提供:独立行政法人住宅金融支援機構
これからの暮らしと一緒に考えよう。大切な「住まいとお金」のこと

これからの暮らしと一緒に考えよう。大切な「住まいとお金」のこと

これからのライフプランを立てるにあたって欠かせないのが、「住まいとお金」について考えること。家を購入すると長く付き合うことになる住宅ローンについて、金利の考え方やよりお得になるプランの選び方についてご紹介します。2022年12月26日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
お気に入り数354

理想の住まいとお金の関係

これからの暮らしと一緒に考えよう。大切な「住まいとお金」のこと
一人一人違う理想の住まいのあり方。多様な選択肢がある時代だからこそ、自分が理想とする暮らしがかなう住まいをイメージしてみるのは大切です。そして、それを実現させるうえでやっぱり切り離せないのは現実的なお金のこと。これから先、どこに住んでどうお金のやりくりをしていくのか。理想と現実のバランスを取りながら、上手に人生の舵取りをしていきたいですよね。

住宅ローン=これからの理想の暮らしをかなえるもの

これからの暮らしと一緒に考えよう。大切な「住まいとお金」のこと
いまは賃貸でも、いずれは住まいを購入しようと考えている人も多いはず。家を購入する際に多くの方が利用する「住宅ローン」は、家自体と同じくらい長く付き合っていくものです。今すぐには購入を考えていないという人も、余裕のあるときに住宅ローンについて調べておくことで、自分にとってよりよいライフプランニングをする材料になります。

今回は金利や住宅ローンについて簡単におさらいしながら、さまざまな暮らしのかたちに応じた住宅ローンについてご紹介します。

覚えておきたい◎住宅ローンの最新事情

住宅ローンの利息って?金利とは?

これからの暮らしと一緒に考えよう。大切な「住まいとお金」のこと
住宅を取得するために金融機関などから借り入れした住宅ローンは、返済が始まると借りたお金と利息をあわせて毎月支払うことになります。この利息を決めるのが「金利」です。
借入金額や返済期間など、金利以外の借入条件が同じであれば、金利が低い住宅ローンの方が毎月支払う利息は少ないということになります。

ここ数年、新たに住宅ローンを借り入れする際の住宅ローン金利は低い水準が続いていますが、物価の上昇や世界各国の経済状況により、将来の金利の見通しは不透明。今後は金利が上がる可能性もあるといわれています。
固定金利について詳しく見てみる

「固定金利」のローンなら将来が見通せる安心感も

固定金利・変動金利それぞれにメリットデメリットが。ライフプランにあわせて選びましょう
出典:【フラット35】パンフレット

固定金利・変動金利それぞれにメリットデメリットが。ライフプランにあわせて選びましょう
出典:【フラット35】パンフレット

住宅ローンには代表的な3つの金利のタイプがあります。
借りている期間中は金利が一定で変わらない「固定金利」、金融情勢の変化によって金利も変わる「変動金利」、一定期間は固定金利が適用される「固定金利期間選択型」の3タイプ。

変動金利の住宅ローンは、借り入れしている間の金利変動により、毎月の返済額が変動する可能性があるもの。
金利が下がれば利息の支払いは少なくなるので返済額も少なくなりますが、金利が上がった場合は利息の支払いが増えるため、家計への負担が大きくなってしまうことも。

固定金利の住宅ローンとして代表的なものには、民間金融機関と独立行政法人である住宅金融支援機構が提携している【フラット35】があります。
【フラット35】は全期間固定金利の住宅ローン。資金を受け取るときに借入金利と将来の返済額が確定するため、今後のライフプランが立てやすくなるというメリットがあります。

環境にやさしい暮らし方ならもっとお得に◎

これから注目される「ZEH(ゼッチ)」って?

出典:【フラット35】サイト

出典:【フラット35】サイト

2050年の脱炭素社会の実現に向けて、政府は住宅の省エネ化を推進しているそう。【フラット35】では、省エネ住宅を取得する場合さらに金利の引下げを受けることができます。

そして、省エネだけではないこれからの新しい家のかたちが「ZEH(ゼッチ)」。
「ZEH(ゼッチ)」とは、高断熱かつ高性能な設備をそなえ、太陽光発電などによってエネルギーを創ることができる住宅のこと。省エネで環境にやさしいのはもちろん、夏は涼しく冬は暖かいのでヒートショックのリスクも低く、歳を重ねても快適かつより健康に配慮した生活を送ることができます。
出典:【フラット35】サイト

出典:【フラット35】サイト

2022年10月から、【フラット35】でもZEH水準の住宅を対象に【フラット35】S(ZEH)がスタート。
【フラット35】S(ZEH)は、ZEH水準の住宅を取得するとき、最大で10年間金利を引き下げてくれるメニュー。さらに所得税や贈与税の特例措置が受けられるうえ、国からの補助金も利用できるのだそう。

地球にも、住む人にもやさしいZEH水準の住宅。どんな家がZEH水準の住宅に当てはまるのか、詳しくは【フラット35】のサイトを確認してみてくださいね。
【フラット35】S(ZEH)について詳しく見てみる

早い段階でチェックしておくことも大切

これからの暮らしと一緒に考えよう。大切な「住まいとお金」のこと
【フラット35】には、ZEH水準の住宅以外にも金利引下げが受けられるメニューが用意されています。中古住宅を取得してリフォームする際に金利を下げてくれる【フラット35】リノベ、地方公共団体と連携して子育てやUターン、Iターンを応援してくれる【フラット35】地域連携型……住宅ローンは長く付き合うものだからこそ、早めに検討しておくことでその後のライフプランが立てやすくなりますよ。
「新築より中古がいいかな」、「子育てがしやすい街に住みたいな」といった希望から自分にぴったりのプランが簡単に診断できるので、一度試してみてくださいね。
自分に合うプランを診断してみる

理想の暮らしの相棒。住宅ローンと賢く付き合おう

これからの暮らしと一緒に考えよう。大切な「住まいとお金」のこと
理想の住まいを手に入れるための計画が立てやすくなる住宅ローン【フラット35】。省エネを考えた家を建てたり、中古住宅を買ってリフォームしたり、移住したり、子育てしたり……いろいろな暮らしのかたちにあわせて上手にローンを選ぶことが、これからの人生を豊かにする一つの鍵となります。住宅の購入を具体的に考えている人はもちろん、まだ先の話かも?と思っている人も。住宅ローンについてあらためて考えてみませんか。
【フラット35】について詳しく見てみる