提供: スープリームスインコーポレーテッド株式会社
「おしゃれをわかってる」ってこういうこと。名品アウターでつくる、秋冬コーデ

「おしゃれをわかってる」ってこういうこと。名品アウターでつくる、秋冬コーデ

ストーリーを持つものや、長く変わらないデザインのものにはファンも多く、身に着けるだけで「本物」感が漂うもの。英国の老舗ブランド「Barbour(バブアー)」のアウターも、そんなアイテムのひとつです。今年手に入れたい、バブアーのアウターをご紹介します。2019年10月15日作成

カテゴリ:
ファッション
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1477

おしゃれ好きが着ているのは、どんなアイテム?

「おしゃれをわかってる」ってこういうこと。名品アウターでつくる、秋冬コーデ
カットソーやスウェットだけでは肌寒くなってきました。秋冬のおしゃれのキーアイテムであるアウター、今年のお気に入りは見つかりましたか? ストーリーを持つものや、長く変わらないデザインのものにはファンも多く、身に着けるだけで「本物」感が漂うもの。そんなアイテムを一着持っていると、おしゃれにも自信がつきますよね。

英国生まれ「Barbour(バブアー)」の、ストーリーがあるアウターたち

「おしゃれをわかってる」ってこういうこと。名品アウターでつくる、秋冬コーデ
スタンダードなデザインで、一目でそのブランドだ、とわかる一着も「本物」感を演出してくれます。ここ数年、街やインスタグラムでたびたび見かける英国生まれのブランド「Barbour(バブアー)」のアウターもそんなアイテムのひとつ。
バブアーは、1894年にイングランド北東部のサウスシールズで創業、今年125周年を迎えました。長く変わらないデザインと高い品質、もともと労働者のために作られたというその機能性は、本物を着る楽しさを教えてくれます。そんなバブアーの、今年注目したいアウターをさっそく見ていきましょう。

バブアーの定番モデル、ワックスコットンを使用したジャケット

「おしゃれをわかってる」ってこういうこと。名品アウターでつくる、秋冬コーデ
バブアーの定番モデルといえば「BEDALE(ビデイル)」。そのレディースモデルが「BEDALE WAXED COTTON」です。コンパクトなサイズ感が特長。
「おしゃれをわかってる」ってこういうこと。名品アウターでつくる、秋冬コーデ
特に深いグリーンの「セージ」はバブアーの代表的なカラー。意外にも合わせやすいので、さまざまな場面で活躍しそうです。デニムやチノはもちろん、レディ感のあるスタイリングと合わせるのもおすすめです。
「おしゃれをわかってる」ってこういうこと。名品アウターでつくる、秋冬コーデ
こちらは同モデルのブラック。シンプルなコーデをぐっと格上げしてくれる存在感があります。
「おしゃれをわかってる」ってこういうこと。名品アウターでつくる、秋冬コーデ
ほどよいテカりを持つワックスコットンは、もともと港湾労働者や漁師のワークウェアとして使われていた素材。オイルを上質な生地に染みこませているので保温性と耐水性に優れています。定期的なお手入れは必要ですが、その分愛着のわく一着として、世界中にファンを持つアイテムです。

バブアー入門にもおすすめの、キルティングジャケット

「おしゃれをわかってる」ってこういうこと。名品アウターでつくる、秋冬コーデ
普段づかいのしやすさと、プレーンな印象で人気なのが「NO COLLAR LIDDESDALE NYLON」。軽やかなキルティングシリーズは、着ればわかるそのスッキリとしたシルエットが特長です。
「おしゃれをわかってる」ってこういうこと。名品アウターでつくる、秋冬コーデ
パンツにもスカートにも合わせやすい丈感と、マフラーやスカーフで印象を変えやすいノーカラーは、毎日のおしゃれにぴったり。本格派のバブアーのなかではお求めやすい価格なのも魅力です。

コーディネートをぐっと格上げしてくれる、ロング丈ジャケット

「おしゃれをわかってる」ってこういうこと。名品アウターでつくる、秋冬コーデ
英国らしさ溢れるガンクラブチェックが印象的な「BURGHLEY WILLIAM BRISS」。乗馬コートとして開発された「BURGHLEY(バーレー)」のディテールを残しつつ、着丈をロングに。上質な街着として愛される一着です。
「おしゃれをわかってる」ってこういうこと。名品アウターでつくる、秋冬コーデ
襟元はそのまま着ても、立てて着ても楽しめます。シンプルなコーディネートにさらりと羽織るだけでサマになる、まさに主役級のアイテムです。

たしかな質とスタイルで、ブランドとのコラボものも充実

洗練されたデザインと、たしかな機能性で世界中にファンを持つバブアーは、アパレル業界からも愛される存在。ブランドとのコラボものも毎年多数発信しています。

Barbour For MARGARET HOWELL

「おしゃれをわかってる」ってこういうこと。名品アウターでつくる、秋冬コーデ
2018年秋冬シーズンに登場した「MARGARET HOWELL(マーガレットハウエル)」とのコラボジャケット。フィッシング用のジャケット「SPEY(スペイ)」をもとにアレンジされたデザインは、本格的な雰囲気が漂いつつも羽織りやすく仕上がっています。ショート丈で軽めの素材なので、カジュアルコーデにぴったりです。

バブアーをもっと着こなしたい!スタイリングアイデア

メンズアイテムの印象が強いバブアーですが、ここ数年「#バブアー女子」なるハッシュタグも盛り上がるほど、女性人気が高騰中!女性ならではの着こなしを中心に、スタイリングアイデアをご紹介します。
「おしゃれをわかってる」ってこういうこと。名品アウターでつくる、秋冬コーデ
ニットパンツにメンズサイズのビデイルを合わせて。インパクトのあるプリントTシャツで、トラッドな印象をほどよくリラックスムードに。ついついデニムやチノを合わせたくなるバブアーですが、女性ならではのアイテムを合わせてみると着こなしの幅が広がります。
着用アウター:BEDALE SL PEACHED
「おしゃれをわかってる」ってこういうこと。名品アウターでつくる、秋冬コーデ
ホワイトのパンツ×ネイビーのボーダーに、ネイビーのフーデッドビデイルをポイントに。爽やかなマリンルックなら、初めてのバブアーも挑戦しやすそう。
着用アウター:NEW HOODED BEDALE SL SHAPE MEMORY
「おしゃれをわかってる」ってこういうこと。名品アウターでつくる、秋冬コーデ
トップスとボトムスをワントーンで揃え、ロング丈のバーレーを羽織ったスタイル。無骨な雰囲気のバブアーを女性らしく着られるアイデアです。アクセサリーもお忘れなく。
着用アウター:NEW BURGHLEY PEACHED

ジャケットのお手入れに関するイベントも

「おしゃれをわかってる」ってこういうこと。名品アウターでつくる、秋冬コーデ
お手入れをしながら長く着られるよう育てていけるのもバブアーの魅力。渋谷店では、バータイプの「ライトウェイトワックス」を使用した、デイリーケアの実演イベントが行われます。この機会に、ぜひ訪れてみて。

【イベント詳細】
日時:10月30(水) 20:15~22:00
場所:バブアー渋谷店
所在地:東京都渋谷区神宮前6-17-15
電話番号:03-6450-5993

冬の私を格上げしてくれるアウターを手に入れよう

「おしゃれをわかってる」ってこういうこと。名品アウターでつくる、秋冬コーデ
冬のおしゃれに自信をくれるバブアーのジャケット。「本物」感漂うのは、洗練されたデザインはもちろん、長い歴史やアイテムの成り立ちから感じられる深みがあるからかもしれません。今年、お気に入りの一着を選んでみませんか?
icons Googl Play