提供: 株式会社ルミネ
そろそろ私だけの“一生もの”を。「日本のものづくり」を暮らしに迎えよう

そろそろ私だけの“一生もの”を。「日本のものづくり」を暮らしに迎えよう

自分だけの「一生もの」って持っていますか? 興味はあるけど、どんなものが自分に合っているか、どんなものがあるのかが分からない……。そんな風に思っている人は、ぜひ「日本のものづくり」の中から探してみて。丁寧に作られた国産のアイテムは、きっとあなたの生活にしっくりと馴染んでくれるはず。ここでは、ルミネがこの夏おススメしたい「日本のものづくり」に関連するアイテムと、ルミネ各店で開催されるイベントをご紹介します。 2016年08月01日作成

カテゴリ:
生活雑貨
キーワード:
日用品
メイドインジャパン
麦わら帽子
一生もの
風鈴
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
83

あなたは“一生もの”を持っていますか?

そろそろ私だけの“一生もの”を。「日本のものづくり」を暮らしに迎えよう
若いころは、プチプラやデザイン重視でモノを選んでいた。それもいいけれど、大人の女性なら、ファッションも雑貨も、そろそろ長く大切にできる「一生モノ」をひとつは持っていたいもの。あなたは、一緒に年を重ねていきたいと思えるような「一生もの」を持っていますか?

「一生もの」を持ってる人って、やっぱり素敵!

そろそろ私だけの“一生もの”を。「日本のものづくり」を暮らしに迎えよう
例えば、肌触りの良い肌着や衣類。使っているうちに手に馴染んでくる革製品。どんな料理とも相性のいい食器やうつわ……。「一生もの」は、シンプルなのに不思議な存在感があって、いくつになっても自分にしっくり馴染んでくれる。身につけたり、部屋の中に置いておくと、いつもの毎日が豊かになるようなそんなアイテムのこと。お気に入りのものと一緒に歳を重ねていけるなんて、ちょっと素敵ですよね。
そろそろ私だけの“一生もの”を。「日本のものづくり」を暮らしに迎えよう
自分にとっての「一生もの」を選べる人は、「良い暮らし」のスタイルがわかっている人なんです。物が多くなくても、自分の心を満たしてくれる「逸品」を持っていれば、自然と生活も豊かになるはず。また、憧れブランドやショップのアイテムを「一生もの」として、自分へのご褒美や目標にするのも楽しいですよね。

自分にとっての「一生もの」がわからない人は……

そろそろ私だけの“一生もの”を。「日本のものづくり」を暮らしに迎えよう
「でも、どんなものを選べばいいの…!?」
「質の良いモノ」と謳われているものはたくさんあるから、具体的にどんなものを選べばいいのかわからないですよね。たくさんのアイテムに目移りして、結果的に無駄なものまで買ってしまっては本末転倒。色々なものを見比べて、自分のライフスタイルに合った「一生もの」をじっくり探していきましょう。

「一生もの」を見つけるポイント

1、見て・触って・確かめる

インターネットが発達した近年では、もはやネットショッピングは当たり前。遠方でも、家にいながら欲しい物を購入できるのはとっても便利ですよね。でも、「一生もの」は、これから自分と生活を共にする大切なもの。実物を見たり、着たり、手に持ったりして、感触で確かめることがとても大事。何が馴染むかは人それぞれ。できるだけ直接アイテムを見るのがベストです。

インターネットが発達した近年では、もはやネットショッピングは当たり前。遠方でも、家にいながら欲しい物を購入できるのはとっても便利ですよね。でも、「一生もの」は、これから自分と生活を共にする大切なもの。実物を見たり、着たり、手に持ったりして、感触で確かめることがとても大事。何が馴染むかは人それぞれ。できるだけ直接アイテムを見るのがベストです。

2、「日本製」の中から探す

私たちが住んでいる「日本」の伝統工芸や国産のアイテムには、質の良いものがたくさんあります。「日本のものづくり」には、昔の人が生活をよくするために考え抜いた「暮らしの知恵」がたくさん詰まっています。長く一緒に過ごす「一生もの」には、丁寧に作られた、「made in japan」のアイテムがぴったり。

私たちが住んでいる「日本」の伝統工芸や国産のアイテムには、質の良いものがたくさんあります。「日本のものづくり」には、昔の人が生活をよくするために考え抜いた「暮らしの知恵」がたくさん詰まっています。長く一緒に過ごす「一生もの」には、丁寧に作られた、「made in japan」のアイテムがぴったり。

“日本のものづくり”が集まる「ココルミネ」で一生ものを探そう!

そろそろ私だけの“一生もの”を。「日本のものづくり」を暮らしに迎えよう
ルミネが発信・支援する
「ココルミネプロジェクト」って?
そろそろ私だけの“一生もの”を。「日本のものづくり」を暮らしに迎えよう
「KOKOLUMINE(ココルミネ)」は、産地とユーザーをつなぐ架け橋として、ルミネが日本のものづくりの素晴らしさを発信するプロジェクト。2015年にスタートし、「産地支援」「地域共生」 をテーマに、催事やイベント、ワークショップ、展示などを通して、日本のものづくりの素晴らしさを発信・支援しています。
8/4~26の期間、ルミネ各店で
開催される「KOKO LUMINE WEEK」で
日本のものづくりに触れよう♪
様々なお店で「良いもの」を探すのは中々大変……。そんな人におすすめしたいのが「日本のものづくり」を一度に楽しめる「ココルミネストア」。さらに、8月4日(木)~26日(金)の期間で開催される「KOKO LUMINE WEEK」では、ルミネ各店が日本のものづくりの魅力を発信。きっとあなただけの「一生もの」が見つかるはず!

新宿駅にOPENしたリアルストアが便利♪

今年の4月にはJR新宿駅ニュウマンのエキナカにKOKOLUMINEのリアルストア「ココルミネストア」がオープン。店内には雑貨や食品から伝統工芸品まで「日本のいいもの」と出会うことができ、ユーザーと作り手・産地との繋がりを提案しています。急にちょっとしたギフトが必要になったときにも、ここに来れば良いものが見つかりそう♪

今年の4月にはJR新宿駅ニュウマンのエキナカにKOKOLUMINEのリアルストア「ココルミネストア」がオープン。店内には雑貨や食品から伝統工芸品まで「日本のいいもの」と出会うことができ、ユーザーと作り手・産地との繋がりを提案しています。急にちょっとしたギフトが必要になったときにも、ここに来れば良いものが見つかりそう♪

この夏迎えたい「日本のものづくり」4選

そろそろ私だけの“一生もの”を。「日本のものづくり」を暮らしに迎えよう
普段使いのアイテムはもちろん、「ココルミネストア」には季節の“made in japan”も揃っているんです! ちょっとしたギフトやお土産、自宅の癒しタイムに……。ここでは、この夏暮らしに迎えたくなるおススメアイテムをご紹介します♪

1、風鈴(青森・岩手)

日本の夏の風物詩である風鈴。今回は、青森と岩手から素材の違う2タイプをご紹介。

[左](南部鉄器 風鈴 岩鋳)\1,100
岩手県盛岡市の代表的な伝統工芸、南部鉄器のトップメーカーである「岩鋳(いわちゅう)」の風鈴。伸びやかで澄んだ音色を楽しめます。

[右](津軽びいどろ 風鈴 北洋硝子)\2,000
色あざやかな「津軽びいどろ」で海風を表現した清涼感あるデザインが夏にぴったり! 手作りの風合いが生きた厚手の硝子は、日差しを浴びると清々しい輝きを放ちます。

日本の夏の風物詩である風鈴。今回は、青森と岩手から素材の違う2タイプをご紹介。

[左](南部鉄器 風鈴 岩鋳)\1,100
岩手県盛岡市の代表的な伝統工芸、南部鉄器のトップメーカーである「岩鋳(いわちゅう)」の風鈴。伸びやかで澄んだ音色を楽しめます。

[右](津軽びいどろ 風鈴 北洋硝子)\2,000
色あざやかな「津軽びいどろ」で海風を表現した清涼感あるデザインが夏にぴったり! 手作りの風合いが生きた厚手の硝子は、日差しを浴びると清々しい輝きを放ちます。

2、渋うちわ(熊本)

エアコンや扇風機もいいけれど、たまには日本の伝統工芸で、情緒ある「涼」を取り入れてみませんか? こちらは、400年の歴史を誇る伝統工芸品の「来民(くたみ)渋うちわ」。柿渋を縫った和紙は敗れにくく、防虫効果もあり、なんと100年使えるといわれている完全手作業の逸品です。写真右は、1本に付き500円が熊本城の修繕費に寄付される復興支援商品。ぜひチェックしてみて。

栗川商店
[左] 渋うちわ仙扇(せんせん)金魚 \4,000
[中央]渋うちわ仏扇(ぶっせん)各 \1,200
[右]熊本城 復興支援 渋うちわ \3,000

エアコンや扇風機もいいけれど、たまには日本の伝統工芸で、情緒ある「涼」を取り入れてみませんか? こちらは、400年の歴史を誇る伝統工芸品の「来民(くたみ)渋うちわ」。柿渋を縫った和紙は敗れにくく、防虫効果もあり、なんと100年使えるといわれている完全手作業の逸品です。写真右は、1本に付き500円が熊本城の修繕費に寄付される復興支援商品。ぜひチェックしてみて。

栗川商店
[左] 渋うちわ仙扇(せんせん)金魚 \4,000
[中央]渋うちわ仏扇(ぶっせん)各 \1,200
[右]熊本城 復興支援 渋うちわ \3,000

3、純銅製品(新潟)

唇と手で冷感を堪能できる銅製のロックカップとタンブラーは、熟練の職人の手仕事によるもの。熱伝導率が高く、カップにも冷たさが伝わります。落ち着きのある渋いカラーと質感で、大人の夏晩酌を始めましょう。

新光金属
[左]純銅手打ち 鎚目ロックカップ \8,000
[右]純銅赤銅仕上げ 鎚目 S型タンブラー(小) \5,000

唇と手で冷感を堪能できる銅製のロックカップとタンブラーは、熟練の職人の手仕事によるもの。熱伝導率が高く、カップにも冷たさが伝わります。落ち着きのある渋いカラーと質感で、大人の夏晩酌を始めましょう。

新光金属
[左]純銅手打ち 鎚目ロックカップ \8,000
[右]純銅赤銅仕上げ 鎚目 S型タンブラー(小) \5,000

4、麦わら帽子(岡山)

かつて麦わらの一大生産地だった岡山県西部。老舗の手仕事を感じられる麦わら帽子があれば、毎年夏が楽しみになりそう。ベーシックなフォルムの中に、オシャレ感が光ります。サイズ調節機能付き。

襟立製帽所 ラフィアカンカン帽 \12,000

かつて麦わらの一大生産地だった岡山県西部。老舗の手仕事を感じられる麦わら帽子があれば、毎年夏が楽しみになりそう。ベーシックなフォルムの中に、オシャレ感が光ります。サイズ調節機能付き。

襟立製帽所 ラフィアカンカン帽 \12,000

ルミネ各店舗で「日本の夏」をテーマにしたイベントを開催中!

そろそろ私だけの“一生もの”を。「日本のものづくり」を暮らしに迎えよう
様々な「一生もの」と出会える「ココルミネ」。8/4~8/26で開催される「KOKO LUMINE WEEK」も見逃せません! ルミネ各店で開催される「日本の夏」をテーマとしたイベントでは、様々なイベントを実施予定♪ ここでは、特に注目の3店舗をご紹介します。

NEWoMAN/茶畑を感じながら味わう「冷やし茶会」

今年の4月にオープンした、JR新宿駅直結の複合施設「NEWoMAN」では、8月20日(土)・21日(日)に特別なお茶会を開催! ゲストの日本茶アーティスト・茂木雅代さんが、日本茶の美味しい淹れ方・日常での楽しみ方を紹介してくれます♪ あわせて茶葉や和雑貨催事も開催。この夏、おうちでのブレイクタイムに、おもてなしに、役立つこと間違いナシです!

■期間:8月20日(土)・21日(日)の2日間限定
■場所:東京都新宿区新宿4-1-6(JR新宿駅ミライナタワー直結)

今年の4月にオープンした、JR新宿駅直結の複合施設「NEWoMAN」では、8月20日(土)・21日(日)に特別なお茶会を開催! ゲストの日本茶アーティスト・茂木雅代さんが、日本茶の美味しい淹れ方・日常での楽しみ方を紹介してくれます♪ あわせて茶葉や和雑貨催事も開催。この夏、おうちでのブレイクタイムに、おもてなしに、役立つこと間違いナシです!

■期間:8月20日(土)・21日(日)の2日間限定
■場所:東京都新宿区新宿4-1-6(JR新宿駅ミライナタワー直結)

ルミネ池袋/夏いろ、ルミネ。

昨年の夏にルミネ池袋の入り口を飾った「風鈴トンネル」が再び登場! 「和色」をテーマに彩られた館内は必見です。さらに、8月20日(土)・8月21日(日)[各11:00~17:00]には、てぬぐい専門店「かまわぬ」などで「和色ワークショップ」を開催。オリジナルアクセサリー作りは、とっておきの夏の思い出になりそう……!

■期間:8月4日(木)~8月21日(日)
■場所:東京都豊島区西池袋1-11-1

昨年の夏にルミネ池袋の入り口を飾った「風鈴トンネル」が再び登場! 「和色」をテーマに彩られた館内は必見です。さらに、8月20日(土)・8月21日(日)[各11:00~17:00]には、てぬぐい専門店「かまわぬ」などで「和色ワークショップ」を開催。オリジナルアクセサリー作りは、とっておきの夏の思い出になりそう……!

■期間:8月4日(木)~8月21日(日)
■場所:東京都豊島区西池袋1-11-1

ルミネ立川/来て見て触れて体験しよう!日本のものづくり

ルミネ立川では、日本のものづくりを身近に感じられる体験型イベントを開催! その「もの」がどんな風に作られているかを知るだけで、より一層愛着が持てるはず。ぜひ目で、手で、耳で「日本のものづくり」を感じてみてくださいね。

■期間:8月9日(火)~28日(日)
■場所:東京都立川市曙町2-1-1
1、注染本染め手ぬぐい専門店「拭う nugoo」の展示・販売
現在では希少となった日本独自の染め技法「注染」によるこだわりの手ぬぐいを購入するチャンス! また注染の工程について展示する「手ぬぐいの作り方展」も必見です。

■期間:8月9日(火)~8月21日(日)10:00~21:00
■場所:ルミネ立川 2F 西側催事スペース

現在では希少となった日本独自の染め技法「注染」によるこだわりの手ぬぐいを購入するチャンス! また注染の工程について展示する「手ぬぐいの作り方展」も必見です。

■期間:8月9日(火)~8月21日(日)10:00~21:00
■場所:ルミネ立川 2F 西側催事スペース

2、「福永紙工」ワークショップ・工場見学ツアー
50年以上前から、立川で紙の加工と印刷を手がけてきた「福永紙工」によるイベント。「工場の入り口」をテーマにデザインされた2F催事店頭では、思わず手に取りたくなる魅力的な紙製品が購入できます。週末には1/100模型で知られる「テラダモケイ」のワークショップや工場見学ツアーを開催します。思わず「これが紙!?」と驚いてしまうような感動に出会えるはず。

■期間:8月18日(木)~8月28日(日)10:00~21:00
 ※ 8月22日(月)は休館日のため休業
■場所:ルミネ立川 2F 東側催事スペース・7F 東側催事スペース

50年以上前から、立川で紙の加工と印刷を手がけてきた「福永紙工」によるイベント。「工場の入り口」をテーマにデザインされた2F催事店頭では、思わず手に取りたくなる魅力的な紙製品が購入できます。週末には1/100模型で知られる「テラダモケイ」のワークショップや工場見学ツアーを開催します。思わず「これが紙!?」と驚いてしまうような感動に出会えるはず。

■期間:8月18日(木)~8月28日(日)10:00~21:00
 ※ 8月22日(月)は休館日のため休業
■場所:ルミネ立川 2F 東側催事スペース・7F 東側催事スペース

この夏は、ココルミネで「日本のものづくり」と出会おう

そろそろ私だけの“一生もの”を。「日本のものづくり」を暮らしに迎えよう
今まで当たり前のように過ごしてきた「日本の夏」。「ココルミネ」を通して、もう一度見直してみませんか? 直接見て・触れて・体験することで、きっと新しい発見があるはずです。この夏は、あなただけの「一生もの」に出会えるかも。ぜひ、長く付き合える「日本のものづくり」を暮らしに取り入れてみて。
icons Googl Play