実は富士山周辺にはパワースポットがいっぱい!富士山周辺を巡ろう!

実は富士山周辺にはパワースポットがいっぱい!富士山周辺を巡ろう!

《富士山》は古来、その雄大で壮麗な姿から“霊峰富士”として人々に崇められ、また驚異をもたらす噴火を鎮めるための御神体として祀られてきました。そんな大地の力がみなぎる富士山の麓には、自然の力が湧き出るパワースポットが沢山あります。富士北麓・南麓方面のパワースポットを紹介します。2017年01月26日更新

カテゴリ:
旅行・お出かけ
キーワード:
東海
富士山
旅行
自然
パワースポット
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
225

噴火の驚異とその雄大で壮麗な姿から、古くから人々に崇められてきた“霊峰富士”。
実は富士山周辺にはパワースポットがいっぱい!富士山周辺を巡ろう!
出典:
富士山は、その雄大で壮麗な姿と噴火の驚異から、古くから“霊峰富士”として人々に崇められてきました。

「富士山」自体を御神体《浅間大神》として祀られたのは平安期のこと。平安初期までは、遠くから山を拝む「遥拝(ようはい)」だった富士山信仰も、平安後期以降に直接登頂する「登拝」へと信仰の形が変わっていきました。

山頂のご来光を仰ぐと不老不死やなどのご利益得られると知れ渡るようになったのは戦国時代以降です。江戸期に入ると民衆信仰である「富士講(浅間講)」が盛んになり、多くの参拝者が“富士詣”をするようになりました。最盛期には「吉田口」だけでも、百件近くの宿坊が存していたといいます。
実は富士山周辺にはパワースポットがいっぱい!富士山周辺を巡ろう!
出典:
“パワースポット”とは何か?について大まかに述べれば、大地の力や気がみなぎる場所のこと。そこに佇むと、何かを感じ、身体が軽くなったり気分が爽快になったりする場所は、全てパワースポットといえるでしょう。

自然の中には、清々しい気分を与えたり、何らかの“エネルギー(気)”を与える場所が無数にあります。その力が強力であると人々によって感じられてきた場所は、何かしらの形で言い伝えられ、崇められ、守られてきました。
《忍野》から望む、霊峰富士。
出典:

《忍野》から望む、霊峰富士。

富士山周辺には、御神体である富士山ばかりでなく、言い伝えが残る場所や、また湧水や滝など自然のエネルギーを感じられるスポットが数多くあります。

今記事では、富士山麓の中から北麓と西麓の“パワースポット”をダイジェストで紹介します。ぜひ、その場所に身を運んで、富士山麓の自然から大いなる力を授けてもらいましょう。

富士北麓方面 ―青木ヶ原樹海の洞穴―

富岳風穴

青木ヶ原樹海には、数多くの溶岩洞穴がありますが、その中でも最大の洞穴が《富岳風穴(ふがくふうけつ)です》。真夏でもひんやりとした洞穴内の年間の平均気温は3℃。夏場になると、涼を求める観光客で賑わいますが、かつては天然冷蔵庫として活用されていました。
国道139号線沿いに大駐車場から、青木ヶ原樹海の中の遊歩道を歩いて《富岳風穴》の入口へ。
出典:

国道139号線沿いに大駐車場から、青木ヶ原樹海の中の遊歩道を歩いて《富岳風穴》の入口へ。

風穴の入口の階段。一歩一歩降りると、空気が冷たくなってくるのを感じます。
出典:www.flickr.com(@Danny Choo)

風穴の入口の階段。一歩一歩降りると、空気が冷たくなってくるのを感じます。

全長約200mの横穴式の洞穴は、天井の高さが氷穴と異なって高く、比較的容易に歩けます。

見学コースの所要時間は約15分。夏でも溶けない氷柱や、溶岩棚、縄状溶岩を観察することができます。
出典:

全長約200mの横穴式の洞穴は、天井の高さが氷穴と異なって高く、比較的容易に歩けます。

見学コースの所要時間は約15分。夏でも溶けない氷柱や、溶岩棚、縄状溶岩を観察することができます。

内部から仰ぎ見た洞穴入口。
出典:

内部から仰ぎ見た洞穴入口。

ライトアップされた氷柱は、真夏でも観ることが出来ます。
出典:

ライトアップされた氷柱は、真夏でも観ることが出来ます。

実は富士山周辺にはパワースポットがいっぱい!富士山周辺を巡ろう!
出典:

鳴沢氷穴

富士五湖観光の一つに数えられる《鳴沢氷穴》。

地質学上貴重な場所として世界に知られた《鳴沢氷穴》は、二つのトンネルからなる洞穴。

氷穴内をぐるっと一周することが出来ます。所要時間は約15分。年間平均気温は、約3℃。
出典:www.flickr.com(@gomafringo)

富士五湖観光の一つに数えられる《鳴沢氷穴》。

地質学上貴重な場所として世界に知られた《鳴沢氷穴》は、二つのトンネルからなる洞穴。

氷穴内をぐるっと一周することが出来ます。所要時間は約15分。年間平均気温は、約3℃。

実は富士山周辺にはパワースポットがいっぱい!富士山周辺を巡ろう!
出典:
“氷穴”という通りに氷で満たされた内部は、霊的で神秘的な世界。
出典:

“氷穴”という通りに氷で満たされた内部は、霊的で神秘的な世界。

富士山周辺には、風穴や氷穴といった溶岩洞穴が数多くあります。紹介した二つの洞穴以外にも、観光しやすい《西湖コウモリ穴》や《駒門風穴》、《印野胎内(御胎内清宏園)》等があります。

富士北麓方面 ―富士の湧水(忍野方面)―

“忍野八海(おしのはっかい)”

忍野八海とは、湧池・出口池・お釜池・濁池・鏡池・菖蒲池・底抜池・銚子池の、八つの湧水池のこと。多くの池が地下で繋がっています。

全ての池を周遊して、徒歩で1時間位。
出典:

忍野八海とは、湧池・出口池・お釜池・濁池・鏡池・菖蒲池・底抜池・銚子池の、八つの湧水池のこと。多くの池が地下で繋がっています。

全ての池を周遊して、徒歩で1時間位。

富士信仰の霊場や修験道者の禊の場として古くから知られた「忍野八海」は、富士山を背景とした水景が素晴らしいとして、世界遺産の構成資産の一部として認定されています。

富士に降った雪や雨が長い歲月をかけて、地下から地上へと濾過されながら湧き出た清水は、驚くばかりに澄んでいます。また「忍野富士」と呼ばれる程、この場所から眺める富士は素晴らしく、特に朝霧が立ち込めた冬場の風景は、実に幻想的です。
信じられないほどに澄みきった池は、まさにパワースポット。
出典:

信じられないほどに澄みきった池は、まさにパワースポット。

《湧池(わくいけ)》

忍野八海には、ひめます・ニジマス・鯉・うぐい・はや・かじか・ふな・うなぎ・どじょう・やまめ等など様々な淡水魚が生息しています。
出典:

《湧池(わくいけ)》

忍野八海には、ひめます・ニジマス・鯉・うぐい・はや・かじか・ふな・うなぎ・どじょう・やまめ等など様々な淡水魚が生息しています。

水面に映る風景と、実風景が溶け合う池をのぞき込むと、引きこまれそうになる程に美しい。
出典:

水面に映る風景と、実風景が溶け合う池をのぞき込むと、引きこまれそうになる程に美しい。

忍野八海の湧水は、全国名水百選の一つ。ここで湧き出た水は〈桂川〉を下って相模湖へと通じ、京浜地域の水源となっています。
出典:

忍野八海の湧水は、全国名水百選の一つ。ここで湧き出た水は〈桂川〉を下って相模湖へと通じ、京浜地域の水源となっています。

忍野八海の《出口池》だけは、有料敷地内にあります。ここには、現存する最古の民家を使った「榛の木林民俗資料館」や、茅葺屋根の蕎麦屋や土産物屋が立ち並んでいます。観光するなら、まず他の七池を巡り、この敷地内にある《出口池》へ足を向けるのがオススメです。

ここには、小さな展望台がありますが、富士が望めれば最高の景色を眺めることが出来ますので、端折らないで《底池》とともにぜひ足を運んで下さい。
周囲に、水車小屋や、蕎麦や団子を供する茶屋が立ち並ぶ《中池》。
出典:

周囲に、水車小屋や、蕎麦や団子を供する茶屋が立ち並ぶ《中池》。

実は富士山周辺にはパワースポットがいっぱい!富士山周辺を巡ろう!
出典:
池本で出される蕎麦は、地元産の玄そばを毎日石臼で挽いたものを使用しています。水は、もちろん敷地内の湧水。粉挽き小屋も風情がありますね。
出典:

池本で出される蕎麦は、地元産の玄そばを毎日石臼で挽いたものを使用しています。水は、もちろん敷地内の湧水。粉挽き小屋も風情がありますね。

忍野八海 | 忍野村観光サイト
山梨県忍野村の公式サイト

富士湧水の里水族館

《忍野八海》そばの、河川や湖沼に生息する淡水魚専門の水族館。山梨県内の河川湖沼に生息する水生生物や養殖魚類を中心に展示されています。

この水族館の一帯は、「さかな公園」として整備され、木立の中には遊歩道が伸び、遊具や池もあり、自由に遊ぶことの出来ます。
出典:

《忍野八海》そばの、河川や湖沼に生息する淡水魚専門の水族館。山梨県内の河川湖沼に生息する水生生物や養殖魚類を中心に展示されています。

この水族館の一帯は、「さかな公園」として整備され、木立の中には遊歩道が伸び、遊具や池もあり、自由に遊ぶことの出来ます。

富士北麓方面 ―縁結び・恋愛成就のパワースポット―

北口本宮冨士浅間神社

ここ「北口本宮冨士浅間神社」は、古くから富士山を“登拝”する場として、多くの人々に親しまれてきた神社。

最近では、特に独身女性に人気のあるパワースポットとしてよく知られています。
出典:

ここ「北口本宮冨士浅間神社」は、古くから富士山を“登拝”する場として、多くの人々に親しまれてきた神社。

最近では、特に独身女性に人気のあるパワースポットとしてよく知られています。

地元では「せんげんさん」と呼称されてきた神社は、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東方への遠征の折りに、大塚丘より富士山を遥拝して、大鳥居を建て祠を建て祀ったのが始原と言い伝えられています。
出典:

地元では「せんげんさん」と呼称されてきた神社は、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東方への遠征の折りに、大塚丘より富士山を遥拝して、大鳥居を建て祠を建て祀ったのが始原と言い伝えられています。

拝殿前の両脇にある、樹齢千年の「富士太郎杉」「富士夫婦檜」と名付けられた御神木。
出典:

拝殿前の両脇にある、樹齢千年の「富士太郎杉」「富士夫婦檜」と名付けられた御神木。

「北口本宮冨士浅間神社」の主祭神は、美を司る姫神《木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと》。

独身女性が足を運ぶのは、この主祭神のパワーを頂くため。
出典:

「北口本宮冨士浅間神社」の主祭神は、美を司る姫神《木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと》。

独身女性が足を運ぶのは、この主祭神のパワーを頂くため。

河口浅間神社(かわぐちあさまじんじゃ)

先に紹介した「北口本宮冨士浅間神社」同様、この神社の主祭神も同じ姫神。

縁結び・家庭円満・安産・子安・水徳の神様でもあるこの姫神様の下には多くの人々が祈願に足を運びます。
出典:www.flickr.com(@ume-y)

先に紹介した「北口本宮冨士浅間神社」同様、この神社の主祭神も同じ姫神。

縁結び・家庭円満・安産・子安・水徳の神様でもあるこの姫神様の下には多くの人々が祈願に足を運びます。

この神社が有名なのは、この大きな杉。ご神木《七本杉》は、樹齢1200年。
出典:

この神社が有名なのは、この大きな杉。ご神木《七本杉》は、樹齢1200年。

この七本杉の中には、父母(かずいろ)と名付けられた「縁結びの二本杉」と呼ばれる杉があります。

男性が右、女性が左の杉を、外側から周って二本の杉の間を通り抜けて、参拝すると縁結びの効果が高まり、恋愛・縁結びのが成就すると言い伝えられています。
出典:

この七本杉の中には、父母(かずいろ)と名付けられた「縁結びの二本杉」と呼ばれる杉があります。

男性が右、女性が左の杉を、外側から周って二本の杉の間を通り抜けて、参拝すると縁結びの効果が高まり、恋愛・縁結びのが成就すると言い伝えられています。

母の白滝

「母の白滝」は、先の「河口浅間神社」と合わせて、よく知られたパワースポットです。距離も近いので「河口浅間神社」へ出掛けるのなら、ここにも足を伸ばしましょう。
実は富士山周辺にはパワースポットがいっぱい!富士山周辺を巡ろう!
出典:
「母の白滝」は、かつて修験道者が、禊(みそぎ)をし、その身を浄め(きよめ)た由緒ある滝です。この「母の白滝」には、《母の白滝神社》が鎮座し、木花咲耶姫の母君である、栲幡千千姫命(たくはなちぢひめのみこと)が祀られ、母の慈愛深きエネルギーが満ちる場所、エネルギーを授けられるパワースポットとして知られています。

森閑とした山の緑の中に水飛沫の音が響き、ここに身を置くだけで身心が癒されます。
「河口浅間神社」から、《三つ峠山》へのハイキングコースを40分程歩けば《母の白滝》へ到着。

(林道も通り、小さな駐車スペースもあるので、車でも行くことは可能)
出典:

「河口浅間神社」から、《三つ峠山》へのハイキングコースを40分程歩けば《母の白滝》へ到着。

(林道も通り、小さな駐車スペースもあるので、車でも行くことは可能)

富士山西麓方面 ―白糸の滝―

「白糸の滝」は、1950年の観光百選の滝の部でトップに輝いた名瀑です。
出典:

「白糸の滝」は、1950年の観光百選の滝の部でトップに輝いた名瀑です。

溶岩の窪地から湧き出ている《お鬢水(おびんみず・おびんすい)》は、源頼朝がこの水でほつれた鬢を直したと言い伝えられています。富士講の霊場の一つで、パワースポットとしても有名です。
出典:

溶岩の窪地から湧き出ている《お鬢水(おびんみず・おびんすい)》は、源頼朝がこの水でほつれた鬢を直したと言い伝えられています。富士講の霊場の一つで、パワースポットとしても有名です。

湾曲した岩壁は高さ20m、幅は200m。滝の幅としては日本最大の滝。

富士山周辺の強力なパワースポットとして知られていますが、この清らかさと白糸のごとく流れ落ちるこの滝の景観を眺め、水飛沫の音に包まれるだけで、身心が癒されます。
出典:

湾曲した岩壁は高さ20m、幅は200m。滝の幅としては日本最大の滝。

富士山周辺の強力なパワースポットとして知られていますが、この清らかさと白糸のごとく流れ落ちるこの滝の景観を眺め、水飛沫の音に包まれるだけで、身心が癒されます。

この流れ落ちる水は、河川ではなく、富士の湧水。

四季折々に美しく、中でも紅葉のシーズンは絶景。
出典:

この流れ落ちる水は、河川ではなく、富士の湧水。

四季折々に美しく、中でも紅葉のシーズンは絶景。

富士山南麓方面 ―富士山本宮浅間大社―

神田川越しに眺める富士山
出典:

神田川越しに眺める富士山

富士山本宮浅間大社(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ)は、全国に1300社ある浅間神社の総本宮で、駿河国の一宮。東海地方最古の社です。
富士本宮浅間大社本殿は、徳川家康造営。国の重要文化財。
出典:

富士本宮浅間大社本殿は、徳川家康造営。国の重要文化財。

「富士本宮浅間社記」によれば、第7代孝霊天皇の御代、富士山が大噴火をしたため、周辺住民は離散し、荒れ果てた状態が長期に及んだとあります。第11代垂仁天皇はこれを憂い、その3年(前27)に浅間大神を山足の地に祀り山霊を鎮められました。これが当大社の起源です。
 その後は姫神の水徳をもって噴火が静まり、平穏な日々が送れるようになったと伝えられています。この偉大な御神徳は、万人の知るところとなり、篤い崇敬を集める事となりました。また、富士山を鎮めるため浅間大神をお祀りしたのは当大社が最初であり、全国にある浅間神社の起源ともなっています。
出典:富士山本宮浅間大社:御祭神・御由緒

大社内で一番のパワースポット《湧玉池(わくたまいけ)》

実は富士山周辺にはパワースポットがいっぱい!富士山周辺を巡ろう!
出典:
富士山本宮浅間大社の中で一番のパワースポット《湧玉池》。国の特別天然記念物、『平成の名水百選』にも選定されています。

湧玉池は古来、富士山に入る修験者の禊を行う場所。富士講の信者らもこの池で身を清め、富士山に登ったといいます。現在でも富士山山開きの際は、禊神事が行われています。

この《湧玉池》の水は、富士山に降った雪や雨が長い歲月を経て地中を通って湧き出た水。画像奥の左側には、水汲み場があります。水屋神社で空のペットボトルを購入できますが、持参した器に汲むことも出来ます。水はもちろん、富士のバナジウム水。
清く澄んだ《湧玉池》
出典:

清く澄んだ《湧玉池》

おわりに

実は富士山周辺にはパワースポットがいっぱい!富士山周辺を巡ろう!
出典:
日本各地には、“パワースポット”と呼ばれ、人を寄せる場所が数々あります。神社仏閣など文化遺産が建造されて目に見える形で示されている場所もありますが、紹介してきたように、自然が創造した洞窟や滝、池、山といった場所もあります。

そうした場所の大方は、パワースポットやスピリチュアルスポットと呼称されるずっと以前から、多くの人がその不思議な力をその場で感得して、言い伝えてきた自然崇拝の聖地です。観光スポットですが、その場所が“聖地”であることを頭の片隅に入れて訪れて下さい。

人は、地球のエネルギーの循環の中で、その“生”を繋ぐ生命体です。人工物に囲まれた生活だけでは、生きるエネルギーが不足してしまうかもしれません。大自然のパワーを頂きに、パワー溢れる富士山麓へと出掛けてみましょう。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play