初心者さん必見!キャンプを始めるために必要な”もの”と”コツ”を知ろう!

初心者さん必見!キャンプを始めるために必要な”もの”と”コツ”を知ろう!

キャンプブームの今、キャンプを始めてみたいけど、なかなか実行にうつせていない…。そんな人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、キャンプを楽しむために必要なアイテムやコツ、ポイントなどをご紹介したいと思います。自然の中でゆっくり&のんびり過ごす時間は、また頑張るためのご褒美の時間。みなさんも、思い切ってキャンプを始めてみませんか♪2019年06月05日作成

カテゴリ:
旅行・お出かけ
キーワード:
体験する
キャンプ
アウトドア
アウトドア用品
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
374

自然の中で楽しむひととき…。キャンプデビューしてみませんか?

キャンプ、BBQブームの今、キャンプを始めてみたいけど、なかなか実行にうつせていない…。そんな人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、キャンプを楽しむために必要なアイテムやコツ、ポイントなどをご紹介したいと思います。
出典:unsplash.com

キャンプ、BBQブームの今、キャンプを始めてみたいけど、なかなか実行にうつせていない…。そんな人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、キャンプを楽しむために必要なアイテムやコツ、ポイントなどをご紹介したいと思います。

家族と、恋人と、友達と…自然の中でゆっくりのんびり過ごすひとときは、リフレッシュにもなり、至福の時間。キャンプシーズン到来!キャンプを始めるのに、ぴったりな季節です。みなさんも、思い切ってキャンプに出掛けてみませんか♪
出典:www.pexels.com

家族と、恋人と、友達と…自然の中でゆっくりのんびり過ごすひとときは、リフレッシュにもなり、至福の時間。キャンプシーズン到来!キャンプを始めるのに、ぴったりな季節です。みなさんも、思い切ってキャンプに出掛けてみませんか♪

キャンプ・バーベキューに必要な道具とは?

キャンプをしてみたいけれど、キャンプ道具を一式揃えるには出費もかさむし、一体どんな商品を選んだら良いかも分からないし…。そんなふうに思って、中々、一歩を踏み出せない人も多いのではないでしょうか。
でも、大丈夫!無理して、最初から全てを購入し揃える必要はありません。足りないものはレンタルを利用すればいいですし、キャンプの魅力を知った後に、少しづつ揃えて行きましょう!今回は、キャンプを始めるにあたり、何を買って、何をレンタルしたら良いのか、そんな疑問を解決するべく、まずは必要な道具たちをご紹介したいと思います。
出典:

キャンプをしてみたいけれど、キャンプ道具を一式揃えるには出費もかさむし、一体どんな商品を選んだら良いかも分からないし…。そんなふうに思って、中々、一歩を踏み出せない人も多いのではないでしょうか。
でも、大丈夫!無理して、最初から全てを購入し揃える必要はありません。足りないものはレンタルを利用すればいいですし、キャンプの魅力を知った後に、少しづつ揃えて行きましょう!今回は、キャンプを始めるにあたり、何を買って、何をレンタルしたら良いのか、そんな疑問を解決するべく、まずは必要な道具たちをご紹介したいと思います。

テント・タープテント

キャンプといえば、まずテントが頭に浮かぶ…という人も多いのでは?テントは宿泊する時や着替えの時に必要なものののひとつ。また、野外で料理をする時などには、紫外線を防ぐためにもタープテントがあるとより安心です。また、テントはキャンプの宿泊以外でも、夏はプールや海水浴、運動会、ピクニックなど、様々なシーンで活躍するので、持っていて損はありません。
出典:www.pexels.com

キャンプといえば、まずテントが頭に浮かぶ…という人も多いのでは?テントは宿泊する時や着替えの時に必要なものののひとつ。また、野外で料理をする時などには、紫外線を防ぐためにもタープテントがあるとより安心です。また、テントはキャンプの宿泊以外でも、夏はプールや海水浴、運動会、ピクニックなど、様々なシーンで活躍するので、持っていて損はありません。

ここで気を付けたいのは、テントの保管場所。テントは、想像以上に大きいので、意外と保管場所を取ります。しかも、良いものを買うとなると値段も結構高額。あせらず、まずはレンタルしてみて、いつか購入するための参考にしてみるのも良いかもしれませんね!
また、初心者の場合は、テントもタープテントも、組み立てるのに一苦労…なんてことも。テント設営ばかりに時間がかかってしまうと、キャンプの楽しさも半減してしまいます。ワンタッチ式のテントなど簡単に組み立てられるものを選んでみてはいかがでしょう。
出典:www.pexels.com

ここで気を付けたいのは、テントの保管場所。テントは、想像以上に大きいので、意外と保管場所を取ります。しかも、良いものを買うとなると値段も結構高額。あせらず、まずはレンタルしてみて、いつか購入するための参考にしてみるのも良いかもしれませんね!
また、初心者の場合は、テントもタープテントも、組み立てるのに一苦労…なんてことも。テント設営ばかりに時間がかかってしまうと、キャンプの楽しさも半減してしまいます。ワンタッチ式のテントなど簡単に組み立てられるものを選んでみてはいかがでしょう。

バーベキューコンロ・カセットコンロ

キャンプの食事といえば、やっぱりバーベキュー。そこで必要なのがバーベキューコンロです。最近では、バーベキュー道具を持参しなくても、一式レンタル出来る施設なども増えて来ました。初心者さんは、まずは、レンタルから始めてもいいのではないでしょうか!
そして、バーベキューに慣れて来た所で、バーベキューコンロを購入しましょう。キャンプ当日は、バーベキューコンロの他に、カセットコンロを併用して持って行くことをおすすめします。バーベキューコンロで、お肉や野菜を焼いている隣で、カセットコンロでスープやお味噌汁などのサイドメニューを作ることが出来るので、とっても便利です。その他にも、キャンプの定番、カレーを作る時やキャンプでの朝食作りにもカセットコンロは大活躍です!
出典:unsplash.com

キャンプの食事といえば、やっぱりバーベキュー。そこで必要なのがバーベキューコンロです。最近では、バーベキュー道具を持参しなくても、一式レンタル出来る施設なども増えて来ました。初心者さんは、まずは、レンタルから始めてもいいのではないでしょうか!
そして、バーベキューに慣れて来た所で、バーベキューコンロを購入しましょう。キャンプ当日は、バーベキューコンロの他に、カセットコンロを併用して持って行くことをおすすめします。バーベキューコンロで、お肉や野菜を焼いている隣で、カセットコンロでスープやお味噌汁などのサイドメニューを作ることが出来るので、とっても便利です。その他にも、キャンプの定番、カレーを作る時やキャンプでの朝食作りにもカセットコンロは大活躍です!

カセットコンロは、普段、おうちで使っている家庭用のカセットコンロで代用してOK!いずれは、使い勝手の良いツーバーナーのカセットコンロなどを購入してみてはいかがでしょうか。ちなみに、家庭用コンロを屋外で使用する際は、風ですぐ火が消えてしまったり、火力が弱いなどの気になる点もありますが、アルミ製の天ぷらガードなどで風よけすれば、簡単な料理や温かい飲み物を作る程度なら、まったく問題ありません。
出典:unsplash.com

カセットコンロは、普段、おうちで使っている家庭用のカセットコンロで代用してOK!いずれは、使い勝手の良いツーバーナーのカセットコンロなどを購入してみてはいかがでしょうか。ちなみに、家庭用コンロを屋外で使用する際は、風ですぐ火が消えてしまったり、火力が弱いなどの気になる点もありますが、アルミ製の天ぷらガードなどで風よけすれば、簡単な料理や温かい飲み物を作る程度なら、まったく問題ありません。

食器・カトラリー類

外でのお食事タイムに必要なのが食器やカトラリー類。こちらは、テントなどの大物に比べてもリーズナブルなので購入してみてもいいかもしれません。バーベキュー用の食器セットを購入するという手もありますが、必ずしも専用のセットでなくても、マグカップや浅い皿、深皿、フォーク&スプーンなどを用意出来れば十分。
キャンプ用の食器には、ホーロー素材のしっかりしたものからプラスチック製など色々なものがあります。中でも、折り畳み可能なシリコンタイプのものは、荷物をコンパクトにまとめられるのでとっても便利です。
出典:

外でのお食事タイムに必要なのが食器やカトラリー類。こちらは、テントなどの大物に比べてもリーズナブルなので購入してみてもいいかもしれません。バーベキュー用の食器セットを購入するという手もありますが、必ずしも専用のセットでなくても、マグカップや浅い皿、深皿、フォーク&スプーンなどを用意出来れば十分。
キャンプ用の食器には、ホーロー素材のしっかりしたものからプラスチック製など色々なものがあります。中でも、折り畳み可能なシリコンタイプのものは、荷物をコンパクトにまとめられるのでとっても便利です。

最初だし、使い捨て出来るから、紙コップや紙皿でいいや…と、思う人も多いと思いますが、あまりお勧めできません。紙製のものは軽いので外での食事中、風に飛ばされてしまったり、使い終わった後にゴミになってしまい、帰りの荷物が増えることに…。キャンプ場によってはゴミの持ち帰りが義務付けられている所もあるので、なるべくゴミを出さないように、紙製以外の物を用意しましょう。最近では、100円ショップなどでもお洒落で可愛いキャンプ用の食器が沢山ありますので、利用してみてはいかがでしょうか!
出典:

最初だし、使い捨て出来るから、紙コップや紙皿でいいや…と、思う人も多いと思いますが、あまりお勧めできません。紙製のものは軽いので外での食事中、風に飛ばされてしまったり、使い終わった後にゴミになってしまい、帰りの荷物が増えることに…。キャンプ場によってはゴミの持ち帰りが義務付けられている所もあるので、なるべくゴミを出さないように、紙製以外の物を用意しましょう。最近では、100円ショップなどでもお洒落で可愛いキャンプ用の食器が沢山ありますので、利用してみてはいかがでしょうか!

テーブル・椅子

アウトドアグッズを購入する時の重要ポイントは、コンパクトになること。付属のバッグに収納して持ち歩ける、折りたたみテーブルなどを用意すると、車の中でもかさばらず、持ち運びにも便利です。
こちらのロースタイルのテーブルは、お部屋のインテリアのような佇まいですが、実は、折りたたむとトートバッグにすっぽり入るので、持ち歩きも楽ちん♪キャンプは勿論、プールや海、家族でのピクニックや運動会など、様々なアウトドアシーンで活躍してくれそうです。
出典:

アウトドアグッズを購入する時の重要ポイントは、コンパクトになること。付属のバッグに収納して持ち歩ける、折りたたみテーブルなどを用意すると、車の中でもかさばらず、持ち運びにも便利です。
こちらのロースタイルのテーブルは、お部屋のインテリアのような佇まいですが、実は、折りたたむとトートバッグにすっぽり入るので、持ち歩きも楽ちん♪キャンプは勿論、プールや海、家族でのピクニックや運動会など、様々なアウトドアシーンで活躍してくれそうです。

最近は、アウトドア用のとてもお洒落なテーブルやチェアが販売されています。コンパクトに持ち運べるかというポイントは勿論大切ですが、アウトドアシーンだけでなく、おうちのインテリアとして使えるものを選ぶと、おうちでの収納場所にも困らず、一石二鳥で楽しめます。
出典:

最近は、アウトドア用のとてもお洒落なテーブルやチェアが販売されています。コンパクトに持ち運べるかというポイントは勿論大切ですが、アウトドアシーンだけでなく、おうちのインテリアとして使えるものを選ぶと、おうちでの収納場所にも困らず、一石二鳥で楽しめます。

寝袋・マットなどの寝具と防寒具

キャンプに慣れないうちは、テントの設営、火おこし、とにかくやることが沢山なので、夜はテントの中でぐっすり快適に眠りたいものです。そこで登場するのがマット。マットを1枚引くだけで、地面のゴツゴツを感じることなく、眠りにつくことが出来ます。ちなみに、マットはくるくると丸められるものや、折り畳めるものがおすすめです!
出典:unsplash.com

キャンプに慣れないうちは、テントの設営、火おこし、とにかくやることが沢山なので、夜はテントの中でぐっすり快適に眠りたいものです。そこで登場するのがマット。マットを1枚引くだけで、地面のゴツゴツを感じることなく、眠りにつくことが出来ます。ちなみに、マットはくるくると丸められるものや、折り畳めるものがおすすめです!

また、真冬は勿論ですが、キャンプ場は夜は冷えることがほとんど。しっかり防寒対策をしましょう!シュラフ(寝袋)や毛布も必須アイテムです。特にシュラフに関しては、快適な睡眠には欠かせない存在。多少奮発しても、良いものを購入しましょう。とにかく真冬は、寝冷えしないように保温性の高い下着を着用したり、羽織るものを用意したり、湯たんぽも持参することをおすすめします。
出典:unsplash.com

また、真冬は勿論ですが、キャンプ場は夜は冷えることがほとんど。しっかり防寒対策をしましょう!シュラフ(寝袋)や毛布も必須アイテムです。特にシュラフに関しては、快適な睡眠には欠かせない存在。多少奮発しても、良いものを購入しましょう。とにかく真冬は、寝冷えしないように保温性の高い下着を着用したり、羽織るものを用意したり、湯たんぽも持参することをおすすめします。

ランタン・懐中電灯

キャンプの雰囲気を盛り立ててくれるアイテムのひとつに、ランタンがあります。ネオンきらめく都心とは違い、キャンプ場は夜はあたり一面真っ暗になります。そこで活躍するのがランタン。ランタンは、最低でも2つは持って行きましょう!
また、ランタンと合わせて懐中電灯を用意することをおすすめします。キャンプでは、テントを張る場所とトイレの場所が離れてしまうことも…。夜、トイレに行く時にも、ハッキリと明るく照らしてくれる懐中電灯があると安心。暗くなってから荷物の出し入れをする時などにもとても便利です。
出典:

キャンプの雰囲気を盛り立ててくれるアイテムのひとつに、ランタンがあります。ネオンきらめく都心とは違い、キャンプ場は夜はあたり一面真っ暗になります。そこで活躍するのがランタン。ランタンは、最低でも2つは持って行きましょう!
また、ランタンと合わせて懐中電灯を用意することをおすすめします。キャンプでは、テントを張る場所とトイレの場所が離れてしまうことも…。夜、トイレに行く時にも、ハッキリと明るく照らしてくれる懐中電灯があると安心。暗くなってから荷物の出し入れをする時などにもとても便利です。


ランタンは、少し値段がはっても、出来るだけ本格的なタイプのものを1つは用意しておくと安心です。出来れば、安全なLEDタイプのものなどがおすすめです!
出典:stocksnap.io

ランタンは、少し値段がはっても、出来るだけ本格的なタイプのものを1つは用意しておくと安心です。出来れば、安全なLEDタイプのものなどがおすすめです!

虫よけ&スプレー

せっかくの楽しいキャンプも、体のあちこち、虫に刺されてしまったら気分も沈んでしまいますよね…。真夏は勿論ですが、オールシーズン、緑の多い中でのキャンプでは、少なからず虫が潜んでいます。
出典:

せっかくの楽しいキャンプも、体のあちこち、虫に刺されてしまったら気分も沈んでしまいますよね…。真夏は勿論ですが、オールシーズン、緑の多い中でのキャンプでは、少なからず虫が潜んでいます。

蚊取り線香や虫よけスプレーを必ず持参しましょう!その他にも、もし虫に刺されてしまった場合に備えて、塗り薬や絆創膏なども併せて持参することをおすすめします。
出典:

蚊取り線香や虫よけスプレーを必ず持参しましょう!その他にも、もし虫に刺されてしまった場合に備えて、塗り薬や絆創膏なども併せて持参することをおすすめします。

キャンプに必要な道具をチェックリストに書き出そう!

ご紹介してきたとおり、キャンプに必要なものって、結構沢山ありますよね!当日、1つでも忘れてしまうと、残念な結果になりかねません。特に、食材などは出かけるまでは冷蔵庫で冷やしておくことがほとんどなので、うっかりしてそのまま冷蔵庫に忘れてしまうことがよくあります。
また、洗顔道具や歯ブラシなどの洗面用具などは、出発当日の朝まで使うものなので、これもまた、ついカバンに入れ忘れたりということがあります。
このように、忘れ物しないためにも、あらかじめ持ち物のチェックリストを作っておきましょう!
出典:unsplash.com

ご紹介してきたとおり、キャンプに必要なものって、結構沢山ありますよね!当日、1つでも忘れてしまうと、残念な結果になりかねません。特に、食材などは出かけるまでは冷蔵庫で冷やしておくことがほとんどなので、うっかりしてそのまま冷蔵庫に忘れてしまうことがよくあります。
また、洗顔道具や歯ブラシなどの洗面用具などは、出発当日の朝まで使うものなので、これもまた、ついカバンに入れ忘れたりということがあります。
このように、忘れ物しないためにも、あらかじめ持ち物のチェックリストを作っておきましょう!

初心者はどんなキャンプ場を選べば良い?

初心者でも安心!オートキャンプ場を利用する

ここからは、初心者さんがキャンプを楽しむためのコツやポイントをご紹介したいと思います。
初心者さんがキャンプに初挑戦!という時におすすめなのはオートキャンプ場。宿泊場所まで車で乗り入れることができるので、荷物の運搬が無い分、とにかく便利です。
出典:

ここからは、初心者さんがキャンプを楽しむためのコツやポイントをご紹介したいと思います。
初心者さんがキャンプに初挑戦!という時におすすめなのはオートキャンプ場。宿泊場所まで車で乗り入れることができるので、荷物の運搬が無い分、とにかく便利です。

自宅から近いキャンプ場を選ぼう!

初めてのキャンプとなると、テント設営、バーベキューのための火おこしなど、全てが初挑戦なので、予想以上に時間がかかります。なので、時間に余裕をもって行動できるよう、なるべく自宅から近場のキャンプ場を選びことをおすすめします。
ネット検索すると、意外にも近場のキャンプ場がヒットするかもしれません。口コミ情報なども見ながら、まずは近場のキャンプ場を探してみましょう。
出典:

初めてのキャンプとなると、テント設営、バーベキューのための火おこしなど、全てが初挑戦なので、予想以上に時間がかかります。なので、時間に余裕をもって行動できるよう、なるべく自宅から近場のキャンプ場を選びことをおすすめします。
ネット検索すると、意外にも近場のキャンプ場がヒットするかもしれません。口コミ情報なども見ながら、まずは近場のキャンプ場を探してみましょう。

おわりに…。

キャンプを始めるためのあれこれ、いかがでしたか?
キャンプ始めての人におすすめなのは、まずは、キャンプの雰囲気や楽しさを味わうこと。最初から、完璧にやろうとすると、キャンプの楽しさよりも、テント設営や準備に手間取り、楽しさも半減してしまいます。まず最初は、手ぶらでキャンプができる施設に泊まることから始めてみませんか?手ぶらでOK!のキャンプ場では、キャンプ道具などを一式レンタルできるので、準備も手間もいりません。また、テントの設営の仕方やバーベキューの火おこしの手順などもスタッフさんが手伝ってくれるところも…。分からないことなどは積極的に聞きながら、キャンプを思いっきり楽しみましょう!
また、オートキャンプ場などには、コテージがある場所も多いので、初めてのキャンプは、コテージ泊から初めてみてはいかがでしょうか!中には、キッチンが用意されている所や、布団の貸し出しなどサービスが充実しているところもあるので初心者にとっては安心ですね。
出典:stocksnap.io

キャンプを始めるためのあれこれ、いかがでしたか?
キャンプ始めての人におすすめなのは、まずは、キャンプの雰囲気や楽しさを味わうこと。最初から、完璧にやろうとすると、キャンプの楽しさよりも、テント設営や準備に手間取り、楽しさも半減してしまいます。まず最初は、手ぶらでキャンプができる施設に泊まることから始めてみませんか?手ぶらでOK!のキャンプ場では、キャンプ道具などを一式レンタルできるので、準備も手間もいりません。また、テントの設営の仕方やバーベキューの火おこしの手順などもスタッフさんが手伝ってくれるところも…。分からないことなどは積極的に聞きながら、キャンプを思いっきり楽しみましょう!
また、オートキャンプ場などには、コテージがある場所も多いので、初めてのキャンプは、コテージ泊から初めてみてはいかがでしょうか!中には、キッチンが用意されている所や、布団の貸し出しなどサービスが充実しているところもあるので初心者にとっては安心ですね。

自然の中でのんびりしたり、美味しいご飯を食べたり、読書をしたり…普段なら当たり前の日常も、自然の中では特別な時間に。みなさんも自然の美しさや偉大さを感じに、はじめてキャンプに出掛けてみませんか♪
出典:

自然の中でのんびりしたり、美味しいご飯を食べたり、読書をしたり…普段なら当たり前の日常も、自然の中では特別な時間に。みなさんも自然の美しさや偉大さを感じに、はじめてキャンプに出掛けてみませんか♪

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play