1. トップ
  2. 旅行・お出かけ
  3. 食べる・飲む
  4. カフェ
  5. レトロ喫茶
  6. 至福の"ホットサンド"を。 居心地のいいレトロ喫茶 ~都内5選~
至福の"ホットサンド"を。 居心地のいいレトロ喫茶 ~都内5選~

至福の"ホットサンド"を。 居心地のいいレトロ喫茶 ~都内5選~

古き良き雰囲気をまとった"レトロ喫茶"。重みを感じさせる外観と、薄暗い店内を見ると、「入りづらい…」「くつろげるのだろうか」と思い、お店の前で立ち止まってしまうこともあるかもしれません。でも、それもはじめのうちだけ。昔からその場所にあったお店の、あたたかみのある空間は、たちまち居心地の良い場所になるでしょう。そんなぬくもりのあるレトロ喫茶で、ホットサンドを食べてみるのはいかがでしょうか?今回は都内でおすすめのホットサンドを楽しめる名店をご紹介します。2020年11月06日作成

カテゴリ:
旅行・お出かけ
キーワード
食べる・飲むカフェレトロ喫茶喫茶店ホットサンド
お気に入り数417
至福の"ホットサンド"を。 居心地のいいレトロ喫茶 ~都内5選~
出典:unsplash.com
レトロ喫茶の、重厚感のある空間や、凛とした佇まい。はじめて見るときには、思わず"近寄りがたさ"を感じてしまう人もいるのではないでしょうか。でも、お店に入ってしばらく経つと、不思議なことに「まだ、ここにいたい」場所になっている。それは、"昔からその場所にあるお店"ならではの"どっしりとした安心感"のおかげなのかもしれません。
至福の"ホットサンド"を。 居心地のいいレトロ喫茶 ~都内5選~
出典:
そんな、どことなく懐かしい、ぬくもりのあるレトロ喫茶で"あたたかいサンドウィッチ"はいかがでしょうか。日に日に肌寒くなるこの時期には、ぴったりの一品。今回は、都内でホットサンドを食べられるレトロな喫茶店をご紹介します。

【渋谷】 茶亭 羽當

渋谷駅から徒歩2分。「茶亭 羽當」は、1987年からゆっくり時間が流れはじめ、今や国内外問わず愛され続けているお店です。大きな木の立て看板が目印。
出典:

渋谷駅から徒歩2分。「茶亭 羽當」は、1987年からゆっくり時間が流れはじめ、今や国内外問わず愛され続けているお店です。大きな木の立て看板が目印。

棚に並べられたさまざまな柄のカップ。個性豊かなカップを眺めているだけで心がときめき、時間を忘れてしまうほど。こちらのお店ではお客さんに合わせてカップを選んでいるのだそう。新しい食器との出会いを楽しみに、お店に訪れる人も多いのではないでしょうか。
出典:

棚に並べられたさまざまな柄のカップ。個性豊かなカップを眺めているだけで心がときめき、時間を忘れてしまうほど。こちらのお店ではお客さんに合わせてカップを選んでいるのだそう。新しい食器との出会いを楽しみに、お店に訪れる人も多いのではないでしょうか。

2種類のチーズと、マッシュルームとハムを、厚めのトーストではさんだ「クロックムッシュ」。コクのあるチーズが溶け出す、ボリュームのある一品です。ミニサラダがついてくるのも嬉しいポイント。
出典:

2種類のチーズと、マッシュルームとハムを、厚めのトーストではさんだ「クロックムッシュ」。コクのあるチーズが溶け出す、ボリュームのある一品です。ミニサラダがついてくるのも嬉しいポイント。

100種類以上もあるというカップやソーサー。花や木の実など、さまざまな模様が描かれていて、どれがテーブルにきたとしてもかわいらしさに心躍ります。
出典:

100種類以上もあるというカップやソーサー。花や木の実など、さまざまな模様が描かれていて、どれがテーブルにきたとしてもかわいらしさに心躍ります。

コーヒーはもちろん、紅茶やジュースも注文することができますよ。紅茶はポットでの提供です。ポットの下には固形燃料が置かれているため、長時間経っても冷めることなく紅茶をいただけます。
出典:

コーヒーはもちろん、紅茶やジュースも注文することができますよ。紅茶はポットでの提供です。ポットの下には固形燃料が置かれているため、長時間経っても冷めることなく紅茶をいただけます。

茶亭 羽當
渋谷 / コーヒー専門店
住所
渋谷区渋谷1-15-19 二葉ビル 2F
営業時間
11:00~23:30(L.O.22:30)
定休日
無休(年末年始は要確認)
平均予算
¥1,000~¥1,999 /¥1,000~¥1,999
データ提供:

【日比谷】珈琲館 紅鹿舎

「珈琲館 紅鹿舎」は、日比谷駅から徒歩2分、JR有楽町駅より徒歩4分と、アクセスしやすい場所にあるお店です。創業したのは、なんと1957年。「ピザトースト発祥のお店」としても名が知れ渡る、歴史ある老舗喫茶です。
出典:

「珈琲館 紅鹿舎」は、日比谷駅から徒歩2分、JR有楽町駅より徒歩4分と、アクセスしやすい場所にあるお店です。創業したのは、なんと1957年。「ピザトースト発祥のお店」としても名が知れ渡る、歴史ある老舗喫茶です。

レンガの壁や、立派な木をそのまま使った柱があたたかみのある空間を演出しています。そこかしこに置かれている、使い込まれたコーヒー器具や、目を引く美術品も必見です。
出典:

レンガの壁や、立派な木をそのまま使った柱があたたかみのある空間を演出しています。そこかしこに置かれている、使い込まれたコーヒー器具や、目を引く美術品も必見です。

こちらは、コンビーフチーズサンド。使われているチーズはオランダ産のゴーダチーズ、そして食パンは、なんと特注品だそう。お店のこだわりを感じますね。パンはサクサク、ほんのり香るバターは濃厚な味。
出典:

こちらは、コンビーフチーズサンド。使われているチーズはオランダ産のゴーダチーズ、そして食パンは、なんと特注品だそう。お店のこだわりを感じますね。パンはサクサク、ほんのり香るバターは濃厚な味。

テーブルにてサイフォンで注がれるコーヒー。ブレンドコーヒーは、深いコクと強い苦みの中にも酸味と甘みをほどよく感じられる、バランスのとれた一杯です。
出典:

テーブルにてサイフォンで注がれるコーヒー。ブレンドコーヒーは、深いコクと強い苦みの中にも酸味と甘みをほどよく感じられる、バランスのとれた一杯です。

一番人気はもちろん「ピザトースト」ですが、そのほかのメニューも種類が豊富で、魅力的なものばかり。コーヒーをはじめ、ヨーグルトドリンクや、ホットチョコレート、レモンスカッシュなど、バラエティーに富んだドリンクメニュー。そして、ビーフシチューやパスタ、パンケーキやパフェなど、フードメニューも非常に充実していて、「次はこれを食べにこよう」と、ついつい通いつめてしまいそうです。
出典:

一番人気はもちろん「ピザトースト」ですが、そのほかのメニューも種類が豊富で、魅力的なものばかり。コーヒーをはじめ、ヨーグルトドリンクや、ホットチョコレート、レモンスカッシュなど、バラエティーに富んだドリンクメニュー。そして、ビーフシチューやパスタ、パンケーキやパフェなど、フードメニューも非常に充実していて、「次はこれを食べにこよう」と、ついつい通いつめてしまいそうです。

珈琲館 紅鹿舎
日比谷 / 喫茶店
住所
千代田区有楽町1-6-8 松井ビル 1F
営業時間
[月~金]
9:30~23:45(L.O.食事23:00、ドリンク23:30)
[土・日・祝]
9:00~23:45(L.O.食事23:00、ドリンク23:30)
定休日
無休
平均予算
¥1,000~¥1,999 /¥1,000~¥1,999
データ提供:

【浅草】ローヤル珈琲店 本店

浅草駅から徒歩約4分。「ローヤル珈琲店」は、1962年創業の長い歴史を持つお店です。レトロなお店が多いことで有名な浅草の中でも、老舗の部類に入るのではないでしょうか。深い茶色の、重厚感のあるドアはすこし色あせた部分もあり、長い年月人々を受け入れてきたことを物語っています。
出典:

浅草駅から徒歩約4分。「ローヤル珈琲店」は、1962年創業の長い歴史を持つお店です。レトロなお店が多いことで有名な浅草の中でも、老舗の部類に入るのではないでしょうか。深い茶色の、重厚感のあるドアはすこし色あせた部分もあり、長い年月人々を受け入れてきたことを物語っています。

赤を基調とした店内にビロード調の椅子やソファーが並んでいて、なんともクラシカルで豪華な雰囲気。年季を感じさせる調度品には目を奪われます。
出典:

赤を基調とした店内にビロード調の椅子やソファーが並んでいて、なんともクラシカルで豪華な雰囲気。年季を感じさせる調度品には目を奪われます。

こちらは人気ホットサンドメニューの1つ、「コンビーフチーズ」です。コンビーフはほんのり塩味、チーズはびよーんと伸びるほどの濃厚さ。その中でも、アスパラのシャキッとした食感はしっかりと生きています。使われているのはイギリスパンなので、耳までサクッとしていて、最後まで飽きがきません。
出典:

こちらは人気ホットサンドメニューの1つ、「コンビーフチーズ」です。コンビーフはほんのり塩味、チーズはびよーんと伸びるほどの濃厚さ。その中でも、アスパラのシャキッとした食感はしっかりと生きています。使われているのはイギリスパンなので、耳までサクッとしていて、最後まで飽きがきません。

店内唯一の甘いホットサンド、「あずきバター」には、餡がたっぷり入っています。塩バターの風味と、あずきの自然な甘さが口の中でふわっと広がる贅沢な一品。
出典:

店内唯一の甘いホットサンド、「あずきバター」には、餡がたっぷり入っています。塩バターの風味と、あずきの自然な甘さが口の中でふわっと広がる贅沢な一品。

照明ひとつにしても、レトロ感に満ちあふれていて、別の時代にタイムスリップしてしまったかのような内観です。
出典:

照明ひとつにしても、レトロ感に満ちあふれていて、別の時代にタイムスリップしてしまったかのような内観です。

ローヤル珈琲店 本店
浅草(つくばEXP) / 喫茶店
住所
台東区浅草1-39-7
営業時間
8:00~20:00
定休日
無休
平均予算
¥1,000~¥1,999 /~¥999
データ提供:

【代々木】珈琲専門店 TOM

代々木駅から徒歩2分の場所にある「珈琲専門店 TOM」。どこか懐かしく、思わず入ってしまいたくなるような外観です。創業は1971年。長い年月を経たお店ならではの、趣ある佇まいです。
出典:

代々木駅から徒歩2分の場所にある「珈琲専門店 TOM」。どこか懐かしく、思わず入ってしまいたくなるような外観です。創業は1971年。長い年月を経たお店ならではの、趣ある佇まいです。

赤褐色の壁や、やや光沢のある家具は味があり、昭和レトロな雰囲気を作り出しています。そして、このお店にはBGMが流れていないので、静けさの中でじっくりコーヒーを堪能することができますよ。
出典:

赤褐色の壁や、やや光沢のある家具は味があり、昭和レトロな雰囲気を作り出しています。そして、このお店にはBGMが流れていないので、静けさの中でじっくりコーヒーを堪能することができますよ。

ホットサンドは、パンが薄く食べやすい大きさです。中身は、ハム、卵、チーズ、トマトなど。そしてパンの内側にうすく塗られたカラシが、パンチの効いた味作りに一役買ってくれています。添えられているフルーツポンチは、食後のデザートにぴったり。一皿で満足できる一品です。
出典:

ホットサンドは、パンが薄く食べやすい大きさです。中身は、ハム、卵、チーズ、トマトなど。そしてパンの内側にうすく塗られたカラシが、パンチの効いた味作りに一役買ってくれています。添えられているフルーツポンチは、食後のデザートにぴったり。一皿で満足できる一品です。

こちらのお店の名物「ジジロア」。カフェオレ味の、優しい味わいです。もちろんメニューには「ババロア」も載っていますよ。ただし"ジジロアの日"には、ババロアは注文できず、逆もまた然りです。日替わりで片方だけ置くようにしているそう。「今日はどっちの日だろう」と楽しみにしながら、お店に行くのもいいですね。
出典:

こちらのお店の名物「ジジロア」。カフェオレ味の、優しい味わいです。もちろんメニューには「ババロア」も載っていますよ。ただし"ジジロアの日"には、ババロアは注文できず、逆もまた然りです。日替わりで片方だけ置くようにしているそう。「今日はどっちの日だろう」と楽しみにしながら、お店に行くのもいいですね。

珈琲専門店 TOM
代々木 / 喫茶店
住所
渋谷区代々木1-37-3 岩崎ビル 1F
営業時間
[月~金]
9:00~22:00
[土]
12:00~19:30

定休日
日曜日
平均予算
~¥999 /~¥999
データ提供:

【吉祥寺】茶房 武蔵野文庫

吉祥寺駅から、5分ほど歩いた場所にある「茶房 武蔵野文庫」は、"秘伝のカレーが絶品"との定評があるお店です。創業は1985年。かつて、早稲田大学の近くにあった喫茶店「茶房 早稲田文庫」から引き継がれ、今の店名になったそう。大学の表札を彷彿とさせるような、立派な木の看板が目印です。
出典:

吉祥寺駅から、5分ほど歩いた場所にある「茶房 武蔵野文庫」は、"秘伝のカレーが絶品"との定評があるお店です。創業は1985年。かつて、早稲田大学の近くにあった喫茶店「茶房 早稲田文庫」から引き継がれ、今の店名になったそう。大学の表札を彷彿とさせるような、立派な木の看板が目印です。

黒とこげ茶色を基調とした、落ち着いた雰囲気の店内です。照明は少し暗めですが、大きな窓から差し込む日差しが、室内を心地よく照らしてくれています。本がびっしりと詰まった本棚が並んでいて、まさに「武蔵野文庫」という名がぴったり。香り高いコーヒーを片手に、お気に入りの本を読んでみるのもいいですね。
出典:

黒とこげ茶色を基調とした、落ち着いた雰囲気の店内です。照明は少し暗めですが、大きな窓から差し込む日差しが、室内を心地よく照らしてくれています。本がびっしりと詰まった本棚が並んでいて、まさに「武蔵野文庫」という名がぴったり。香り高いコーヒーを片手に、お気に入りの本を読んでみるのもいいですね。

こちらのホットサンドは、モーニングのみの提供、数量限定となっています。カリッと焼いた分厚いトーストに、タマゴとカレー味のツナがはさまれていてボリューム満点の一品。ミニポテトサラダもついてくる、バランスのとれたモーニングセットです。あたたかいトーストに加えて、お店の看板メニューの"カレー"の味も楽しめるなんて、お得ですね。
出典:

こちらのホットサンドは、モーニングのみの提供、数量限定となっています。カリッと焼いた分厚いトーストに、タマゴとカレー味のツナがはさまれていてボリューム満点の一品。ミニポテトサラダもついてくる、バランスのとれたモーニングセットです。あたたかいトーストに加えて、お店の看板メニューの"カレー"の味も楽しめるなんて、お得ですね。

10月中旬から2月の期間限定で、その姿をあらわす「焼きりんご」も、お店名物の1つです。りんごは、「紅玉」という品種が丸ごと1個使われています。芯を抜いたりんごと、レーズン、ラム酒、シナモンが一緒に焼きあげられている、手の込んだ一品。上に惜しげもなくのっている、"砂糖不使用の生クリーム"とシロップは甘すぎず、りんご本来の自然な甘みと酸味をしっかり残してくれています。
出典:

10月中旬から2月の期間限定で、その姿をあらわす「焼きりんご」も、お店名物の1つです。りんごは、「紅玉」という品種が丸ごと1個使われています。芯を抜いたりんごと、レーズン、ラム酒、シナモンが一緒に焼きあげられている、手の込んだ一品。上に惜しげもなくのっている、"砂糖不使用の生クリーム"とシロップは甘すぎず、りんご本来の自然な甘みと酸味をしっかり残してくれています。

お店の入口付近に並んでいるのは、"小石原焼"という、福岡県で作られている陶器です。お店で提供されるコーヒーも、こちらの小石原焼に注がれています。もしもお気に入りの食器を見つけたら、お店に訪れた記念としてお土産にいかがでしょうか。
出典:

お店の入口付近に並んでいるのは、"小石原焼"という、福岡県で作られている陶器です。お店で提供されるコーヒーも、こちらの小石原焼に注がれています。もしもお気に入りの食器を見つけたら、お店に訪れた記念としてお土産にいかがでしょうか。

茶房 武蔵野文庫
吉祥寺 / 喫茶店
住所
武蔵野市吉祥寺本町2-13-4
営業時間
10:00~21:00 (20:30 ラストオーダー)
定休日
月曜日・火曜日
平均予算
¥1,000~¥1,999 /¥1,000~¥1,999
データ提供:

過去の時代に、思いをはせて

レトロ喫茶に並べられた、使い込まれたテーブルや椅子、色あせた壁やドア、年季の入った置物を見ると、「自分の知らない時代があったのだな」としみじみと思います。そのお店でどんな人が、なにを食べ、どんなことを考えてひとときを過ごしていたのか、思いをはせてみるのもいいかもしれません。肌寒さが日に日に増しているこのところ。懐の深い老舗喫茶のぬくもりと、あたたかいサンドウィッチが、凍えたからだを優しく温めてくれるでしょう。今回ご紹介した内容が、お店選びのお役に立てますよう願っています。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play