提供: 株式会社LIXIL
住み心地をもっと良くしたいなら。“今の空間”を見直してみよう

住み心地をもっと良くしたいなら。“今の空間”を見直してみよう

住み心地を良くするためにできることのひとつに、空間そのものを見直すという手段があります。ハードルが高い分、実行したときの効果は抜群。今回はバスルームに注目し、家族全員がくつろげる空間をカスタマイズできるリクシルの『リデア』というシリーズをご紹介します。2022年03月31日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
お気に入り数608

“家が一番落ち着く”を叶えるためには?

住み心地をもっと良くしたいなら。“今の空間”を見直してみよう
自分と家族の唯一無二の居場所である住まい。「一番落ち着く場所、と家族全員が言える場所であってほしい」というのは誰もが願うことではないでしょうか。家族全員が落ち着ける場所を叶えるために何ができるか…方法はいろいろありますが、空間そのものを見直すというのも手段のひとつです。考えることも多くお金もかかるのでなかなかハードルは高いですが、いつか家を建てるときやリフォームを検討するときのために、どんな空間が自分たちにとってベストなのか一度理想を描いてみてはいかがでしょう。

たとえばバスルームを、ライフスタイルに合わせてコーディネート

住み心地をもっと良くしたいなら。“今の空間”を見直してみよう
落ち着く家の中の場所として、お風呂を思い浮かべる人は多いはず。居心地の良さの見直しが暮らしのクオリティそのものを高めることに繋がるという理由から、リフォームの検討箇所としても人気の空間です。
「お風呂でリフレッシュ・リラックス」と一言で言っても、過ごし方は人によって異なります。毎日バスタブに浸かりたい人もいれば、シャワーでサッと済ませたい人もいるでしょう。せっかく居心地を見直すなら、自分たちのライフスタイルにぴったり合ったバスルームをコーディネートしてみては?住宅設備メーカーのリクシルが展開するシステムバスルーム『リデア』では、さまざまな生活スタイルや入浴スタイルに合わせて選べるバスルームをラインアップしています。

ゆっくりリラックスしたい人のためのバスルーム

住み心地をもっと良くしたいなら。“今の空間”を見直してみよう
たとえば、バスタブに浸かってリラックスするのが好きな人のために作られた「Bタイプ」。ストレスなく心地よい時間が過ごせるよう、さまざまな工夫が施されています。

開放感のある、ひろびろとした「ミナモ浴槽」

住み心地をもっと良くしたいなら。“今の空間”を見直してみよう
「Bタイプ」で採用されているのは、通常のバスタブよりも肩・膝回りにゆとりを感じられるよう設計された「ミナモ浴槽」です。角の少ないやわらかな曲線デザインで快適な入浴姿勢がとりやすく、掃除もしやすい点が特長。バスタブ内のバーやふちの掴みやすさ・滑りにくさにも配慮されていて、子供や高齢者がいる家庭でも安心してお風呂を楽しめます。

手すりにも収納にもなる「スマートエスコートバー」

住み心地をもっと良くしたいなら。“今の空間”を見直してみよう
バスルームの壁面いっぱいに伸びる「スマートエスコートバー」は、手すりと収納の二役を担います。洗い場での立ち・座りやバスタブまでの移動時など、いつでもすぐ掴める場所にバーがあることで安心な入浴をサポート。また、座ったままでも手が届きやすい位置に収納スペースやシャワーフックがあり、使いやすくストレスフリーなバスタイムを叶えてくれます。

シャワー派の人には、短時間でリラックスできる空間を

住み心地をもっと良くしたいなら。“今の空間”を見直してみよう
一方、シャワーで済ませることが多い人に向けて作られたのが「Hタイプ」のバスルーム。短い入浴時間であっても毎日のお風呂に充実感・満足感が得られる機能を備えています。

効率良く身体を温める「ボディハグシャワー」

住み心地をもっと良くしたいなら。“今の空間”を見直してみよう
「ボディハグシャワー」を搭載している「Hタイプ」は、お湯にやさしく包まれて温まる新しいシャワースタイルのバスルームです。可動する左右のアームにある10個のノズルから出るお湯が、やさしく全身を包み込んでくれます。お湯の強さは首・肩回りは程よく刺激を感じられ、お腹のあたりは柔らかく広がるように…と、心地よく感じられるよう部位に合わせて異なるのがポイント。アームやノズルの角度は好みで変えられるので、使う人によってフィット感を調整できます。
シャワーだけだと身体の芯まで温まりづらいデメリットがありますが、「ボディハグシャワー」を使って入浴した後の身体は深部体温が下がりにくいというデータも。新感覚のシャワーで、手軽で心地よい入浴感を味わうことができます。

使い勝手に合わせて自由自在の「マグネットシェルフ」

住み心地をもっと良くしたいなら。“今の空間”を見直してみよう
収納量や収納場所も自由にカスタマイズ可能な「マグネットシェルフ」を搭載。身長や入浴スタイルに合わせて壁の好きな位置に取り付けられ、掃除のときはシェルフごと取り外せるのでお手入れも簡単です。家族全員が使いやすいように自由にレイアウトを設定して、ストレスを感じることなくシャワータイムを過ごすことができます。
※Hタイプのみ、2022年6月発売予定です。

家族全員がくつろげる場所に。人と暮らしに寄り添う、リクシルのシステムバスルーム『リデア』

住み心地をもっと良くしたいなら。“今の空間”を見直してみよう
今回ご紹介した2タイプ以外に、バスタブ派・シャワー派両方がくつろげるよう設計された「Mタイプ」の展開も。また、シャワーのバリエーションもオーバーヘッドシャワータイプが選べたり、壁柄や照明を自分好みにカスタマイズできたりと、組み合わせによって選択肢はさまざまです。さらに『リデア』は共通して「過ごしやすさ」「お手入れのしやすさ」に力を入れているため、お湯が冷めにくいバスタブやお手入れしやすい床、排水口などが搭載されています。

家族全員がくつろげるバスルームづくりと言うと難しそうですが、十人十色のライフスタイルに寄り添う『リデア』であれば実現も不可能ではないかもしれません。いつかの未来に向けて“理想のバスルーム”とはどんな場所か、一度考えてみてはいかがでしょう。
icons Googl Play