【日本の滝百選】川と渓谷が織りなす絶景《茨城、栃木、群馬、埼玉、東京、神奈川県》

【日本の滝百選】川と渓谷が織りなす絶景《茨城、栃木、群馬、埼玉、東京、神奈川県》

日本の国土は約4分の3が山間部で占められています。それゆえに、河川の長さは世界の平均的な河川と比較して短く、川幅も狭くなっています。一方で、日本の川は急流が多く、山間部に行けば行くほど美しい滝がたくさんあります。今回は日本全国にある滝のうち、特に美しいと称される【日本の滝百選】に選定されている茨城県、栃木県、群馬、埼玉、東京、神奈川県の滝をご紹介します。2021年10月19日作成

カテゴリ:
旅行・お出かけ
キーワード
観光スポット名所自然絶景リフレッシュ・気分転換
お気に入り数226

日本の滝百選とは?

「日本の滝百選」とは、1990年に選定された日本を代表する100の滝のことを言います。
出典:

「日本の滝百選」とは、1990年に選定された日本を代表する100の滝のことを言います。

「日本の滝百選」は、環境庁、林野庁の後援を受けて、緑の文明学会、グリーンルネッサンス、緑の地球防衛基金の3団体が、グリーンキャンペーンの一環として企画し、日本全国から34万1292通、527滝の応募がありました。
出典:

「日本の滝百選」は、環境庁、林野庁の後援を受けて、緑の文明学会、グリーンルネッサンス、緑の地球防衛基金の3団体が、グリーンキャンペーンの一環として企画し、日本全国から34万1292通、527滝の応募がありました。

そして、専門の選考委員が527の滝から選考を行い、1990年4月に「日本を代表する美しい滝」として、「日本の滝百選」が選定されました。
出典:

そして、専門の選考委員が527の滝から選考を行い、1990年4月に「日本を代表する美しい滝」として、「日本の滝百選」が選定されました。

もちろん、「日本の滝百選」の選考から外れた滝でも素晴らしい景観を持つ滝は数多く存在しています。しかし、数多くの応募から最終選考まで選び抜かれた「日本の滝百選」は、どの滝も美しく、見応え抜群でとても絵になる滝ばかりです。
出典:

もちろん、「日本の滝百選」の選考から外れた滝でも素晴らしい景観を持つ滝は数多く存在しています。しかし、数多くの応募から最終選考まで選び抜かれた「日本の滝百選」は、どの滝も美しく、見応え抜群でとても絵になる滝ばかりです。

滝から発する美しい水音に耳を澄ませながら、マイナスイオンをたっぷりと浴び、河川と渓谷が織りなす風光明媚な景色を堪能してみませんか。
出典:

滝から発する美しい水音に耳を澄ませながら、マイナスイオンをたっぷりと浴び、河川と渓谷が織りなす風光明媚な景色を堪能してみませんか。

袋田の滝/茨城県久慈郡大子町

袋田の滝は、福島県と茨城県をとうとうと流れる久慈川の支流である滝川上流にある長さ120メートル、滝幅73メートの滝です。袋田の滝は、日本の滝百選に選ばれているほか、日本の名勝に指定されており、華厳滝、那智滝と共に日本三大名瀑のひとつに挙げられています。
出典:

袋田の滝は、福島県と茨城県をとうとうと流れる久慈川の支流である滝川上流にある長さ120メートル、滝幅73メートの滝です。袋田の滝は、日本の滝百選に選ばれているほか、日本の名勝に指定されており、華厳滝、那智滝と共に日本三大名瀑のひとつに挙げられています。

袋田の滝は、四季折々で異なる表情を見せてくれます。この滝は、冬になると滝そのものが凍結する氷瀑になる滝としても知られています。
出典:

袋田の滝は、四季折々で異なる表情を見せてくれます。この滝は、冬になると滝そのものが凍結する氷瀑になる滝としても知られています。

華厳滝/栃木県日光市

華厳滝は、奈良時代から平安時代にかけて活躍した高僧、勝道上人が発見したという伝説を持つ滝です。落差97メートル、滝幅7メートルを誇る華厳滝は水量も多く、圧倒的な存在感を放っています。
出典:

華厳滝は、奈良時代から平安時代にかけて活躍した高僧、勝道上人が発見したという伝説を持つ滝です。落差97メートル、滝幅7メートルを誇る華厳滝は水量も多く、圧倒的な存在感を放っています。

華厳滝は、明智平展望台(栃木県日光市深沢)からも眺めることができます。静かな中禅寺湖、猛々しい華厳滝、華厳渓谷が織りなす景色はまるで一枚の絵画のような素晴らしさです。
出典:

華厳滝は、明智平展望台(栃木県日光市深沢)からも眺めることができます。静かな中禅寺湖、猛々しい華厳滝、華厳渓谷が織りなす景色はまるで一枚の絵画のような素晴らしさです。

霧降の滝/栃木県日光市

霧降の滝は、関東地方を悠然と流れる利根川水系の支流、霧降川にかかる滝です。この滝は、日本の滝百選に選ばれているほか、華厳滝、裏見滝とともに、「日光三名瀑」のひとつに数えられています。
出典:

霧降の滝は、関東地方を悠然と流れる利根川水系の支流、霧降川にかかる滝です。この滝は、日本の滝百選に選ばれているほか、華厳滝、裏見滝とともに、「日光三名瀑」のひとつに数えられています。

霧降の滝は、四季折々で美しい景色を見せてくれます。霧降の滝の周辺は、栃木県有数の紅葉の名所として知られています。毎年秋になると、霧降の滝の周囲の樹々は色とりどりに彩り、白い瀑布と樹々が織りなす錦絵のような景色へと変貌します。
出典:

霧降の滝は、四季折々で美しい景色を見せてくれます。霧降の滝の周辺は、栃木県有数の紅葉の名所として知られています。毎年秋になると、霧降の滝の周囲の樹々は色とりどりに彩り、白い瀑布と樹々が織りなす錦絵のような景色へと変貌します。

吹割の滝/群馬県沼田市

吹割の滝は、奇岩が約1.5キロメートル続く片品渓谷(吹割渓谷)にかかる滝で、落差7メートル滝幅30メートルの滝です。
出典:

吹割の滝は、奇岩が約1.5キロメートル続く片品渓谷(吹割渓谷)にかかる滝で、落差7メートル滝幅30メートルの滝です。

吹割の滝は、片品川の流れによって浸食されたV字谷にかかる滝です。この滝は向かって三方から河川が流れ落ちる独特の景観をしているため、「東洋のナイアガラ」とも呼ばれています。
出典:

吹割の滝は、片品川の流れによって浸食されたV字谷にかかる滝です。この滝は向かって三方から河川が流れ落ちる独特の景観をしているため、「東洋のナイアガラ」とも呼ばれています。

棚下不動滝/群馬県渋川市

棚下不動滝は、雄滝と雌滝の2滝から成る滝で、落差37メートル、滝幅2メートルの滝です。
出典:

棚下不動滝は、雄滝と雌滝の2滝から成る滝で、落差37メートル、滝幅2メートルの滝です。

棚下不動滝の雄滝は、滝の裏側に入ることができる「裏見の滝」となっています。滝の裏側からの眺めは正面からの眺めとは全く異なる景色となるため、ぜひ、滝の裏側にも入ってみられることをおすすめします。
出典:

棚下不動滝の雄滝は、滝の裏側に入ることができる「裏見の滝」となっています。滝の裏側からの眺めは正面からの眺めとは全く異なる景色となるため、ぜひ、滝の裏側にも入ってみられることをおすすめします。

常布の滝/群馬県草津町

常布の滝は、日本有数の名湯として知られている草津温泉がある群馬県草津町にある滝です。常布の滝は、落差40メートルの直瀑となっており、水量も多く、滝前はかなり広く開けているため滝までかなり近づくことができます。
出典:

常布の滝は、日本有数の名湯として知られている草津温泉がある群馬県草津町にある滝です。常布の滝は、落差40メートルの直瀑となっており、水量も多く、滝前はかなり広く開けているため滝までかなり近づくことができます。

丸神の滝/埼玉県秩父郡小鹿野町

丸神の滝は、3段(1段目12メートル、2段目14メートル、3段目50メートル)から成る段瀑で、総落差72メートルを誇る滝です。比較的観光客が少ないため、周囲には多くの自然が残されており、滝の美しさを引き立てています。
出典:

丸神の滝は、3段(1段目12メートル、2段目14メートル、3段目50メートル)から成る段瀑で、総落差72メートルを誇る滝です。比較的観光客が少ないため、周囲には多くの自然が残されており、滝の美しさを引き立てています。

払沢の滝/東京都西多摩郡檜原村

払沢の滝は、東京都西多摩郡をとうとうと流れる北秋川支流のセト沢にある4段から成る段瀑で、総落差は60メートルとなる滝です。
出典:

払沢の滝は、東京都西多摩郡をとうとうと流れる北秋川支流のセト沢にある4段から成る段瀑で、総落差は60メートルとなる滝です。

檜原村屈指の観光名所でもある払沢の滝は、冬になると凍結する氷瀑となります。近年では温暖化に伴い、全面凍結することは珍しくなっていますが、2006年1月8日に10年ぶりに全面凍結した壮麗な姿を見せてくれました。
出典:

檜原村屈指の観光名所でもある払沢の滝は、冬になると凍結する氷瀑となります。近年では温暖化に伴い、全面凍結することは珍しくなっていますが、2006年1月8日に10年ぶりに全面凍結した壮麗な姿を見せてくれました。

早戸大滝/神奈川県相模原市緑区

丹沢大山国定公園内の早戸川源流部にあたる大滝沢にかかる早戸大滝は、滝までのアプローチが難しいことで「幻の大滝」とも呼ばれている落差50メートルの滝です。
出典:

丹沢大山国定公園内の早戸川源流部にあたる大滝沢にかかる早戸大滝は、滝までのアプローチが難しいことで「幻の大滝」とも呼ばれている落差50メートルの滝です。

洒水の滝/神奈川県足柄上郡山北町

洒水の滝は、3つの滝(一の滝は落差69メートル、二の滝は落差16メートル、三の滝は落差29メートル)から成る段瀑で、古来から滝行などが行われていた場所でもあります。また、洒水の滝は、「日本の滝百選」に選定いるほか、「かながわの景勝50選」「神奈川未来遺産100」のひとつに数えられている神奈川県でも指折りの景勝地です。
出典:

洒水の滝は、3つの滝(一の滝は落差69メートル、二の滝は落差16メートル、三の滝は落差29メートル)から成る段瀑で、古来から滝行などが行われていた場所でもあります。また、洒水の滝は、「日本の滝百選」に選定いるほか、「かながわの景勝50選」「神奈川未来遺産100」のひとつに数えられている神奈川県でも指折りの景勝地です。

日本の滝百選って素敵だと思いませんか?

【日本の滝百選】川と渓谷が織りなす絶景《茨城、栃木、群馬、埼玉、東京、神奈川県》
出典:
茨城県、栃木県、群馬県には今回紹介した「日本の滝百選」以外にも、素晴らしい滝があたくさんあります。美しい名瀑に魅せられながら、日常生活を忘れてみるのもいいかもしれませんね。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play