冬の醍醐味。雪見露天風呂を楽しめる温泉地をご紹介

冬の醍醐味。雪見露天風呂を楽しめる温泉地をご紹介

木々の梢や山肌に雪がシンシンと降り積む季節は、温泉が恋しくなる頃。特に温かい湯に浸かりながら、眺める白銀の世界は格別。この季節でしか味わえない醍醐味です。“雪見露天風呂”が楽しめる温泉地を、東日本の中から5つ選びました。記事を参考に今冬はぜひ雪見露天風呂を楽しんでみましょう。 2017年01月24日更新

カテゴリ:
旅行・お出かけ
キーワード:
温泉
旅行
雪景色
露天風呂
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
97

木々の梢や山肌に雪が降り積み、景色が一変する頃は、温かい湯が恋しくなる季節。

ビルの谷間を吹きぬく風や、アスファルトに積もった雪。
寒風や冷たい雪にさらされる時分は、身体も心も冷え縮んで硬くなるもの。

温かい湯に浸かってほっと息をつくと、身体が緩み、心も軽くなります。
家の風呂や旅館の内風呂もくつろげますが、偶にはこの季節ならではの“雪見露天風呂”を楽しんでみましょう。
【画像は、秋田県・乳頭温泉郷「鶴の湯」の雪景色】
出典:

【画像は、秋田県・乳頭温泉郷「鶴の湯」の雪景色】

今記事では、“雪見露天風呂”が楽しめる温泉地を5ヶ所紹介します。

1.秋田県「乳頭温泉郷」
2.群馬県「万座温泉」
3.群馬県「水上温泉郷」
4.栃木県「北温泉」
5.栃木県「湯西川温泉」

何処も雪景色が素晴らしい温泉地です。記事を参考にして、ぜひ“雪見露天風呂”へ足を運んでみましょう。

1.秋田県「乳頭温泉郷」

ブナの森に抱かれた、七つの宿と七つの湯。

十和田・八幡平国立公園 乳頭山麓に点在する七湯が「乳頭温泉郷」と呼ばれています。
七湯は独自に源泉を持ち、その泉質は多種多様乳頭温泉郷には十種類以上の源泉があります。
ブナの原生林で生まれたての酸素を深呼吸。地底から湧き出たばかりの温泉に浸かる。
大地に自生する山菜・きのこを食す。乳頭温泉郷には大地の恵みが溢れています。
出典:乳頭温泉郷へようこそ~乳頭温泉組合
【画像は、乳頭温泉郷、最古の温泉宿「鶴の湯」】
出典:

【画像は、乳頭温泉郷、最古の温泉宿「鶴の湯」】

七つの宿は、江戸時代から続く秘湯「鶴の湯」・渓流沿いの「妙乃湯」・湯桶の里「黒湯温泉」・深山の隠れ家「蟹場温泉」・薬湯の宿「孫六温泉」・レトロの木造校舎「大釜温泉」・ブナ林とモダンな施設の「休暇村乳頭温泉郷」。

同じ温泉地ですが、それぞれの泉質は異なります。日帰り入浴が可能ですので、せっかく足を運ぶのなら「乳頭温泉郷湯めぐり号」に乗って、全ての湯をめぐってみましょう。(informationの「乳頭温泉組合」のサイトには、「湯めぐり号」の運行ダイヤが掲載されています。)
乳頭温泉郷最古の温泉宿「鶴の湯」。

この温泉宿は、秋田藩主佐竹義隆公の湯治場として始まりました。「本陣」の茅葺屋根の客室は、藩主警護の武士らが詰めていた部屋です。
出典:

乳頭温泉郷最古の温泉宿「鶴の湯」。

この温泉宿は、秋田藩主佐竹義隆公の湯治場として始まりました。「本陣」の茅葺屋根の客室は、藩主警護の武士らが詰めていた部屋です。

「鶴の湯温泉」には女性専用露天風呂もあり、こちらも広々としています。山が迫ってくるような景色を味わえますよ。
出典:

「鶴の湯温泉」には女性専用露天風呂もあり、こちらも広々としています。山が迫ってくるような景色を味わえますよ。

洗練された雰囲気と、おもてなしの心が溢れる「妙乃湯」は、女性に人気の宿。露天風呂も最高です。
出典:

洗練された雰囲気と、おもてなしの心が溢れる「妙乃湯」は、女性に人気の宿。露天風呂も最高です。

「蟹場温泉」は、1846年開湯。鶴の湯に次ぐ歴史ある温泉宿。ブナ林の中の露天風呂は混浴。(夜間は女性専用の時間もあり)
出典:

「蟹場温泉」は、1846年開湯。鶴の湯に次ぐ歴史ある温泉宿。ブナ林の中の露天風呂は混浴。(夜間は女性専用の時間もあり)

先達川の川岸に建つ「孫六温泉」。

異なる5種類の温泉はそれぞれに効能が異なり、万病に効くとして古くから“山の薬湯”と親しまれています。
出典:

先達川の川岸に建つ「孫六温泉」。

異なる5種類の温泉はそれぞれに効能が異なり、万病に効くとして古くから“山の薬湯”と親しまれています。

information

2.群馬県「万座温泉」

効能抜群の白濁湯が特徴の「万座温泉」。

スキーリゾート地として有名ですが、江戸末期から湯治客で賑わってきた由緒ある温泉地です。
出典:

効能抜群の白濁湯が特徴の「万座温泉」。

スキーリゾート地として有名ですが、江戸末期から湯治客で賑わってきた由緒ある温泉地です。

白根山の懐、標高1,800mに位置し、濁河温泉とともに、
通年自家用車で行くことができる日本最高所の温泉で
「星に一番近い温泉」として知られています。
また、世界の三大長寿地帯に酷似した環境で日本有数の
高山温泉郷としても有名です。昔から豊富な湯量で、
泉質は27種類を数え、効能も多彩で多くの難病を治したという
逸話も数多く残っています。
出典:万座温泉とは│万座温泉│プリンスホテルズ&リゾーツ
スキーやスノボ。でも温泉を思いっきり満喫したい!のなら「万座プリンスホテル」へ。乳白色に濁った湯に浸かりながら、白銀の世界を眺めましょう。【画像は、露天風呂「こまくさの湯」】
出典:

スキーやスノボ。でも温泉を思いっきり満喫したい!のなら「万座プリンスホテル」へ。乳白色に濁った湯に浸かりながら、白銀の世界を眺めましょう。【画像は、露天風呂「こまくさの湯」】

「万座温泉 日進館」には9つの天然温泉があります。白濁の効能豊かな湯と雄大な雪景色。万座ならではの醍醐味。
【画像は万座温泉日進館の「極楽の湯」】
出典:

「万座温泉 日進館」には9つの天然温泉があります。白濁の効能豊かな湯と雄大な雪景色。万座ならではの醍醐味。
【画像は万座温泉日進館の「極楽の湯」】

こちらは「万座ホテル聚楽」の露天風呂。

高原の地にある「万座温泉」。昼は、山々の雪景色を眺めながら。
夜は“満天の星空”を眺めながら、天然温泉が満喫できます。
出典:

こちらは「万座ホテル聚楽」の露天風呂。

高原の地にある「万座温泉」。昼は、山々の雪景色を眺めながら。
夜は“満天の星空”を眺めながら、天然温泉が満喫できます。

information

3.群馬県「水上温泉郷」

水上温泉郷は、温泉郷の中核である「水上温泉」を含む、群馬県・みなかみ町にある温泉の総称です。利根川の上流、谷川岳の山麓に位置しています。どの温泉場からも、渓谷と山並みが眺められ、特に雪に染まった景色は圧巻です。

水上温泉郷の温泉地は、温泉街として有名な「水上温泉」・藤原一族が落ち延びたと云われる「藤原湖温泉」・巨大な露天風呂で有名な「宝川温泉」・山の中に佇む「谷川温泉」の他、「うのせ温泉」「湯の小屋」「上の原温泉」「湯桧曽温泉」「向山」があります。
湯の効能・渓谷と山並みが織り成す景色。共に素晴らしいと有名な「水上温泉」。雪を被った林や渓谷、山肌。景色を眺めながら入浴する一時は、至福の時間。

画像は「水上温泉」の「松乃井」。露天風呂は3つありますが、いずれも混浴ではありません。
出典:

湯の効能・渓谷と山並みが織り成す景色。共に素晴らしいと有名な「水上温泉」。雪を被った林や渓谷、山肌。景色を眺めながら入浴する一時は、至福の時間。

画像は「水上温泉」の「松乃井」。露天風呂は3つありますが、いずれも混浴ではありません。

山懐に抱かれて、静寂と湯を楽しむのなら、「谷川温泉」へ。

【画像は「金盛館せゝらぎ」の露天風呂】
出典:

山懐に抱かれて、静寂と湯を楽しむのなら、「谷川温泉」へ。

【画像は「金盛館せゝらぎ」の露天風呂】

雪化粧した木々の梢が息を飲むほどに美しい、谷川温泉「水上山荘」の露天風呂。
出典:

雪化粧した木々の梢が息を飲むほどに美しい、谷川温泉「水上山荘」の露天風呂。

「宝川温泉」は、“天下一”と謳われる大露天風呂でよく知られた温泉です。

「宝川温泉 汪泉閣」の露天風呂には、東日本の横綱とまで賞賛される「摩訶の湯」、200畳もの面積を誇る最大の露天風呂「子宝の湯」、子供でも入れる「般若の湯」、女性専用の「摩耶の湯」がある他、館内にも大浴場が男女それぞれに設けられています。
出典:

「宝川温泉」は、“天下一”と謳われる大露天風呂でよく知られた温泉です。

「宝川温泉 汪泉閣」の露天風呂には、東日本の横綱とまで賞賛される「摩訶の湯」、200畳もの面積を誇る最大の露天風呂「子宝の湯」、子供でも入れる「般若の湯」、女性専用の「摩耶の湯」がある他、館内にも大浴場が男女それぞれに設けられています。

舞い散る雪の中で、天然温泉に浸かりたいのなら、大露天風呂がある「宝川温泉」がオススメ。
出典:

舞い散る雪の中で、天然温泉に浸かりたいのなら、大露天風呂がある「宝川温泉」がオススメ。

水上温泉郷の最奥に位置する「湯の小屋温泉」。

写真は「たぬきのお宿 洞元荘」の混浴露天風呂。この他にも女性用の露天風呂もあります。

その名のとおり、夜になるとたぬきやキツネを見ることができる見学ルームも。
出典:

水上温泉郷の最奥に位置する「湯の小屋温泉」。

写真は「たぬきのお宿 洞元荘」の混浴露天風呂。この他にも女性用の露天風呂もあります。

その名のとおり、夜になるとたぬきやキツネを見ることができる見学ルームも。

information

水上温泉旅館協同組合
水上温泉旅館が、エリア別に詳細に紹介されています。

4.栃木県「北温泉」

映画「テルマエ・ロマエ」の映画のロケ地となった「北温泉」は、秘湯中秘湯と謳われる温泉宿。
出典:

映画「テルマエ・ロマエ」の映画のロケ地となった「北温泉」は、秘湯中秘湯と謳われる温泉宿。

160年の歴史があるこの宿は、江戸・明治・昭和の時代にそれぞれに建てられた3つの棟に分かれています。

ノスタルジックな雰囲気と野趣溢れる景色、種類豊富で多彩な温泉に惹かれ、多くの人がこの辺境の地へと足を運びます。
出典:

160年の歴史があるこの宿は、江戸・明治・昭和の時代にそれぞれに建てられた3つの棟に分かれています。

ノスタルジックな雰囲気と野趣溢れる景色、種類豊富で多彩な温泉に惹かれ、多くの人がこの辺境の地へと足を運びます。

温泉プール「泳ぎ湯」は、裸でも水着でも入浴可能。15m☓10mの大きな湯船を満たすのは源泉掛け流しの温泉。
滑り台もあり、子供も楽しめる温泉です。
出典:

温泉プール「泳ぎ湯」は、裸でも水着でも入浴可能。15m☓10mの大きな湯船を満たすのは源泉掛け流しの温泉。
滑り台もあり、子供も楽しめる温泉です。

この温泉宿の人気は、宿全体に漂うノスタルジックな雰囲気。

時代物の家具や民具が配された館内を、巡るだけでも十分に楽しめる温泉宿です。
出典:

この温泉宿の人気は、宿全体に漂うノスタルジックな雰囲気。

時代物の家具や民具が配された館内を、巡るだけでも十分に楽しめる温泉宿です。

北温泉には、最も知られる「天狗の湯」他、合計で9つもの湯船があります。

【画像は、北温泉の中で一番知られる「天狗の湯」。秘湯マニア垂涎の湯です。】
出典:

北温泉には、最も知られる「天狗の湯」他、合計で9つもの湯船があります。

【画像は、北温泉の中で一番知られる「天狗の湯」。秘湯マニア垂涎の湯です。】

information

5.栃木県「湯西川温泉」

【画像は、湯西川温泉の「湯西川温泉かまくら祭」の一コマ。幻想的な風景は、忘れられない思い出に。】
出典:

【画像は、湯西川温泉の「湯西川温泉かまくら祭」の一コマ。幻想的な風景は、忘れられない思い出に。】

「湯西川温泉(ゆにしがわおんせん)」は、鬼怒川温泉からさらに車で40分程北上した、日光国立公園内に位置する温泉地。

平家の落人が隠れ住んだという伝説が残る「湯西川温泉」は、その名の通り「湯西川」沿いの静寂な地にあります。
出典:

「湯西川温泉(ゆにしがわおんせん)」は、鬼怒川温泉からさらに車で40分程北上した、日光国立公園内に位置する温泉地。

平家の落人が隠れ住んだという伝説が残る「湯西川温泉」は、その名の通り「湯西川」沿いの静寂な地にあります。

「湯西川温泉」が知られるのは、冬に開催される「湯西川温泉かまくら祭」。

大小様々のかまくらと、温かな灯りが織り成す光景は、実に幻想的。祭の開催期間は、その素敵な景色を眺めに観光客が足を運びます。
出典:

「湯西川温泉」が知られるのは、冬に開催される「湯西川温泉かまくら祭」。

大小様々のかまくらと、温かな灯りが織り成す光景は、実に幻想的。祭の開催期間は、その素敵な景色を眺めに観光客が足を運びます。

平家の落人伝説が残る「湯西川温泉」には、平家に因む施設や祭があります。

画像は、「平家の里」。落人らの生活様式を保存継承するために復元された観光施設です。
出典:

平家の落人伝説が残る「湯西川温泉」には、平家に因む施設や祭があります。

画像は、「平家の里」。落人らの生活様式を保存継承するために復元された観光施設です。

「湯西川温泉」の名旅館「本家伴久」。

旅館の露天風呂は、源泉掛け流しの川床露天風呂。シンシンと降り積もる雪と、清流の流れ、渓谷の景観が楽しめる温泉です。
出典:

「湯西川温泉」の名旅館「本家伴久」。

旅館の露天風呂は、源泉掛け流しの川床露天風呂。シンシンと降り積もる雪と、清流の流れ、渓谷の景観が楽しめる温泉です。

本家伴久の風呂は、男女露天風呂と男女内風呂の他に、貸切の露天風呂が3ヶ所あります。

静寂で野趣あふれる雪景色は、「湯西川温泉」ならではの眺めです。
出典:

本家伴久の風呂は、男女露天風呂と男女内風呂の他に、貸切の露天風呂が3ヶ所あります。

静寂で野趣あふれる雪景色は、「湯西川温泉」ならではの眺めです。

本家伴久の「氷爆」は有名。

宿泊者しか見れないという氷爆は、この時期だけの壮観な光景。夜にはライトアップもされ、さらに幻想的な姿になります。
出典:

本家伴久の「氷爆」は有名。

宿泊者しか見れないという氷爆は、この時期だけの壮観な光景。夜にはライトアップもされ、さらに幻想的な姿になります。

information

おわりに

紹介した「雪見露天風呂」はいかがでしたか。今記事では、東日本からピックアップしましたが、東日本に限らず日本国内には他にも“雪見”が楽しめる温泉地・温泉宿が数々あります。

露天風呂は、ライトアップされた夜も良いものですが、雪景色を楽しむのであれば、日中の明るい陽ざしの下の方おすすめです。宿泊するのが無理であれば、日帰りでも十分に“雪見”を堪能することができます。

紹介した温泉地にもありますが、現在は、食事付きの宿泊がメインであっても“日帰り入浴”が可能な温泉宿が沢山あります。旅のスケジュールや予算に合わせて、冬の季節ならではの「雪見露天風呂」をぜひ楽しんで下さい。

【画像は、乳頭温泉郷の「孫六温泉」の川岸の湯屋。】
出典:

紹介した「雪見露天風呂」はいかがでしたか。今記事では、東日本からピックアップしましたが、東日本に限らず日本国内には他にも“雪見”が楽しめる温泉地・温泉宿が数々あります。

露天風呂は、ライトアップされた夜も良いものですが、雪景色を楽しむのであれば、日中の明るい陽ざしの下の方おすすめです。宿泊するのが無理であれば、日帰りでも十分に“雪見”を堪能することができます。

紹介した温泉地にもありますが、現在は、食事付きの宿泊がメインであっても“日帰り入浴”が可能な温泉宿が沢山あります。旅のスケジュールや予算に合わせて、冬の季節ならではの「雪見露天風呂」をぜひ楽しんで下さい。

【画像は、乳頭温泉郷の「孫六温泉」の川岸の湯屋。】

関連する情報

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play