通帳やパスポート入れとしても使える、ブランド定番の人気モデルです。

小銭入れ(F小銭入02)[しらべ]〈写真・左〉>>
ポーチ(4ポーチ)[しらべ]〈写真・右〉>>

03.いつものパン屋さんでお買い物

可愛らしいがま口財布を携えて、行きつけのパン屋さんへ。あんぱんやクリームパンといった懐かしの菓子パンのように、いつだってレトロなムードに心惹かれるもの。印伝を代表する“とんぼ”模様を黒漆と赤漆の二色で描いた「なごみ」は、発売から30年を迎える、ロングセラーのシリーズです。伝統的な柄が古風ながま口とマッチ。ふっくらと丸みのあるデザインもポイントです。

可愛らしいがま口財布を携えて、行きつけのパン屋さんへ。あんぱんやクリームパンといった懐かしの菓子パンのように、いつだってレトロなムードに心惹かれるもの。印伝を代表する“とんぼ”模様を黒漆と赤漆の二色で描いた「なごみ」は、発売から30年を迎える、ロングセラーのシリーズです。伝統的な柄が古風ながま口とマッチ。ふっくらと丸みのあるデザインもポイントです。

“親子がま口”という名のとおり、開くと内側にもう一つがま口を配置。内側のがま口に小銭を入れ、サイドに三つ折りしたお札やカードが収納できます。

“親子がま口”という名のとおり、開くと内側にもう一つがま口を配置。内側のがま口に小銭を入れ、サイドに三つ折りしたお札やカードが収納できます。

がま口財布(340親子がま口)[なごみ]>>

04.休日は映画を観にお出かけ

映画館へ行くなら、お財布やポーチ、スマホなどが入るコンパクトなショルダーバッグが便利。黒地に小さなバラをピンクと白の二色で咲き誇るように描いた「かぐわ」は、エレガントな柄でコーディネートを品よくアップデートしてくれます。また、暗くなりがちな冬の装いに、明るさもプラスしてくれますよ。ピンクベージュの肩紐は取り外し可能。ハンドバッグとしても使える2WAY仕様です。

映画館へ行くなら、お財布やポーチ、スマホなどが入るコンパクトなショルダーバッグが便利。黒地に小さなバラをピンクと白の二色で咲き誇るように描いた「かぐわ」は、エレガントな柄でコーディネートを品よくアップデートしてくれます。また、暗くなりがちな冬の装いに、明るさもプラスしてくれますよ。ピンクベージュの肩紐は取り外し可能。ハンドバッグとしても使える2WAY仕様です。

バッグ(5ポシェット)[かぐわ]>>

05.よそゆきコーデでご褒美ディナー

クリスマスパーティーや忘年会など、お呼ばれには、モノトーンのバッグでスタイリッシュに仕上げて。軽やかに、気の向くままに進んでいく“そよ風”をイメージして誕生した「そよか」は、白更紗と黒漆で描かれた七宝模様が特長です。幸せや縁が広がる模様として親しまれているから、華やかな席にぴったり!たっぷりとった底マチで、見た目以上の収納力も自慢です。重厚感のあるデザインながらも、想像以上の軽さもうれしいポイント。

クリスマスパーティーや忘年会など、お呼ばれには、モノトーンのバッグでスタイリッシュに仕上げて。軽やかに、気の向くままに進んでいく“そよ風”をイメージして誕生した「そよか」は、白更紗と黒漆で描かれた七宝模様が特長です。幸せや縁が広がる模様として親しまれているから、華やかな席にぴったり!たっぷりとった底マチで、見た目以上の収納力も自慢です。重厚感のあるデザインながらも、想像以上の軽さもうれしいポイント。

バッグ(17手提)[そよか]>>

印伝で華を添えて、気分も高めて

自分へのご褒美に、プレゼントに。伝統工芸“印伝”を贈りませんか
何気ない日常も、特別な日も、上品な『印傳屋』のアイテムが、コーディネートを素敵に彩ってくれます。イベントごとが増えるシーズン、気持ちまで華やかになる印伝を取り入れてみませんか。

ここで紹介したアイテムのほかにも、大切な人へのギフトや自分へのご褒美におすすめなものが、オンラインショップには揃っています。
『印傳屋』オンラインショップ>>
photo:Tomoya Uehara
styling:Mina Takaue
hair&make-up:Yoko Yoshikawa
model:Kanoco

[トップ&05]ダウンコート¥47,300/congés payés ADIEU TRISTESSE、シャツワンピース¥35,200/LOISIR、イヤリング¥2,750/designsix、ブーティ¥27,500/ADIEU TRISTESSE [01]ニット¥27,500、シャツ¥15,400/ともにLA MARINE FRANÇAISE(マリン フランセーズ代官山店)、デニムパンツ¥28,600/Hériter(ケイエムディーファーム) [02]ニットベスト¥23,100、シャツ¥22,000、パンツ¥27,500 ※12月発売/すべてLOISIR [03]フリルブラウス¥17,600/congés payés ADIEU TRISTESSE [04]ステンカラーコート¥46,200、ニット¥19,800/ともにLA MARINE FRANÇAISE(マリン フランセーズ代官山店)、カーゴパンツ¥16,500/NOMBRE IMPAIR、フープイヤリング¥4,400/rapiécage(ともにノンブルアンペール吉祥寺パークストア) ※クレジットのないものはスタイリスト私物
お問い合わせ先:●ADIEU TRISTESSE 03-6861-7658 ●congés payés ADIEU TRISTESSE 03-6861-7658 ●ケイエムディーファーム 03-5458-1791 ●designsix https://designsix.shop-pro.jp ●ノンブルアンペール吉祥寺パークストア 0422-26-8300 ●マリン フランセーズ代官山店 03-5728-1826 ●LOISIR 03-6861-7658