一度は見ておきたい!日本の絶景スポット【東北地方編】

一度は見ておきたい!日本の絶景スポット【東北地方編】

みなさんは、「絶景」という言葉を聞くと、外国へ行かないと見ることができないようなイメージを抱いていないでしょうか。しかし、日本にも大自然や地理的条件の重なりによって生み出された「絶景」に称する美しい景色を眺めることができるスポットがたくさんあります。今回は日本全国に点在している絶景のうち、東北地方にある絶景スポットをご紹介します。2021年10月16日作成

カテゴリ:
旅行・お出かけ
キーワード
東北自然絶景リフレッシュ
お気に入り数371

奥入瀬渓流/青森県

奥入瀬渓流は、青森県十和田市の十和田湖から約14キロメートルに奥入瀬川にかかる渓流です。ここは国の特別名勝と天然記念物に指定されており、東北地方でも有数の景勝地です。
奥入瀬渓流周辺には、遊歩道が整備されているため、気軽に奥入瀬渓流へアクセスすることができます。
出典:

奥入瀬渓流は、青森県十和田市の十和田湖から約14キロメートルに奥入瀬川にかかる渓流です。ここは国の特別名勝と天然記念物に指定されており、東北地方でも有数の景勝地です。
奥入瀬渓流周辺には、遊歩道が整備されているため、気軽に奥入瀬渓流へアクセスすることができます。

銚子大滝/青森県

銚子大滝は、滝幅20メートル、落差7メートルの滝で、青森県十和田市の奥入瀬清流の中にある滝のひとつで最大規模を誇る滝です。圧倒的な水量を誇る滝が白いヴェールのように流れ落ちる様は圧巻で猛々しく、訪れる人々を拒むような雰囲気さえも醸し出しています。
出典:

銚子大滝は、滝幅20メートル、落差7メートルの滝で、青森県十和田市の奥入瀬清流の中にある滝のひとつで最大規模を誇る滝です。圧倒的な水量を誇る滝が白いヴェールのように流れ落ちる様は圧巻で猛々しく、訪れる人々を拒むような雰囲気さえも醸し出しています。

青池/青森県

青池は、世界遺産に登録されている白神山地にある湖沼群、十二湖のひとつに数えられる湖沼のひとつです。陽ざしを浴びて青く輝く水面は、どこまでも澄み渡っており、まるでこの池が神々の棲み処であるかのような神秘的な美しさです。青池は訪れる時間帯によって、水面の色を変えるので、リピーターの方にもおすすめの場所です。
出典:

青池は、世界遺産に登録されている白神山地にある湖沼群、十二湖のひとつに数えられる湖沼のひとつです。陽ざしを浴びて青く輝く水面は、どこまでも澄み渡っており、まるでこの池が神々の棲み処であるかのような神秘的な美しさです。青池は訪れる時間帯によって、水面の色を変えるので、リピーターの方にもおすすめの場所です。

蔦沼/青森県

青森県のほぼ中央部分に位置する蔦沼は、「蔦七沼」とよばれる7つの沼(蔦沼、鏡沼、月沼、長沼、菅沼、瓢箪沼、赤沼)のひとつです。鏡のように静かな水面が周囲の樹々を映し出す様は、幻想的で、特に秋の紅葉シーズンの美しさは傑出しています。
出典:

青森県のほぼ中央部分に位置する蔦沼は、「蔦七沼」とよばれる7つの沼(蔦沼、鏡沼、月沼、長沼、菅沼、瓢箪沼、赤沼)のひとつです。鏡のように静かな水面が周囲の樹々を映し出す様は、幻想的で、特に秋の紅葉シーズンの美しさは傑出しています。

十和田湖/青森県・秋田県

十和田湖は、青森県十和田市と秋田県鹿角郡小坂町にまたがるカルデラ湖です。東特地方でも指折りの景勝地として知られる十和田湖は、空、周囲の山々など全てを鏡のように映し出す静かな美しい湖面と、思わず深呼吸したくなるほど開放的な眺望から、訪れる人々を魅了してやみません。
出典:

十和田湖は、青森県十和田市と秋田県鹿角郡小坂町にまたがるカルデラ湖です。東特地方でも指折りの景勝地として知られる十和田湖は、空、周囲の山々など全てを鏡のように映し出す静かな美しい湖面と、思わず深呼吸したくなるほど開放的な眺望から、訪れる人々を魅了してやみません。

白神山地/青森県・秋田県

白神山地は、青森県から秋田県にまたがる山岳地帯の総称で、世界遺産に登録されています。鬱蒼と樹々が生い茂る白神山地では、手つかずの原生的なブナの天然林が広がっています。
出典:

白神山地は、青森県から秋田県にまたがる山岳地帯の総称で、世界遺産に登録されています。鬱蒼と樹々が生い茂る白神山地では、手つかずの原生的なブナの天然林が広がっています。

白神山地は、珍しい動植物の宝庫でもあります。ここには、キツツキの仲間で、絶滅が危惧されている天然記念物のクマゲラが生息しています。運が良ければクマゲラに逢えるかもしれませんね。
出典:

白神山地は、珍しい動植物の宝庫でもあります。ここには、キツツキの仲間で、絶滅が危惧されている天然記念物のクマゲラが生息しています。運が良ければクマゲラに逢えるかもしれませんね。

田沢湖/秋田県

田沢湖は、「日本一深い湖」と言われており、秋田県を代表する景勝地のひとつです。瑠璃色に輝く水面と背後にそびえる雄大な山々が融和した見事な景色から田沢湖は「日本百景」にも選ばれています。
出典:

田沢湖は、「日本一深い湖」と言われており、秋田県を代表する景勝地のひとつです。瑠璃色に輝く水面と背後にそびえる雄大な山々が融和した見事な景色から田沢湖は「日本百景」にも選ばれています。

抱返り渓谷/秋田県

抱返り渓谷は、秋田県をとうとうと流れる雄物川の支流に当たる玉川にかかる渓谷で全長10キロメートルにおよびます。コバルトブルーに輝く青い渓流と周囲の巨大な奇岩が織りなす景色はまさに絶景そのものです。
出典:

抱返り渓谷は、秋田県をとうとうと流れる雄物川の支流に当たる玉川にかかる渓谷で全長10キロメートルにおよびます。コバルトブルーに輝く青い渓流と周囲の巨大な奇岩が織りなす景色はまさに絶景そのものです。

龍泉洞/岩手県

龍泉洞は、山口県の秋芳洞、高知県の龍河洞と共に「日本三大鍾乳洞」のひとつに数えられており国の天然記念物にも指定されています。全長は約2.5キロメートルから5キロメートルの規模を誇ります。ひんやりと心地よい空気に包まれた洞内はLEDでライトアップされており、光を浴びて輝く洞窟の美しさは格別です。
出典:

龍泉洞は、山口県の秋芳洞、高知県の龍河洞と共に「日本三大鍾乳洞」のひとつに数えられており国の天然記念物にも指定されています。全長は約2.5キロメートルから5キロメートルの規模を誇ります。ひんやりと心地よい空気に包まれた洞内はLEDでライトアップされており、光を浴びて輝く洞窟の美しさは格別です。

浄土ヶ浜/岩手県

浄土ヶ浜は、岩手県宮古市に位置する海岸で、三陸地方を代表する景勝地です。浜辺からすぐ近くの海の中に切り立った白い流紋岩が林立している独特の風貌から、浄土ヶ浜は国の名勝にも指定されています。
出典:

浄土ヶ浜は、岩手県宮古市に位置する海岸で、三陸地方を代表する景勝地です。浜辺からすぐ近くの海の中に切り立った白い流紋岩が林立している独特の風貌から、浄土ヶ浜は国の名勝にも指定されています。

浄土ヶ浜は、日中も素晴らしい表情を見せてくれますが、星空が美しいことでも有名です。夜になると浄土ヶ浜の上空は満点の星々が煌めき、まるで藍色のベッドに宝石を散りばめたかのような美しい夜空を観察することができます。
出典:

浄土ヶ浜は、日中も素晴らしい表情を見せてくれますが、星空が美しいことでも有名です。夜になると浄土ヶ浜の上空は満点の星々が煌めき、まるで藍色のベッドに宝石を散りばめたかのような美しい夜空を観察することができます。

厳美渓/岩手県

厳美渓は、岩手県を流れる磐井川中流にかかる全長約2キロメートルの渓谷です。磐井川の両岸には、ゴツゴツとした巨大な奇岩や怪岩が次々に姿を見せ、その独特の風貌から厳美渓は、国の名勝、天然記念物に指定されています。
出典:

厳美渓は、岩手県を流れる磐井川中流にかかる全長約2キロメートルの渓谷です。磐井川の両岸には、ゴツゴツとした巨大な奇岩や怪岩が次々に姿を見せ、その独特の風貌から厳美渓は、国の名勝、天然記念物に指定されています。

八幡平ドラゴンアイ/岩手県

八幡平ドラゴンアイは、5月の下旬から6月の上旬にかけての限られた時期にだけ、八幡平山頂上付近に現れる神秘的な絶景です。コバルトブルーの澄んだ水面と真っ白な雪のコントラストが美しい「八幡平ドラゴンアイ」とは、八幡平山の鏡沼に降り積もった雪が解け、水と雪の面積が絶妙のバランスとなったときに現れる奇跡の自然現象です。その年の積雪量、雪解け状況、天気や気候などで時期も見え方も異なってくるので、まだに奇跡の絶景ともいえる場所です。
出典:

八幡平ドラゴンアイは、5月の下旬から6月の上旬にかけての限られた時期にだけ、八幡平山頂上付近に現れる神秘的な絶景です。コバルトブルーの澄んだ水面と真っ白な雪のコントラストが美しい「八幡平ドラゴンアイ」とは、八幡平山の鏡沼に降り積もった雪が解け、水と雪の面積が絶妙のバランスとなったときに現れる奇跡の自然現象です。その年の積雪量、雪解け状況、天気や気候などで時期も見え方も異なってくるので、まだに奇跡の絶景ともいえる場所です。

御釜/宮城県

御釜は、蔵王連峰の山頂付近にある火口湖で、エメラルドグリーンの水面が神秘的な湖です。湖の形が丸くお米を炊く釜に似ていることから「御釜」と名付けられたと伝えられています。御釜の色は、季節、気候条件によってはエメラルドグリーンに見えたり、青色に見えたりするため、どの時季に訪れても飽きること無く訪れる人々を魅了しています。また、御釜の周囲にはバリアフリーの遊歩道が整備されており、展望台からは御釜を見下ろすこともできます。
出典:

御釜は、蔵王連峰の山頂付近にある火口湖で、エメラルドグリーンの水面が神秘的な湖です。湖の形が丸くお米を炊く釜に似ていることから「御釜」と名付けられたと伝えられています。御釜の色は、季節、気候条件によってはエメラルドグリーンに見えたり、青色に見えたりするため、どの時季に訪れても飽きること無く訪れる人々を魅了しています。また、御釜の周囲にはバリアフリーの遊歩道が整備されており、展望台からは御釜を見下ろすこともできます。

秋保大滝/宮城県

秋保大滝は、蔵王国定公園・宮城県立自然公園二口峡谷を流れる名取川上流にかかる落差55メートル、滝幅6メートルの滝です。圧倒的な水量を誇る秋保大滝は周囲の豊かな自然と調和しており、ここは国の名勝に指定されているほか、日本の滝百選の一つにも数えられています。
出典:

秋保大滝は、蔵王国定公園・宮城県立自然公園二口峡谷を流れる名取川上流にかかる落差55メートル、滝幅6メートルの滝です。圧倒的な水量を誇る秋保大滝は周囲の豊かな自然と調和しており、ここは国の名勝に指定されているほか、日本の滝百選の一つにも数えられています。

松島湾/宮城県

松島湾は、日本三景のひとつに数えられる、東北地方随一の景勝地です。大小あわせて260もの島々から成る松島は、平安時代のいにしえから、その美しさで人々を魅了し続けています。江戸時代に活躍した俳人、松尾芭蕉をはじめとする数々の著名人が詩や絵画などで松島湾の美しさを綴っています。
出典:

松島湾は、日本三景のひとつに数えられる、東北地方随一の景勝地です。大小あわせて260もの島々から成る松島は、平安時代のいにしえから、その美しさで人々を魅了し続けています。江戸時代に活躍した俳人、松尾芭蕉をはじめとする数々の著名人が詩や絵画などで松島湾の美しさを綴っています。

蔵王の樹氷/山形県

冬の東北地方における絶景といえば、蔵王連峰の樹氷を想い描く方も多いのではないでしょうか。山形県の蔵王連峰は豪雪地帯で、毎年1月から2月頃になると、無数の樹氷で山の傾斜地が埋め尽くされます。特に、大きな樹氷は独特の形が怪物のようにみえることから「スノーモンスター」とも呼ばれて親しまれています。
出典:

冬の東北地方における絶景といえば、蔵王連峰の樹氷を想い描く方も多いのではないでしょうか。山形県の蔵王連峰は豪雪地帯で、毎年1月から2月頃になると、無数の樹氷で山の傾斜地が埋め尽くされます。特に、大きな樹氷は独特の形が怪物のようにみえることから「スノーモンスター」とも呼ばれて親しまれています。

五色沼湖沼群/福島県

五色沼湖沼群とは、日本百名山のひとつに数えられており福島県にそびえる標高1816メートルの磐梯山の北側、磐梯高原にある大小30余りの湖沼群の総称です。五色沼湖沼群には、緑・赤・青など様々な色の沼が点在しており、周囲一帯は、磐梯朝日国立公園に指定されています。
出典:

五色沼湖沼群とは、日本百名山のひとつに数えられており福島県にそびえる標高1816メートルの磐梯山の北側、磐梯高原にある大小30余りの湖沼群の総称です。五色沼湖沼群には、緑・赤・青など様々な色の沼が点在しており、周囲一帯は、磐梯朝日国立公園に指定されています。

絶景に魅せられてみませんか?

一度は見ておきたい!日本の絶景スポット【東北地方編】
出典:
東北地方には今回紹介した絶景スポット以外にも素晴らしい景勝地がたくさんあります。絶景に魅せられて、美しい景色で心身ともにリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play